<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Asfloraの活動報告

f0096068_3572787.jpg



6月度Asfloraの活動報告を紹介します。

ベンフィカの学校生徒への環境教育プログラム

5月末から6月にかけて、Asflora(アマゾン森林友の協会)は多くの行事を行ないました。ホームグランドのAimex種苗センターで、5月28日(金)は地元ベネビーデス郡ベンフィカ区レオン・イリネウ校から生徒45人と教職員5人を招いて環境教育プログラムを実施しました。この日は「農村労働者の日」の記念日でした。

f0096068_433758.jpgf0096068_452475.jpg









環境教育のレクチャーを受けています。

f0096068_481375.jpgf0096068_484930.jpg










その後苗作りの現場を見学。続いてAsflora森の小道に入ります。

f0096068_4115916.jpgf0096068_4122952.jpg









森の中では、樵が手当たり次第に細い木も切ろうとしている所に出会います。樵は、「自然の母」と「クルピーラ」戒められ、伐採の仕方を教えられます。子供たちは、森の木は一本も切らせたくない気持ちを持っています。
しかし、樵が仕事を続けながら、私たちに必要な木材を切ることができ、しかも森も守れることについて、森の劇を通じて樵と共に学びます。森の小道の中で「持続可能な森林管理」の考え方を学ぶことは、教室では味わえない醍醐味があるのではないでしょうか。
f0096068_4143071.jpg


f0096068_4152952.jpg参加者へのインタビュー


f0096068_4171441.jpg生徒名:フェリッピ・ケェベン(2年生)
問:何が面白かった?
答:クルピーラ、遊んでくれて楽しませてくれたもの。
問:また来てみたい?
答:うん、何度でも。



f0096068_4182152.jpg生徒名;アーナ・クララ (3年生)
問:環境十戒で、一番印象に残ったことは?
答:乗り物の中からゴミを投げ捨てないこと。
問:森の劇団に何か伝えたいことはある?

答:とても素晴らしいので、続けて頑張って欲しい。
[PR]
by wagahai_tt | 2010-06-29 04:25 | Asflora

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(87)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

154.          アマゾンの恵み:マンジョカ
f0096068_433439.jpg
青酸性の毒性を含むと言われるマンジョカ芋 (タロイモ)は、痩せた土地でも植え付けて1年半ほど放置していれば自然に成長する手間をかからない農作物です。


f0096068_482785.jpgf0096068_4848100.jpg









成長した芋を掘り出して食べるのだが、生で食べると青酸性の毒で死亡する場合もあるので、熱で毒性を飛ばす必要があるようです。


f0096068_4123612.jpgf0096068_4125645.jpg
   








先ず、芋の皮を剥き黄色の芋を砕く手動の機械にかけて粉砕する。

f0096068_4154670.jpg
次に粉砕した芋を網のような筒に入れて搾り、汁とカスに分ける。


f0096068_419103.jpgf0096068_4193543.jpg










搾り汁は加熱してツクピー液として料理に使う。


f0096068_4285366.jpgf0096068_429219.jpg









搾りカスは大きなフライパンのような鍋で炒って毒性を飛ばした後、ファリーニャを作る。


f0096068_434147.jpgf0096068_4344477.jpg   










更に、ツクピー液は丸焼きにした鶏又はアヒルを入れて、ジャンブーと呼ばれる唇や舌が痺れる野菜を入れて煮込み、ご飯にかけて食べる。
この味は我々日本人にも合う味で、この料理に嵌まる日本人も多い。


f0096068_440663.jpgf0096068_4402538.jpg
   








マンジョカの澱粉で作ったタピオカは、焼いた上にバターを塗って食べると、モチモチ感もあり味は淡泊だが美味しい。

f0096068_4451633.jpg
搾りカスを炒って作ったファリーニャは、殆ど味はないがアマゾンでは日常食で現地の人たちの動力源でもあり、色々な用途がある。


f0096068_4484431.jpgf0096068_4491016.jpg
   








ファリーニャの用途はツクピー料理を食べる時に料理に混ぜて、又フェィジョンやフェィジョアーダの豆煮込み料理を食べる時にも混ぜて食べる。
   
ファリーニャは水分を吸うと倍ほどの容量に膨むので、ファリーニャだけを食べて水を飲めば空腹を癒してくれる。

f0096068_4532710.jpg
カランゲージョ(泥蟹)を食べる時にも、モーリョにファリーニャを入れて蟹と一緒に食べるなど色々な料理と一緒に食べる習慣がある。

f0096068_4545867.jpg
玉葱を飴色になるまで炒めて、ファリーニャとバターを入れて更に炒めて作る香ばしいファローハが我々の口にも合い非常に美味しい。

f0096068_4581673.jpg
どの料理にもファリーニャを使うが、その時ピメンタ・デ・セーロと言う香りの良い激辛の唐辛子を一粒潰して、香りと辛さを楽しみながら料理に舌鼓を打つのも良いものです。
   
