<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ブラジル紹介:熱帯フルーツ・カジューⅡ


(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

果実の部分はジュースやアイスクリームに、 デベソの種の部分がお馴染みの  カシューナッツ になる。

但し、ウルシ科の果実 なので、種の部分を生のまま口に入れると、かぶれて大変なことになるので、必ず焼いて皮を剥いて食べなくてはならない。

アマゾンでは種をそのまま火の中に放り込むので、焼いたものは焦げているものが 多い。

日本では焦げたカシューナッツを見た事が無いが、現地の田舎で食べるものは素人が焼くので焦げは当り前のようですね、それでも味は良いですよ。

カジューの果実 
f0096068_9281828.jpg
f0096068_929598.jpg


熟れたカジュー果実 
f0096068_931881.jpg


カジューの花 
f0096068_9323161.jpg


カジューの木 
f0096068_933848.jpg


カジューのデベソの部分、 この種の皮を剥くとカシューナッツになる。
f0096068_9335629.jpg


[PR]
by wagahai_tt | 2008-12-25 09:35 | 農作物 | Comments(14)

カルチャーショック 106


当時のサンパウロ発ベレン便は、首都ブラジリアにワンストップで5時間の飛行だが、ある日アマゾンの密林の中に墜落事故が発生に、 カルチャーショック。(いつも利用する夜中にベレン到着の便だが、パイロットの計器設定誤りが原因だったようだ。ベレンは設定方角が270°だが、パイロットが設定した方角が207°だったと発表があった。これでは何時間飛行してもベレンには到着しないよ、こんな単純ミスでの燃料不足で密林に墜落だったのか・・。)





ブラジルの棺桶は蓋に豪華な彫刻が施してあるのに、 カルチャーショック。(ベレンでは一本裏の通りに何ヶ所もの棺桶を売っている店がある。覗いてみると色んなデザイン・柄・色の棺桶があるよ・・・。)





大病院の近所には数ヶ所の棺桶屋があるのに、 カルチャーショック。(いざと言う時に遠くまで買いに走らなくてもいいのが便利だが、これも合理的なのかな・・。)





ブラジルの墓地、一目で裕福と貧困の見分けが出来るのに、 カルチャーショック。(中には豪華な建物のような墓から、小さな石までが同じ墓地の敷地内に同居している・・・。)





中には墓に色んな思いが刻んであるのに、 カルチャーショック。(本人の職業が刻んであったり、残された家族の思いが刻んであったり・・・だ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-12-20 08:38 | カルチャーショック | Comments(4)

ブラジル紹介:熱帯フルーツ・アセロラ


(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

カリブ原産のアセロラ 、大きなさくらんぼ大の熱帯フルーツでビタミンCを豊富に含んでいる。

アセロラ果汁100g中の含有食品栄養成分表
エネルギー     35Kcal
たんぱく質      0.4g
脂質          0
炭水化物       8.3g
ナトリウム      2.6mg
総カロテン      46μg
カリウム       176mg
カルシウム      7.1mg
総ビタミンC    1,400mg
(財)日本食品分析センターによる調べ

アセロラのビタミンC含有量はレモンの35倍。


f0096068_9353741.jpg


果実
f0096068_938491.jpg
f0096068_939545.jpg
f0096068_9393651.jpg
f0096068_9401028.jpg


f0096068_9415914.jpg


f0096068_9433537.jpg



[PR]
by wagahai_tt | 2008-12-17 09:46 | 農作物 | Comments(6)

ブラジル紹介 : ベレンのスコール


今回の旅行中には殆どスコール にあわなかったが、たまたまホテルにいる時、中程度のスコールが 突然 キター!!

ホテルの窓から見える正面のビルを昼間・スコール時・スコール後のそれぞれを紹介してみましょう。

スコールで見える景色はこんなものですが、激しいスコールになるとこのビルも見えなくなるのですよ・・。


昼間のビル
f0096068_7271874.jpg


スコールが次第に近づいて来た時
f0096068_7283557.jpg


約20分間のスコールの後
f0096068_7301081.jpg


乾季のスコールは、一日一回強烈な風を伴った雨雲の下だけで、 直撃の場合もあれば遥か遠くを通過する場合もある。
雨雲の移動と共に去って行き、 長くて30分、 通常は15分から20分の雨なので、ブラジル人は殆ど傘を持って外出することはない。
彼等の殆どはスコールの間はどこかの軒下で雨宿りをしながらやり過している。

強烈なスコールの時は、車の運転も前が見えず路肩でやり過す場合もある。
道路は見ている間に小川になり、 水濡れで故障する車も続出だが、近くにいる人達が押して道路脇に寄せてくれる。
彼らはずぶ濡れだが、お構い無しの人達で、オブリガードと親指を立てるだけで 終わりになる。

[PR]
by wagahai_tt | 2008-12-14 07:36 | ブラジル旅行(2008年) | Comments(4)

