「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2011年3月4日トメアスー植樹祭

f0096068_7383635.jpg



Asflora3月度第2弾の活動報告を紹介します。

2011年3月4日トメアスー植樹祭

3月3日、ベネビーデスの植樹祭を終え近くで昼食後、日本からの植樹団とAsfloraメンバー合わせて23名は、小型バスと乗用車で、トメアスーに向かいました。
午後4時過ぎ、トメアスー十字路区の墓地に到着、まず移住地先没者、功労者のお墓参りをしています。下の写真は、トメアスーの森林農業の先駆者植樹院釋浄信(俗名 坂口陞)の墓前です。左から山中(Asflora副会長)、宮脇先生、大竹さん(伯国農大会北伯分会)、故坂口さんは農大林学科卒、森を守り、植樹、森つくりに熱心で、トメアスー入植50年を過ぎた2008年に亡くなりました。現トメアスー農協理事長 坂口ワタル氏は、ご子息です。
f0096068_7413897.jpg

午後7時から、トメアスー文化農業振興協会(ACTA、以下 文協)会館に集まり、移民資料館の見学、次いでトメアスーの主だった方々50人が集まり、歓迎夕食会が開かれました。
f0096068_744114.jpg

今回の植樹の準備を仕切ってくれている文協理事の鈴木エルネストさんが、巧みな日伯両語で司会を務め、乙幡(おっぱだ)文協会長の熱烈歓迎の挨拶に始まり、小長野トメアスー農業協同組合(以下 農協)理事、市役所代表(上右写真)、三菱商事CSR環境室長秋田さん挨拶と続き、最後に宮脇先生の挨拶がありました。先生は、長年トメアスーに来てみたいと思っていたのが、今回実現できて嬉しいとされ、アグロフォーレストで多様な作物、樹木を組み合わせていることが、命を守る森つくりとよく噛み合うこと、一緒に多様な植生を持った森つくりに励んでいくことを呼びかけました。そのスピーチが終わると、大勢の日系人の方々が、先生に握手を求めてきていました。
f0096068_7464396.jpg




市長代理ベンテス氏と宮脇先生








翌朝3月4日、朝8時に植樹祭会場に到着すると、もう、学校生徒たちが大勢集まっていました。8時半を過ぎると、もう500人を超えているということで、500人分しか準備していないランチが足らなくなる、文協のエルネストが追加手配に走っていきました。
9時にカスターニャ・ド・パラ(ブラジルナッツの木)の点々とある木陰で、式典が始まりました。
f0096068_7504924.jpg宮脇先生の植樹指導でバクリの苗を支えている子。右側の子はアカプーの大きな苗を持っています。このアカプーの苗は、この日に新井さんが自分で育てた苗を20本持ち寄ってくれた一本です。新井さんは、トメアスーではもう殆ど見られなくなった自然林を自分の土地に保全し、遊歩道もつけて森林保護と啓蒙に尽くしている方です。

  
f0096068_753724.jpg植樹開始です。
宮脇先生は、みんなから写真に入ってと引っ張りだこ。

ブラジリアのJICA代表芳賀所長、大鉱山会社バーレ社の方たちなども参加してくれました。



f0096068_7574713.jpgf0096068_758360.jpg









f0096068_831041.jpgf0096068_835259.jpg









f0096068_87496.jpgf0096068_873197.jpg









f0096068_8125670.jpg
穴堀が遅れてしまい、小さな子二人が手で穴を掘っているシーンに会いました。 小さな手で、とても掘れるものでないのに・・・ この子たちの植えたい一心に感動!
植樹後、バス組は、農協のジュース工場を見学。製品のクプアスーとアサイのジュースを味わいました。それから、小長野さんに案内をお願いして、トメアスーのアグロフォーレスト農場をいくつか見学させてもらいました。
f0096068_819532.jpg

f0096068_8215052.jpg36年を経過した、カカオとブラジルナッツ(レイラさんの両手の実)の木などが組み合わさった農地です。





f0096068_8243140.jpg
f0096068_8245251.jpg








左上、ゴム林とカカオの混植、手を上げてモデルになっているのは、小長野さん。
右上、それを撮影する山田さん、宮脇先生、古川さんも、下層、中層、上層の森の形態になっていました。
f0096068_8293188.jpg