   
   

[PR]
by wagahai_tt | 2010-06-25 05:01 | アマゾンの恵み

エスペジット・リベイロ入植地での「水源の森つくり」


f0096068_6364946.jpg



Asfloraの6月度活動報告第2弾を紹介します。

「水源の森つくり」

6月11日 エスペジット・リベイロ入植地での「水源の森つくり」

ベレン市から約60kmにあるサンタ・バルバラ郡エスペジット・リベイロ入植者で、4月24日から植樹を始めた「水源の森つくり」は、6月11日に当初計画した以上の6,000本の植樹を完了しました。
腰のヘルニアの手術をしたために半年間、同地への訪問ができなかった佐藤が、その計画の最終日6月11日(金)に、友人の加味根さんと福島さんに連れられて同地を訪問しました。

f0096068_6431956.jpgf0096068_6434171.jpg









看板の近くは、最初の植え付けから42日後がたちました。もう草に隠れ、除草作業が必要です。

f0096068_6453032.jpgf0096068_6455425.jpg









↑最後の苗。                 ↑後方は植え付け済み、手前が植え付け中です。

f0096068_649487.jpgf0096068_650924.jpg









この植樹は、EFF(NPO地球と未来の環境基金)、緑の募金、イオン環境財団のご支援を得ています。
支援者の皆さま、入植地のみなさん、加味根さん、福島さん、ありがとうございました。

ASFLORA(アマゾン森林友の協会)
代表 佐藤卓司
副代表 山中正二
実行委員 マルルッシア・アモリン

[PR]
by wagahai_tt | 2010-06-21 06:52 | Asflora

6月5日 ベレン市ウチンガ水源地公園での環境デー

f0096068_4391545.jpg



Asflora 6月の活動報告を紹介します。

                
         6月5日 世界環境デー
            
       6月5日 ベレン市ウチンガ水源地公園での環境デー

1972年のこの日、ストックホルムで開かれた国連人間環境会議で国連環境計画が誕生したのをきっかけに生まれた記念日で、世界の国々でいろいろな催しが年々盛んに行われるようになっています。

アマゾン川河口の町、ベレン市では6月5日(土)に、ウチンガ水源地を保全するパラ州立環境公園で、大勢の市民を集めて環境デーに関する各種催しが行われました。
Asflora(アマゾン森林友の協会)にも州環境局 から依頼があり、 「森の劇団」 を繰り出し上演しました。

f0096068_4453173.jpg
↑ウチンガ水源湖とベレン市水道局取水口。この水草が植樹時の堆肥原料です。

f0096068_4503650.jpgf0096068_451095.jpg








↑州が環境教育用に最近購入したマイクロバスです。↑ここに住む虫や動物の標本展示。


f0096068_4534641.jpgf0096068_4541359.jpg








f0096068_4545127.jpgf0096068_4551975.jpg








森の劇団員は子どもたちとスキンシップ、オウムに餌(ポップコーン)を差し出す優しい子も居ました。

f0096068_4584215.jpg
↑中央がパラ州知事のアナ・ジュリアです。

州の新環境法 をこの場で披露しました。

f0096068_512860.jpg
↑州知事も植樹に参加

[PR]
by wagahai_tt | 2010-06-17 05:04 | Asflora

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(86)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

153.          アマゾンフルーツ:ガラナ

ガラナは、アマゾンに自生する匍匐(ほふく)性低木で、年間降雨量が1,600mm~2,000mm程度の高温多湿な土地に生育します。
マナウス・パリンティンス地方に特に多く見られ、実は小さくて丸みを帯び、色は明るい赤で房になっています。実が熟すると弾け、中から黒い種が姿を現します。
   
ガラナ100g当りの成分分析
水分         6.9g
たんぱく質     15.7g
脂質         2.9g
糖質        56.7g
植物繊維      15.8g
カテキン      670mg
コリン       0.04g
ナトリウム      0.5g
エネルギー    316kcal
その他
   
東大分子細胞生物研究所の瀬戸治男教授のアルツハイマー病にガラナのカテキンが効くという研究論文が注目を集めています。
「有効成分は、ガラナから有機溶媒で抽出したカテキンが、アルツハイマーの誘引物質のβアミロイドの毒性を抑える効果が高かった。」
この研究論文からガラナがアルツハイマーにも効果があることが判ったようです。
   
