<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(69)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

136. 貧富の差の激しいブラジル、各地に貧困層が住んでいるファベーラ と呼ばれるスラム街がある。
f0096068_7433883.jpg

このスラム街にすら住めない土地なし農民(MST) と呼ばれている人達がいる。
f0096068_7443766.jpg

土地なし農民(MST)の集団が他人の土地に不法侵入して住み始めるインバゾーン は、ブラジル全土で発生している。
f0096068_748314.jpg

他人の土地をある日突然、勝手に切り開いて、集団でバラック を建てて住み始めるのだが、集団での作業は非常に早く一晩でなんとかバラック集団の町並みになるのも驚きだ。
しかも、生活に必要なライフラインの一つである電気は、1週間以内に電力会社が配線をして、最低限の生活も問題なくできるようになる。
これも人道主義の観点からか、そこに住んでいる人々がいると言う事実があるので、電力会社の対応も早いものです。

地主が警察力を使って彼らを排除するには、時間も金もかかるので、結局泣き寝入りするケースが多いが、MST側も良く調べているもので、何年も固定資産税などを滞納していて、しかも現地に居住していない地主の土地に侵入するケースが多い。
f0096068_7514947.jpg

不法侵入された土地は、数ヵ月後には第三者に転売され、これを数回繰り返した後は、上下水道も完備された立派な住宅地に姿を変える。
その後は資金のある者が数区画を購入して、立派な店を構える事になる。

ここまで来ると市街地区画 された立派な街になるので、州政府も見て見ぬ振りをしていれば予算も使わず、計画もしない市街地化区画ができ上がり、更にこれを容認した市議会議員には票の獲得にも繋がるため双方に有利に働く事になる。

アマゾンのような自然環境の多い地域では、このような街づくりが幾つも見られる。
f0096068_7552096.jpg
   
この写真も不法侵入した後、数年ないし十数年経過した町並みで、今では立派な居住区になっている。
   
これも国土の広いブラジルならではの事なのであろう、驚きと共に記憶に残る事柄であった。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-03-29 07:56 | 印象深い事柄 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(68)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

135. ピラルクは、 世界最古の淡水魚として知られ、 淡水のシーラカンス とも言われる世界最大の淡水魚であり、1億年以上もその姿を変えずにアマゾン河の中でひっそりと、しかし堂々と生き続ける魚です。
成長すると4m以上の大きさにまでなる巨大魚です。
f0096068_895711.jpg

体長4mものピラルクをプールで飼育いている知人の日伯病院の医師がいます。
彼は2匹のピラルクを自宅の大きなプールで飼っている。
餌代もかなり掛かるようだが、医師という職業だからできるのであろう、何処の世界も医師は収入が良いようです。
f0096068_8121098.jpg

そのピラルクを取材のために日本からムツゴロウ(畑正憲氏)とフジテレビ一行がやって来た。
ムツゴロウがピラルクと一緒に泳いでいるところを撮影していた。
ムツゴロウの身長より遥かに大きなピラルクが悠然と泳いでいる。

f0096068_8405074.jpgプールサイドではピラルクまがいの主婦達と記念撮影。








f0096068_8421297.jpgf0096068_842314.jpg









成長したピラルクのウロコは、一枚の長さ6cm幅4cmもあり、 表面がザラザラしているので爪磨きのヤスリ の代用として利用し、更にキーホルダーとしても売っている。

f0096068_8503150.jpgf0096068_8505579.jpg









また、この魚の舌は表面がザラザラ しているので、 
乾燥したこの舌はおろし金の代用品 としても使われています。

f0096068_856832.jpg写真の乾燥した舌の大きさは、 
長さ20cm幅6cmですが、これより大きいものもあります。
いずれもみやげ物屋で売っていますよ。
   




f0096068_8591740.jpg魚市場では1.5m程のまだ子供で赤い色をしたピラルクを売っている。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-03-25 09:01 | 印象深い事柄 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(67)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

134.
f0096068_5175014.jpg

朝8時半にボニートを車でスタート、3時間の旅で南パンタナールのFazenda San Franciscoに到着。
   
f0096068_522196.jpg農場敷地は広く15,000haの面積があるようだが、9,000haはPantanal(パンタナール=大湿地帯)で使用不能であり、自然保護地区として保全し、4,000haは水田であり、2,000haは牧場として牛を飼っている。




f0096068_524386.jpgf0096068_524264.jpg









この農場には11室の宿泊施設があり、我々3人がそれぞれ一室を占有した。
我々3人の部屋の並びに、偶然にも日本人夫妻が投宿していた。
f0096068_5271071.jpgご夫妻は、南米のアルゼンチン・チリの各国を旅行する予定との事、海外に何度も渡航している様子で、旅慣れたものだ。特に奥さんの印象は、「何でも来い」の感じで、物事に動じないような印象の、すてきなご婦人だった。
   



