ブラジルの切手紹介-77


         州旗の切手紹介-11

アクレ州

アクレ州の州旗の切手です。
f0096068_123519.jpg

アクレ州はブラジル北西部で、州都はリオ・ブランコです。
1867年のアヤクチョ条約でボリビア領に帰属し、1903年までボリビア領の一部であったが、1899年から始まったボリビアとの分離戦争により「アクレ共和国」を称する国家が2度も独立を宣言した。
1903年、アマゾナス州から送り込まれたブラジル軍人が3度目の独立宣言を行い、ブラジル兵を領内に駐屯させるよう要請した。領内がブラジル人でいっぱいになった後、ブラジル政府は同年ボリビアと再度交渉を行い、ペトロポリス条約でアクレを購入した。
1904年2月25日ブラジルの連邦准州に、1962年に州に昇格した。

リオ・ブランコ
f0096068_131870.jpg

f0096068_141984.jpg

f0096068_174133.jpg

 
下記の地図1番がアクレ州です。
f0096068_184150.jpg






[PR]
# by wagahai_tt | 2013-07-31 01:08 | 切手 | Comments(0)

 ブラジルの切手紹介-76


          州旗の切手紹介-10
 

マットグロッソ・ド・スー州

マットグロッソ・ド・スー州の州旗の切手です。
f0096068_4272525.jpg

マットグロッソ・ド・スー州はブラジル国内ではゴイアス州、ミナス・ジェライス州、マットグロッソ州、パラナ州、サンパウロ州と隣国ではパラグアイ、ボリビアと国境を接している州で、州都はカンポ・グランジです。 世界的な湿地帯であるパンタナール(Pantanal)は北に隣接するマットグロッソ州や隣国のボリビアやパラグアイに亘っていて、湿地帯の面積は日本の本州に匹敵しています。

又、ボニートは水の綺麗な場所で、川底を泳いでいる魚を見ることが出来るほど透明感があるところです。
更に、6億年前にできたと言われる鍾乳洞と青く澄みきった地底湖があり、今では州の管理による観光スポットになっています。

鍾乳石
f0096068_4285645.jpg


地底湖
f0096068_4294745.jpg


南パンタナールでは釣り上げたピラニアでワニと戯れることもできます。
f0096068_4303533.jpg


下記の地図11番がマットグロッソ・ド・スー州です。
f0096068_4311743.jpg







[PR]
# by wagahai_tt | 2013-07-24 04:32 | 切手 | Comments(0)

ブラジルの切手紹介-75


         州旗の切手紹介-9

リオ・デ・ジャネイロ州

リオ・デ・ジャネイロ州の州旗の切手です。
f0096068_1814987.jpg

リオ・デ・ジャネイロ州は、ブラジル南東部の大西洋沿いに位置しています。北東にエスピリトサント州、北にミナス・ジェライス州、西にサンパウロ州と境界を接し、南は大西洋に面しています。州都はリオ・デ・ジャネイロです。
州都のリオ・デ・ジャネイロは1763年に最初のポルトガル王朝総督府のバイア州サルヴァドールから引き継いで新たな総督府となり、1831年の独立から1960年まではブラジルの首都となった。1960年に首都は現在のブラジリアに遷都された。

ブラジル独立100年を記念して、1931年10月12日に建てられた全長38mのキリスト像は、標高710mのコルコバードの丘の上に聳え立っている。
f0096068_182206.jpg

リゾートで有名なコパカバーナ海岸が目の前に広がる。
f0096068_182445.jpg

下記の地図18番がリオ・デ・ジャネイロ州です。
f0096068_1832535.jpg







[PR]
# by wagahai_tt | 2013-07-17 18:04 | 切手 | Comments(2)

ブラジルの切手紹介-74


       州旗の切手紹介-8

ミナス・ジェライス州

ミナス・ジェライス州の州旗の切手です。
f0096068_1365212.jpg


ミナス・ジェライス州はブラジル南東部の内陸の州で、人口は2005年現在20,595,499 人でブラジルでは二番目に人口の多い州で、州都はベロ・オリゾンテです。ブラジル高原の上に位置し,平均標高約800mです。州名は「鉱物のある原野」の意味で,良質の鉄鉱石,マンガン,ボーキサイト,金,ダイヤモンド,貴石などを産出し,ブラジルの鉱業生産の約半分を占めています。

