<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(82)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

149. アマゾンの恵み: 薬用樹: ウーニャ・デ・ガット

ウーニャ・デ・ガット(別名:キャッツクロー)=直訳すれば「猫の爪」。
1ヘクタールに1~2本しか自生しないほどの貴重なハーブで、アマゾンの先住民は何世紀も前から「自然の贈り物」として、自らの健康を維持するためにウーニャ・デ・ガットを飲むことを今でも子孫に伝えている。
ウーニャ・デ・ガットは、アマゾン流域の川岸に自生している蔓状の植物で、猫の爪のような刺があることからUnha de Gato(ウニャ・デ・ガット)と呼ばれている。
   
f0096068_43365.jpgf0096068_44639.jpg  









Unha de gatoと呼ばれるものは、いろいろ種類があるようです。

Uncaria gambit 刺のない種類と
f0096068_47128.jpg

Uncaria guianensisとUncaria tomentosa の刺のある種類がある。
f0096068_474849.jpg

アマゾンでは刺のある種類が薬用にされています。
f0096068_4134567.jpg
f0096068_4141859.jpg
(この写真のものはUncaria guianensis と推測しています。)

アマゾン国立研究所(INPA)では、Uncaria tomentosa と Uncaria guianensis の違いについては樹木の導管で見分ける研究があるようです。
   
ウーニャ・デ・ガットが薬用として広く商品化されているものは、Uncaria tomentosa が主に用いられているようです。
   
アマゾンの先住民の間では数百年にわたり、木質部と樹皮をはがしたものを煎じ、常に煮出したウーニャ・デ・ガットが冷蔵庫にあり、ちょうど日本人がお茶を飲むように飲んでいたようです。
ウーニャ・デ・ガットに含まれるアルカロイドが身体の免疫力を高め、この免疫増強作用と並び代表的な効果は抗炎症作用で、腸の炎症をやわらげ、胃腸を正常な状態に改善する働きもあります。
効能は、関節リウマチ・変形関節症の痛みの緩和、鎮痛作用、抗炎症、前立腺炎、子宮炎の治療補助としての効能があるとされています。
免疫力を強化する*アルカロイドが多く含まれ、また炎症を抑えるキノビック酸グリコサイド、さらに植物ステロールも含有しています。
   
ウーニャ・デ・ガットの効能
1.免疫細胞を助ける効能
ウーニャ・デ・ガットには免疫力増強の働きがあり、(免疫とは、体内に侵入した病原菌や毒素を判断し、対外に排出する機能のことです。)免疫が低下すると、異物が体内に侵入しても退治できなくなり、毒素が骨や脳などにまで至って敗血症を起こしたり、肺では肺炎を起こしたりすることがある。
ウーニャ・デ・ガットに含まれているアルカロイドが免疫組織を刺激し、その機能を活性化し、異物となる病原菌に対する抵抗力を高め、人間が本来もっている自然治癒力を高める効能がある。
   
2.リウマチの特効薬としての効能 
リウマチは関節や筋肉の疼痛性疾患で、今なお原因不明のケースが多く、完治がむずかしい難病の一つといわれています。リウマチは古代ギリシャ時代から人類を悩ませている病気です。ウーニャ・デ・ガットのリウマチに対する効果は、ペルーでは古代インカ時代より知られていて、ネイティブアメリカンの間ではリウマチや関節痛の生薬として愛用していたことがわかっています。
アメリカのリウマチ専門医のサラザール医師がまとめた研究発表によると、15人の医師が40人のリウマチ患者にウーニャ・デ・ガットを投与し、関節痛や夜間の痛み、朝のこわばりなど多くの診断項目において、統計的に有効性を実証しています。
薬理学的にみても、これまで確認されているウーニャ・デ・ガットの6つのオキシインドールアルカロイドと呼ばれる物質のうち4つのアルカロイドには、免疫増強作用や有害異物の食菌作用が実証され、生体内で鎮痛効果や抗炎症効果が確認されています。これまで一般的に普及している健康食品では見られない効用であり、このウーニャ・デ・ガットの鎮痛・抗炎症作用は、毎日痛みで苦しんでおられるリウマチなどの慢性疾患患者には特効薬として期待されています。
   