左、4年目と2年目の畑。







トメアスー十字路近くで昼食後、再びガマ河をバルサ(艀)で渡りました。下の写真はガマ河岸ブジャルーの町側でバルサを待っている時のものです。
f0096068_8331544.jpgf0096068_8333630.jpg







 
トメアスーから戻った翌3月5日(土)、ツアーの方たちは午前中市内観光でした。三菱商事の山田さんは、1992年、95年、96年の植樹地を撮影したいということでしたので、私が案内することにしました。宮脇先生も行くと言われ、3人でイコアラシに行きました。
最初に、閉鎖(2008年)後、荒れ果ててしまった元ブラジル永大木材社の守衛詰所に行き、視察許可を貰いました。その際、一人の番人(アナニンデウア在住)が、「ここは素晴らしい森に覆われていて、小川沿いも保存されている。研究者たちがここに来て調査すべきだ」と言いました。宮脇先生にその言葉を伝えると、「ヒトの本能で、命を守る森の素晴らしさを感じているね」との所感でした。このままだと、いつか不法侵入者たちの餌食になりそうで、貴重な森が失われてしまわないかと心配でなりません。
f0096068_836144.jpgf0096068_8364134.jpg



















上の写真は、1991年末に、一番最初、宮脇先生が苗畑の一画に植樹の仕方を指導してくれた場所です。猫の額ほどの所が、すっかり「鎮守の森」に育っていました。
f0096068_8411382.jpgf0096068_8413199.jpg









左上、第一回実験林(92年5月)の林縁部が道路に張り出してきています。右上の写真は、96年実験林内と宮脇先生。私も宮脇先生の年になるまで、まだこの森と同じく20年があります。各地の森がどう育っていくか、とても楽しみです。

ASFLORA-アマゾン森林友の協会 佐藤卓司(文)

[PR]
by wagahai_tt | 2011-03-29 08:44 | Asflora

2011年3月3日ベネビーデス植樹祭

f0096068_47231.jpg



Asflora3月度の活動報告を紹介します。

2011年3月3日ベネビーデス植樹祭

3月2日(水)午後、日本から宮脇先生と三菱商事CSR環境室 秋田室長、総務 山田さん、小島ご夫妻(まじぇる会)、河野さん、古川さん、藁さん(JTB)の8名の方々がベレンに到着しました。3月5日まで、3泊4日の植樹日程の始まりです。

f0096068_4103073.jpg2日の午後6時から8時まで、ベレン市内のホテルで、グループの方々8名と地元より10名が加わり、森つくりの勉強会を行いました。先生による講演では、1970年代から各地での森つくり実例を、多くの写真で見せていただきました。宮脇先生は、阪神大震災直後、現地調査をされており、その土地本来の木々が大きな防災機能を発揮した実例を紹介され、参加された在ベレン日本国総領事館名井総領事も熱心な質疑をされていました。 先生指導の森つくり運動が世界各地に広まって、現在では1,700箇所で植樹本数4千万本を超えると言われるほどになりました。
 
3月3日(木)パラーブラ・ダ・ビーダ校 植樹祭
植樹ツアーの方たちは、ベレンのホテルを小型バスで7時10分に出発して約1時間をかけてベネビーデス市のAimex種苗センター内植樹地に到着した。ここで、植樹祭に参加した方たちに各植樹地の現状を見て貰いました。昨年(2010年3月)に植えた植樹地から2005年に植え6年目になる植樹地を、それぞれを短時間(45分)で見て回りましたが、その旺盛な生育ぶりと、すでに熱帯雨林らしくなっている状態に、みなさん驚いていました。
この植樹地を出発して、10分ほどで今回の植樹祭の会場に到着しました。植樹祭を知らせる垂れ幕が目印になった門をくぐると、右手奥に広い植樹地が目に入ります。
この植樹祭は、宮脇方式による植樹ですが、二つのプロジェクトに分かれていて、一つは、EFF(NPO地球と緑の環境基金)や緑の募金(国土緑化推進機構)助成による「学校の森つくり‐パラーブラ・ダ・ビーダ校」プロジェクト(苗木5,100本)と、もう一つは三菱商事助成の「第20回東アマゾン熱帯林再生実験」(苗木2,000本)です。 加えて、苗木600本分を、日本のAMEXカードからポイントを寄付して下さった方たちからのご支援で植える植樹祭で、合計植樹本数は7,600本、55樹種、面積3,500㎡(35mx100m)の規模です。
f0096068_4121136.jpg
国歌斉唱で植樹祭式典が始まりました。全校生徒220人、他に教職員、父兄、同校の母体プロテスタント教団関係者、市役所代表、アマゾニア農大代表、日本総領事館代表、アマゾン群馬の森代表、Asflora会員など80名が参加しています。