カルチャーショック 105


真夜中の旅客機でアマゾンの上空に差し掛かった時、縦500m・幅100m位の円筒形の雷雲が進行方向の右前方に見えた。雲の中は稲光で、数百本の光が雲の外にまで飛び出していた。夜のアマゾン上空でこんな光景を初めて見たのに、 カルチャーショック。(飛行機の窓から前方を見た時の大きさなので確かではないが、この時ばかりは心配したよ。パイロットもさすがにこの雲を避けて、計器飛行からマニュアル飛行に切り替えて迂回したよ。)





暗闇の夜のアマゾン上空で、前方から対向の飛行機がこちらに向けて飛行、当方の飛行機が強烈なライトを点滅して先方が回避に、 カルチャーショック。(これも夜のアマゾン上空に差し掛かった時、前方の旅客機が我々の飛行機に向かって直進して来た、当方のパイロットが、上空でいきなり強烈なライトをパッシングさせて事故を回避したのにも驚いたよ。)





ベレンからサンパウロに向けて飛行中、ガリューリョス国際空港への着陸態勢で雲の中に突っ込んだ時、突然雲の切れ目から隣に小型ゼット機の機影が、あわや激突か、と思ったことに、 カルチャーショック。(この時のニアミスでは、ハッキリと相手の機影が見えたが、瞬間の出来事なので機種までは確認していない。小型機の方が急旋回で回避してくれたので空中衝突事故にはならなかったが、雲の中では前方が全く見えないし、機体の揺れも激しいのでクワバラ・クワバラだよ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-12-11 06:46 | カルチャーショック | Comments(6)

ブラジル紹介 : ベロペーゾⅡ


ベレン市の下町の川沿いにあるベロペーゾ (Ver o Pezo=重さを見る(計る))と言う名前の市場は、新鮮な野菜・果物・魚や香辛料・漢方など等 が揃っている市場だ。
毎日大勢の人が買い物に来て賑わっている。

この市場の中を紹介しよう。


1.魚市場
以前にもこのブログで紹介した魚市場、ピラニアもタマタも売られている。
f0096068_7565416.jpg
f0096068_7573774.jpg

f0096068_8102370.jpgf0096068_8104417.jpg









        ピラニア                 鎧を着たタマタ


2.果物・野菜市場
アマゾンのアバカチ(アボガド)は日本の3倍以上か、子供の頭ほどの大きさ。
f0096068_8155849.jpg

ツクピー料理に使うジャンブー、食べると舌や唇が痺れる野菜だ。
f0096068_8173159.jpg

その他の野菜
f0096068_8192558.jpg

カスターニャ・ナッツ、
f0096068_8211125.jpg


f0096068_8295810.jpgf0096068_8263043.jpg









          マンゴ                  アバカシ
f0096068_83341100.jpgf0096068_834193.jpg









          マラクジャ               コーコセッコ
f0096068_8381551.jpgf0096068_838446.jpg









           マモン                   メロンシア
マンゴ・アバカシ(パイナップル)・マラクジャ・コーコ・マモン(パパイア)・メロンシア(スイカ)など等、野菜や各種フルーツや堅い殻を剥いたカスターニャ・ナッツ等を売っている。

3.アマゾンの自然の中から採取した自然薬や乾燥したサメの口などの漢方、 一方では各種香辛料 なども売っている。
f0096068_8435944.jpg
漢方
f0096068_846829.jpg
香辛料

4.昼食時の食事風景、 市場の中に広い食堂がある。
買い物客やここで働いている人達の昼食風景。
f0096068_848773.jpg




[PR]
by wagahai_tt | 2008-12-08 08:50 | ブラジル旅行(2008年) | Comments(6)

ブラジル紹介:ベレン市内の表情


10月1日夕方ベレン空港に到着、市内の中心にあるベレン・ソフト・ホテル(旧エクアトリアル・ホテル)に投宿した。
ここを中心に、ベレンはこんな街、 市内のあちこちを断片的に紹介します。

下町には落書 きをされた建物がある。以前は至る所に落書きがあったが、最近は少なくなってきたように感じた。
f0096068_723298.jpg


片側4車線のメイン道路アルミランチ・バフォーズの中央分離帯には自転車専用の道路 がある。自転車の台数も相当増えて事故も多発していたが、この専用道路が出来て事故も少なくなったようだ。
f0096068_7234849.jpg

ただ、ライトの付いた自転車は殆ど無く、街灯はあるが夜の暗闇で黒い奴が黒いシャツを着ていたら殆ど分からないので、車の運転には危険この上ない。

建設中の高級マンションがあった、レンガを積み上げながらの建設 は見るからに危なかしいが、出来上がれば立派な高級マンションになる。f0096068_726882.jpgf0096068_727548.jpg










マンゴ並木に囲まれた市内の高層高級マンション群、 現地では全てアパートと呼び、マンションと呼ぶのは我々日本人だけだ。f0096068_7304787.jpgf0096068_7313955.jpg










