<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドローバック免税方式


ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(144)

ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

302.  ドローバック免税方式

ブラジルではドローバック免税方式による輸入税の免税制度があった。
ドローバック方式とは下記の方式を言います。

輸出する商品を製造するため有税で輸入通関した原材料、部品、構成品、副資材、梱包材などを再度、補充品として輸入する際、前回輸入した同一商品、同じ金額、同じ数量を輸入する場合に免税する方式を「ドローバック免税方式」(Drawback Isenção)と呼ぶ。
 
  

ドローバック制度の適用が認められるためには、次の作業を行う必要がある。
・変形(Transformação):材料及び中間製品を輸入し、新たな製品に変換する作業。
・加工(Beneficamento): 材料及び中間製品を輸入したものを、修正、完成し或いは機能、用途、仕上げないし外観を変更する作業。
・組立て(Montagem):材料及び中間製品を輸入し、それらを集めて新たな製品に仕立てる作業、この作業では最終製品のNCM(メルコスルー)関税番号が同一の場合も含む。
改良又は再生(Renovação ou Recondicionamento): 材料及び中間製品を輸入し、既存の中古品、損傷製品、役に立たない製品を修繕、修理、復習する作業のほか、それら対象製品を代替する作業も含む。ただし、製品の運送にのみに向けらけられる梱包は除く。
なお、製品の運送にのみ向けられる包装とは、箱、小箱、木枠箱、袋、缶、ドラム缶、包み、その他類するもので、それらに使用されている材料や仕上げによって中身の製品価値を高める目的のものでないものと解釈される。
  
 

なお、ドローバック制度が適用される物品の種類は次のものである。
・国内で加工され、後に輸出に回される物品
・既に輸出された或いは今後輸出される商品の製造に使われる原材料、半製品、完成品
・既に輸出された或いは今後輸出される機器、機械、車両を完成するために必要な補完用の部品、部分品、機器及び機械
・今後輸出する或いは既に輸出した製品の梱包、再生又は新たな外観にするために必要な商品
・食肉処理用に輸入して後日輸出する動物
・今後輸出する或いは既に輸出した製品の製造段階で使用した(される)原料及びその他の物品の輸入で、それらが輸出商品の一部として組み込まれるものでなくても、許可の妥当な理由があれば適用の対象となる。
  
 

またドローバック制度が適用されない物品の種類は次のものである。
・マナウス・フリーゾーンなどで消費用製品を製造するための商品の輸入
・輸入停止或いは禁止措置にある商品の輸出又は輸入
・国内通貨(R$)の支払いによる輸出
・協定貨幣(Moeda-Convenio)を含む自由に兌換できない貨幣によって行われる輸出で、兌換可能な 自由貨幣によって行われる輸入代金の支払いにも適用する輸出
 
  

貿易業務部(DECEX)はドローバック制度の申請の時点で、輸入或いは輸出する製品に関する製造プロセスを説明した「技術鑑定書」(Laudo Tecnico)の提出、あるいは、輸入製品の副産物或いは残滓物が製造工程で発生するかどうか、ロスの発生率、発生する場合売却するときの価格など、それらの詳細な分析が必要と判断されたときは、輸入社はこれらに回答する書類を提出しなければならない。

ドローバック制度の輸入恩典
輸出産品に使用される輸入部品・資材・副資材(国内調達品にも一部適用)などは、保留、免税・償還方式によるドローバック制度を適用すれば輸入税、IPI税、ICMS税、PISとCofins税、ARFMM等ほとんど全ての税金が保留、または免税される。

*AFRMM=商船更新追加税
BLに記載された国際海運料金に対して25%。


[PR]
by wagahai_tt | 2014-04-30 04:16 | Comments(0)

『地球村の森2014』植樹祭

f0096068_1816015.jpg



Asflora4月度活動報告を紹介します。

『地球村の森2014』植樹祭 
2014 年4 月16 日
Asflora(アマゾニア森林友の協会)は、ベネビーデス市AIMEX(パラ州木材輸出木材工業協会)付属種苗センター敷地内で、2014 年4 月16 日(水)午前9 時過ぎより、『地球村の森2014』植樹祭を行いました。
招待していた近くの学校から、直前に都合が悪くなったと断りが来ました。
慌てて、Asflora のメンバーで教師をしているカミーロに相談したところ、ブジャルー市(ベネビーデス市から約60 ㎞)のパラ州立ドマリオ校生徒60 人と教員3 名を連れて来てくれました。
f0096068_17544294.jpg
彼等は、バス2 台で、朝8 時前に到着。植樹祭の前に、1 時間余、Asflora 副会長マルルッシから、環境教育講義を受けて貰いました。
f0096068_17552750.jpg
60 人の生徒たちは、中等教育課程で、日本だと高校生、13 歳~19 歳の子達でした。 講義の後、短い時間でAsflora 森の劇団を紹介、Aimex の苗畑を見せてから、今回の植樹地に案内しました。植 樹には、Asflora とAimex メンバーに加え、パラ連邦総合大学で環境学を教えるルシバルド准教授、近くの町のコンドミニアム住人管理者で、敷地内の水源林を回復しようとしている2人、アマゾニア日伯援護協会の理事の山本さん、斉藤さん、農大校友の伊藤さんなどが参加してくれました。
f0096068_17565511.jpgf0096068_17571288.jpg








