<   2006年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

イグアスの滝

f0096068_10275779.jpg
イグアスの滝はブラジル・アルゼンチン・パタグアイの3国国境に位置している。3国ともそれぞれの趣きを持つが、ブラジル側からの景観が優れている。

早朝・昼間・夕方と滝はその表情を変える。どの表情も素晴らしい。特に太陽が昇るとき、沈む時の滝の表情の変化が素晴らしい。

ブラジル側のイグアスの滝は17万haの国立公園内にあり、入園するには手続きと入園料が必要である。

公園内に一軒の由緒あるホテル・カタラタスがあり、このホテルへの投宿がお勧めである。
早朝のホテルの前には野生のアライグマに似た動物が、人懐っこく餌をねだりに来るが、危険でもあり手を出さない方が良い。
ホテルの中庭にプールとレストランがある。時期になるとプールサイドの木の枝に袋をぶら下げたような鳥の巣ができる。グアショと呼ばれる全身真っ黒で背中だけ真っ赤な鳥である。

このホテルからは1.2kmの遊歩道を歩いて周囲4kmの滝の見学に行ける。遊歩道を歩きながら梢の間から滝が見える。どの表情も趣がある。

滝見学にはタオル・ビニール袋・ビニール雨カッパなどの防滴用具持参が良い。かなり濡れる所がある。
[PR]
by wagahai_tt | 2006-06-21 10:28 | ブラジル紹介 | Comments(0)