州都ベロ・オリゾンテです。
f0096068_1373546.jpg


チラデンティスの街並み
f0096068_1382559.jpg


ミナス・ジェライス出身のチラデンティスが指揮したのが、ブラジルで起こったポルトガルに対する最初の独立運動です。彼の目論見は裏切り者により失敗したが、この町の名前は彼を英雄として称えたのでしょう。

下記の地図12番がミナス・ジェライス州です。
f0096068_1395517.jpg






[PR]
# by wagahai_tt | 2013-07-10 03:06 | 切手 | Comments(0)

ブラジルの切手紹介-73


         州旗の切手紹介-7

マラニョン州

マラニョン州の州旗の切手です。
f0096068_16282391.jpg

マラニョン州は、ブラジル東北部の州で、州都はサン・ルイスです。州都サン・ルイスはメアレム川、イタペクル川、ピンダレー川の三角州であるサン・マルコス湾内のサン・ルイス島にあります。サン・ルイスは、ブラジルで唯一フランス人によって建設された州都です。

海岸部にレンソイス・マラニャンセス国立公園があり、公園には砂丘(砂丘の砂の成分はほぼ100パーセント石英でできており、それが太陽光に反射して白く見える。)と雨季にはその間だけ存在する無数の湖が出現する。石英の層の下にある地下水が雨によって水位が増し、砂丘の谷間に湧き出るためです。
f0096068_16292910.jpg
f0096068_16294959.jpg

 
下記の地図9番がマラニョン州です。
f0096068_16322498.jpg





[PR]
# by wagahai_tt | 2013-07-03 16:33 | 切手 | Comments(2)

ブラジルの切手紹介-72


         州旗の切手紹介-6

マットグロッソ州

マットグロッソ州の州旗の切手です。
f0096068_1522523.jpg

マットグロッソ州はブラジル中西部地方に位置する広大な州で、州都はクイアバ です。ロンドニア州、アマゾナス州、パラ州、トカンティンス州、ゴイアス州、マット・グロッソ・ド・スル州に隣接している他、ボリビアと国境を接しています。総面積は906.806,9平方キロメートルで、ブラジルで3番目に広い州です。
f0096068_153135.jpg


南西部の一角に世界的に有名な大湿地帯「パンタナール」(Pantanal)があります。
f0096068_1541040.jpg


2014年6月12日から7月13日にかけて、ブラジルで開催される予定のFIFAワールドカップは、ベロ・オリゾンテ、ブラジリアクイアバ、 クリチバ、フォルタレーザ、マナウス、ナタール、ポルト・アレグレ、レシフェ、リオ・デ・ジャネイロ、サルヴァドール、サンパウロの12都市で行なうことが正式に発表された。
国内では、ここ数年好調な経済成長を見せていたブラジルだが、公共交通機関や医療施設、教育においては発展の余地を残す。それに反するように政府が来年のW杯と、2016年に開催されるオリンピックに向けて巨額の資金を投資していることで民衆の不満は募り、コンフェデレーションズカップの開催中にはデモ隊と警察が衝突する事態になっている。
W杯を行えば雇用も増えるし、旅行者も増える。ブラジルにとっては世界に対して良いアピールになる。しかし、国内に目を向けると、多くのお金がスポーツに向き、医療や教育、安全面に使われなければ、結果的には失業者を増やし、犯罪の増加を招く可能性がある。

下記の地図10番がマットグロッソ州です。
f0096068_1574686.jpg





[PR]
# by wagahai_tt | 2013-06-26 01:58 | 切手 | Comments(0)

ブラジルの切手紹介-71


        州旗の切手紹介-5

ピアウイ州

ピアウイ州の州旗の切手です。
f0096068_421223.jpg

ピアウイ州はブラジル北東部の州で人口2,750,000人。州都はテレジーナで、ブラジル北東部のうち、唯一内陸部に州都がある州です。
f0096068_424284.jpg


下記の地図17番がピアウイ州です。
f0096068_425145.jpg




[PR]
# by wagahai_tt | 2013-06-19 04:26 | 切手 | Comments(2)