イントロッカメント と呼ばれる交差点は、首都ブラジリアに通じる国道BR316、イコアラシ方面に向うアウグスト・モンチネグロ、ベレン市内に向うアルミランチ・バフォーズ、空港方面に向うペドロ・アルバレス・カブラルと四方に向う交差点で、以前は地上で交差していて、渋滞や事故の多い場所だったが、今はベレン市内のメイン道路アルミランチ・バフォーズから国道BR316には地下を潜って行くようになったので渋滞・事故も緩和されている。f0096068_7405516.jpgf0096068_7411984.jpg










ただ、スコール時の水の流れ込みを心配していたが、排水ポンプが設置してあるようだ。
だがこのポンプが故障して通行不能になったことが一度あるそうです。

10月5日の日曜日は市長と市議会議員の選挙の日で、街頭では支持者が旗を持って選挙運動 をしていた。
アウグスト・モンチネグロの中央分離帯上でも旗を持った応援隊が活動していた。
f0096068_744532.jpg
ブラジルの選挙当日は夕方5時まで酒類の販売が禁止 され、違反の場合は罰金の上営業停止処分になるようだ。
ゴルフ後の乾杯も水ではパットしなかったョ。
ブラジルの投票率は略100% です、投票済証明書がないと罰金の上公的サービスが受けられなくなるのですよ。日本も考えてみては如何でしょうね。

市内の信号機が2年前より変わっていた。
車両用の信号は緑になると残りの秒数が表示 される。それも交通量の激しいところは残りの秒数が長く、穏やかなところは短くなっている。f0096068_7494020.jpgf0096068_750679.jpg










車両用の信号機にも2種類ある。

歩行者信号も優れている。
f0096068_7574025.jpg

歩行者用は上段が赤信号であり、緑に変わった瞬間に下段の緑の信号に変わり、上段の赤信号の部分が緑の残り秒数の表示 になる優れものです。
f0096068_801947.jpg


街の景色も下町と中心地では違いがある。f0096068_832967.jpgf0096068_835611.jpg 











中心地にあるこの建物は特にヨーロッパ風情の名残を感じさせる建物です。

下町の川沿いにある聖教会、 歴史的な教会も外装を化粧直しして奇麗になっていた。教会の前にある宗教博物館も奇麗になっていた。この博物館には大きく豪華な宗教画が多数あり、見ていて圧倒されるよ。f0096068_8103965.jpgf0096068_8111748.jpg 










       聖教会                   宗教博物館

この教会の近くにエスタッション・ドッカと言うレストラン街がある。このレストラン街の端に蒸気自動車 が展示してある。
平日にも拘らず夜ともなるとこの川沿いのレストラン街も人で賑わっている。自然の川風を感じながら食べる料理の味は格別だよ。f0096068_8155657.jpgf0096068_8164494.jpg










      蒸気自動車                  食事風景

市内の中心地にはナザレ教会 があり、日曜日には参拝者で賑わっている。その隣には遊園地もあり、参拝後の子供たちで賑わっている。f0096068_8213716.jpgf0096068_8221228.jpg 










       ナザレ教会                  遊園地

今回宿泊したホテルの前に、フクロウをデザインした変わった公衆電話があった。
f0096068_826136.jpg



少々長くなりましたが、ベレンの街の雰囲気はこんなものです。

[PR]
by wagahai_tt | 2008-12-04 08:32 | ブラジル旅行(2008年) | Comments(10)

ブラジル紹介:インディオの貞操帯


陶器 で出来ているインディオの貞操帯 は、浮気を防ぐ為に着けたものではなく、アマゾンの川に住んでいるピラニアより怖いカンジル と言うドジョウの様な形をしたナマズの仲間で ウロコのないヌルヌルした体の魚を防ぐ為に、川に入る時にインディオの女性が身に着けたものです。

カンジルと呼ばれる魚は、獰猛な肉食魚 で恐ろしいことに、目だろうが、口だろうが、鼻だろうが、おしりだろうが、女性性器であろうが、構わず穴という穴に飛び込んでくると言われている。一旦体内に入るとエラや硬い髭が肉に刺さり、引っ張っても引き抜くことが出来ず、内臓を食い荒らしながら前に前にと進む魚です。

アマゾンのインディオの女性達は、このカンジルから身を守るために洗濯の時 には、陶器や木製のカバーで女性の大切な部分 を守っていたようです。
f0096068_653547.jpg
f0096068_654437.jpg
f0096068_656969.jpg


裏側
f0096068_6572081.jpg


単純な素焼きの無地が多かったようだが、これは土産物だからか簡単な幾何学的な絵柄が入っている。

以前、日本のテレビ番組でアマゾンのカンジルを紹介していた。
首のところから切り落とした牛の頭を川に投げ込んで、しばらく待つと、血の匂いに集まったカンジルの大群が襲い、瞬く間に骨だけになった映像を放映していた。
又先日は釣り上げた大きなナマズを川に入れてカンジルを呼び寄せ、瞬く間に骨だけになるシーンを放映していた。

驚異的に獰猛なドジョウのようなナマズだった印象だが、映像だけで実際にはまだ見たことが無い。

[PR]
by wagahai_tt | 2008-12-01 06:59 | ブラジルグッズ | Comments(4)