カテゴリ:カルチャーショック( 107 )

カルチャーショック 97


コロール大統領の経済プランで銀行預金が凍結された時、従業員給与支払用の現金が必要だが、預金封鎖で引き出しが出来ない。当時殆ど日常取引をしていなかった、Banco Bamerindusが各支店から現金を母店に集めて都合をつけてくれたのに、 カルチャーショック。(当時の取締役母店長アデミーとは親しくしていて、ある地域の新規支店開設に預金依頼があり、支店開設祝儀の預金として、百万ドル程度の大口の振込み預金をしたのが、より親密な付き合いのきっかけとなった。)






ブラジルの大手銀行Banco Bamerindusが英国系の銀行HSBC(香港上海銀行)に買収されて、 カルチャーショック。(1997年4月、低インフレ時代を迎え、銀行の利益獲得内容の変化が原因か? 親密な取引をしていたのに。)






日系移民が育てた南米銀行(Banco America do Sul)が経営破綻し、イタリア系のBanco Sudamerisに買収されて、 カルチャーショック。(1998年4月、日系移民と共に成長して来た日系の銀行が、不況のあおりを受けて消滅したことにショックを隠せなかった。南米銀行は、当時の富士銀行が資本提携していた当社のメインバンクだったのに、残念・・・。)






北伯開発庁(SUDAM)と東北伯開発庁(SUDENE)の閉鎖で税務恩典等の終焉に、 カルチャーショック。(2001年4月、アマゾン地域の開発と発展を目的に発足した連邦政府機関で、現地で操業している企業に税務恩典などを与えて企業の育成をしていた役所だが、地元出身の大物連邦議員との癒着で汚職の温床になり終止符が打たれた。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-08-13 06:20 | カルチャーショック | Comments(4)

カルチャーショック 96


1999年6月、CPMF(小切手税)を0.38%にアップして名称変更に、 カルチャーショック。(以前はIPMFと呼んでいたが、0.25%からの税率アップと共にCPMFと呼ぶように変わった。小切手社会だから影響が大きかった。)





支払保険料に応じた、民間の健康保険会社の健康プランに、 カルチャーショック。(国家が運営する健康保険制度INSSもあるが、補償内容に限界があり、金持ちはゴールデン・クロスのような民間の健康プランに入る傾向がある。)





1995年3月、日伯修好100周年記念行事と、パラ日系商工会議所10周年記念行事として、宮脇方式による植樹祭開催に、 カルチャーショック。(1997年12月の京都議定書策定前であったが、環境問題が次第に問題視され始めた時期に、植樹祭開催は意義あることだった。日本からの参加者も多く、岡山放送・TV岡山が取材に来伯した・・・。)





1993年5月、一回目の帰国時に、USP(サンパウロ大学)農学部の作ったプロポリス一箱6本入りの土産を頂いたのをきっかけに、今でもブラジルから取り寄せて、飲んだり、傷につけたり、軽い火傷に付けたりと、活躍してくれているのに、 カルチャーショック。(日本でまだ、殺菌力が強いプロポリスが一般的でない時期に、飲める傷薬として使っていた。胃潰瘍には効くようだよ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-07-31 09:08 | カルチャーショック | Comments(8)

カルチャーショック 95


パラ州のカラジャスと隣接のマラニョン州サンルイス間に鉄道開通に、 カルチャーショック。(1985年2月に、カラジャスで採取される鉄鉱石の運搬用に、パラ州カラジャスよりマラニョン州サンルイスまで892kmの鉄道が開通した。)





機関車2両で、貨車180両を連結して走る、カラジャス鉄道のスケールの大きさに、 カルチャーショック。(鉄鉱石運搬専用に建設されたが、今では客車も運行しているが、一般客は鉱山手前の駅までで、ヴァリ・ド・リオ・ドッセ社の関係者以外は、鉱山には入れない。)





全区間がコンピューター制御で、24時間運行、貨物を積載した列車は最高速度75km/h、客車や空荷の列車は最高速度80km/hで走る。100両の機関車に、5,353両の貨車を保有しているのに、 カルチャーショック。(民間企業でもスケールの大きさにショックだよ。)





サンルイスからカラジャス鉱山への空荷の列車は、機関車2両・貨車180両を二つ連結して運搬効率を計っているのに、 カルチャーショック。(機関車4両・貨車360両で鉱山へ空の貨車を運搬しているのにも驚くよ。)





カラジャス鉱山のスケールの大きさは、露天掘りの巨大な鉱区に、 カルチャーショック。(露天掘りの面積も大きく、産出量も年9,000万トンと大きい。)





カラジャスの鉄鉱石生産量9,000万トン、内日本向けは1,400万トンで日本の鉄鉱石輸入量の約10%を占めているのに、 カルチャーショック。(地球の反対側のブラジルから10%もの鉄鉱石を輸入しているとは・・・。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-07-27 06:05 | カルチャーショック | Comments(8)

カルチャーショック 94


国営のウジミナス製鉄所が競売による民営化に、 カルチャーショック。(1991年10月、国営会社の競売による民営化で、国家財政の強化か・・・・?)