ブラジルの切手紹介-70


              州旗の切手紹介-4

パラナ州

パラナ州の州旗の切手です。
f0096068_113237.jpg

ブラジル南部の州で、州都はクリチバで、隣国パラグアイ、アルゼンチンと国境を接しています。1853年にサンパウロ州から分割される形で成立した州です。
この州内に世界遺産のイグアスの滝があります。
イグアスの滝は隣国パラグアイとアルゼンチンの3国国境地帯にあり、周囲4㎞の滝です。4㎞の滝の80%がアルゼンチン側で、20%がブラジル側なのでブラジルからの景観が優れていますが、迫力があるのはアルゼンチン側です。
f0096068_1144150.jpg


パラナ州には主にポルトガル、ポーランド、イタリア、ドイツ、ウクライナからの移民が入植し、20世紀に入ってから、日本、レバノン、シリアからの移民がこれに加わりました。
現在では東欧からの移民およびその子孫が最大数であり、日系人がそれに続いています。
アフリカからの奴隷の流入の歴史を持っていないため、黒人が占める比率は非常に低い州です。
州都クリチバ市内の交通手段はバスが主で、専用レーンを走る3両連結の大型バスも見ものです。
f0096068_1163873.jpg


バス停もチューブ型のバス停で、バス停内で料金支払いを済ませるためバスの乗降にかかる時間を大幅に短縮できます。
f0096068_117437.jpg


ブラジルではサンパウロに次いで日系人が多い都市であり、クリチバ市内には日本庭園もあります。
f0096068_1174197.jpg


下記の地図15番がパラナ州です。
f0096068_1194177.jpg




[PR]
# by wagahai_tt | 2013-06-12 01:20 | 切手 | Comments(2)

ブラジルの切手紹介-69


              州旗の切手紹介-3

サンタカタリーナ州

サンタカタリーナ州の州旗の切手です。
f0096068_169474.jpg

サンタカタリーナ州はブラジル南部の州で、州都はフロリアノポリスです。
大西洋岸はブラジルでも有名な海水浴場が連続するリゾート地で多くの観光客が押し寄せます。また近海は、毎年冬になると子育てのために回遊してくるミナミセミクジラの重要な生息地となっており、市では保護プロジェクトを立ち上げ、観光と保護の両立を図っています。
f0096068_16114931.jpg

ブラジルの中では生活レベルの高い州のうちのひとつで、最もヨーロッパ的な州として知られています。州民のほとんどはポルトガル、ドイツおよびイタリアからの移民の子孫であり、州民の92%を白人が占めています。

下記の地図23番がサンタカタリーナ州です。
f0096068_1613327.jpg



[PR]
# by wagahai_tt | 2013-06-05 16:13 | 切手 | Comments(2)

ブラジルの切手紹介-68


             州旗の切手紹介-2

ゴイアス州

ゴイアス州の州旗の切手です。
f0096068_325671.jpg

ゴイアス州は、ブラジル中西部の州で、州都はゴイアニアです。
周りをすべて国内の他の州に囲まれており、他国との国境は有していません。
ブラジル中西部においては最も人口の多い州で、2005年現在で5,619,917 人です。
この州の中のセラードと呼ばれる乾燥地帯に連邦府ブラジリア(首都)が建設され、1960年にリオ・デ・ジャネイロ州から首都を引き継ぎその機能を果たしています。

飛行機の形をした都市を建設
f0096068_335257.jpg

立派な国会議事堂を建設
f0096068_343334.jpg

下記の地図8番がゴイアス州です。
f0096068_361530.jpg


[PR]
# by wagahai_tt | 2013-05-29 03:07 | 切手 | Comments(4)

ブラジルの切手紹介-67

            州旗の切手紹介-1

ブラジルは連邦府ブラジリアを含んで27の州を持つ大国です。
その中で、現在所有している19州の州旗の切手を紹介します。

アマゾナス州

アマゾナス州の州旗の切手です。
f0096068_4364563.jpg

アマゾナス州は広大なアマゾン地域の大半を占めており、面積は157万1000 km2でブラジル27州の中で一番面積が大きい州です。
北側にベネズエラやコロンビア、西側にはペルーと国境を接しており、州内にはアマゾン河を中心にネグロ河など多数の支流が流れている。
州都マナウスをはじめとした都市や街はアマゾン河に沿うように拓けています。

市内はビルが林立する大都市です。
f0096068_4374144.jpg


この辺りは乾季と雨季の水位の差が20mほどあり、桟橋は16m可動式に作られている。
f0096068_4383058.jpg


下記の地図4番がアマゾナス州です。
f0096068_441029.jpg


[PR]
# by wagahai_tt | 2013-05-22 04:42 | 切手 | Comments(0)