3.関節痛・膝痛を緩和 
関節が痛む疾患として多いのが「変形関節症」だが、変形関節症には自己免疫異常はまったく関係していません。加齢現象、あるいは何らかの理由によって関節内の軟骨がすり減った結果、上下の骨と骨が直接触れ合うようになり、関節内に炎症が起こって強い痛みが生じる疾患です。 ウーニャ・デ・ガットに含まれるキノビック酸グリコシドは優れた抗炎作用を持ち、変形関節症への高い効果が確認されています。また、ウーニャ・デ・ガットには抗炎症作用や抗酸化作用もあり、それにより関節の炎症を鎮め、激痛を癒し、動かなかった関節が再び動くようにしていく効果をうみだしているのです。
   
4.抗炎作用、痛みや腫れを緩和 
炎症とは、一般に「細菌・薬品・物理的作用などに反応して、体の一部に発赤・腫脹・疼痛・発熱などを起こす症状」のことを言い、体の外側から加えられた刺激に対して体を守る反応です。この防衛反応そのものが患者を苦しめる結果になる場合があり、全身の関節がおかされ腫脹し、痛み・微熱・だるさ・食欲不振、そして骨の破壊まで進むこともあり、このような苦痛を緩和してくれる薬効があるのです。
   
5.ガン・エイズへの期待 
ヨーロッパの医療研究機関では、白血病などの免疫不全症やガンの患者、さらにエイズ患者への投与も行われており、オーストリアではエイズ・ヘルペスなどの患者に有効な成績を挙げ政府はウーニャ・デ・ガットの投与費を援助しています。
ウーニャ・デ・ガットのアロカイドに、悪性の細胞を殺す大食細胞の活性化、炎症と免疫力の改善効果があることが特許として承認されています。

*アルカロイドは植物体内の各種アミノ酸から生合成され、シュウ酸・リンゴ酸・クエン酸・酢酸・酒石酸などの有機酸の塩の状態で各々の体内に保持されている(例えばクエン酸塩、リンゴ酸塩など)。それが何らかの要因で分解、分離、もしくは抽出されればアルカロイドと呼べる物質になり、摂取した動物の体内に諸影響を及ぼす。
基本的に植物は、体の中に何種類ものアルカロイドを保持している。例えばケシの実から作られるアヘンにはモルフネ、コカインなどをはじめとして約20種が含まれる。同一の植物に含まれるアルカロイドは化学的に近い性質を持つものであることが多い。植物がその体内に保持しているアルカロイドの中で、比較的含有量が多いものは主アルカロイド、それに伴う幾種ものアルカロイドが副アルカロイドと呼ばれる。
アルカロイドは主に顕花植物、殊に双子葉類の植物に見出される。体内にアルカロイドを含有する植物としては主に、キンポウゲ科、ケシ科、ナス科、ヒガンバナ科、マメ科、メギ科、ユリ科、トウダイグサ科、ウマノスズクサ科など。
アルカロイドは強い生物活性をもつものが多く、植物毒の多くはアルカロイドである。また、薬用植物の主成分もアルカロイドであることが多く、医薬品の原料として用いられる。
[PR]
by wagahai_tt | 2010-05-28 04:23 | 薬用樹 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(81)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

148.     アマゾンの恵み:アマゾンフルーツ

アマゾンフルーツとはトロピカルフルーツのなかでも特に南米アマゾン地帯で収穫される果物を言います。もともとトロピカルフルーツは濃厚なものが多いいが、アマゾンフルーツは普通の果実の数十倍もの栄養価が確認されています。

その理由は、アマゾンの過酷な自然環境 に起因しています。砂漠のようなところでは、サボテンのように生存するために水分を蓄えようとするが、世界の細菌学者が研究の場としていると言われるアマゾン熱帯雨林では、 虫や細菌やカビ などが天敵となり、植物は自らを腐らせないために、 抗酸化物質や抗菌物質 を作りだします。

熱帯のジャングルという厳しい気候風土の中で育つアマゾンフルーツは、自らの生存をかけて、必死で栄養素を蓄えるために、自然に有効成分が蓄積された、いわば「天然のサプリメント」 です。