また、ガラナに含まれているカフェインは、同量のコーヒーと比べて約3倍もあります。
   
利用方法は、種の皮を剥きウオッカ・ピンガ・ウイスキー・焼酎等の1リットルに30粒ほど入れて2週間以上置いてから適量を飲む。
更に、アルコールの駄目な人にも、一日1~3粒をしゃぶることによって全身の倦怠感・食欲不振の解消に顕著な効果があるようです。但し、かなり苦いものです。
   
ガラナは興奮作用や精力増強の面が強調されがちだが、精神覚醒・疲労回復効果や肉体的耐久力・スタミナ増強の作用があることも知られています。
   
ガラナは主に以下のような健康効果が期待されています。
・疲労回復効果
・肩こりを和らげる
・気管支喘息の抑制
・血管内の浄化作用
・脳組織を活性化する
・利尿作用
・高齢者の新陳代謝を高める
・生理痛の予防
・整腸作用   

ガラナの種には最大5%(25,000~75,000ppm)のカフェイン・300~500ppmのテオフィリン(アルカロイドの一種)・300~500ppmのテオブロミン(神経興奮剤などに用いる)が含まれています。キサンチンアルカロイド(カフェイン・テオフィリン<筋弛緩剤、血管拡張剤等に用いる抽出成分>・テオブロミン<神経興奮剤、動脈拡張剤、利尿剤等に用いる抽出成分)は、ガラナが持つ治療作用に大きく貢献していると考えられています。臨床研究では、テオフィリンは、心筋や中枢神経系を刺激し、敏捷性や注意力を高め、心身疲労を軽減する作用があります。また、強い利尿作用も持ち、気管支の緊縮を低減するので、喘息に有効とされていますが、効果には個人差があります。
   
* 次の人は使用禁止です。
妊娠中・授乳期間中の人、カフェインまたはキサンチンに過敏でアレルギーのある人、高血圧・心臓病・糖尿病・潰瘍・癲癇(てんかん)等々の症状のある人は使用禁止です。
   
f0096068_4535820.jpg
   
果実:熟れると実がはじけて種が現れる。 
 
f0096068_4543120.jpg
  
種:種を乾燥させたもの。

f0096068_4552861.jpg

ガラナ成分を抽出して無色透明のウオッカがワインレッドのガラナ酒になります。
   

尚、ウオッカ等に漬けるときは表皮を剥いだ方が、ガラナ成分の抽出が早くなります。
睡眠不足の時は朝少量飲むと一日睡魔を感じる事もなく頑張ることが出来ます。
ガラナには強烈な精神覚醒作用があるので、寝る前に飲むと眠れなくなる場合もあるので注意して下さい。
   

*脚注
*匍匐(ほふく)性とは、茎が横に這うように伸びる性質のこと。成長においてあまり垂直方向に枝葉を伸ばそうとせず、水平方向に地面の上に伸びる性質の植物を指す。プロストラータと同義。これら匍匐性の植物では、地面を覆うように伸びていく。匍匐する植物は、つる植物の一つの型と見ることもできる。

*テオフィリン (theophylline) は茶葉に含まれる苦味成分である。アルカロイドの一種で、キサンチン誘導体に分類される。また医薬品として、気管支喘息や慢性気管支炎などの呼吸器系疾患の治療に用いられる。

*キサンチン類はアルカロイドの一群を占め、穏和な興奮剤、気管支拡張剤としての効果から気管支喘息の発作時の対症薬として用いられる。一方で交感神経作用アミンとして、アデノシンが眠気を催す作用を阻害する効果も強い。それらの効果が現れる濃度範囲は広い一方で治療域は狭いため、喘息の長期管理薬としては他の薬が選ばれる。血中治療域は 10-20 μg/mL であり、中毒症状として震え、吐き気、いら立ち、頻拍や不整脈が現れる場合がある。

*アルカロイドは植物体内の各種アミノ酸から生合成され、シュウ酸・リンゴ酸・クエン酸・酢酸・酒石酸などの有機酸の塩の状態で各々の体内に保持されている(例えばクエン酸塩、リンゴ酸塩など)。それが何らかの要因で分解、分離、もしくは抽出されればアルカロイドと呼べる物質になり、摂取した動物の体内に諸影響を及ぼす。
基本的に植物は、体の中に何種類ものアルカロイドを保持している。例えばケシの実から作られるアヘンにはモルフネ、コカインなどをはじめとして約20種が含まれる。同一の植物に含まれるアルカロイドは化学的に近い性質を持つものであることが多い。植物がその体内に保持しているアルカロイドの中で、比較的含有量が多いものは主アルカロイド、それに伴う幾種ものアルカロイドが副アルカロイドと呼ばれる。
アルカロイドは主に顕花植物、殊に双子葉類の植物に見出される。体内にアルカロイドを含有する植物としては主に、キンポウゲ科、ケシ科、ナス科、ヒガンバナ科、マメ科、メギ科、ユリ科、トウダイグサ科、ウマノスズクサ科など。
アルカロイドは強い生物活性をもつものが多く、植物毒の多くはアルカロイドである。また、薬用植物の主成分もアルカロイドであることが多く、医薬品の原料として用いられる。

