<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アグロフォレストリー

f0096068_458135.jpg



アグロフォレストリー

Asfloraより7月度の活動報告を紹介します。

7月は南半球のブラジルでは、冬休みシーズンです。
でも赤道近くのベレン市では、乾季になって太陽がギラギラと照りつけるシーズンですから夏休みと言っています。学校が休みなので、Asflora(アマゾン森林友の協会)の環境教育プログラムもお休みです。
Asfloraでは、日本のNPO EFF(地球と未来の環境基金)と緑の募金(国土緑化推進機構)による零細農家へのアグロフォレストリー支援プロジェクトを、サンタバルバラ郡(ベレン市から50km)で実施中です。7月にそのプロジェクト地と開拓部落エスペジット・リベイロ入植地を、Asflora代表の佐藤が他のメンバーと共に訪ねた際の写真を紹介します。
f0096068_4594262.jpg
訪問した7月3日(土)には、「エスペジット・リベイロ入植環境農業者協会」の集会が部落の公民館(バラック建てだが)で開かれていました。 飛び入り参加した、我々訪問者を暖かく迎えて、みんなに紹介してくれました。中央で立っている人がミランダ会長です。その左の女性(黄色の服)は、石丸香苗さん。石丸さんは、京大研究員の博士で、今回2度目の訪問です。1ヶ月余の調査を行なっていて、部落の人たちとも親交を深め、みんなから好感されています。

f0096068_525162.jpgf0096068_531295.jpg









(左の写真)飛び入りで挨拶中の佐藤、右隣は「アマゾン群馬の森」のリーダー岡島さん、次いで同地管理人の平形さん、右端は東京農工大修士過程で、留学中の酒井君です。
このエスペット・リベイロ入植地で、昨年末に植樹した場所を見てきました。     
とても成長が良く、焼け跡が年末のクリスマス植樹祭で植えた木で塞がれてしまいました。

f0096068_510920.jpgf0096068_5103295.jpg









左上の写真は半年前(昨年12月26日)の植樹時で、右上は同地を7月3日撮影したもの。
「水源の森つくり」イオン環境財団助成プロジェクトの一つです。
次は、入植者の畑の写真です。

f0096068_5151738.jpg
入植者の畑。パイナップル、椰子、果樹、樹木などを混植したアグロフォレストリー支援の畑の一部です。奥にはまだ森が残されていて、ここから2千メートル奥に「アマゾン群馬の森」があります。

f0096068_5173340.jpg
サンタバルバラ市副市長の案内で、国立パラ総合大学の文化人類学の教授(右端の女性)が、森林の衰退状況を調査に来ていたのに会いました。
7月3日撮影

f0096068_5181944.jpg
今年植えたアグロフォレストリー実施モデル地の一つです。すでにトウモロコシの収穫をしています。バナナ、パンの木、グラビオーラ(果樹)、アサイ椰子などが育ってきています。 
7月18日撮影

f0096068_5194595.jpg
今年2月にイオン環境財団の助成を得て植樹した「水源の森」です。道を挟んで、 EFFと緑の募金プロジェクトによる水源涵養林つくりの植樹も展開されています。
7月18日撮影

f0096068_5202244.jpg
7月3日の訪問者、左から加味根、佐藤、酒井、岡島、平形、ハイムンド(ミランダ入植者協会会長の義父)、紅一点の石丸さんがこの写真を撮ってくれました。本当は、紅一点を入れたかったのですが・・・

[PR]
by wagahai_tt | 2010-08-29 05:25 | Asflora

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(93)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

160.           厚生ホームのバザー   

今回はペグ人形 を作ってバザーに参加した婦人会の活動を紹介します。
f0096068_4201993.jpg
   
パラ州ベレンの厚生ホームは、日系一世・二世の老人や身体障害者やアルツハイマー症などで、家族での介護が困難な人達を集団介護するための施設で、日伯協会を中心にした日系移民の互助の施設であり日系人の手で運営している。

日系進出企業各社も毎年一定額を日伯協会に寄付して、その資金の一部を厚生ホームの運営に当てていた。
   
オリジナルのペグ人形は1930年代にイギリスでブレークした人形で、洗濯ハサミを使った人形のようです。(ちなみにペグとは洗濯ハサミの意味だそうです。)
洗濯ハサミから想像すると人形の足の部分に洗濯ハサミを使って、上半身を支えていたのであろうと思います。
   
パラ州ベレン市の日系婦人会で作ったペグ人形は11cmの一本の木の棒を芯材にして作る人形で、布や毛糸などで作り、予備のトイレットペーパーの上に被せる人形だそうです。
f0096068_4233969.jpgf0096068_4235819.jpg
   











ペグ人形はイギリス駐在経験のある 総領事夫人の指導により、ベレン日系婦人会メンバーが中心になってボランティアでこの人形を作り、年一回のバザーに参加して売上金を厚生ホームの運営資金の一部にしていた。
   
カラフルなヨーロッパ貴婦人の人形の中には、バイヤ州の黒人をモチーフにした人形もあり、ブラジルらしさを感じる。
f0096068_4285599.jpgf0096068_429184.jpg














f0096068_4321778.jpgf0096068_4324490.jpg
   














婦人会のバザーには、ペグ人形以外にもアートフラワーやクッションなど、婦人会メンバーの手作り作品が並んでいた。
f0096068_437468.jpgf0096068_4374949.jpg




