カテゴリ:農作物( 30 )

ブラジル紹介:農作物シリーズ


農作物の一部を紹介します。


6.アサイ

アサイは椰子の一種であり、アマゾン川流域に自生しています。まるく黒に近い濃い紫色、中の種は大きくて果肉が少ないアマゾンフルーツです。
f0096068_1022993.jpg


成長したアサイを収穫するには、細くて高い椰子の木に登って収穫します。
一本収穫するとそのまま隣の木に飛び移って更に収穫することになる。
アサイ椰子の木は群生している所もあり、木もしなやかなので、隣の木に移って何本か収穫してから地上に降りて来ることになる。
f0096068_10232673.jpg


熟れたものをジュースにして飲んだり、アイスクリームにして食べたりしますが、種の部分が大きく果肉が少ないので、かなりの量を消費しています。
ジュースの色もアイスの色も、表皮と同じ黒紫色をしているので、見た目は取っ付き難いが、慣れると美味いよ。

アサイはアマゾンの原住民が代替医療として利用していた幻の果物です。
アマゾン地方を中心に川沿いなどの低湿地帯に生息、年間を通して花が咲き、実は乾季に良く取れ、6月から12月が主な収穫期です。
f0096068_10242749.jpg


ブラジルの熱帯雨林に自生するアサイは栄養素が豊富に含まれた、まさにアマゾンの恵みであり、抗酸化物やアミノ酸、脂肪酸などを豊富に含んでいるため、活力の源ともいわれる果物です。
f0096068_1025183.jpg


今では日系移民の町トメアスのジュース工場から米国にジュースが輸出されています。

ベレンではアサイジュースを飲む時、砂糖とファリーニャ(タロイモを粉末にしたもの)を入れて飲む習慣があるが、栄養と満腹感を得るためなのかな・・・?

種を磨いたアクセサリーがある。
現地では値段はそれほど高くないが、ここでしか手に入らないもので、結構可愛いナチュラルなアクセサリーになりますよ。
f0096068_10261855.jpg

f0096068_10273730.jpgf0096068_1028481.jpg










*アサイ(学名:Euterpe oleracea、和名:ワカバキャベツヤシ、ブラジル名:Açaí)は、ブラジル・アマゾンが原産のヤシ科の植物である。実の外見はブルーベリーに似ている。栄養価が高く、スポーツ選手を中心に人気が出ている。
アサイの実は非常に栄養価が高い。アサイ果実100g中に含まれるポリフェノールは約4500mgで、ココアの約4.5倍、ブルーベリーの約18倍ともいわれている。他にも、鉄分はレバーの3倍で、食物繊維、カルシウム等も豊富である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。

[PR]
by wagahai_tt | 2007-11-16 10:33 | 農作物 | Comments(20)

ブラジル紹介:農作物シリーズ


農作物の一部を紹介します。


5.グラビオラ

グラビオラは、高さ5~6m程度の小さな常緑樹で、大きくて光沢のある深緑色の葉が特徴的です。アマゾン一帯を含む南米と北米の熱帯性気候の地域に自生しています。大きさが20cm程度の白い果肉を持つ黄緑色の実を付け、食べることができます。
f0096068_054733.jpg


f0096068_063624.jpgグラビオラには血圧低下、血管拡張、心拍抑制作用があることが動物実験において示されているそうです。
従って、低血圧の方がグラビオラを摂取する場合は注意が必要ですよ。




更に、高血圧の薬(降圧剤)を服用している場合は、グラビオラを摂取する前に医師に相談し、摂取中も血圧レベルのモニターが必要とのことです。

グラビオラには著しい抗菌作用があることが生体外実験において実証されているようです。

長期間にわたるグラビオラの摂取は、消化器官内で人体にとって必要な微生物の破壊につながることもあるようなので、注意が必要ですよ。

*グラビオラは、樹皮、葉、根、実、種などそのすべての部位が熱帯地方の自然医療では利用されていて、それぞれの部位によって薬効や利用法が異なります。一般的に、実と実から絞り出したジュースは虫下しや熱さまし、産後の母乳分泌促進、下痢や赤痢のアストリンゼントとして用いられています。種は潰されて、体内外の寄生虫駆除に利用されます。グラビオラの樹皮と葉そして根には、鎮静効果や痙攣抑制効果、血圧低下作用があると考えられていて、お茶にして様々な不調に用いられます。
近年行われた多くの研究の成果として、グラビオラの葉、種、幹に含有されている有効な植物化学成分に、複数種の癌細胞に対する細胞毒性があることがわかってきました。
-アマゾン・ハーブより引用( http://www.amazon-herb.com/index.html )-