*テオブロミン (theobromine) は、カカオに含まれるアルカロイドの一種。自然界ではほぼカカオとガラナに含まれ、チョコレートやココアやガラナの苦味成分である。
[PR]
by wagahai_tt | 2010-06-13 04:58 | アマゾンフルーツ

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(85)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

152.           プロポリス石鹸

プロポリスを混ぜた石鹸もあります。
f0096068_3293639.jpg


この石鹸は刺激も少なく肌の弱い人やアトピー体質の人 に向いているようです。
f0096068_3311325.jpg

この石鹸は、プロポリスを混ぜている為か、黒っぽい色をしています。

だだ、湿気の多い浴室の石鹸箱に保管していると、 石鹸が溶けてドロドロ になるので保管には注意と工夫 が必要ですよ。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-06-09 03:33 | プロポリス

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(84)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

151.         プロポリス・スプレー

アマゾン産プロポリス・スプレー
これはスプレータイプのプロポリスです。
f0096068_3104135.jpg

喉が痛いときや口腔内の切り傷、口内炎などの簡単な治療に使っています。
2~3日で痛みもとれて正常になります。

f0096068_3111689.jpg

このスプレーは、ミント(Menta)・コパイーバ(Copaiba)樹液(顕著な炎症抑制作用があるので、アマゾンで風邪薬の漢方薬として売られている)・プロポリス(Propolis)・生姜(Gengibre)・ユーカリオイル(Eucalipto)(殺菌・抗ウイリス・免疫回復・鎮痛・花粉症緩和などに作用)・蜂蜜(Mel)を混ぜたスプレーです。


このスプレーは甘い味なので、女性や子供にも喜ばれ人気があります。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-06-05 03:16 | プロポリス

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(83)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

150.          ブラジル産:プロポリス   

私がプロポリスと出合ったのは、1992年の帰国挨拶回りで企業訪問した時、サンパウロ大学農学部で作ったプロポリスをお土産に頂いたのが最初の出合いです。
当時はまだプロポリスの効能を良く知らなかったが、今では家族で使っている。

f0096068_4391496.jpgf0096068_4393674.jpg   














蜜蜂の巣箱の周囲にびっしりついているプロポリス。
巣箱の中でも特に女王蜂の周辺には沢山ついているようです。
殺菌力の強いプロポリスは、巣箱の中を清潔に保つ為に蜜蜂が作り出したもので 「天然の抗生物質」 とか「飲める傷薬」 とも言われる殺菌力の強いもので、外部からの細菌の侵入を防いで女王蜂を守っているようですね。
   
医者からピロリ菌 が胃の中にいると言われた知人が、「毎日このブラジル産プロポリスを服用した結果3ヶ月後の検査ではピロリ菌がいなくなっていた。」と言うほどの強力な殺菌力があります。

ブラジルではこのプロポリスをアルコールで抽出したものを小さな瓶詰めにして販売しています。
裏面にはブラジル農務省の承認番号のあるプロポリスです。
f0096068_45035100.jpg

我家では簡単な外傷やてんぷら油の飛散りで出来る軽い火傷などの他、口腔内の口内炎や不注意による噛み傷などには、このブラジル産プロポリスを塗って治しています。
更に、ヤクルトなどの乳酸飲料やヨーグルトなどに混ぜて飲んでいます。


余談ですが、ブラジル・パラ州・ベレン市の友人宅を訪問した時、庭の片隅にプロポリスの木があった。プロポリスの木はバッソーラ・デ・カンポ(=庭を掃くホウキ)と呼ばれる雑草のようだが、蜜蜂は好んでこの新芽を摘んで巣箱に持ち込むようです。

バッソーラ・デ・カンポと呼ばれる雑草
f0096068_4514096.jpg


この新芽は確かにプロポリスの香りがプンプンしていました。
プロポリスは、蜜蜂がこの新芽を混ぜて作ったものでしょう。
この新芽が沢山入ったプロポリスは緑色をしているようです。
こんな雑草があって、しかもプロポリスの香りがこの雑草の新芽の香りだとは新発見だった。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-06-01 04:52 | プロポリス | Comments(4)