植樹スポンサーになって頂いたのは、大阪のNPO 法人ネットワーク『地球村』(代表 高木善之)です。今年で、4 年目です。今回の植樹地は「Floresta de Network Earth Village 2014(地球村の森 2014)」と名付けています。
植樹記念看板
f0096068_17595137.jpg
植樹本数は、4 千本、50 樹種の予定で、面積は45mx45m、0.2 ヘクタールです。16 日の植樹祭時は、参加者85 人で800 本程度のみ植えました。翌日から、Asflora とAimex のメンバーで、継続することにしています。

f0096068_1833015.jpgf0096068_1834852.jpg








f0096068_185594.jpgf0096068_1852448.jpg








今回の植樹地は、10 年前に植え付け間隔を揃えて、通常の植林をした場所でしたが、土壌条件等悪く、インバウーバ(セクロピア)などの木々が僅かに生える草原でした。
下は、この植樹地の地拵え前の景観と、植樹祭時のものです。
f0096068_1885547.jpg
上3 月6 日 ↓ 下4 月16 日
f0096068_1892012.jpg

地拵えは、草を刈り、排水路を設け、残存していた数本の外来種チークなどを伐採、鶏糞入り堆肥を植樹地全面に5 ㎝厚で施肥(1600 袋、10m3、トラック3 台分)しました。有機質を沢山入れると、密植する苗木たちに、森の中のギャップ(陽だまり地)のような居心地にさせてあげられるようです。荒廃地では、混植密植方式でも、各植穴に肥料を入れるだけでは、なかなか森になりません。
下準備をしてくれた仲間たちと、木を植えることを楽しんでくれた参加者たちからエネルギーを得て、大いに元気を貰えた一日でした。 (文、佐藤卓司)

f0096068_18113553.jpg←本植樹祭案内状













Instituto Amigos da Floresta Amazônica-ASFLORA
Takushi Sato-Presidente
Marluce Amorim-Vice Presidente

[PR]
by wagahai_tt | 2014-04-23 18:18 | Asflora | Comments(0)

ブラジルのお札


ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(143)

ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

301.        ブラジルのお札

ブラジルの銀行から引き出してきた札束の中に、なんとなく違和感を覚えたお札が混入していた。

   
50,000クルゼイロ札
f0096068_3192456.jpg

50,000クルゼイロ札
f0096068_3195169.jpg

50,000クルゼイロス札の絵柄は正しいが、数字や文字の部分が逆に印刷されている。

   
100クルザードノーボ札
f0096068_3242418.jpg

100クルザードノーボ札
f0096068_3245431.jpg

100クルザードノーボ札の表の部分は正しく印刷されているが、裏の数字や文字の部分が全く印刷されておらず、印刷の1工程が抜けたものです。
   

銀行から引き出した札束の中に混入していたのは、ブラジルらしいですね。
   
   

[PR]
by wagahai_tt | 2014-04-16 03:28 | Comments(0)

百円札


ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(142)

ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

300.            百円札

今では殆ど見ることが出来なくなったが、我々がまだ少年時代に流通していた百円札です。ブラジルから引き揚げた時の引っ越し荷物の中から出てきたもので、赴任時に持って行っていたのであろうと思うが失念していました。

百円札表
f0096068_3374347.jpg


百円札裏
f0096068_3381673.jpg


表の肖像画は板垣退助です。
板垣退助は自由民権運動の主導者として知られ、生存時、一般庶民から圧倒的な支持を受けていた。没後も民主政治の草分けとして人気が高く、第二次世界大戦後は50銭政府紙幣、日本銀行券B100円券に肖像が用いられた。
天保8年4月17日(1837年5月21日)、土佐藩士・乾正成(300石、馬廻格)の嫡男として、高知城下中島町(高知市中島町)に生まれた。同藩士の後藤象二郎とは幼な馴染みである。坂本龍馬等の郷士よりも恵まれた扱いを受けていた(のちに板垣家と坂本家は親戚関係となる)
明治2年(1869年)、板垣退助は木戸孝允、西郷隆盛、大隈重信と共に参与に就任する。明治3年(1870年)に高知藩の大参事となり「人民平均の理」を発し、明治4年(1871年)に参議となる。1873年(明治6年)に征韓論を主張するが欧米視察から帰国した岩倉具視らの欧米諸国家との国際関係を配慮した慎重論に敗れ、新政府は真っ二つに分裂。板垣は西郷隆盛らとともに下野した。(明治六年政変)
1874年(明治7年)に愛国公党を結成し、後藤象二郎らと民選議院設立建白書を建議したが却下された。また、高知に立志社を設立した。1875年(明治8年)に参議に復帰し大阪会議に参加したが、間もなく辞職して自由民権運動を推進した。



