<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(89)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

156.          アマゾンフルーツ:アセロラ   

アセロラの花
f0096068_536291.jpgf0096068_5365871.jpg










アセロラの果実
f0096068_5414783.jpgf0096068_5421451.jpg











アセロラの葉
f0096068_547087.jpg


アセロラの木
f0096068_5485131.jpg
(伸び放題の木だが、本来は実を取り易いように剪定が必要なのだろう。)

アセロラは、ビタミンCを豊富に含むさくらんぼ大の熱帯フルーツで、100g当りのビタミンC含有量は1,700mgとレモンの約35倍もあります。
原産地カリブ諸島や、南アメリカに住む原住民は、体が弱ったり風邪を引いたりした時に、アセロラを食べると元気になることから、昔から健康維持のために使ってきました。
1980年代に、このアセロラの栄養価や健康効果・栽培方法等が広く知られるようになり、世界的に注目されるようになりました。
アセロラは熱帯産のフルーツのために、日本では沖縄地方でも広く栽培されています。
熱帯地方原産のフルーツは、過酷な環境(強い日差し)で成長していくため、高い栄養価を持っているものが多く、アセロラも例外ではありません。強い紫外線から植物体を守るため、ビタミンCをたっぷりため込んでいるのです。
アセロラに含まれるビタミンC含有量はレモンの35倍。

アセロラの効果・効能
ビタミンCは美肌効果をはじめ、免疫力向上・抗ストレス・抗ウイルス等、美容・健康維持のために大切な働きを持っているのですが、体内では作り出せない上、水溶性で長期間体内に貯えることができません。
更に、ストレスや紫外線を受けた時、あるいは喫煙時等に、身を守るための栄養素として大量に消費されています。つまり、毎日しっかり摂ることが大切です。
ビタミンCは、シミやそばかすの原因となる色素の沈着を防ぎ風邪の原因となるウイルスに直接働き、力を弱め細胞内に侵入しようとするのを妨げます。また、白血球・リンパ球・マクロファージ・インターフェロンなど、体の抵抗力を強くする免疫機能も高めてくれます。さらにコラーゲンの合成や結束にも必要で、多めに摂取することでコラーゲンが強化され、細胞の結びつきが丈夫になり、歯茎・鼻からの出血やがん細胞の侵入を防ぐといわれています。
ドラッグストアやコンビニで売られているビタミンCは、ほとんどが合成ビタミンであるため、天然成分からのビタミンCの摂取のほうが、吸収力・持続力も上がり効果的です。
メラニンの生成を抑え、細胞の結合組織コラーゲンの生成に関わり、しみを防ぎ、張りのある肌をつくります。副腎皮質のホルモンの生成にはたらき、精神的なストレスへの抵抗力を増します。ニトロソアミンなど発癌物質の生成を抑制して、がんを予防する効果にも注目されています。

アセロラの適応効果
1.アルコールやニコチンの作用を緩和する。
2.しみ・そばかす等の色素沈着を防止する。
3.鉄の吸収を助け、貧血の予防。
4.毛細血管の強化。出血を予防。
5.皮膚・骨・歯・血管の結合組織を強くする。
6.癌の予防に有効性がある。
7.筋肉の運動の接続性と運動後の疲労回復をはやめる。
8.ストレスに耐えられる体をつくる。
9.血糖を減らす。
10.動脈硬化を防ぎ、血管をしなやかにする。
11.コレステロールを正常にする。
12.体内から有害物質を追い払う。
13.免疫力を高め、風邪などひきにくくなる。
14.肌荒れ・生理痛・生理不順・更年期障害・精力減退等のホルモンのアンバラ   
ンスを 整える。
15.溜まった便をやわらかくし、便秘を解消する。

アセロラ含有成分
アセロラの果実自体にレモンの35倍のビタミンCが含まれています。そのほかに、ビタミンA・チアミン・リボフラビン・ニコチン酸なども含まれています。
化粧品に配合する場合は、水やエタノール等を使って抽出したエキスを使用します。

アセロラ栽培
アセロラの木は、風に弱く実もつきにくいデリケートな木のため、栽培には手間と忍耐が要求されます。また果実は、非常に皮が薄く傷つきやすいため、一粒一粒手で摘まなければならない大変手のかかるフルーツです。
しかし、自然のままだと3mを超す木を高さ1.5m程度に抑え風当たりを少なくする剪定管理が行われているため、高齢者でも収穫しやすいこと、また植え替えもなく、力仕事も少ない等の理由で現在では新たなシルバー農業として注目されています。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-07-24 05:57 | アマゾンフルーツ