f0096068_4142698.jpgf0096068_4144866.jpg









宮脇先生の植樹指導では、子供たちに3本の代表樹種の名を覚えてもらいます。苗を手にした子が「アカプー」と言い、全員で三唱しました。Asflora森の劇団から「クルピーラ」と「マイ・ナトレーザ=自然の母」も登場、子供たちへ森つくりの大切さを伝えます。

この植樹地は、パラーブラ・ダ・ビーダ校の母体になっている、パラーブラ・ダ・ビーダ教団(プロテスタント)の職員住宅や教習施設、教会などの施設が奥にあります。
2006年「第14回東アマゾン熱帯林再生実験」植樹で、道路に沿って2,000㎡の森ができている所に、今回の植樹地が隣接します。 近くにある森から、よく動物たち(サル、パッカ、クチア、アルマジロなど)が2006年の森に入りに来るのですが、途中が原っぱなので、おっかなびっくりしているのを見かけるそうです。 この森を作って、動物たちの行動圏を広げられるようにしたいという、パトリッシア教頭の要望でした。

f0096068_4172162.jpg

f0096068_4182695.jpgf0096068_4184756.jpg









左上の写真、生徒と一緒に植樹中の、東京農大4年生松岡舞さん。植樹実習がしたいということで、アマパ州のAMCEL植林会社とAsfloraにやってきました。この植樹地で、前もって生徒たちとAsfloraメンバーと共に4日間、植樹に汗を流してくれました。
右上写真の麦わら帽子の方は、当地2回目の「まじぇる会」小島さん。

f0096068_4224124.jpgf0096068_423220.jpg








上の写真2枚、植樹後恒例の、輪をつくって「ビーバ・ナトレーザ=自然万歳!」

f0096068_4264991.jpg
左「第20回東アマゾン熱帯林再生実験」と右「学校の森プロジェクト」の看板の前で、日本からの植樹団の方々、ブラジル三菱商事塩原部長(前列右)と共に記念撮影。

f0096068_4283326.jpg
上写真、今回の植樹地(手前)と、後方が5年前に植えた植樹地です。二つ合わせると0.55ヘクタールの広さとなります。この森つくりは、これからの学校教育に役立てていくとしています。今回の植樹祭前に、生徒たちは関連する作詩、作文、図画、樹種や森の調査をしていて、時間があれば挨拶時に発表の手筈でしたが、次の機会となりました。

Instituto Amigos da Floresta Amazônica-ASFLORA 
アマゾン森林友の協会 佐藤卓司(文)

[PR]
by wagahai_tt | 2011-03-20 04:32 | Asflora

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(114)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

181. 
アヌエラ(Anauerá)Licania macrophylla クリソバラヌス科(Churysobalanaceae)

f0096068_5335184.jpg


樹皮を煎じたものを、 アメーバ症や下痢の治療 に用いられます。アマパ州科学技術研究所(IEPA)では、薬草製品を製造販売しており、アヌエラ抽出液も一瓶(30cc)R$3.00(=210 円)で市販しています。

[PR]
by wagahai_tt | 2011-03-13 05:34 | 薬用樹

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(113)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

180.   パラカシー(Pracaxi)Pentachlethra macroloba マメ科(Leg.)

パラカシーはアマゾン流域の湿地帯域に自生しており、材は重硬、耐久性があり、枕木用材とされます。種子から油を採り、薬用として地域で用いられています。
抗菌作用があり、飲用、外用でアンジローバやコパイーバ以上に化膿症 に効くと言われています。
f0096068_4541416.jpgf0096068_4561529.jpg



















写真(左)は湿地帯で気根の発達したパラカシー。写真(右)はその苗木で、その根元に種(胚乳部)が見えるが写真ではよく分からないですね。

[PR]
by wagahai_tt | 2011-03-06 04:58 | 薬用樹 | Comments(4)