ブラジルの切手紹介-66


国際連合(United Nations)

1985年に発行された国連40周年の切手です。
f0096068_2171719.jpg


国際連合(国連-UN)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際組織である。主たる活動目的は国際平和の維持(安全保障)、そして経済や社会などに関する国際協力の実現である。
f0096068_2184371.jpg


2011年7月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中で最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。 バチカン市国は加盟しておらず、国際連合総会オブサーバーである。

加盟国193カ国
f0096068_2201287.jpg


国際連合は、第二次世界大戦を防ぐことができなかった国際連盟(1919年-1946年)の反省を踏まえ、アメリカ合衆国、イギリス、ソビエト連邦、中国(中華民国)などの連合国(the united nations)が中心となって設立した。1945年4月から6月にかけてアメリカ・サンフランシスコで開かれたサンフランシスコ会議で国連憲章が署名され、同年10月24日に正式に発足した。
f0096068_2235811.jpg

国際連合の本部は、アメリカ合衆国のニューヨーク・マンハッタン島にある。

[PR]
# by wagahai_tt | 2013-05-15 02:24 | 切手 | Comments(0)

ブラジルの切手紹介-65


ブラジルのラジオ公共放送

1986年に発行されたブラジル公共ラジオ放送の切手です。
f0096068_4211697.jpg

1970年代初めにはサンパウロからの短波放送で「桜の国日本の時間」が日本でもよく受信され、日本向けの海外放送に加えて「もう一つの日本語放送」として多くのDXer(遠方受信者)を魅了しました。

現在日本でも短波放送が受信されているサンパウロ市のRadio Bandeirantes、サントス市のRadio Guaruja Paulista、ロンドリーナ市のRadio Difusora de Londrinaをはじめとする多くの局(オーナーが代わり、局名が変更されているものも含む)で日本語番組が放送されていました。短波放送を聞きながら昔のことに思いをはせるのもまた格別です。

ラジオ深夜便が1990年(仮定時放送は1991年・定時放送は1992年)から開始されて21年。番組ではこれまでも午前0時台に海外情報のコーナー「ワールドネットワーク」を放送したり、NHK海外向け国際放送で一部同時放送するなど、世界への情報発信を続けてきた。

この番組は開始から22年が経過した当番組として史上初となる全編海外発として、日系人移民が多く在住するブラジル・サンパウロを舞台に、現地スタジオと東京を結んで日系人移民が渡航して100年以上が経過し、今日も日本とのつながりが深いブラジルの現状や日本人・日系人社会についてのインタビュー、また現地在住日系人を招いてのリクエスト大会などで展開した。

[PR]
# by wagahai_tt | 2013-05-08 04:22 | 切手 | Comments(2)

ブラジルの切手紹介-64


国内通信衛星
f0096068_10223320.jpg

ブラジルの通信衛星 ブラジルサット 1 国際標識番号:1985-015B、ブラジルサットはブラジルの静止通信衛星です。
衛星バスはインドネシアと同じ米国ヒューズ社です。
1985年にアリアンロケットにより、アラブサット1号と一緒に打ち上げられました。この後5機打ち上げています。
ブラジルの衛星通信企業はエンブラテル社を経て、現在はStarOne(スターワン)社です。

アリアン5号ロケット打上げ
f0096068_10244386.jpg

アリアンスペース社(Arianespace)は協定世界時間2012年11月10日21時5分(日本時間11月11日6時5分)、ユーテルサット社(Eutelsat)の通信衛星「ユーテルサット21B(Eutelsat-21B)」とブラジルの通信衛星「スターワンC3(Star One C3)」を載せたアリアン5ロケットを、南米フランス領ギアナのクールー基地から打ち上げた。
打ち上げられたロケットは順調に飛行し、打ち上げから約28分後に「ユーテルサット21B」、約33分後に「スターワンC3」をそれぞれの所定の静止トランスファ軌道に投入し、打ち上げが成功した。
今回の打ち上げ成功を受け、同社のジャンイブ・ルガル(Jean-Yves Le Gall)CEOは「今回の52回目の連続成功は、顧客のために、アリアン5ロケットの宇宙への信頼性を表しています」と述べた。
「ユーテルサット21B」はタレス・アレニア・スペース社が製造した通信衛星で、重さ約5000kg。40本のKuトランスポンダーを搭載し、ヨーロッパや北アフリカを中心に衛星通信やデータサービスなどを提供する。
一方、「スターワンC3」はオービタル・サイエンシズ社が開発した通信衛星で、重さ約3300kg。16本のKuトランスポンダーと28本Cトランスポンダーを搭載し、ブラジルや南米などにテレビ放送、衛星電話サービスなどを提供する