昼食後、少し休んで、午後2時半に船でピラニア釣り に出かけた。
f0096068_532797.jpgf0096068_5323351.jpg









農場内を流れる川を遊覧しながら、各ポイントで釣り糸を垂れる。
餌は農場から持参した肉片だ。
f0096068_5364136.jpgf0096068_537266.jpg




   




ピラニアの食い付きは良いが、なかなか釣れない。小型のピラニアやナマズなどを釣りながら楽しんでいると、1.5mほどのワニ が釣った魚を狙って釣り場に出現。
釣ったピラニアでワニと戯れながら、5時に帰るまで船上で過ごした。
   
f0096068_541786.jpgf0096068_5413342.jpg









途中保護林に足を踏み入れ、そこで大自然の弱肉強食の世界で、自然の過酷な生存競争の巻殺し を見ることになった。これも大自然の厳しい掟だ。(巻殺しとは、他の樹木に巻き付いて養分を吸い取り、最後には枯らしてしまう状況)
  
後で分った事だが、3時前後の船上は45度を超えていただろうとの事。
5時過ぎに農場の軒下の温度計が40度を指していた。
その後スコールもあり、地球を冷やしてくれたので、夕方は凌ぎ易くなった。
涼しくなった為か野生のパパガイオも挨拶に出て来た。
   
f0096068_5464215.jpgf0096068_547370.jpg










夕方の農場からは、夕焼けの中を野鳥が群をなしてねぐらに帰るのを観察。
素晴らしい自然の営みだ。
   
45度の灼熱 は初めての経験で、ましてや日本から初めて来たM君は堪えることが出来ずにダウン。熱こそ出なかったが、疲れで下痢に悩まされたようだ。
   
日本人ご夫妻から抗生物質などの薬を頂き、とにかく休んで体調回復を待った。
   

f0096068_5511641.jpgf0096068_552257.jpg










我々は彼を置いて、夜のサファリに出かけ、夜のカピパラ・ワニ・タテガミ狼・オセロットネコ・アリクイ・フクロウと野生動物を満喫した。
   
更に翌朝、今度はトラックの荷台に乗り朝のサファリで、農園内の散策に出かけ野鳥を観察した。
   
昼間のカピパラ家族が川の中でノンビリ過ごしている風景や、野鳥が戯れている光景を楽しんだ。

トラックから降りて自然林の中の遊歩道を散策し、自然を満喫した。

f0096068_624993.jpgf0096068_632398.jpg









農場のレストランで昼食に食べたアホース・カホテイロ、ご飯をシャルケ(干し肉)の塩分だけで炒めた簡単な食事だが、絶妙な塩加減で、これが美味い。

午後パンタナールを出発しボニートに向かう。
体調を崩してパンタナールを十分楽しむことができなかったM君は、なんとか体力を回復し、ボニートのロッジまでの帰路をこなした。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-03-21 06:07 | 印象深い事柄 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(66)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

133. 南マットグロッソ州のボニートではロッジに宿泊した。

f0096068_36759.jpg広い敷地の中に10棟以上のロッジがあり、その中の1棟に案内された。








f0096068_382839.jpgf0096068_385894.jpg









ロッジは2階建てで各階2部屋があり、1ロッジに4家族が宿泊でき、各部屋は1ダブルベッド・2シングルベッドで3人~4人宿泊できる。
   
チェックイン後シャワーを浴びて、疲れているので各々ベッドで就寝、早めに就寝
したので翌朝は目覚めも早く、日の出前の目覚めとなった。
しばらく外のヘッジ(ハンモック) で朝の爽やかな空気を吸いながら横になり日出を待った。
   
f0096068_3121077.jpgしばらくすると、仲間達も起きて来てヘッジに横になりながら早朝の爽やかな空気を吸っていた。
   







f0096068_3135144.jpgf0096068_3143891.jpg









敷地内を散歩していると、朝日が顔を出し始めて我々が宿泊したロッジの全容がクッキリと現れてきた。
宿泊したロッジは、二階建ての民家そのものだ。
   
f0096068_317179.jpgf0096068_3172188.jpg









当日は早朝の鍾乳洞 を訪ねた。1940年に発見された、6億年前に出来たとされる鍾乳洞、入口の幅70m、高さ90mで、30haの敷地内にあり、今では州の管理地になっている。
   
