「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(50)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

117. f0096068_2250775.jpgアマゾン河口の街ベレン市内から国道BR316に繋がっている片側4車線のメイン道路で、 中央分離帯の両脇に自転車専用走路を設けたアルミランチ・バホーズ を走ると、イン・トロッカメント言う交差点に出る。

f0096068_22565075.jpgf0096068_22571917.jpg









f0096068_2301881.jpgこのイン・トロッカメント は最近トンネル形式の立体交差になり、雨の多い雨季になるとトンネルの中で水没する事故を心配していたが、このような事故も一度発生したらしいがその後は大丈夫のようです。


以前は地上の平面的な交差点で、この交差点から国道 (BR316)へ、 ベレン市内 (AV.Alm.Barroso)へ、 ベレン空港 (AV.Pedro Alvares Cabral)へ、そしてイコアラシ (Rod.Augusto Montenegro)へと四方へ街道が延びていて、交差する車も多く事故の多発する交差点でもあった。

f0096068_2362853.jpgトンネルを潜り抜けて直進すると延々と続く国道に出て、首都ブラジリアまでの約3,000kmをバス旅行なら1週間の旅になる。






f0096068_2394918.jpgこの交差点を左に曲がり、30分ほど走ると静かな港町イコアラシに到着する。







イコアラシ街道と呼ばれる片側2車線のアウグスト・モンチネグロに入ると車も少なくなり、制限時速60km/hのスピードを守って走る車は殆どいない。
   
信号も少なく走り易い道路だけに、殆どの車が80km/h以上のスピードで走っている。
   
ただ、この道路で事故を起すと大惨事になるケースが多い。
f0096068_23133725.jpg幅2m強の中央分離帯の中に建っている直径40cm高さ8mのイルミネーションの柱 を圧し折り、事故車もエンジンルームとキャビネットの部分が割れて分離している場合もある。
中には、イルミネーションの柱に抱きついている事故車もある。
   
道路の舗装状態も悪く、雨季を過ぎると舗装が剥れて穴の開いている部分も多くなり、その道路を猛スピードを出して走るのでパンクは日常茶飯事であり、事故も大惨事になるケースが多い。
   
ある時、パラ州議会に制限時速を80km/hに変更する議員立法 が提出された。
60km/hの制限時速を守らない車が多いのが提出理由だった。
さすがに何でもありのブラジルでも、この議案は否決された。

その後、マグアリー地区にスピード違反を取り締まるアラーラと呼ばれる監視カメラ が設置された。
沿道30kmの中で、この場所の前後20mだけは皆スピードを落とすようになった。
それでも捕まる奴がいる、罰金が後日自宅に送付されるので書類にサインもクソもない、支払しないと次の車検時に否応無に払う事になる。
支払しないと書類車検が通らないだけで、後で自分が困る事になるのだ。
   
車検は毎年あるが車両税の納税と車検書類更新のみで車体検査は無い。
以前は床に穴の開いたガタガタの車も走っていたが、ここ10年で車も一新し、今ではポンコツ車は見かけなくなった。

以前に比べ道路も車もかなり良くなっている。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-12-29 23:26 | 印象深い事柄 | Comments(0)

11月27日 マリツーバ市立ラウラ・フレイラ・ファルコン校

f0096068_652648.jpg



11月度第4弾 Asflora自然保護活動報告 が届きましたので紹介します。

Asfloraの本拠地ベネビーデス市に隣接するマリツーバ市のラウラ・ファルコン校から第5回文化祭で、 森の劇の上演 を要請されました。劇団員も前日のパラ州立ジュッセリーノ・クビチェッキ農工高校の第11回文化科学展に続いての公演にも拘らず、ボランティア精神も旺盛で、6人が快く引き受けてくれました。
午後4時からの公演に、およそ200名の生徒たちが集まり、森の劇を楽しんでくれました。
f0096068_6183690.jpgf0096068_6185732.jpg









f0096068_621177.jpgf0096068_6214553.jpg









f0096068_6235738.jpg

校舎センター棟の中に舞台を設けての公演でしたが、子供たちはゴミ拾い、酔っ払いへの注意、種まきなどに積極的に参加しています。
子供、父兄、教職員と森の劇団員 たちが、一つになった楽しい一時でした。



ASFLORA-Instituto Amigos da Floresta Amazônica
Tássia Bezerra & Takushi Sato

[PR]
by wagahai_tt | 2009-12-26 06:27 | Asflora | Comments(0)