地上デジタル放送
ブラジル政府は2006年6月に、日本のISDB-T方式に基づくブラジル地上デジタルテレビ方式(ISDB-Tb)に移行することを定めた大統領令を発布した。その概要は以下のとおりとなっている。・デジタル放送サービスを許可された事業者は、デジタル放送用のチャンネルが付与される。
・アナログ方式からデジタル方式への移行期間は、大統領令公布日(2006年6月29日)より10年とし、移行期間におけるデジタル放送は、アナログ放送と同一であること。
・移行期間が過ぎた後は、アナログ放送用チャンネルを返却する。
・2013年7月1日以降、デジタル放送の免許のみが許可され、アナログ放送の免許は許可されない。
・2016年6月を目処にアナログ放送を停止する。

全国ブロードバンド網整備計画
2008年4月、政府はブロードバンドの全国整備について、2010年12月までにすべての市役所にブロードバンドを整備するため、2003年に設定した「ユニバーサル・サービス化目標」(大統領令第4.769号)を修正するとともに、固定電話事業者が都市部の約75%の公立学校にブロードバンド環境を整備し、2025年まで無料でブロードバンド・サービスを提供する契約に合意した。

ブロードバンド国家計画
2009年夏、政府は、ブロードバンドによる地域経済の発展を促進させるためにブロードバンド国家計画の策定に着手した。ルーラ前大統領は、特に、低所得者の向上やルーラル地域の開発に応じた計画策定を指示した。
このブロードバンド国家計画は2010年5月に策定され、ブラジル全土で512kbps程度のブロードバンドを35R$(約1,664円)以下で提供することにより、2014年までに4,000万世帯まで普及させる目標を掲げた。
2011年6月30日、Algar Telecom、Telemar Norte Leste(Oi)、Sercomtel、Telefonica Brazilの大手通信事業者4社はブロードバンド計画へ参画する契約をブラジル通信省と締結した。この契約においてブラジル政府は提供サービスの料金は毎年見直され、補助金給付は行わないとしている。

[PR]
# by wagahai_tt | 2013-05-01 10:25 | 切手 | Comments(0)

ブラジルの切手紹介-63


ブラジル海軍学校練習船

1982年に発行されたブラジル海軍の練習船の切手です。
f0096068_6532536.jpgf0096068_6535449.jpg












f0096068_6564435.jpgブラジル海軍は、ブラジル軍三軍(ブラジル陸軍、ブラジル海軍、ブラジル空軍)を構成しているものの一つである。
   









2007年時点で現役兵32,850人(内訳:職業軍人約29,650人、徴集兵3,200人他)が所属。

f0096068_711178.jpgf0096068_714076.jpg














国家防衛、通商路の保護、沿岸及び大河川などの警備を主任務としている。航空母艦1隻及びフリゲート/コルベットなど14隻を主力とし、潜水艦5隻も保有する。1個師団の海兵隊も傘下にあり、ブラジル海兵隊(Corpo de Fuzileiros Navais)を編制している。
ブラジル海軍はフランスの技術援助を受けて、2020年を目処に原子力潜水艦の配備を計画している。

サグレス名としてポルトガル海軍史上3代目の船であり、一般にサグレスIIIとして知られており、帆に描かれたヘンリー航海王子ゆかりのキリスト騎士団の十字紋章も有名である。
f0096068_753937.jpg

船名であるサグレスとは、ポルトガル南端に位置するアルガルベ地方ヴィラ・ド・ビスポに属する町の名であり、大航海時代の原点となり、ヘンリー航海王子が航海学校を設立したサグレス岬に由来する。
第二次世界大戦後、サグレスは連合国によって収用され、その後アメリカ合衆国によって没収される事となる。1948年にアメリカ合衆国が5000ドルでブラジルへと売却、リオ・デ・ジャネイロへと曳航されブラジル海軍の練習船グアナバラとして運用された。

[PR]
# by wagahai_tt | 2013-04-24 07:06 | 切手 | Comments(2)