f0096068_321379.jpgf0096068_3212695.jpg









地底湖の透き通るブルー が素晴らしい。 
   
f0096068_3251280.jpgf0096068_325315.jpg









鍾乳洞から帰って、夕暮れ近くのロッジの辺りを一回りしたが、ここは田舎の地道 で、スコールの後はぬかるんで歩き難い。
f0096068_3291823.jpg

ロッジの看板 を目当てに帰ってきた後、夕食のために近場の田舎のレストランに出向いた。

f0096068_3315968.jpgf0096068_3322252.jpg









ツクナレの焼き魚料理をつつきながらビールやカイピリーニャで乾杯を重ねた結果、裏のトイレに駆け込んだが、そこにあった男子用トイレは横に並んで用を足す細長いもので、田舎の何処にでもあるタイル製の背の高いトイレで子供には向かないものだった。
使用後は右手にある水道の蛇口を回すと、穴の開いた長い塩ビ管から水が出始めて流してくれる仕組みだ。
   
夕食後はロッジに帰って明日の旅行の準備だ。
1泊2日のパンタナールの後は再びこのロッジに帰ってくるので、大きな荷物はロッジに預けて三日分の必要品だけ携帯して出発した。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-03-17 03:35 | 印象深い事柄 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(65)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

132. 南マットグロッソ州の人口は200万人、その州都カンポグランジ市は70万人都市の田舎町です。
f0096068_414820.jpg
   
カンポ・グランジ空港 からボニートまで、一部悪路もある300kmを約4時間掛けて移動。
f0096068_4164866.jpg

カンポ・グランジ(大きな広場)だけあって、 けたたましく広い平野 で地平線まで見渡せる感じだ。

f0096068_4194084.jpgf0096068_4195823.jpg





   



この土地は農場が多く、大豆を植え付けているようだが、この時期は裏作のトゥモロコシの収穫後だった。
f0096068_4233620.jpg

ボニートから170kmの南パンタナールへ向う途中で、 牛追い中のカウボーイ に出会った。

f0096068_4263246.jpgf0096068_4265118.jpg









牛は肩にコブのある痩せた白い牛だ。


f0096068_432363.jpgシュラスコ料理 では、このコブの部分がクッピン と呼ばれて、美味いので人気メニューになっている。





プロの大牧場主は、小規模の牧場から痩せた牛を安く買い入れ、短期間で肥えさせて高く売却する。
痩せた牛を肥えさせるには、 栄養の豊富な牧草 が必要になる。

しかし、地力のない牧場の牧草では、牛を肥えさせるだけの必要な栄養分が不足して、牛も肥えることができない。
更に、 牛1頭当りに必要な牧場面積は1ha(10,000m2) とも言われ、牛の頭数が増加するに従って牧場も広い面積が必要になる。

当初地力のあった広大な面積の牧場も経年と共に地力を失い、牧草も栄養分が減少して牛も肥えなくなってくる。
そこで新たに森林を皆伐し地力のある牧場を確保することになる。
地力のなくなった牧場はそのまま放置され捨てられていき、 荒廃地となる。
大牧場を経営している裕福な牧場主は政治力もあり、新たな土地の調達資金も豊富で土地取得も可能であるが、小規模牧場主には厳しく、牛もなかなか肥えることができなくて、痩せた牛を安く手放すことになる。

長年かけて、大牧場主が資金に物を言わせて、この繰り返しを行う事が、  アマゾン熱帯雨林を破壊している大きな一因 になっている。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-03-13 04:46 | 印象深い事柄 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(64)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

131.
f0096068_5563224.jpg

毎年、10月の第2日曜日には、聖教会から、ベレン市内のナザレ教会まで、聖母マリア像を先頭に、信者が太いロープを手に持って行進するが、数万人の信者の中でロープを持って行進できる人は僅かで、運が良い人達とされています。
f0096068_5534888.jpgf0096068_5523229.jpg