代表的なアマゾンフルーツは、「アサイ・グアバ・クプアス・マラクジャ・アセロラ・カシュー・カランボーラ・カムカム・カカオ・グラヴィオーラ・ガラナ・アブリコ・カポチーリャ」などで、これらの中には、すでに日本でおなじみのものもありますが、そのほとんどが「種の持ち出し禁止」、つまり国外での栽培をさせないもので、南米独自の名産品とするための政策なのでしょう。

アマゾンフルーツの代表的な果物を順次紹介します。(過去に紹介しているものは省きます。)
   
アマゾンフルーツ:アサイ

アサイは椰子の一種であり、アマゾン川流域に自生しています。実はまるく黒に近い濃い紫色で、種は大きくて果肉が少ないアマゾンフルーツです。

アサイに含まれているポリフェノールやアントシアニン は、抗酸化物としての働きが大きく、LDLコレステロールを減らすと言われています。
アサイベリーに含まれるアントシアニンはシアニジン-3 グルコサイド(C3D)と呼ばれる種類です。これは赤ワインに含まれるアントシアニン(マルビジン-3 グルコサイド)の3.5倍の抗酸化力があります。
アントシアニンには、 「糖尿病性網膜症」や「乳房線維嚢胞病」 などに対する臨床効果があるとされてきましたが、 放射線からの保護作用、化学物質からの保護作用、血管の保護作用、消炎効果 などが期待されています。

100g中のアントシアニン含有量比較
アサイ        414mg
クランベリー     389mg
くわの実       344mg
ビルベリー      339mg
ブルーベリー      89mg
葡萄          69mg
チェリー        42mg
ラズベリー       38mg
いちご         22mg

アサイは椰子の木に登り人手で採取する。
アサイの採取
f0096068_4331672.jpg

成長したアサイを収穫するには、細くて高い椰子の木に登って収穫し、一本収穫するとそのまま隣の木に飛
び移って更に収穫することになります。
アサイ椰子の木は群生している所が多く、木もしなりやすいので、一度木に登ると隣の木に移りながら何本か収穫してから地上に降りて来るのです。

アサイ椰子の実
f0096068_4375450.jpg


熟れたものをジュースにして飲んだり、アイスクリームにして食べたりしますが、種の部分が大きく果肉が少ないので、かなりの量を消費します。
ジュースの色もアイスの色も、表皮と同じ黒紫色をしているので、見た目は取っ付き難く味も独特だが、慣れると美味いよ。

アサイはアマゾンの原住民が代替医療として利用していた幻の果物です。
アマゾン地方を中心に川沿いなどの低湿地帯に生息し、年間を通して花が咲き、実は乾季に良く取れ、6月から12月が主な収穫期です。

f0096068_4411227.jpgf0096068_441361.jpg










    アサイ椰子の木               熟れる前のアサイの実

ブラジルの熱帯雨林に自生するアサイは栄養素が豊富に含まれた、まさにアマゾンの恵みであり、抗酸化物やアミノ酸、脂肪酸などを豊富に含んでいるため、活力の源ともいわれる果物です。

アサイの種を磨いたアクセサリーがある。
f0096068_4464116.jpg

現地では値段はそれほど高くないが、ここでしか手に入らないもので、結構可愛いナチュラルなピアスです。


*アサイ(学名:Euterpe oleracea、和名:ワカバキャベツヤシ、ブラジル名:Açaí)は、ブラジル・アマゾンが原産のヤシ科の植物である。実の外見はブルーベリーに似ている。栄養価が高く、スポーツ選手を中心に人気が出ている。
アサイの実は非常に栄養価が高い。アサイ果実100g中に含まれるポリフェノールは約4500mgで、ココアの約4.5倍、ブルーベリーの約18倍ともいわれている。他にも、鉄分はレバーの3倍で、食物繊維、カルシウム等も豊富である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。


