<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カルチャーショック 53


ブラジルでは連邦政府高官から地方の役人まで賄賂要求にカルチャーショック。(政治家の賄賂要求は桁外れだ。)





以前は警察官も、信号待ちで目が合うだけで、小遣いを要求にカルチャーショック。(クリスマスやカーニバルの時が多かった。特に日本人に対しては多かったようだ。相手がブラジル人だと喧嘩になったり、身分の高い人だったら警察官本人が首になったりと危険が多いためか。)





ブラジルでは雇用促進のために、メイドを使用するのが当り前の社会、メイドの仕事も掃除・洗濯担当、料理担当、子守担当と、それぞれ得意の担当があるのにカルチャーショック。(中流家庭以上や働く女性の家庭では3人の各担当のメイドを雇っているケースも多い。)





掃除・洗濯担当のメイドの仕事は、全ての部屋の掃除とベッドメイキング、家族全員の衣類の洗濯、洗濯物のアイロンかけになるが、下着のパンツ・靴下にまでアイロンをかける習慣にカルチャーショック。(ジーンズ・Tシャツは当り前、パンツ・靴下まで全ての衣類にアイロンをかけている。洗濯物干し場がアパートの中で、しかもアマゾンは湿気の多い所だから全てにアイロンをかけて乾かしているのかも知れないが・・・。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-29 06:42 | カルチャーショック | Comments(18)

ブラシル紹介:Asflora・樹木の日


(Asfloraから新たな報告が届きましたので紹介します。)

9月21日は、ブラジル南部では春分に当たります。先住民のインディオは、この日を境に種蒔きを始める習慣だったそうです。ブラジルの「樹木の日」はこの9月21日に定められ、各地の学校では木を植える行事がありました。

ブラジルは広いので、北部や東北部では雨季中の3月末の週に別途、樹木の日を設けていますが、全国的な行事なので、乾季でも雨が結構多いベレン近郊では、南伯の樹木の日にちなんだ行事を行っています。

Asflora(アマゾン森林友の協会)では、ベレン市から30km離れたベネビーデス市内で、地元の学校、市役所、企業、団体などと一緒に、下の写真のような催しを行いました。
子供たちを集めての環境教育活動がしだいに浸透してきたのか、1500人もの参加者で非常に盛り上がりました。


f0096068_8535592.jpg

↑「植えるだけではダメ、一緒になって自然を守ろう!」 

f0096068_854582.jpg

↑「Asflora 人と自然の調和を目指して」

f0096068_8573680.jpg

↑ Asflora森の環境劇、舞台公演 
         
f0096068_858691.jpg

↑ 熱演中

f0096068_8592327.jpg

f0096068_8595525.jpg

↑市内の公園へ、アサイ椰子の記念植樹

f0096068_912087.jpg

f0096068_914373.jpg

f0096068_92566.jpg

f0096068_923580.jpg

↑ 市役所の空き地へ、イペー、マホガニ、サマウマ、ビリバ、アサイなど25樹種、千本を植えました。



Asflora - Instituto Amigos da Floresta Amazônica
[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-26 09:09 | Asflora | Comments(16)

ブラジル紹介:ブラジルの毒蛇


サンパウロ大学毒蛇研究所ブタンタンでは、全国各地の毒蛇を収集し血清を作って毒蛇被害に対応しているようです。
f0096068_11241883.jpg


我々が訪問した時、血清を作る工程がパネルで展示してある前で、小学生達であろう団体が、社会見学授業で血清作りの説明を聞いていました。
f0096068_11244887.jpg

ブタンタンを訪ねると、各種毒蛇を見ることができます。
今回はその一部を紹介します。
wagahaiは蛇が嫌いな方なので、見るだけでも鳥肌ものです・・・・。

各種毒蛇のカラフルなこと・・・。
黄色と白
f0096068_11261178.jpg

グリーンに白のライン
f0096068_1127150.jpg

グリーン一色
f0096068_11285995.jpg

赤・黒・白・黒・赤
f0096068_1129477.jpg

どっちが頭
f0096068_11305157.jpg

ガラガラ
f0096068_1131476.jpg

蛇の名前は良く分かりませんが、この様な蛇を見かけたら、兎に角急いで逃げましょう。

おまけはイグアナでしょうか・・・・?

f0096068_1133576.jpg

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-23 11:34 | ブラジル紹介 | Comments(18)

カルチャーショック 52


友人の糖尿病発見が、アマゾンのゴルフ場での立ちションだったことにカルチャーショック。(小便の周りに、アマゾンのどう猛な蟻が集まって来たとの事、にわかには信じ難い話だが。)




アマゾンで出会う蛇は、殆どが猛毒蛇なのにカルチャーショック。(綺麗な色・毒々しい色の蛇、頭も尻尾も見分けがつかない蛇、頭上の木の葉のグリーンと見分けが出来ない蛇etc、種類も多い。)




運営委員会として、ベレン日本人学校に、児童・生徒の障害保険に加入させた、保険使用の第一号が我が息子にカルチャーショック。(体育の授業中の事故だが、まさか我が息子が第一号とは・・・!!)