11月26日 州立JK農工高校文化祭へ参加

f0096068_5541449.jpg



11月度第3弾 Asflora自然保護活動報告 が届きましたので紹介します。

Asfloraの本拠地から近いパラ州立ジュッセリーノ・クビチェッキ農工高校は、第11回文化科学展 を開催しました。 その開催に際して、Asflora森の劇を披露して欲しいとの要請を受け、11月26日午前中、同校の裏庭での公演を行いました。
同校の林業科からは、AimexとAsfloraは研修生を受け入れています。 森の劇団員の殆どは同校生徒や卒業生たちです。でも、殆どの生徒は初めてこの劇を目にしました。
f0096068_615778.jpg

小さな子供達は、初幕でのエンジィ(森の小人)の出現で、驚きの声をあげますが、高校生たちも同じでした。
f0096068_654743.jpg

f0096068_664259.jpg

学校内の裏庭を背景に演じると、森の雰囲気が伝わりました。同校生徒たちの環境問題に関する関心と意識は強く、共感を得られました。無知で、好き勝手に生きていて環境破壊をしている人たちをシンボル化した「酔っ払い」役への注目度は最高でした。
f0096068_68529.jpg

この公演を実現した、JK農工高校の先生たちと森の劇団員たちです。↑



ASFLORA-Instituto Amigos da Floresta Amazônica
Tássia Bezerra & Takushi Sato

[PR]
by wagahai_tt | 2009-12-22 06:11 | Asflora | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(49)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

115. 8000kmのアマゾン河が、大西洋に流れ込む河口の町パラ州ベレン市の対岸に、 アマパ州マカパ市 がある。
   
河口にはマラジョ島と呼ばれる九州よりやや大きな面積の中ノ島 があり、対岸と言っても川幅が400km 程あるので、東京~名古屋間の川幅の中に九州が浮いている様なものだ。
   
アマパ州は、フランス領ギアナやスリナムと国境を接しているブラジル最北端の州の一つであり、面積は約142,800k㎡で日本国土の約38%の面積の州で、人口約60万人、その州都マカパ市には約36万人が住んでいる。
人口の60%が州都マカパ市に集中している州だ。

そのマカパ市は赤道直下の町で、市内には北半球と南半球を分けた0°00′00″の記念碑 がある。
f0096068_7504592.jpgf0096068_751786.jpg









   
f0096068_7564375.jpg子供たちが北半球と南半球を跨いで 喜んでいた。









116. f0096068_83299.jpgベレン下町にあるベロ・オ・ペゾの魚市場で見かけた、アマゾンの淡水魚の一部を紹介します。









f0096068_8382712.jpgこの赤い色の魚はピラルク です。
成長すると4~5mにもなり、世界で一番大きな淡水魚と言われる。
この写真のピラルクは、まだ子供で2m弱の大きさであり、たまたま網に掛かったのか、本来この大きさはまだ捕獲禁止のようだが・・・。

f0096068_8412080.jpg白っぽい魚はフィレォッチ です。
なまず系の淡水魚で1m以上の大きさが平均的であり、白身で味の良い魚だ。





f0096068_8444117.jpgf0096068_84519.jpg









鎧(よろい)のようなウロコの魚はタマタ と呼ばれる魚です。
ツクピー料理で炊き込めば美味い魚だ。
魚肉の色は黄色で20cm位の大きさなので、大きな魚ではありません。

f0096068_8504945.jpgアカリ も鎧を着たようなウロコで、タマタの仲間かも知れませんね。







f0096068_853689.jpg腹がピンクで小振りの魚が
ピラニア です。
歯の鋭さは見事ですよ。この魚は唐揚や焼き魚が良さそうだ。
ピラニアは種類が多く、これはその中の一種類です。
小さい奴は10cm以下から30cmの大きさまで種類も大きさも様々です。

f0096068_856104.jpg尻尾に目玉のような模様のある魚は
ツクナレ です。
釣っても楽しい、食べてもおいしいアマゾンを代表する魚です。
30~40cm位の大きさが平均的で、白身で焼き魚が美味い。



f0096068_85842.jpg最後の大振りの魚はドラード です。
この魚も1m以上の大きさがある魚ですが、白身で美味い魚ですよ。





f0096068_8595649.jpg大きな魚も多いので、 捌いた切り身 を買う事になる。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-12-18 09:04 | 印象深い事柄 | Comments(2)

11月20日 ベネビーデス市立ピリランポ校生徒を迎えて

f0096068_6282340.jpg



11月度第2弾 Asflora自然保護活動報告 が届きましたので紹介します。

11月20日は黒人差別反省の日で、 Asfloraも創設から9年目を迎えました。
当日、地元のピリランポ校の3年生45名と教員3名を受け入れ、 Asflora環境教育プログラム を、活動本拠地としているAimex種苗センターで行いました。
f0096068_6273951.jpg