*乳房線維嚢胞(のうほう)とは

乳腺嚢胞とは乳腺内に黄色の液体や、濃縮した乳汁などが袋状に貯まった状態のことをいいます。乳腺の基本構造である乳管小葉構造のうちの小葉に変性が起き、小葉内の腺房が拡張して小さな嚢胞となり、それが元になって大きな嚢胞が形成されていきます。このような変化には卵巣ホルモンの働きが関与しています。基本的には良性の変化で乳腺症という範疇に含まれます。嚢胞は大きくなると丸いしこりとして触れ、圧痛を伴うこともあります。
40代から50代前半の方にしばしば認められますが、50代後半以降の方の場合はホルモン補充療法をしていない限り比較的稀です。好発年齢の方の場合、正常な人でも小さな嚢胞は60%の方に、1cm以上の嚢胞は20%の方に見られるとされ、嚢胞の存在自体にはさほど病的意味はありません。
しかし時に乳癌が原因で嚢胞ができることもあり、また嚢胞と考えられていたものが、実は充実性の腫瘍であることもありえるためそれを念頭においた検査が必要です。 嚢胞か、腫瘍かの区別は超音波検査と注射針を用いた穿刺吸引により行われます。穿刺により血性でない液体が吸引され嚢胞が完全に消失すればそれ以上の検査は必要ありません。内容が血性の場合や、消失しない場合は単純な嚢胞ではなく、嚢胞内乳癌が隠されていることもありうるため、外科的に切除して検査する必要があります。 なお触知される嚢胞を認めた場合、後の乳癌の発生頻度が増えるという報告もありますが、否定的な意見の方が強く特に将来の乳癌のリスクとはならないと考える方が常識的です。嚢胞が将来直接がんに移行することはなく、今後は年1回の検診で十分と思われます。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-05-24 04:49 | アマゾンフルーツ | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(80)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

147. アマゾンの恵み; ノニ

モリンダ・シトリフォリア(Morinda citrifolia=通称:ノニ)は、アカネ科の植物でコーヒーなどと同じ仲間であり、小さな白い花の咲く植物です。
1年中花が咲き、実がなり、実が熟す、それらが同じ枝の中で同時進行します。
果実は緑から薄黄、やがて白に変わり、皮は熟すと薄く透明になります。白っぽい果肉は悪臭が強く、「腐ったチーズのよう」と言われます。

ノニは、熱帯、亜熱帯の赤道周辺、南太平洋、ポリネシア、メラネシア、ミクロネシアほかインドネシアなどに自生する植物で、カリブ海周辺からアフリカまで、世界各地に独自の名前があり、広く分布しています。
( www.ask.gr.jp/about-noni.html )

原産は東南アジア~オセアニア地方の熱帯低灌木で主に赤道付近の太平洋の島々で自生しています。
その実は基本的にフルーツですが各種ビタミンやミネラルなど非常に多くの栄養素を持った強力なハーブフルーツです。

ノニの果実は実をつけてから数週間で醗酵を始め、その醗酵果汁には各種酵母菌や酵素、アミノ酸、中鎖脂肪酸、ポリフェノール類など現代人に有用な成分を多く含んでいます。

ノニの育成には水はけのよい土壌が必要で、特に火山質や珊瑚化石からなる地質が最適とされます。 ノニの主な産地であるポリネシア地方は火山活動による海底隆起によって形成された島が多く、ノニの発育に最適な土壌と汚染の無い環境から特に質の良いノニが育ちます。
( noniweb.jp/noni-main.htm )

この果実は昔から食用と薬用の両方で利用されてきました。
ノニの実が黄色くなったらもぎ取り、太陽に当てて追熟してから搾ってジュースにします。このジュースは、糖尿病、高血圧、心臓病、関節炎、結核,老化の予防や治療に役立ってきました。
また、果実から出る液は傷や腫れ物に塗ったり、うがいに利用されてきました。

このようにノニの幅広い薬効があるのは、有効成分が豊富に含まれているからです。

成分の一つ、プロキセロニンは細胞の活性化、つまり弱った細胞の再生を促して機能を正常に保つ働きをします。
ノニに含まれる多糖類は、マクロファージやTリンパ球を刺激してインターロイキンやインターフェロンなどの免疫を強化する物質を増加することも確認されています。