ブラジルの切手紹介-62


ブラジル海軍

1986年に発行されたブラジル海軍の切手です。
f0096068_2504592.jpg


ブラジル海軍の戦艦 「リオ・デ・ジャネイロ」
f0096068_253918.jpg

本艦は1906年11月、同国初のド級戦艦ミナス・ジェライス級の3番艦として計画され、アームストロング社に発注されましたが、列国海軍が超ド級戦艦へ移行するのに伴って計画が見直され、1910年5月に645案を基にした653案が提出されました。首尾砲塔はともに背負い式、中央2砲塔は梯形配置でした。ちなみに、日本海軍で同時期に計画された戦艦A41案(30,000トン、14in砲12門、22ノット)と同規模で、中央2砲塔梯形配置も同様である点は興味が持たれます。

しかし、ブラジル海軍の腰が定まらず、同年末にはミナス・ジェライス級の改良版である682案へと後退しました。これは12in連装砲塔5基中心線配置で、当時の独海軍主力艦が12in (30.5cm) 砲に統一されていたのに影響されたためと言われています。

さらに翌年1月にかけて、684~686案が提出されました。これらはいずれも主砲口径16in (40.6cm) で、計画通りであれば世界初の16in砲搭載の超ド級戦艦となるはずでした。このうち686案は9.4in (23.8cm) 連装砲塔3基を艦央に逆三角形(左右両舷+中心線)に配しており、準ド級戦艦の性格を併せ持つ超ド級戦艦でした。結局、予算上の問題と、12in砲弾流用の見地より、同砲を最大数備えた690案が考えられ、その副砲を6in (15.2cm) とした690A案が採用されて、ようやく1911年9月に起工されました。基本計画はミーナ・ジェライス級と同様、安社の造艦部門技師長ジョシア・ぺレットによるものです。

1912年頃、後述するチリ戦艦が14in (35.6cm) 砲を搭載することが判明したため、1913年末に本艦は建造中のままトルコに売却され、「スルタン・オスマン」として完成にこぎつけましたが、第1次大戦の勃発に伴って英海軍の接収するところとなり、英戦艦「エイジンコート」として1914年8月に竣工しました。

なお、ブラジル海軍は本艦の代替として後述のリアチュエロ級をアームストロング社に計画させましたが、起工に至らず、同国の主力艦はアルゼンチン・チリ両国に比べて大幅に見劣りするものとなったのは、確たる建造理念を欠いた同海軍の自業自得と言うべきものでしょう。

アマゾン河口の街ベレン市のガマ河の中に海軍の戦艦が一隻展示してある。
f0096068_2571624.jpg

乗船すると前方に機関銃の砲台があり、座って照準を合わせて狙いを付けて見た。
f0096068_2595331.jpg f0096068_302216.jpg

  








更に前方には大きな砲台が設置してあった。
f0096068_334479.jpg



[PR]
# by wagahai_tt | 2013-04-17 03:07 | 切手 | Comments(0)

『地球村の森2013』の植樹祭

f0096068_412494.jpg

Asflora 3月度活動報告を紹介します。

『地球村の森2013』の植樹祭 (2013年3月26日)

Asflora(アマゾニア森林友の協会)は、ベネビーデス市のFAAMA校(アマゾニア・アドベンチスタ大学)にて、2013年3月26日(火)、午前8時半から、『地球村の森2013』の植樹祭を行いました。 

FAAMA校は、アドベンチスト教会が母体の学校で、2009年8月に開校した、小学校から大学までを一か所に集めて教育する学園です。

当日は、吹き抜けの大きな体育館に小中高クラス生徒300人と教職員多数が集まりました。植樹祭の挨拶の後、ゲームやAsfloraが演じる森の劇を体育館で行い、生徒を5班に分けて順次100m離れた植樹現場に連れて行きました。現場では、各班毎に植え方の指導を行い、用意された50樹種、4千本の苗木を植樹しました。

f0096068_4175466.jpg


この学校は、ベレン市から30㎞ 離れていて、5~6年前までは深い森(再生林)に覆われていた所ですが、今ではこの森も周辺に追いやられ、ずいぶん肩身の狭い様子になっています。
構内は広々として、立派な校舎、学生寮、食堂、本部建物などがあります。
構内に森をつくらないかと、一月前に、同行の事務局長ジュリアーノに話してみました。 
「木(街路樹)を植えているが、なかなか育たない、どうしたら育てられるか」と、森つくりに興味を示してくれたので、今回の植樹準備を急ピッチで行いまいした。 
スポンサーになって頂いたのは、昨年、一昨年と当地で「地球村の森」つくりをした、大阪のNPO法人、ネットワーク『地球村』(代表 高木善之)です。