上は、地元では欠かせない飲料となるアサイ椰子の苗木がつくられている所の見学です。 下は、森の劇で種を蒔き、エネルギーを送って赤ちゃん苗が発芽してきた場面です。
f0096068_6324857.jpg f0096068_6331950.jpg









f0096068_635168.jpg

生徒たちは植樹体験もしました。準備した50本の苗木を植えて、Asflora代表の佐藤から全ての生き物を生かしてくれる森の大切さについての話しを聞きました。
f0096068_6375286.jpgf0096068_6382225.jpg










 インタビュー

f0096068_644662.jpg生徒名: エルトン・ソウザ
問1 : 今日一番勉強になったことは?
答  : 植物、森が無かったら生きてゆけないこと。
問2 : 環境十戒で最も気に入ったことは?
答  :一番目の水を無駄にしないこと。
問3 : 植樹は面白かった?
答  : ウン、環境を良くすることだものね。


f0096068_6472613.jpg生徒名: ビットリア・レイチ
問1  : 今日の訪問で何が一番大事なことと思った?
答   : 自然を大切にしていかなければならないという教え。
問2 : 環境十戒の教えで、何がもっとも気に入った?
答 : 動物たちを苛めないこと。
問3 : 何が最も楽しめた?
答 : 森の小道が最も良かった。だって面白い登場人物に会えて、いろいろなことを教えて貰えたもの。




ASFLORA-Instituto Amigos da Floresta Amazônica
Tássia Bezerra & Takushi Sato

[PR]
by wagahai_tt | 2009-12-14 06:55 | Asflora | Comments(0)

11月19日(木)-「Asflora森の劇」、モジュー郡で増殖!

f0096068_7153288.jpg



11月度 Asflora自然保護活動報告 が届きましたので紹介します。

Asflora(アマゾン森林友の協会)は、パラ州の州都ベレン市から180km離れたモジュー郡カスタニャンデウア部落 の学校で、現地劇団員での森の劇公演を実現しました。 演じたのは、全て現地の人たちです。
公演に先立ち、Asfloraから劇団員が2週間の特訓指導を行いました。 主に15歳、16歳の生徒たち11人が11の役柄を、しっかりとこなしていました。

この学校は、モジュー市立ジョゼ・ドミンゴ・ド・ナッシメント校、カスタニャンデウア部落唯一の学校です。 森の劇は、学校近くにあるカスタニャンデウア川岸の森の中を舞台にしました。
f0096068_714241.jpg

第1回目の公演には45人の生徒と5人の教員、10人の部落の人たちが参加しました。
f0096068_718845.jpg f0096068_7185511.jpg









11人の登場人物の熱演で、観客の子供も大人もすっかり劇に引き込まれてしまいました。

今回の劇団養成と公演実現には、地元で油椰子園と採油工場を経営する
マルボルジェ農工株式会社(Marborges Agroindústria S/A) のご支援を得ました。モジュー劇団(ジョゼ・ドミンゴ校グループ)は、Asfloraの役員 エーデルのもとで、今後活躍を続けることでしょう。
11月中に2回、12月は部落の行事とマルボルジ農工社の忘年会でも披露をします。


ASFLORA-Instituto Amigos da Floresta Amazônica
Tássia Bezerra & Takushi Sato

[PR]
by wagahai_tt | 2009-12-10 07:29 | Asflora | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(48)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

113. 1987年当時はJALとVARIGの共同運航便で、一時帰国後の日本からブラジルへの帰任は、ロス経由でペルーの首都リマでトランジットの後、リオ到着の直行便だった。
   
f0096068_110277.jpgそんな時、ロスで途中下車して子供たちをディズニーランドへ連れて行き楽しい一日を過ごし、







f0096068_1115732.jpg翌日はハリウッドで女優や俳優の手形に自分達の手を当てて大きさを比べていた。子供達にとって彼等の手形の大きさは、かなり大きく感じたことだろう。
   





ディズニーでは、色んなアトラクションを見て楽しみながら、あるブースで一枚の黒い紙で切り絵をやっていたので、子供達の似顔絵を作ってもらった。
f0096068_1135236.jpgf0096068_114949.jpg









本人を目の前に座らせて、瞬時に特徴を掴み、見ている間に絵を切って、出来上がりが余にも似ているので驚嘆した記憶がある。
f0096068_11182826.jpgf0096068_11184792.jpg





   









ディズニーのアトラクションも良い思い出になったが、姉弟の切り絵は良く似ている事もあり子供達にもインパクトが強く強烈な思い出となっている事だろう。



114. ベレンから大西洋沿岸に向って270kmほど車で走るとサリーナス海岸 に出る。
我々がいつも行く一番近い海岸がサリーナスだ。
   
ベレンから100km地点にモスケーロと言うアマゾン河の茶色に濁った淡水の海岸があるが、
f0096068_11322221.jpgf0096068_11324066.jpg