1993年には米国ガン学会で、ノニの根から抽出されたダムナカンタールに抗ガン作用があることが発表されました。動物実験では、肺、大腸、すい臓ガンや白血病に有効という結果が得られています。
( www.nava21.ne.jp/~uesugi/ken/seibun/noni.htm )

ノニは驚異の自然薬で、その効能を解説した論文に以下の記述がありました。

1)ベータ細胞が機能不全により十分なインシュリンを生産しない。

2)受容体の存在する部分のインシュリンを受け付ける能力が低下しているために、細胞が血液中のブドウ糖を「取り入れようと」してもうまく行かない。

3)生物学的に不活性なインシュリンが過度に生産される。


従って、血糖値を安全なレベルに下げられない2型糖尿病患者 の場合、ダメージを受けたベータ細胞の修復を補助して、より多量のインシュリンを生産できるようにする効能がノニにはあります。
この効能によって体内のブドウ糖の変換がより効率的になり、血糖値が正常に近づいて、気分も良くなり体の健康状態が大幅に改善されます。
但し、効果には個人差があります。

今回、アマゾンで活躍している知人の農園で撮影したノニを紹介します。

ノニの苗木               ノニの幼木f0096068_612027.jpgf0096068_61448.jpg










1年目のノニ             ノニの花f0096068_672230.jpgf0096068_675731.jpg










ノニの果実              ノニの種f0096068_6182794.jpgf0096068_618542.jpg










乾燥ノニ
f0096068_6203496.jpg
 
ノニの果実を輪切りにして乾燥したものを煎じて、お茶にして飲みます。

成木
f0096068_6221094.jpg


ノニは過酷な環境下でも、1年中花を咲かせて結実するので、1年中収穫できる不思議な果物で、その実は発酵するが腐らないと言われています。

ノニの成分(ジュース100mlあたり)
エネルギー・・・・・・・・・・・・・46 Kcal
たんぱく質・・・・・・・・・・・・・0.4 g
脂質・・・・・・・・・・・・・・・・0.0 g
炭水化物・・・・・・・・・・・・・・11 g
ナトリウム・・・・・・・・・・・・・9.3 g
カリウム・・・・・・・・・・・・・・149 g

モリンダ・シトリフォリアに含まれる天然成分の中には、抗酸化物質・免疫システム強化・抗ガン・炎症抑制・痛みの抑制・強壮などの作用のある物質を含んでおり、 体の自己回復力を高め、改善する力 を持っています。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-05-20 06:29 | アマゾンフルーツ | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(79)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

146. アマゾンの恵み:カムカム

カムカム(Myrciaria dubia)は、グアバと同じくフトモモ科の植物で、現在地球上で知られている果物の中で最も多くビタミンCを含むとされる果物です。そのビタミンCの量は、レモンの約60倍。美容に健康に、大変嬉しい果物です。

カムカムの原産地はペルーのアマゾン川流域(Ucayali, Loreto, Madre de Dios)で、標高200m程度の熱帯の湿地に自生している果物ですが、最近ではアマゾン下流のブラジルでも栽培が始まっています。
ペルーでは、フジモリ大統領の時代にコカインの栽培からカムカムの栽培に 切り替えるべく国策として推奨された果物で、今では各国に輸出されるようになり外貨獲得に貢献しているようです。
ペルー政府は1990年以来、コカインの代わりにカムカムを植え、ペルーの主要産物として輸出しようと、接木苗によるカムカム栽培を奨励している。
また、アマゾン川流域では森林伐採による地球温暖化や砂漠化の問題があり、カムカムの栽培で少しでもこの流れに歯止めをかけようと、ペルー政府だけでなく、世界の自然環境保護団体もカムカムの栽培に注目しています。
   