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(88)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

155.アマゾンフルーツ:マラクジャ

欧州や北米ではパッションフルーツの名前で知られているマラクジャは、高さ10mにまで成長する硬い木質の蔓植物で、巻きひげを他の植物に巻き付ける様にして登っていきます。中心が紫やピンク色の鮮やかで大きな白い花を持ち、美味しい実をつけます。
f0096068_557856.jpg

マラクジャは鎮静・痙攣抑制・神経系の強壮剤として広く利用されてきています。
アマゾン一帯の先住民はマラクジャの葉で代用茶を煎じ、鎮静剤として使っています。1500年代にヨーロッパへ紹介された当時は、気分を落ち着かせるなど、鎮静効果のあるハーブティーとして利用されていました。
神経緊張やそれに伴う不眠、ストレス性の高血圧、喘息などに効果があるとされています。
f0096068_558284.jpg

マラクジャには、てんかんや不安感・不眠症・パニック障害による発作などの治療に使われた長い歴史があります。習慣性のない穏やかな精神安定剤としても用いられてきたハーブです。1930年代から行われた研究で、リラックスを促進するが中毒性がなく、その効き方はたいていの鎮静作用の薬(睡眠剤)と異なっていることがわかっています。葉にはアルカロイド類とフラボノイド類が含まれています。アルカロイド類は神経伝達物質の分解を阻止し、フラボノイド類は鎮静作用をもたらします。また、別の成分であるマルトールにも鎮静・弛緩作用があります。
マラクジャの成分には、不眠症・パーキンソン病・発作・ひきつけ・筋肉の痛み・ヒステリー・高血圧・破傷風・神経痛・月経困難・生理痛・癲癇や痛み止めに効果があるようです。
マラクジャは、鎮静作用があるが習慣性にならないという大きな利点があります。
f0096068_5592990.jpg
   
マラクジャは酸味も強く香りも独特だが、ジュースやクリーム状にして食後の口直しに食べています。
アマゾンでは鎮痛剤、二日酔い防止や頭痛、ドライアイに効果があると言われています。
ビタミンCやビタミンB群が豊富で、鉄分・カルシウム等のミネラル分も豊富に含んでいます。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-07-19 06:00 | アマゾンフルーツ

Asfloraの活動報告

f0096068_481746.jpg



Asfloraの活動報告を紹介します

       Cikel社の環境週間行事

広大な自社林の森林管理をベースにした木材工業会社、Cikel Brasil Verde 社が、アナニンデウア市(ベレン市隣接)の同社工場で、環境週間の行事を行なう中で、Asfloraに対して環境教育プログラムの要請があり、6月10日、11日に行いました。
参加したのは、同社従業員の子弟と保育園 “Lar da Criança”の子供たち100人程でした。
f0096068_4122013.jpgf0096068_4124124.jpg










森の中から出てきた劇団員が、講堂でも観衆を惹きつけてしまいました。
f0096068_4165426.jpg

f0096068_4184322.jpgf0096068_419682.jpg











ここでも子供たちは、森の劇に積極的に参加し、発言してくれています。
f0096068_4223899.jpg
Asflora森の劇を通して、環境に対する意識の向上を新しい世代の中に感じることが、私たちボランティア劇団員一同にはとても励みになっています。
f0096068_4255219.jpg
f0096068_4261419.jpg

今回の催しを行ったCikel 社グループの、地域貢献活動の取り組みに対して敬意を表します。


                ASFLORA - Instituto Amigos da Floresta Amazônica
                                      Takushi Sato
                                    Diretor Presidente
                                      Marluce Amorim
                                      Coordenadora

[PR]
by wagahai_tt | 2010-07-15 04:36 | Asflora

Asfloraの活動報告

f0096068_42159.jpg



Asfloraの活動報告を紹介します。

 イコアラシの学校生徒への環境プログラム

AIMEX(パラ州輸出木材工業協会)種苗センターにて、6月9日(水)午前中、ベレン市イコアラシ区のベレン市立ライース・フォンテーラ・アデレーネ校の生徒職員42名を招き、Asflora環境プログラムを行いました。国際環境デーを記念したプログラムを組み、近くの州立JK農産高校から生徒数人の研修も受け入れました。

f0096068_435572.jpgf0096068_444480.jpg











Asfloraの理事、アンデルソン(左下)とマルルッシア(右下)が講師です。
f0096068_471474.jpg
f0096068_473796.jpg










f0096068_4125963.jpgf0096068_4133023.jpg









森の中からエンディが出てきて、子供を「クルミ」と呼びかけます。
このクルミという可愛らしい言葉の元は、先住民のTupiインジオの子供を指す言葉(colomim, culumim, colomi, curumi , culumi) で、ブラジルのポルトガル語(curumim)になりました。