f0096068_4212930.jpgf0096068_4215279.jpg








f0096068_425841.jpg
左副校長、右ジュリア―ノ事務局長で佐藤の持っている苗はアマゾン自生のゴムの木です。

f0096068_4273258.jpgf0096068_4275423.jpg








以上の6枚の写真は、アドベンチスタ校の広報部責任者マルシオ氏から提供して頂きました。同校のホームページ(http://www.faama.edu.br/index.php/voce-na-faama/clipping/item/226-faama-recebe-4-mil-mudas-de-ong-japonesa.html)でこれらの写真が掲載されています。

今回の植樹祭には、Asfloraの植樹地を日本から視察に来られた三菱商事環境CSR推進室の小川さん、平野さん、そして伯国三菱商事CSR室の松原さんたちも参加してくれました。
ここの生徒たちは、人懐っこく元気に溢れていて、とても植樹が楽しかったそうです。
Asfloraからの参加は、副会長山中正二、マルルッシ、アンデルソン、森の劇団員4名と私の8でした。 
 
雨が多いこの時期は、植穴を掘ってすぐに植えます。穴を開けたままで時間が経つと、雨水が溜まって植えられません。穴掘りは、Bico-do-Pato(アヒルの嘴)という道具を使います。少しずつ掘っては、植えるを繰り返し、4,000本の苗は、イースター祭後の4月3日までに植え終わりました。
「地球村の森」つくりは、今年3年目になりました。下の写真は、第1回と第2回の植樹地の写真です。 今年の植樹地も、こうして育つように、Asfloraでは今回植えた生徒たちへの森つくり教育をしていくことにしています。

f0096068_4323217.jpgf0096068_4325416.jpg








↑2011年植樹時                 ↑2年経過、2013年3月25日撮影

f0096068_4354739.jpgf0096068_4361015.jpg








↑2012年植樹時                 ↑1年経過、2013年3月25日撮影

(文) 佐藤卓司

実施団体:
f0096068_4411588.jpgf0096068_4414386.jpg



ネットワーク『地球村』              Faculdade Adventista da Amazônia 


Instituto Amigos da Floresta Amazônica-ASFLORA.
Takushi Sato-Presidente.
Shoji Yamanaka-Vice Presidente.
Marluce Amorim-Coordenadora.
Anderson Barros-Coordenador

[PR]
# by wagahai_tt | 2013-04-10 04:47 | Asflora | Comments(0)

ブラジルの切手紹介-61


国際青年年

1985年に発行された国際青年年の切手です。
f0096068_3552050.jpg

国際連合にて1985年に採択された「国際青年年」です。
日本では「国際青年年」を記念して、1985年6月15日に国立競技場にて大規模なジョイントコンサートが開催された。当時第一線で活躍していたミュージシャンが出演し、錚々たるメンバーが一堂に会して行われたイベントである。またこのイベントに出演したミュージシャンの殆どは、現在でも第一線で活躍しているミュージシャンばかりであり、現在から考えてもまさに夢のようなコンサートであった。観客動員数は63,000人。

競技場のグラウンドの中心には8つの円形ステージがステージ下にレールを敷いた状態で放射状に設けられ、各ステージでは出演するミュージシャン毎に使用される楽器を配置、その8つのステージを使用する出演者がステージに上がる(上がった)際にそのステージがレールにより真ん中に移動され演奏が行われた。尚、このイベントに使われたマイクは300本以上、アンプも200台と言われている。

1985年の「国際青年年」を記念して建てられたモニュメント。
このモニュメントは、川越街道と国道16号の交わるところを川越駅方面に行き、最初に道が二股に分かれるところの間にあるようです。
f0096068_3565576.jpg


御影石とステンレスからなり、「若者達により、古き良き伝統が継承され、未来に向かって躍進する近代都市川越」の姿を現しているそうです。
御影石は「歴史」を、ステンレスは「現代と未来の夢」を象徴するものだそうです。

[PR]
# by wagahai_tt | 2013-04-03 03:59 | 切手 | Comments(0)