成木になるまで8年ほどかかるが、3年目から毎年収穫できます。カムカムが自生する地域は洪水が頻繁に起こる地域ですが、洪水によって4~5ヶ月間水の中に木が沈んでいても、カムカムの木がこれで枯れることはありません。収穫期はアマゾン地域の雨季・乾季を通じて収穫でき1年で2~3回の収穫ができる果物です。

f0096068_523237.jpg
  

果実は直径2~3cmで、熟すと実の表面が真っ赤、果肉がピンク色になります。
f0096068_526553.jpg
   
カムカムのビタミンC含有量は世界一を誇る果物で、100gの果実にはビタミンCが2800mgも含まれています。
果汁100gに含まれるビタミンCの比較は・・・。
カムカム  2,800mg
アセロラ  1,300mg
レモン    44mg
イチゴ    42mg
パイナップル  20mg
    
カムカムにはアセロラの約2倍、レモンの約60倍、キウィフルーツの約40倍のビタミンCが含まれている。
   
カムカムの効能
ビタミンCは、美肌には欠かす事ができない成分で、皮膚にはたくさんのコラーゲンが含まれているが、ビタミンCが不足すると生成されなくて肌のきめが粗くなり、ツヤやハリもなくなります。
また、ビタミンCにはシミやソバカスの基になるメラニンの生成も抑える働きがあり、カムカムで天然のビタミンCを補給する必要があるのです。
カムカムには、このほかにクエン酸が豊富に含まれているので、疲労回復にも効果があります。
   
カムカムの成分
カムカムの主要成分であるビタミンC(L-アスコルビン酸)は、ビタミン群の中では唯一水溶性で、過剰に摂取しても体内に残留されないため、他のビタミンやミネラルと違って過剰摂取による弊害などはありませんが、体内に貯蔵できず、摂取後2~3時間で排泄されるので、3食でしっかり摂る必要があります。
水洗いや加熱調理するとビタミンCは減ってしまい、また空気に触れただけでも壊れてしまうため、切ったりむいたりしたままの保存にも注意しなくてはいけないというデリケートな栄養素です。調理による損失が約50%といわれるから、多めにとることが求められます。一日に必要なビタミンCは100mgです。
ビタミンCの他にも、ビタミンB1・ビタミンB2(オレンジの2倍)・ナイアシン(オレンジの3倍)・カルシウム・リン(オレンジの1.5倍)、その他の各種ミネラル、そして疲労回復や老化防止に効果があるとして注目されているクエン酸も多量に含みます。
   
搾り立てのピンク色のジュースはかなり酸っぱいので水で2倍程度に薄めて飲むと良いでしょう。
f0096068_527373.jpg

   
このカムカムは水辺に植えるとよく育ちます。
収穫したカムカムは丁度ミニトマト位の大きさです。
   
最近は日本でもカムカムが飲まれるようになって来ましたが、現地で飲むものとはかなり味も濃度も違います。やはり現地で飲むものは濃くて美味い。
   
2002年7月に、 トメアス で栽培しているカムカムを視察するチャンスがあった。
   
トメアスではピメンタ(胡椒)の間に植え付けし、潅水設備も無く自然の天候に任している状態であった。
f0096068_5355082.jpg

本来カムカムは水辺に生息する植物であるが、トメアスでは通常農地で栽培していたので、果実が小ぶりで、種が少し大きい印象を受けた。
f0096068_5362361.jpg

最近では、カムカムの豊富なビタミンCが、食品だけでなく、 化粧品工業 からも注目されているようです。
   

[PR]
by wagahai_tt | 2010-05-16 05:38 | アマゾンフルーツ | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(78)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

145. アマゾンの恵み:ニン(ニーム)  
 
アマゾンでは「ニン」 と呼ばれているニーム。

ニンの葉は、非常に苦い植物で、この葉を毎日2~3枚そのまま食べると
整腸剤 として胃腸に非常に効果が高いと言われています。
その場で一枚千切って食べてみたが苦い・苦い、強烈に苦かった。
   
その葉をお茶にして毎日飲むと更に効果が大きいようでが、苦いお茶です。
   
更に、虫害対策としても効果が大きく、 天然の農薬 としても使用されている。
虫害に対する効果は、次の3大効果があるようです。
   
1.害虫に食欲減退効果をもたらす拒食効果。
2.作物に虫害を寄せ付けない忌避効果。
3.害虫の脱皮などのホルモン作用を阻害する脱皮阻害効果。
   
人体に良く、病虫害にも効果があるニンは、素晴らしい木であることが近年の研究で明らかになっています。
   
ニンはセンダン科の常緑樹で、Azadirachta jndica(学名:アザディラクタ・インディカ)と言いインドを原産としている。
インドやアフリカの人は歯磨き代わりにニンの小枝を使っている。よく小枝を咥えている場面があるが、それがニンです。
インドやアフリカ、東南アジア、中南米など赤道をはさんだ国々では、「ミラクルニーム」と呼ばれマラリア対策 などで現地に絶大な恩恵をもたらしています。