[PR]
by wagahai_tt | 2014-04-09 03:39 | Comments(0)

Asflora活動報告

f0096068_4393795.jpgf0096068_4395761.jpg







Asflora3月度活動報告を紹介します。

サンブラス部落コミュニティ苗畑落成式 (2014年3月22日)
Asflora(アマゾン森林友の協会)は、東京農工大学JICA 草の根プロジェクト「遷移型アグロフォレストリー普及・認証計画」に協力してきました。 Asflora メンバーの佐藤、マルルッシ、アンデルソンのこのプロジェクト実施メンバーになって2 年余になりましたが、3 月末でこのプロジェクト実施メンバーを終わります。その締めくくりとして、今回、本プロジェクト拠点地の一つ、イガラッペアスー市サンブラス部落(ベレンから140 ㎞)のコミュニティ苗畑が完成し、その落成式を部落の農民、地元市役所、協力団体の方々と共に行いました。
3 月22 日(土)午前中、サンブラス部落に、ハイムンド部落長、アンテーロ前部落長を始め地元農民と家族、アブラヤシ企業PALMASA 社の宮川社長他幹部の方々、サンドラ市長、シャーレス市農務部長始め、市、州農業指導部員、ジョアキン農村シンジケート代表、CAMTA(トメアスー農協)小長野理事(兼トメアスー市農務部長)、CAMTA ジナルド技師、アロウド技師、東京農工大プロジェクトメンバーの佐藤、アンデルソン、マルルッシの約50 名が集まりました。
以下、写真で当日の様子を紹介します。
f0096068_4513614.jpg
上写真)22 日午前10 時半、サンドラ市長(左前列2 人目)を迎えて、サンブラス部落苗畑落成式を開始しました。この集会所は、本プロジェクト開始と共に、参加12 農家の協働と、サンタバルバラ・エスペジット入植地の大工仕事の得意な農民の協力によって建てられました。

f0096068_4524284.jpgf0096068_4525811.jpg








左上)挨拶中の小長野道則氏、お土産にピタヤ苗、豆類、樹木の種子を持ってきてくれました。
右上)イガラッペアスー市農事部より、トウモロコシ種子60 ㎏も、この日に頂きました。

コミュニティ苗畑看板の除幕をサンドラ市長、ハイムンド部落長、各支援団体の代表が行いました。
f0096068_4593942.jpg

f0096068_531831.jpg
写真上)苗畑は、18mx18m、50%遮光の寒冷紗に覆われていて、スプリンクラー潅水設備付です。支柱は、胡椒栽培用の支柱材で、Palmasa 社渡辺氏に寄付して頂きました。

これから、クプアスー、カカオ、アサイ椰子、胡椒、タペレバ、マラクジャ(パッションフルーツ)などの苗つくりに利用されます。見学者が来るようになり、サンブラス部落の人達が張り切って説明し、近辺の人達にも苗木を分けてあげている姿を想像しています。

f0096068_561212.jpgf0096068_563065.jpg








左上)奥に見えるのは3 千リットルの水タンク、井戸は掘り抜きで44mあり、水中ポンプを設置してあります。綺麗な飲み水を得て、将来、部落の水道に利用できると住民は喜んでいます。
右上、下)苗畑の落成式後、付属するトメアスー方式アグロフォーレストリィ展示農場(1ha)に訪問者を案内しました。植え付け後1 年2 か月を経て、バナナがもうじき収穫期に入ります。
f0096068_5131535.jpg
胡椒も一画で、通常の支柱と生木支柱で、4 種類が栽培されています。カカオ、アサイも育ちつつあり、参加している農家は、もうこのモデルを自分の畑の一隅に導入し始めています。

当日の小さな参加者たちです。
f0096068_5154014.jpgf0096068_515598.jpg










このプロジェクトは、あと2 年半続きます。
4 月からは、トメアスーのアグロフォーレストリィ生産カカオ豆の地域認証実現に注力していきます。サンタバルバラとイガラッペアスーの零細農民支援地では、 CAMTA(トメアスー農協)の技師の定期訪問し、技術指導が継続します。
私どもAsflora のメンバーも、親しくなった農家の人達を、時々、訪ねたいと思っています。
本プロジェクトに参加してくれた農民の皆様、ご支援を頂いた多くの方々、
JICA、CAMTA、東京農工大国際技術協力支援室の皆様、
ありがとうございました。

以上
佐藤卓司、Maruluce Amorim、Anderson Barros
東京農工大JICA 草の根プロジェクト・現地実施員
Asflora(アマゾン森林友の協会)


[PR]
by wagahai_tt | 2014-04-02 05:30 | Asflora | Comments(0)