f0096068_4203581.jpgf0096068_4205969.jpg










右上の写真の黒服の小母さんは、マチンタ・ペレイラで、ブラジル先住民の伝説に出てくる人物で、夜はフクロウになります。タバコが好きで、昼間に家々を訪ねて回って、おねだりするが、もし断ると、子供に祟りを及ぼすそうです。
ここでは、森の中に一人で住んでいる子供の家に行き当たり、子供たちに森との共生を教えています。

f0096068_4234781.jpg
森の出口で、Asflora森の劇団員と参加者全員が記念撮影を行ないました。

                ASFLORA - Instituto Amigos da Floresta Amazônica
                                     Takushi Sato
                                    Diretor Presidente
                                     Marluce Amorim
                                     Coordenadora

[PR]
by wagahai_tt | 2010-07-11 04:30 | Asflora

Asfloraの活動報告

f0096068_5213132.jpg



Asflora活動報告を紹介します。

  パラゴミナス市自然公園での環境週間

昨年に続いて、今年もパラ州パラゴミナス市(ベレンから南へ500km)での環境週間行事にAsflora森の劇団に参加要請があり、我がボランティア劇団員6名が出張しました。この行事は、同市の環境課がバーレ社(鉱山会社)の賛助協賛を得て実施されています。
「Asflora森の劇」 と環境教育レクチャーは、同市の自然公園(Paruque Ambiental)で、6月1日(火)と2日(水)、一日に500人、二日間で計1,000人の学校生徒と教職員の参加者を得ました。

f0096068_5274214.jpg
パラゴミナス市自然公園の建物入口に、Asfloraの垂れ幕が貼られていました。

f0096068_5291660.jpg
建物内では環境に関する話をAsfloraの理事の一人、アンデルソン・カッシオが受け持ちました。アンデルソンは、森の劇では、樵とインディオ祈祷師の二役を演じるベテランです。

f0096068_5303282.jpg
森の小人エンディが子供達を森の中へ誘い、アンデルソンから聞いた「環境十戒」を子供たちに聞いて復習をしています。

f0096068_5324262.jpg
アララ(オウム)小母さんは、森と動物達の関係を説明。

f0096068_5332475.jpg
種を拾ってみんなで蒔きました。

f0096068_5363820.jpgf0096068_5365871.jpg










f0096068_5412623.jpg

パラゴミナスの学校と子供たち、市環境課、バーレ社、劇団員の皆さん、環境週間を盛り立てくれてありがとう!


           ASFLORA - Instituto Amigos da Floresta Amazônica
                                 Takushi Sato
                               Diretor Presidente  
                                Marluce Amorim
                                Coordenadora

[PR]
by wagahai_tt | 2010-07-07 05:53 | Asflora

Asfloraの活動報告

f0096068_454871.jpg



Asfloraの活動報告を紹介します。

       ベレン市での環境週間パレード

2010年環境週間、緑の行進と銘打った行事が、5月30日の最終日曜日に、パラ州環境局の主催で実施され、Asfloraも参加しました。
今年のテーマは、 「アマゾンの社会・環境、生物多様性の向上 (As Mudanças Socioambientais e a Biodiversidade Amazônica)」です。
学校、諸団体から1,000人がこのパレードに参加し、ベレン市中心街、ナザレ中央教会から共和国広場までを行進しました。
f0096068_545319.jpg

普段は車で渋滞しているベレン中心街ですが、この日はマンゴ並木をゆったりと歩け、みんな元気溌剌としていました。Asforaの垂れ幕は、イコアラシ区の神父ジョゼ・グリスモン校の生徒たちが受け持っています。
f0096068_571249.jpgf0096068_57376.jpg











バレードが終わると、共和国広場では 「Asflora森の劇」 が始まりました。
観衆も、劇を通して環境メッセージ 「人と自然の調和」 を受け止めてくれていました。
f0096068_5105731.jpgf0096068_5112036.jpg











劇中の酔っ払いが散らかしたゴミを、観衆の子供たちがさっと拾い集めました。↓

f0096068_5134247.jpg


           ASFLORA - Instituto Amigos da Floresta Amazônica
                                  Takushi Sato
                                Diretor Presidente
                                 Marluce Amorim
                                 Coordenadora

[PR]
by wagahai_tt | 2010-07-03 05:23 | Asflora