ベレン日本人学校が休校に、 カルチャーショック。(1996年3月、日系民間企業の引き揚げによる生徒の激減で、残った生徒は派遣教員の子弟だけになったとの事。非常に残念だが、閉鎖も止むなしだな。)





パラナ州クリチーバ市長に日系人谷口氏が当選に、 カルチャーショック。(1996年9月、ヨーロッパ系の顔でないと当選できないと言われていた時期の政治家に、日系人が当選に、移民88年の快挙として喜んだものだ。)





ブラジルの北部アマゾン地域の、ベネズエラとガイアナの国境に接するロライマ州で大山火事が発生に、 カルチャーショック。(1998年3月、エルニーニョ現象の影響のようだが、2007年の北米カルフォルニア州の大火災に似ていたよ・・・・。)





イタマル・フランコ、ミナス ゼライス州知事(元大統領)が州債務のモラトリアム(不払い)宣言に、 カルチャーショック。(1999年1月、カルドーゾ大統領の足を引っ張る目的か、モラトリアム宣言撤回まで諸外国からブラジルへの融資等の金融取引が凍結された時期だ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-07-20 07:20 | カルチャーショック | Comments(6)

カルチャーショック 93


ベレン市イコアラシのマラカクエラ地区で竜巻発生、樹木を薙倒し高圧電線を切断で6時間の停電に、 カルチャーショック。(1999年5月、今まで発生した事がない竜巻だが、これも気候変動の影響か・・・?)




竜巻発生で、樹木も根っこから引き抜かれて、竜巻の蛇行した通路が出来ていたことに、 カルチャーショック。(はっきり竜巻の航跡が残っていたのにビックリだよ。)




ブラジル初の人工衛星が中国の協力により打ち上げ成功に、 カルチャーショック。(1999年10月、ブラジルが中国と非常に近い関係であることを改めて痛感した出来事であった。)




パラ州サンタレン近郊で600km2のウラン鉱発見に、 カルチャーショック。(2000年3月に発見、地下何十メートルかはハッキリ記憶していないが、何も知らずに、その地域に住んでいる人もおり、癌の発生率が高い地域でもあったようだ。地下資源の豊富な国ならではの出来事に思える。)




アマゾンにいると、京都大学・名古屋大学・横浜国立大学などの有名大学の教授の訪問を受けることに、 カルチャーショック。(バイオマス研究・シロアリ研究・熱帯雨林研究など等、研究テーマはそれぞれ違うが、アマゾンには何かがあるのだろう。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-07-17 06:04 | カルチャーショック | Comments(6)

カルチャーショック 92


総領事は日本から専属料理人を帯同に、 カルチャーショック。(日本の議員や外国の政府要人から一般日本企業トップの接待まで公邸で行うので、日本料理のできるコックも必要だ。)





専属料理人の給与は総領事のポケットマネーなのに、 カルチャーショック。(総領事公邸の料理人の給料は、外務省が負担をしていないのにもショックだよ。)





料理人は総領事のポケットマネーで賄うので好きなコックを雇うことが出来るが、外務省の許可が必要なのに、 カルチャーショック。(食材から給与までポケットマネーでは限度があるので、国家予算でやればいいのに・・・。)





総領事専属料理人の腕で作った鍋を、休日に気心の知れた連中で囲む旨さに、 カルチャーショック。(料理人の人柄にもよるが、親しくなると結構プライベートでも作って食わせてくれるよ。)





総領事のお誘いで、囲碁に、マージャンに、休日の午後を楽しむことに、 カルチャーショック。(総領事の人柄にもよるが、昼間のゴルフの後、公邸に招待されて夕食付でのお遊びに単身赴任時代は助かったよ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-07-05 06:21 | カルチャーショック | Comments(6)

カルチャーショック 91


銀行を訪問時、空港の金属探知ゲート同様のゲートを通っての訪問に、 カルチャーショック。(ブザーが鳴ると自動的にドアーが開かなくなり、携帯電話・キーホルダーなどの金属類を小窓から中に置いて再度挑戦となる、OKならドアーが開く。)





ベレン市にある日本国総領事館訪問時も空港同様のボディーチェックで、連邦警察の許可で入門に、 カルチャーショック。(ペルーの日本国大使館襲撃立てこもり事件後は一層厳しくなった。)