ブラジルの切手紹介-60


米州機構(OEA)通常総会

1984年に発行された米州機構(OEA)通常総会の切手です。
f0096068_381744.jpg

OEAはキューバを除く南北アメリカ大陸、カリブ海諸国34か国によって構成される。その本部は米国のワシントンにある。総会はおおむね各国外相級による会議となるが、大使クラスの代表を派遣する国もある。あらかじめ主要議題とされていたのは、域内の食糧安保の問題であった。

地域の人口は10億人であるが、6,000万人近くが飢餓、栄養失調の状態にある。しかも地域の食糧生産はこれら飢餓を発生することがない規模の生産を実現できている。これについては現在および将来にわたる改善策が提案され、栄養状態改善の闘いに取り組む国の方策が議論され、すべての国が取り組むことが決定された。

しかし総会の最大の焦点は、OEAの改革、とりわけ米州人権委員会(CIDH)、人権裁判所の問題であった。

第42回米州機構(OEA)通常総会が2012年6月3日から5日迄の3日間、ボリビア、コチャバンバ近郊のティキパジャにおいて開催された。
f0096068_3102184.jpg

開催国ボリビアのエボ・モラレス大統領は開会演説で、「OEAは1948年の創設時から米国の<植民地省>として、米国に奉仕する機関だった。<アメリカーノス(米州人)のためのアメリカ(米州)>というOEAの標語は<米国人のためのラ米>という意味でしかなかった」と前置きし、「OEAには、米国のための奉仕機関として死ぬか、米州全人民のために奉仕する機関に生まれ変わるか、いずれかの選択肢しかない」と、厳しく批判した。

又2011年6月7日の総会では、ボリビアのエボ・モラレス政権によって太平洋への主権ある出口の回復が提出された。ボリビアは1879年のチリとの太平洋戦争によって、太平洋岸400km、12万㎢の領土を失った。太平洋への主権をもった出口の回復は、ボリビア132年の要求となっている。

1884年4月4日にボリビアとチリの間で結ばれたバルバライソ条約は、 1879年に勃発した太平洋戦争を終結させる条約である。
この条約によりボリビアとチリの休戦が決まり、ボリビア領土であったアントファガスタ港がチリの領土となった。 以降現在に至るまで、ボリビアは海を持たない内陸国となり、輸出をチリやペルーの港に頼らなければいけなくなってしまった。
ボリビア人の中には現在もこの条約を不当と考え、海を奪ったチリに敵意を持つものが少なくない。 毎年3月23日を海の日 (El dia del mar)として「海を取り戻そう」キャンペーンを、テレビなどを使って行なっている。南米でさかんなサッカーの試合などでもしばしば「海を返せ」といった政治的な横断幕がみられる。

[PR]
# by wagahai_tt | 2013-03-27 03:12 | 切手 | Comments(0)

ブラジルの切手紹介-59


首都ブラジリア

1982年に発行された首都ブラジルアの切手です。
f0096068_131959.jpg
ブラジルは、1960年にリオ・デ・ジャネイロ州から内陸でセラードと呼ばれる乾燥地帯に首都ブラジリアを移した。
何も無い乾燥地帯に新しく首都を建設したので、自由な発想と設計で首都を建設し、ブラジリアは飛行機型の都市を建設した。
f0096068_16526.jpg
大統領府を飛行機のコクピットに見立て、胴体の部分に各官庁を配置し、両翼に国会議員や役人の高層住宅や各国の大使館などを建設した。
f0096068_17444.jpg
官邸近くに国会議事堂を配備して、合理的な首都を建設した。
f0096068_19229.jpg


コックピットから3km程のところに大統領官邸がある。
f0096068_1111581.jpg


人口湖パラノア湖沿いにゴルフ場がある。
休日を利用して、ブラジリアでゴルフをやったが、乾燥地帯のゴルフ場だけあって、グリーンには2~3本のスプリンクラーが設置してあり、常時水を撒いていた。パターの時は、プレィヤーの背中をスプリンクラーの水が直撃する時もあり、キャディーが持参の雑巾で散水を止めていたのが印象的だった。

1980年代後半は、首都の飛行場であってもまだタラップ式だった。
その後、空港も大きくなり、滑走路も増設して、タラップ式から可動式ボーディングブリッジに変更になり、今では国内線のハブ空港になっている。
サンパウロやリオに次ぐ大きな空港である。

[PR]
# by wagahai_tt | 2013-03-20 01:15 | 切手 | Comments(0)