 

[PR]
by wagahai_tt | 2010-08-22 04:40 | 印象深い事柄

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(92)


ブラジルで印象に残った事柄をまとめてみた。

159.    ホテル:トロピカル・ダス・カタラタス

ブラジル側のイグアス国立公園内に、一軒の由緒あるホテル、トロピカル・ダス・カタラタスがある。
f0096068_513319.jpg

外壁がピンクの2階建てのホテルで、国立公園の緑一色に包まれている周囲の景観とのコントラストが素晴らしい。
f0096068_54769.jpgf0096068_543175.jpg









ホテル内部の廊下の幅は広く取ってあり、扉には重厚感のあるジャカランダのような無垢材がふんだんに使って高級感を出している。
客室は一階と二階が中心であるが、一部地階にも客室がある。
客室には大きなベッドが3台もおいてあり、一人で宿泊するには広すぎる部屋だ。
f0096068_57324.jpgf0096068_575359.jpg









朝食は一階にあるレストランでパン中心のバイキング食べ放題で、ドリンク類も100%ジュースが豊富でこれも飲み放題だ。
甘党の人にはスイーツも豊富で、肥満を心配しながら嬉しい食事ができるでしょうね。
f0096068_5143779.jpgf0096068_5145721.jpg









朝食後はホテルの前から遊歩道を歩いて、ブラジル側の滝を見学に行くことになる。
f0096068_5174392.jpgf0096068_51827.jpg









中庭にはレストランに面したプールがあり、昼食時や夕食時にはプールサイドにテーブルを並べて宿泊者の胃袋を満足させている。
レストラン側の奥には、沖縄のカジャマルに似ているパンダヌスと言う木が絡み合って繁っていた。
f0096068_5231249.jpgf0096068_5233834.jpg









そのプールサイドには数本の椰子の木も植えてあり、この木の葉にはグアショと呼ばれている鳥が、まるで袋をぶら下げたような巣を無数にぶら下げている。
グアショは全身黒に覆われているようだが、飛立つと背中の真赤なポイントが目を引く奇麗な鳥だ。
雛の巣立ちは11月のようで、巣立ち前なので親鳥が頻繁に餌を運んでいたのだろう、プールの周りを飛び回っていた。
f0096068_527248.jpgf0096068_5272376.jpg









夜になるとラウンジで食後の憩いの時間を、ボサノバとピアノ演奏を聞きながらカイピリーニャを楽しむ事ができる。
時には頭の禿げたオッサンが一人でタンゴ演奏をしてくれるのが、何とも言えない趣を感じる一時で、一杯飲みながら演奏に引き込まれて行き、ついつい4杯目のオーダーをしてしまう羽目になる・・・・。
f0096068_5303283.jpgf0096068_530565.jpg









我々が宿泊した日は、日本からの観光客も多かったようで、玄関前には各国の国旗の中に日の丸も掲揚されていた。
f0096068_538385.jpg

(ホテル・カタラタスの全景写真はグーグル・アースの写真を借用したものです。)

[PR]
by wagahai_tt | 2010-08-15 05:39 | 印象深い事柄 | Comments(2)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(91)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

158.       アマゾンフルーツ:アブリコ

子供の頭ほどの大きさのあるアブリコ。
果肉は黄色く、種は大きい果実でそのまま切って食べるが、甘味は強くない爽やかな甘味で、食感は繊維質のないマンゴのようで、美味い果物です。

アブリコの木
f0096068_612529.jpg

アブリコの果実
f0096068_6125618.jpg

アブリコの果肉
f0096068_6132226.jpg

アブリコの種
f0096068_614713.jpg


この果実にも薬効があるようで、パラ州では下記の効能が言われています。

1.動脈硬化、心筋梗塞、高血圧
2.痛風、脚気
3.皮膚疾患
4.てんかん
5.脱毛
   
   

[PR]
by wagahai_tt | 2010-08-08 06:21 | アマゾンフルーツ

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(90)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

157.          アマゾンフルーツ:カカオ

カカオ(Theobroma cacao)は、中央アメリカから南アメリカの熱帯地域を原産とするアオギリ科の常緑樹です。
この木の生育には、規則的な降雨と排水のよい土壌、湿潤な気候が必要で、熱帯アマゾンは最適地と言えよう。

カカオの果実は長さ20cm前後、直径10cm程の大きさの卵形の果実で、木の幹から直接実を付ける幹生果だと言うことをご存知だろうか・・・。
f0096068_4533680.jpg


熟れると黄色くなり、大きさにもよるがこの実の中に60粒ほどの種子であるカカオ豆が入っています。
f0096068_454734.jpg
   

このカカオ豆を水に漬けて発酵させ、焙煎したカカオ豆の外皮と胚芽を除いてすりつぶし固形化したものがカカオマスと呼ばれ、これがチョコレートやココアの原料になります。

チョコレートは、脱脂して粉末にしたカカオマスを溶かして型に入れ固めたものです。

ココアは種皮と胚芽を取り除いてすり潰したカカオマスに湯や砂糖や牛乳などを加えた飲料です。

昔ながらのカカオ豆の天然乾燥風景です。
f0096068_456357.jpg


カカオの花です。
f0096068_4573663.jpg

(この花は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に紹介されていたものです。)
[PR]
by wagahai_tt | 2010-08-01 04:59 | アマゾンフルーツ