ベレンにある日本国総領事館の事務所内に入るには、更に二重の防犯ドアーを通り抜けるのに、 カルチャーショック。(先ず、最初の防犯ドアーの電子ロックをはずしてもらって中に入り、二番目のドアーを開けて貰ってやっと事務所内に入れる。総領事に面会も大変だよ・・・。)





ベレンの日本国総領事館の一般窓口は、分厚い防弾ガラスで、係員との会話はマイクを通しての会話になるのに、 カルチャーショック。(防弾ガラスだから係員の顔は見えるが会話の言葉は聞き取り難いことになる。)





総領事の公邸はプールもあり駐車場も20台分はある豪邸を賃貸に、 カルチャーショック。(日系人も多い地域で、今後も総領事館を置くのであれば、日本国が土地を購入して公邸を建設すべきではないのかな・・・?)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-06-24 21:20 | カルチャーショック | Comments(4)

カルチャーショック 90


ボディーガード(SP)が付き始めて、最初の1ヶ月はお互いに緊張するのに、カルチャーショック。(ボディーガード=SPも時の経過と共に緊張感が薄れてくるよ。)





SPが最初の頃は毎日通勤経路を運転手に指示していたが、1ヶ月も経てば指示もしなくなるのに、 カルチャーショック。(危険がなくなったわけではないが、慣れて来たのであろう、慣れの方が危険なのだが・・・。)





来客と会食中も、レストランの片隅で待機のSPに、 カルチャーショック。(レストランの外・内をチェックした後の入店のようだが、気が付かないうちに見える場所に座っていたよ。)





SPの平日勤務時は黒のスーツで脇に拳銃携帯に、休日勤務はラフな服装でズボンのベルトに拳銃を突っ込んでの勤務に、 カルチャーショック。(我々の都合に合わせての勤務だから、彼等は休日もない時があったよ。)





銀行訪問時、行内に入る時のボディチェックでも、警備員とSPは同業者、お互いの目配せで分かるようなのに、 カルチャーショック。(拳銃携帯のまま銀行に入れてくれるのには、驚いたものだ。信用しているのかな・・・?)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-06-22 06:01 | カルチャーショック | Comments(2)

カルチャーショック 89


会社の隣が9ホールのアマゾンカントリークラブ、乾季には5時の定時からハーフラウンドは十分可能なのにカルチャーショック。(仕事の都合にもよるが、日没までハーフラウンド後の残業も可能だった。)





ゴルフ場建設時に、我社のミシガンやブルドーザなどの重量機械を貸し出してのゴルフ場建設にカルチャーショック。(木の伐採から地ならし、池やバンカーやグリーン造りに貢献したようだ。)





車の盗難防止器具を販売している、車両窃盗団らしき若者にカルチャーショック。(スーパーの駐車場の出口で防犯器具を売っていた若者集団。)





車の三角窓に取り付ける盗難防止器具にカルチャーショック。(内側から取り付けるが、器具があれば外から簡単にはずせそうだし、窓ガラスを割れば簡単な筈だが・・・。)





ハンドルとアクセルを結んだ金具に鍵を掛けての盗難防止器具にカルチャーショック。(駐車中は金具でハンドルとアクセルを結んで鍵を掛けるが、手間の掛かる事この上ない。でも車を盗まれるよりましかも・・・。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-06-19 06:34 | カルチャーショック | Comments(6)

カルチャーショック 88


ブラジルで社外報道顧問(若手の女性テレビ・レポーター達)にマスコミ対応を教わってカルチャーショック。(日本人にはポルトガル語も難しく、記者の質問にも即答が出来なかったよ。)





ブラジルでマスコミ対応のトレーニングにカルチャーショック。(会社の会議室にテレビカメラを入れて、毎日テレビで見ている実在のニュースキャスターの本格的なトレーニングの開始で、頭の中が真っ白に・・・。トレーニングとは言え慣れない事なので緊張したのだろう。)





我々日本人が現地のマスコミへの対応では、上手く真意が伝わらない事を実感してカルチャーショック。(母国語の日本語でのマスコミ対応も難しいのに、ポルトガル語では尚更だよ・・。早口の人もあれば、不明瞭な発音の人もあり・・・。 結局、ポルタ・ボス(Porta-voz=スポークスマン)で対応することにしました。)





大気汚染地域の大都市サンパウロ市では、曜日により車のナンバープレートの末尾の奇数・偶数で走行規制を行ったのにカルチャーショック。(車の排気ガスを抑制する為の対策が、増え過ぎる車のサンパウロ市への乗り入れ・走行規制を行った。違反者は罰金だよ。サラリーマンの通勤は、お互いに乗り合いし、金持層は奇数・偶数のナンバー2台の車を所有する事となった。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-06-11 07:09 | カルチャーショック | Comments(6)