[PR]
by wagahai_tt | 2007-11-11 00:09 | 農作物 | Comments(14)

ブラジル紹介:農作物シリーズ


農作物の一部を紹介します。


4.コーヒー

コーヒーの木はアカネ科の常緑樹。原産地はエチオピアのアビシニア高原。
熱帯地方でよく生育し、成木は約3mの高さになります。
冬霜がつくと成長することができないので、アマゾンのような雨季と乾季があるところが理想的で、高地で最も成長するようです。
f0096068_7301522.jpg


コーヒーの木は樹齢3~5年後から約50~60の花を咲かせ実をつけるようです。花の色は白で、匂いがジャスミンに似ています。
f0096068_731936.jpg


果実はコーヒーチェリーと呼ばれ、通常熟れると赤または紫の実になるが、品種によっては黄色の実になるものもあるようです。果肉にも若干のカフェインが含まれており食用に供される場合があります。
果実が成熟するまでには約9ヶ月かかるようです。
f0096068_7321942.jpg


赤く色付いた果実の中には2粒の種子が向かい合わせに入っており、この種子が一般にコーヒー豆と呼ばれる部分です。
f0096068_7331851.jpg


枝の先端に付く実には1粒だけ丸い種子を含むものがあり、ピーベリーと呼ばれているようです。
ピーベリーのみを特に集めたものには、稀少価値から高価で取引されるものもあるようですが、残念ながらまだ飲んだことはありません。
f0096068_7341770.jpg


*世界の生産量
2002年の全世界での生産量は、7,365,000tにのぼる。主な生産地は、以下の通り(生産量・シェアのデータは2002年)。
1.ブラジル - (2,390,000t - 32.5%)
2.ベトナム - (689,000t - 9.4%)
3.コロンビア- (660,000t - 8.9%)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

[PR]
by wagahai_tt | 2007-10-22 07:35 | 農作物 | Comments(22)

ブラジル紹介:農作物シリーズ


農作物の一部を紹介します。


3.カシューナッツ

カシューナッツの木は、南米ブラジルの北部が原産で、16世紀にポルトガル人が植林したのが始まりといわれています。
f0096068_10265637.jpg


うるし料の植物であり、マンゴやピスタチオナッツと同族の熱帯性植物で、海岸地帯を好み放置しておいてもよく生育します。
f0096068_10274981.jpg


木の高さは10m位で、小さい黄色の花が落ちた後に果実が実り、だんだんピーマン形に肥大して、赤く成熟すると実の部分はジュースに、種子が外に飛び出した勾玉状の種の部分が、日本でもお馴染みのカシューナッツになります。
うるし科の植物なので、種子の部分を生のままでかじると、かぶれで大変なことになるので要注意です。
現地では種をそのまま火の中に放り込んで、焼いて食べているようなので、かなり焦げたカシューナッツもある。
f0096068_10291041.jpg


赤く熟れた果実は林檎のような芳香があり、カシューアップルと呼ばれて、ジュースやアイスクリームにして食べています。

f0096068_1030764.jpg

[PR]
by wagahai_tt | 2007-10-04 10:31 | 農作物 | Comments(24)

ブラジル紹介:農作物シリーズ


農作物の一部を紹介します。


2.カカオ

カカオ(Theobroma cacao)は、中央アメリカから南アメリカの熱帯地域を原産とするアオギリ科の常緑樹です。
この木の生育には、規則的な降雨と排水のよい土壌、湿潤な気候が必要で、熱帯アマゾンは最適地と言えよう。

カカオの果実は長さ20cm前後、直径10cm程の大きさで卵形の果実で、木の幹から直接実を付けます。
f0096068_19485585.jpg


熟れると黄色くなり、大きさにもよるがこの実の中に60粒ほどの種子であるカカオ豆が入っています。
f0096068_19495435.jpg


このカカオ豆を水に漬けて発酵させ、焙煎したカカオ豆の外皮と胚芽を除いてすりつぶし固形化したものがカカオマスと呼ばれ、これがチョコレートやココアの原料になるようです。

チョコレートは、脱脂して粉末にしたカカオマスを溶かして型に入れ固めたものです。

ココアは種皮と胚芽を取り除いてすり潰したカカオマスに湯や砂糖・牛乳などを加えた飲料です。

昔ながらのカカオ豆の天然乾燥風景です。

f0096068_19513662.jpg

[PR]
by wagahai_tt | 2007-10-01 19:54 | 農作物 | Comments(26)