ニンの種子、樹皮、葉には「殺菌消毒作用、抗ウイルス作用、解熱作用、抗炎症作用、抗潰瘍作用、抗菌作用」 などの効能が証明された化合物を含んでいます。
実から取れるオイル(ニームオイル)は医薬品や石けん、化粧品などの原料に利用されているほか、農業・園芸用の土壌改良資材、植物活性資材としても使われています。東南アジアのバナナ農園、中南米の胡椒やコーヒー農園では、積極的にニンを植えて病害虫対策に利用しています。

ニンは捨てるところが無く、オイルのほかにも葉を乾燥させたものはお茶として、葉のエッセンスは香料として、オイルの絞り粕(ニームケーキ)や葉、樹皮には防虫効果があるといわれ肥料や堆肥として利用できます。また、建材や家具材としても利用できアメリカの試験ではシロアリを寄せ付けない効果があったと報告されています。 

こうしたニンの素晴らしさが知られ、医薬的な利用はもちろん、「環境保全型農業の切り札」と評価されるなどドイツやオーストラリア、アメリカなど欧米では大変注目され国連でも研究が進んでいるようです。 
   
*ニンの果実種子
f0096068_5342043.jpg
   
有機農業や無農薬やオーガニック栽培において、環境汚染を発生させないで、益虫にも人畜にも無害であることが分かってきました。その結果、ドイツ、アメリカ、カナダ、オーストラリア等で急速に利用されるようになり注目を集めています。
アメリカでは1985年より環境保護庁の認可により全米50州で利用されているようです。

*ニンの葉
f0096068_536133.jpg

健康のためや、穀物のなかに混ぜて防虫効果や、抽出エキスは
殺虫・防虫 に利用、更にお風呂にいれると肌の弱い人にとても有効なようです。
アウトドアなどで、蚊をよせつけないように、バーベキューの炭と一緒に燃やすなどの使い方もあるようですよ。
   
*ニンの花
f0096068_5382652.jpg

ニンの花から取れた蜂蜜は、肥満になりにくいと言われています。
花の味も苦く、健康のために役立つとされています。
そして、空気を清浄にする作用があるとも言われているようです。

*ニンの木
f0096068_5431048.jpg
   
ニンの木は高さ15~20mにも達する常緑高木です。
決してシロアリを寄せ付けない木 として、アメリカでは建築材としてまっすぐな木に育てる研究が始まっているようです。

ニンの小枝の歯ブラシは、小枝の端を噛んで起毛させて歯をこすります。

日本で使われている「爪楊枝」のルーツ は、このニン(ニーム)です。

乾燥したニンの葉を煎じてお茶にして飲むと、整腸剤として胃腸に効果があると言われ、アマゾンでは飲んでいる人が多くいます。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-05-12 05:46 | 薬用樹 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(77)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

144. アマゾンの恵み:アンジローバ (Andiroba)Carapa guianensis センダン科(Meliaceae)

アンジローバは、樹皮にタンニンが多く、薬用になるが、通常は種子油が薬用や化粧品の原料 などに使用されている。
f0096068_6193171.jpg
  
この種子は4 月~5 月の雨季の終わりの時期が収穫期で、水で運ばれるので川辺で集めることもできる。
f0096068_6214780.jpg

一粒の種の大きさは結構大きくてこんなものです。
f0096068_6223224.jpg

種子をつぶして練ったものを団子にして、陽に当てないようにして滲み出した油を集めたものが、一番搾りとして透明度も高く酸化していないので品質が良いとされている。

f0096068_624264.jpgf0096068_6244568.jpg






   