その他の人は行列の後に続いて、僅か10km程を6時間かけて行進します。これがシリオ・デ・ナザレ の行進です。

f0096068_614844.jpgf0096068_621480.jpg









聖教会からナザレ教会までの行進 に参加する人の多くは、自分の願い事を形にして参加する人が多い。
家が欲しい人は家の模型を頭上に捧げて行進し、船が欲しい人は船の模型を頭上に捧げて行進します。
この行列に参加する人や行進を見学する人は、国内はもちろん海外からも集まり、当日は100万人 を超える人出とも言われています。

f0096068_6102332.jpgこのナザレ祭りで行う行進の為に、1ヶ月前から市内のメイン道路の交通も一方通行が逆の一方通行になり、 市内には数箇所の行列を見学する場所を作り、 コースの沿道は身動きできないほどの人混みになります。

f0096068_6183850.jpgf0096068_619993.jpg









帰国前に住んでいたアパートのベランダからナザレ教会の後姿を見る事ができた。ナザレ祭りの夜は二本の塔に電飾を飾りライトアップされて、いつもとは趣が違っていた。

この祭りの期間中は、隣の遊園地も夜遅くまで営業していて、昼間は子供達、夜は大人たちやカップルが楽しんでいる。
f0096068_622281.jpgf0096068_622551.jpg









屋台の出し物は、一昔前の田舎の縁日の出し物に似ていたので、日本もブラジルも大差の無い印象だった。

f0096068_6264835.jpgf0096068_627114.jpg










更に、この祭りは2週間も続き、 最後の夜はナザレ教会前の広場で花火が打ち上げられる。 市街地の中心地での打ち上げ花火だけに、近くのアパートに火の粉が飛び込む場合もあるだろう。

最終の土曜日には、イントロッカメントからイコアラシまでの20kmを、朝6時から3時間程かけて、聖母マリアを先頭に数百台のトラック野郎がトラックに乗って後に続く行列が行なわれるため、街道は大混乱する。
イコアラシに到着した聖母マリアは、船に乗り換えてベレンまでの帰路に着き、これで2週間続いた宗教祭ナザレ祭りの終わりとなる。
この行進で徒歩・車・船など全ての安全祈願となるのでしょう。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-03-09 06:33 | 印象深い事柄 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(63)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

130. おまけ

f0096068_2562844.jpg

1931年にブラジル独立100年 を記念して、リオ・デ・ジャネイロに建てられたキリスト像。

f0096068_2571934.jpgf0096068_2573887.jpg

















標高710mのコルコバードの丘 にそびえる全長38mのキリスト像 を訪ねた時、裏にある礼拝所を覗いて見た。

f0096068_304930.jpg

中には入る事は出来なかったが、大きなキリスト像の下の小さな礼拝所 が印象的だった。

f0096068_313488.jpg

聞くところによれば、このキリスト像は、 1886年にアメリカ独立100年 を記念して完成した、ニューヨークのリバティー島に立っている自由の女神 の方向に向いて立っているようです。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-03-05 03:04 | 印象深い事柄 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(62)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

ブラジルはカトリック教国なので、国内27州の各州に歴史的にも素晴らしい教会があるが、全ては紹介できないので、その中の一部を3回に分けて紹介します。

129. その3
f0096068_7165315.jpg

ブラジル北部パラ州ベレン市の下町、アマゾン河支流のガマ河沿いに、 聖教会(igreja se) がある。

f0096068_7181796.jpgf0096068_7183763.jpg









2004年に訪れた時は今までと同じく黒ずんだ雄姿を見せていたが、2008年に再度訪れた時には、化粧直しをして一段と輝いていた。
教会内部は豪華な造りで、ジャカランダ材をふんだんに使っている。

f0096068_7245486.jpgf0096068_7252455.jpg









教会内部の撮影はフラッシュ禁止なので、上手く撮影ができてないが、聖教会内部の正面にある聖母マリア(上)や、入口の上に陣取っているパイプオルガン とドアにはめられたステンドグラス を撮影。
f0096068_7351652.jpg

市内にはナザレ教会があり、ナザレ教会の屋根の部分には宗教壁画が描いてある。その絵の右端に、当時ではあり得ないと思われるスーツを着た一人の紳士 が立っている。噂ではこの絵を教会に寄贈した紳士が自分の姿を絵の中に描かせたとの事で、真実は分らないが、確かにスーツ姿は絵の中の風景とは違和感がある。

f0096068_7414524.jpgf0096068_7421111.jpg









ナザレ教会も外観や内部共に豪華な作りで、正面のキリストも輝いていたが、フラッシュ禁止なので写りが良くない。

どの教会にも正面両脇にある2本の塔があり、塔の中には鐘が吊るしてあり、ミサの始まる時間には鐘を鳴らして信者に時を告げるのであろう。
夕暮れ時の鐘の音には趣があるものだ。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-03-01 07:46 | 印象深い事柄 | Comments(0)