海水の海岸は東沿岸のこのサリーナス海岸 が人気だった。
f0096068_11362499.jpgこのサリーナス海岸の砂浜は幅2kmだが、海中に1km以上も沖に1mの水深が続いている遠浅の海岸だ。海岸線の砂浜は、肌理の細かい砂で普通に車が乗り入れられる硬さだ。
車を停めてビールを飲みながら、うっかりしていると満潮時には車が海水に浸かっている場合がある。
満ち潮を忘れて騒いでいた結果だ。
   
f0096068_11384457.jpg海岸の後ろには砂丘 があり子供達は砂すべりで楽しんだり、遠浅海岸で水浴びを楽しんだりしていた。
   





その間、魚の唐揚を肴に冷えたビールを飲みながら待って、帰りの運転をすることになる。
当時のブラジルでは、飲酒運転は事故を起さなければ問題なく、車で飲みに行く習慣があった時代だ。
   
ただ、飲んだ後の270kmの運転は、結構堪えた記憶がある。
ビールやカシャーサを飲んでいるので、帰路は安全運転を心がけながら、平均時速100km/h程度で3時間の旅だった。
   
この海岸には家族でよく遊びに行き、ストレス解消したものだ。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-12-06 11:45 | 印象深い事柄 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(47)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

111. f0096068_1023117.jpgニューヨークを飛立ち一路ハワイへ、ハワイではダイヤモンドヘッド が見渡せるセラトンホテルにチェックイン。
ここでは別の友人家族にお世話になった。
   




f0096068_106066.jpg私と家内は、子供たちを友人家族に預けて、 “♪この木、何の木、気になる木・・・♪” とどこかのコマーシャルに出てくる不思議な木のある公園の側を通って、 パールハーバー に向って打ち下ろすコースのゴルフ場で、ゴルフを楽しんだ。

f0096068_107289.jpgf0096068_1072288.jpg


   






f0096068_10134762.jpgその後、彼のアパートの屋外にあるバーベキューコーナー で、冷えたビールを飲みながらバーベキューパーティーを楽しんだ。



   
f0096068_10175469.jpgf0096068_1018178.jpg









f0096068_10155523.jpg夜はハワイヤンショーの会場でフラダンスショー を食事をしながら観賞した。
   




f0096068_10222750.jpg翌日は、 ハナウマ海岸 で魚と戯れながらハワイの海でひと泳ぎしたが、珊瑚礁の近くでもあり、魚が馴れ馴れしく足の近くまで来るので、子供たちも喜んでいた。



f0096068_10235520.jpgf0096068_10241784.jpg









楽しく過ごしたハワイを後にして一路日本へのフライトに乗り込んだ。
   
かなり空席があったのであろう、JALの配慮で運良く我々家族をビジネスクラスに案内してくれた。
だが残念なことにこのクラスは全席禁煙席だった。
当時はまだ機内で喫煙できた時代で、
我輩      :「喫煙したいが駄目ですか?」
チーフパーサー:「全席禁煙ですが、他の皆さんに伺ってきますので、お待ち下さい」
チーフパーサーが一人ひとりに声を掛けて聞いてくれた結果、喫煙希望者が多くいたのでしょう。
チーフパーサー:「只今からこの席は全席喫煙席にします」
当時はまだ余裕のある対応で、日本までゆっくりウイスキーを片手に喫煙しながらのフライトとなった。
   
記憶に残るハワイの休日とJALのフライト だった。




112. 7 de Setembro (9月7日)はブラジルの独立記念日です。   
f0096068_10352671.jpgブラジルは1822年9月7日に独立宣言を行い、 1831年 に正式に独立した。
この宣言日が、ブラジルの独立記念日として178年の間、祝日として全国で祝っている。
   



f0096068_10395976.jpgベレンでもこの日は軍隊の行進があり、我々も1984年7月13日の赴任の年に友人家族と一緒にこの行進を見に行った。
   






f0096068_1043448.jpg 陸軍、海軍、空軍や軍警 がパレードを行っていた。
軍隊を見るのも、行進を見るのも初めてなので、子供たちと一緒に大変な人混みの中を群衆に押されながら歩いて見学していた。
   


そんな時後ろを歩いていた家内が、いきなり大声で、 「私の財布が歩いている」 と叫んだ瞬間には、既に男の頭を拳で一撃していた。
若い男が驚いて財布を落とし、転びながら逃げて行った後で、家内の半透明の手提げかバックを見れば、底をカミソリでギザギザに切られていた。
   
ブラジル赴任の最初に出合ったスリ被害であり、人混みの中には凶器に使った両刃のカミソリも落ちていたが、家内の一撃で事なきを得た事件だった。
とっさの機転を褒めてやるべきか、今後の我家の家庭生活を憂うべきか、迷った一瞬でもあった。
   
赴任早々こんな洗礼を受けた、 思い出深い独立記念日 となった。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-12-02 10:50 | 印象深い事柄 | Comments(2)