生産者はこの一番絞りの油をR$15(1,050 円)/ℓ で販売している。室内で油を絞った後は、陽光を直接団子に当てて、温度を上げると更に油が絞れる。しかし酸化度が増すので色は濃くなり、値段はR$10(700 円)/ℓ に落ちる。
f0096068_6271776.jpg
   
アンジローバの油は、筋肉痛、腰痛時などのマッサージに用いたり、喉の腫れに塗ったり、虫除け、虫刺され、傷、火傷などに効能がある。

ロウソクにアンジローバ油を入れたものは、 マラリヤやデング熱 を媒介する蚊の蚊取り蝋燭として売られている。

最近は、化粧品メーカー(Natura など)がアンジローバ油を原料にした化粧品各種を商品化している。

アンジローバ、あるいはパラカシー等の木の実をプレスで絞ったり、太陽熱利用温室などで効率よく採油したりする簡単な施設を設けて、コミュニティで非木材林産物 として商品化をすることも検討している。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-05-08 06:32 | 薬用樹 | Comments(0)

エスペジット・リベイロ入植地 植樹祭

f0096068_5302066.jpg



Asflora活動報告を紹介します。

エスペジット・リベイロ入植地 植樹祭
2010年4月24日

Asflora(アマゾン森林友の協会)とエスペジット・リベイロ入植者協会は、2010年4月24日(土)午前9時から、ベレン市から60km離れたサンタ・バルバラ郡の入植地で植樹祭を行いました。この植樹祭の目的は、水源の森つくりです。同地では昨年からEFF(NPO地球と未来の環境基金)と緑の募金のご支援による森林農業支援プロジェクトを実施しています。この植樹は、そのプロジェクトによる入植地の森林を守る一環として、そして、Asfloraがイオン環境財団のご支援で進めている「水源の森つくり」2010年度事業の一つとして実施しました。
当日の参加者は、入植地の子どもたちを主に父兄も加わり約100名で、1000本を植えました。ここには更に4000本を植え、合計45樹種、5000本を混植密植、宮脇方式による「水源の森つくり」 をしていきます。

f0096068_5373935.jpgf0096068_538829.jpg










植樹地は、前もって施肥されて植穴を掘ってありましたが、苗木は各自が何度も往復して運びました。まずは子どもたちの植樹で、大人は地拵え、ランチ作りなどの裏方をしてくれて、大人たちの植樹は、子供のランチの後でしています。
f0096068_5415542.jpg


植樹を始める前、Asfloraのマルルッシア指導員と副代表の山中氏がこの水源の森つくりの大切さと、植え方の説明をしました。
f0096068_5445081.jpgf0096068_5451397.jpg










参加者の多くは、もう何度も植樹祭に参加しています。自分達で植えた苗がどんどん大きくなっているのを見ているので、植樹が大好きになっています。植樹意欲、満々でした。
f0096068_548811.jpg

f0096068_5525965.jpgf0096068_5532533.jpg










一緒に作業をしていくと、みんなの気持ちが一つになるのが感じらます。水源の森を開き過ぎていることに目
が向くようになり、木を植えて森を戻そうという気持ちが育ってきているように感じられます。
f0096068_5592511.jpg


植樹後、みんなで輪になりました。 植えた苗が森になってゆくことを祈り、
”VIVA á NATUREZA!”(自然万歳 ) を三唱しました。
Asfloraの植樹祭ではどこでもこの儀式が見られます。
f0096068_605016.jpg

植樹を終えて、すぐ下にある小川を堰止めた水浴び場に降りて、手足を洗いました。この大切な水源を守るために、みんなで木を植えています。
f0096068_63237.jpg

水場から次は、植樹地に接する入植者の家でのランチタイム。この後で、裏方さんたち(大人35人)が、植樹祭第2部を引き受けてくれました。

f0096068_653848.jpgf0096068_66037.jpg










f0096068_682186.jpg
f0096068_684635.jpg










ASFLORA(アマゾン森林友の協会)
代表 佐藤卓司
副代表 山中正二
実行委員 マルルッシア・アモリン
[PR]
by wagahai_tt | 2010-05-04 06:15 | Asflora | Comments(0)