進出企業の撤退が続き、児童・生徒の激減で、ベレン日本人学校も休校にカルチャーショック。(最後は派遣教員の子弟だけになったようだ。)




ベレン日本人学校卒業生の母校は、ベレン日本人学校であるが、既に母校は閉鎖にカルチャーショック。(時の変化には逆らえない。進出企業も時代の変化に対応した結果だが・・・。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-21 06:22 | カルチャーショック | Comments(24)

ブラジル紹介:農作物シリーズ

農作物の一部を紹介します。


1.カムカム

アマゾン上流のペルー共和国で発見された果物だが、今ではアマゾン河口の街ベレンでも栽培されているカムカム。
f0096068_200561.jpg


ビタミンCの含有量では世界一を誇る果物のようで、100gの果実にはビタミンCが2800mgも含まれている。
これはアセローラの約2倍、レモンの約60倍、キウィフルーツの約40倍のビタミンCが含まれている。
このビタミンCの含有量では、お肌に良いこと請け合いだな・・・。
搾り立てのピンク色のジュースはかなり酸っぱいので水で2倍程度に薄めて飲むと良いでしょう。
f0096068_204082.jpg


このカムカムは水辺に植えるとよく育つようだ。
収穫したカムカムは丁度ミニトマト位の大きさです。
f0096068_2045492.jpg


最近は日本でもカムカムが飲まれるようになったが、現地で飲むものとはかなり味が違うよ。
やはり現地のは濃いよ。

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-18 20:08 | 農作物 | Comments(24)

ブラジル紹介:銘木・小物入れ


ブラジルの銘木で作ったグッズを幾つか紹介します。

寄木作りの小物入れの材料は、イペ・パウアマレイロ・パウホウショ・タタジューバ・マサランツーバ・ムイラカチアラの6種類の材料を寄木にして貼り合わせたものを削って作ったものです。
f0096068_9433162.jpg


焦げ茶色の小物入れはジャカランダ・ド・パラで作ったナツメです。
f0096068_9442182.jpg

f0096068_9451145.jpg


黄色の小物入れはパウアマレイロで作ったナツメです。
f0096068_946349.jpg

f0096068_9464763.jpg


アマゾンで茶道があるのではなく、日本から家族で赴任した主婦達が、移民でブラジルに移住した一世・二世のご婦人達と一緒に、現地で茶道を楽しむために作らせたナツメだそうです。

一世のご婦人達の脳裏に残る日本は、戦前・戦後の動乱期で苦労した思い出と、移民時の希望に胸を膨らませた思い出、親族との離別の思い出が残る日本のようだが、それ以上に懐かしい日本でもあるようだ。

現地で作ったもので、現地と交流するのも、日本以上に日本を感じるひと時でしょう。

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-15 09:49 | ブラジルグッズ | Comments(18)

カルチャーショック 51


ブラジル連邦収税局(日本の国税庁)の税務官が指摘した問題点は、我々とは見解の相違であるが、揉み消しを条件に堂々と賄賂を要求にカルチャーショック。(腹が立つが、賄賂を拒絶すれば長期間の裁判になり、エネルギーと費用を消費し、係争中は他の税務恩典も受けられないことになるので・・・・。)




賄賂をしぶしぶ承知すると、上司や同僚に分配するための金額呈示があるのにカルチャーショック。(仲間内の分配が原則で、独り占めは厳禁のようだ。)




値切りに値切って金額が確定すると、税務官の自宅まで届けるようにとの要求にカルチャーショック。(なんでお前の家まで持って行くのだ!!!)




税務官の自宅に現金を届けて、リビングで雑談中に、届けた現金の一部を取り出し 「これがお前の取り分だ」 にカルチャーショック。(えぇ~、俺の分け前もあるの!!! 仲間に引き込んでの口封じか? 驚いた!!)




分け前を断わるのも損だから、受取って会社に持ち帰り入金処理、我ながら日本人の糞真面目さにカルチャーショック。(受取らなければ全額損、受取れば一部を取り戻したことになるが、日本人感情としては受取ることに困惑するところだった。ブラジル人なら間違いなく喜んで個人収入になるが・・。)




分け前を会社に持ち帰り入金処理をさせたら、その後ブラジル人も申し出するようになったことにカルチャーショック。(彼らも同じ感覚を持ってくれたことに安堵した。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-12 19:48 | カルチャーショック | Comments(18)