ブラジル紹介:農作物シリーズ

農作物の一部を紹介します。


1.カムカム

アマゾン上流のペルー共和国で発見された果物だが、今ではアマゾン河口の街ベレンでも栽培されているカムカム。
f0096068_200561.jpg


ビタミンCの含有量では世界一を誇る果物のようで、100gの果実にはビタミンCが2800mgも含まれている。
これはアセローラの約2倍、レモンの約60倍、キウィフルーツの約40倍のビタミンCが含まれている。
このビタミンCの含有量では、お肌に良いこと請け合いだな・・・。
搾り立てのピンク色のジュースはかなり酸っぱいので水で2倍程度に薄めて飲むと良いでしょう。
f0096068_204082.jpg


このカムカムは水辺に植えるとよく育つようだ。
収穫したカムカムは丁度ミニトマト位の大きさです。
f0096068_2045492.jpg


最近は日本でもカムカムが飲まれるようになったが、現地で飲むものとはかなり味が違うよ。
やはり現地のは濃いよ。

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-18 20:08 | 農作物 | Comments(24)

カジュー


f0096068_912183.jpgアマゾンでプレー中に、ゴルフ場の脇に実を付けていたカジューを発見、実の下に出ベソのように飛び出している種が、日本でもお馴染みのカシュナッツになる。







f0096068_913313.jpg子供から大人まで人気のあるカシュナッツはこんな風に実っている。










現地ではこの種をそのまま火の中に放り込んで焼き、焼けるとはじけるので、はじけたら食べるが、焼き方が荒っぽく半分焦げたものがよくある。
焦げたところは苦いが、味は日本と同じだ。

f0096068_9143386.jpg熟れた赤い果実の部分はジュースにして飲んだり、ソルベッチ(アイスクリーム)で食べたりする。
[PR]
by wagahai_tt | 2006-07-23 09:25 | 農作物 | Comments(2)

ピメンタ(胡椒)

ピメンタ(胡椒)は蔓状の植物で木に巻きついて成長して行く。

我々が日本で使っている胡椒で、黒胡椒と白胡椒がある。黒は収穫したものをそのまま乾燥したものであるが、白は収穫後水に晒して表皮をむいたものであり、白の方が手間がかかっている。
ブラジルでのピメンタの歴史は、1933年臼井牧之助氏がシンガポールからピメンタ・ド・ヘイノ(胡椒)の苗20本を持ち込み、内2本が活着した事から始まる。
僅か2本の苗木から始まったピメンタ栽培は1952年に大高騰し、トメアス植民地は黄金時代を迎え、トメアス産業組合(CAMTA)の組合員だけでもピメンタ植付本数44万本、年産800トンに達した。ピメンタ景気の始まりであり、1972年にはピメンタ生産が史上最高の5,000トンに達した。
その後病虫害の発生もあり、ピメンタ景気も上昇・下降を辿りながら今日に至っている。その間日本への出稼ぎなどでピメンタ栽培を止めた人も多い中で、一部歯を食い縛って頑張った人が、今ではピメンタ大農園を営んでいる。
最近ではピメンタ農園の中でカムカムを栽培する人もでてきている。カムカムはビタミンCを豊富(アセローラの倍)に含んだ果物であるが、まだ一般的に認知が少なく栽培も少量であるが、今後注目を浴びる果実であろう。
f0096068_11575738.jpg

[PR]
by wagahai_tt | 2006-04-07 11:56 | 農作物 | Comments(0)

カムカム

f0096068_9424582.jpg
カムカムは水辺に植え付けると成長のいい果物で、年3回も収穫が可能であり、レモンの60倍ものビタミンCを豊富に含んだ果物である。ジュースにすると流石にすっぱいが、アマゾン流域で栽培されている自然の恵みであり、これから注目される果物であろう。

果汁100gに含まれるビタミンC。
 
 カムカム  2,800mg
 アセローラ 1,300mg
 レモン    44mg
 イチゴ    42mg
 パイナップル  20mg
[PR]
by wagahai_tt | 2006-03-31 09:43 | 農作物 | Comments(0)

カカオ

f0096068_9383977.jpg
チョコレートの原料となるカカオ。
写真のように幹や枝に直接沢山の実を付ける。
この種を天然乾燥させたものがチョコレートの原料として使われる。
スイスでは民間療法としてチョコレートを脳卒中・脳梗塞等脳血管疾患の予防に食べている。
[PR]
by wagahai_tt | 2006-03-31 09:38 | 農作物 | Comments(2)