ブラジル紹介: Asflora


今回もNGO、Asflora(アスフローラ)の活動報告が届きましたので、紹介します。

パラーブラ・ダ・ビーダ校

私共の小さなNGO、Asflora(アマゾン森林友の協会)とベネビーデス市にある私立パラーブラ・ダ・ビーダ校では、小さな植樹活動を行っています。最上級生の8年生(日本の中学生)のクラスが主役です。
町に隣接する私有地内に地主の許可を得て、水源の森を復元したいと、昨年から植樹を始めました。
以下の写真は、8月17日(金)に行った植樹の模様です。

f0096068_21345371.jpg

ここから水が湧き出ているのですが、回りに森がなければ水も汚れ、そのすぐ下流。
f0096068_21354963.jpg

ここはご覧の通りの淀みとなります。

f0096068_2137415.jpg

同地には、昨年少し木を植えたものの、草刈をした人が、草と共に植えた苗木の多くを刈り払ってしまっていました。森をつくることは大変です。

f0096068_21412414.jpgへこたれず、植えないといけません。やっと森ができたと思っても、また刈り払われてしまうことがよくあります。貧困がなくならないと森が維持できない、でも森をつぶすと更に貧しくなる悪循環をよく見ます。 少しでも、人の気持ちをつくることに私共の小さな植樹の価値を置いています。

f0096068_21433761.jpgf0096068_21443634.jpg














農業高校林業科の生徒たち。Asflora活動の研修生。    

f0096068_2150275.jpg

植樹後の「Viva Natureza!」(自然万歳)、ピンクの服の女性がパトリッシア校長。


おまけの写真(下2枚)は、同校(パラーブラ・ダ・ビーダ)の前にある「宮脇プロジェクト」の森です。

2006年2月に植林して、1年半経過しました。ここは、最初に有機堆肥を投入した土地に雨季に植樹したもので、生徒達が中心に、1年の間3,4回の草刈をしています。
f0096068_21511972.jpg

f0096068_21521058.jpg

幅狭で細長い小さな森ですが、中を歩くともう森の中の雰囲気があります。生徒と学校の運営母体のプロテスタント団体理事から喜ばれています。木から落ちる枯葉、枯れ枝が林床に溜まりはじめているので、もう人の力を借りず(メンテナンスフリーで)、森として自力で生長を続けていくことでしょう。

日本では、森林の効用に何を期待するかとの世論調査が毎年あるとかで、今年の回答は「森が気温を下げる効用」を第一に挙げた人が最も多いとのニュースがありました。ほんとに酷暑地帯でも、森の中ではとても涼しく感じます。
私たち一般庶民でも、森つくりの運動に参加してゆくことで、森が少しづつ増えたり、森が失われることも減ってゆくかもしれません。みなさんも、各地での森つくり、植樹行事があったら、ふるって参加して下さい。植樹を楽しめるし、自分の手で植えたものは成長も気になるし、病み付き?になること請け合いですよ。


(又次回報告があればアップしたいと思います。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-09 22:01 | Asflora | Comments(20)

ブラジル紹介:化石


イグアス国立公園の近くにある大きなみやげ物店で発見した 木材の丸太の化石です。
f0096068_21201371.jpg


樹種はハッキリしないが、木目はしっかり残っています。
f0096068_2121963.jpg



周りの樹皮まで化石になって残っています。
f0096068_21221015.jpg

f0096068_21242386.jpg

f0096068_21251695.jpg

ブラジル南部で出土したものらしいが、木目がハッキリした化石で種類・サイズともに豊富にあります。
写真はごく小さい方(20cmx20cmx6mm)で、大きいものになると直径1m位で厚み5cmはあるでしょう。

大きなものを買いたかったが重くて持ち帰れないのと、仮に持ち帰ったとしても、日本の狭い家では置き場所が無いので諦めました。


魚の化石ですが、魚の種類は分かりません。
f0096068_21264893.jpg


この店には化石の大きさ・種類(貝・魚・動物・植物etc)も多く、興味のある人には見るだけでも楽しいのでは・・・。

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-06 21:37 | ブラジルグッズ | Comments(18)

カルチャーショック 50


森林からの帰り道、4本の丸太を渡した橋を荷物満載のトラックで渡ることにカルチャーショック。(トラックの車輪の幅に丸太が片側に2本が渡してあり、その上をトラックや車で渡ることになる。車輪を外したら川の中だ。)




森林の中でのトマバーニョ(入浴)は、小川の中での水浴びにカルチャーショック。(夕方に小川まで案内してくれた若い女性が、入浴の終わるまで川岸に座って待っていてくれた。)




小川での水浴びは、水中の苔の生えた丸太の上で、バランスを取りながらの洗髪と身体を洗うのにカルチャーショック。(全身を一つの石鹸で、しかもバランスを取りながら手で洗うことになる。)




夜はヘッジ(ハンモック)を軒下に吊るし、バスタオルを掛けての熟睡にカルチャーショック。(電気も無いので日没で睡眠、朝日で目覚める生活だ。)




州政府が分譲した農地は、最低ロットである1耕地の面積が25ha(ヘクタール)にカルチャーショック。(1耕地25ヘクタール=250,000m2で、だいたい甲子園球場グラウンド25個分位だ。さすがに日本の単位と随分違うよ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-04 00:20 | カルチャーショック | Comments(14)