「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:農作物( 30 )

ブラジル紹介 : 熱帯植物・ガジュツ


(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

(少々長い記事になったが、我慢して読んで下さい。)

ガジュツ (別名:紫ウコン)はショウガ科植物の根茎で、インド・ヒマラヤ地方やセイロン島が原産と言われている。
紫ウコンという風に名前に紫が付くのは、赤い紫色の花を咲かせるのと葉っぱに紫色の筋を持っているからだそうです。
ガジュツは東南アジア、中国南部より日本の種子島、屋久島などに入り、日系移民者がアマゾンに持ち込んだようです。

ガジュツの効果
1.血液を浄化し、血流をよくする。
2.胃腸や肝臓の働きを活発にする。
3.殺菌・抗菌・防腐作用。
4.宿便・古便の排泄、利尿作用。
5.強心・降血圧作用。
6.制ガン作用

具体的に効果のある作用
1.胃腸障害(慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など)
2.慢性肝炎、二日酔い、乗り物酔い
3.高血圧、胆石、胆のう炎
4.口臭予防、歯槽膿漏
5.ニキビ、シミ、ソバカス
6.生理不順、冷え性、肩凝り、不眠症
7.ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎
8.白内症、緑内症、難聴、耳鳴り
9.火傷、切り傷、吹き出物
10.脱毛症

用法は1日3回食前にスプーン一杯の粉末をそのまま、又は水やミルクに混ぜて飲む。
外傷や火傷などは粉末をそのまま塗る。

ダイエット効果
ガジュツにはシネオールという血液中の余分なコレステロールを排出する効果をもつ成分を持っています。 またガジュツの主成であるアズレンは腸に溜まっている老廃物を短時間で排出するという効果があります。 他にもカンファーという成分による胃腸の働きを良好にする効果によってガジュツは優れたダイエット効果を持っています。

殺菌効果
胃炎や胃潰瘍の原因はピロリ菌という菌が原因であると確認されています。 上記と少々かぶりますがガジュツはそのピロリ菌を撃退する成分を含んでいて優れた殺菌効果を持っています。

コレステロールの低下や肝機能向上
ガジュツは肝汁を過剰に分泌させる効果でコレステロール値を低下させる効果を持っています。 このガジュツが肝臓の機能を高める効果にはクルクミンという成分が原因と考えられています。 この成分は胆汁の分泌を促進させることで肝炎を改善させると同時に肝機能を高める効果を持っています。 ガジュツはクルクミンの含量が僅かしかないとされていますがその量でも肝機能を向上させる力を持っているのです。 その理由として考えられるのはガジュツが豊富に含む精油成分にあるp-メチトルイルカピノールが肝機能を高めるのを助けていことが考えられています。

美肌効果
肌が荒れたり老化する原因の1つとして活性酸素というものがあります。 ガジュツは僅かながらもクルクミンという抗酸化作用を持つ成分を含んでいて抗酸化作用による美肌効果があるのです。 ガジュツが含んでいるこの成分は酵母菌・乳酸菌と同時に取り入れることで強力な効果を持つ抗酸化物質に変化することでより効果的な美肌効果を促すそうです。

生理不順の改善
ガジュツが持つ効果として体温を高める働きがあります。 この効果は鼻づまりを治すときに使われるが、女性の悩みの冷え性にも効果を持っています。 これが生理不順にも効果があるということを示しているのです。

ガジュツはウコンの仲間で、別名「紫ウコン」とも呼ばれていますが、ウコン の黄色い色素成分であるクルクミンは殆ど含まれていません。

現地のガジュツはこんなものです。

ガジュツの葉 f0096068_7173811.jpg


ガジュツの根 
f0096068_7211160.jpg


乾燥ガジュツ 
f0096068_721817.jpg



参照資料
http://www.gajutu.net/

[PR]
by wagahai_tt | 2009-04-03 07:22 | 農作物 | Comments(4)

ブラジル紹介 : 熱帯フルーツ・マンゴスチン


(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

果物の王様ドリアン に並んで、果物の女王 と言われているマンゴスチン。

紫色に熟れると割って中の白くて甘い果肉 を食べるのだが、甘さは非常に上品な甘酸っぱさで、何個でも食べられる果物です。
f0096068_7271021.jpg

中の実の甘さに比べて、外側の皮は非常に苦い ので害虫が付かないのであろう。

これはまだ熟れてない実 ・・・熟れると紫色になりる。
f0096068_7285690.jpg


みかんの房のような中の実の数は、外の蔕の数だけある 果物です。
f0096068_7302955.jpg
f0096068_731398.jpg


木 
f0096068_7321212.jpg


残念ながら時期が早いのか、このマンゴスチンはまだ熟れていなかった。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-03-23 07:33 | 農作物 | Comments(4)

ブラジル紹介 : 熱帯フルーツ・カポチーリャ


(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

カポチーリャ と言う熱帯フルーツは、形はキウイそのものですが、キウイを少し大きくした握りこぶし大の果物です。
この果実は非常に甘く砂糖を混ぜたようで、しかもジャリジャリ感のある食感です。
f0096068_7255596.jpg

食感はアータと言う果物に似ていますよ。

ジャリジャリ感の食感で、しかも非常に甘い熱帯フルーツのアータ は、こんな形をした果物です。(写真が少々古いですが)
f0096068_727560.jpg
アータを割ると中はこのようになっていて、食べ方は指で摘んで種の周りの果肉を食べるのですが、甘いので子供達やご婦人には人気があります。
f0096068_7281053.jpg

我々には甘い砂糖キビから作ったカシャーサ の方が良いのだが・・・・。

一見アータに良く似た果物でビリバー と言う熱帯フルーツがある、この果物の食感はアータと違ってヨーグルトのような食感で、甘味もカポチーリャやアータほど甘くはない。(写真が少々古いですが)
f0096068_7294615.jpg
ビリバーは割って果肉をフォークやスプーンで食べます。
f0096068_7301611.jpg



アマゾンの豊富な熱帯フルーツは、当り前だが日本ではなかなか口に出来ない。現地で過ごしている間の、現地で楽しめるフルーツです。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-03-13 07:32 | 農作物 | Comments(2)

ブラジル紹介 : 熱帯フルーツ・ドラゴンフルーツ


(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

サボテンの実・ドラゴンフルーツ を紹介します。

サボテン ・・・幼木のサボテンが次第に生い茂りやがて花を咲かせる。
f0096068_6292684.jpg


・・・大きな花を咲かせ、花の形は月下美人に似ている。
f0096068_6315787.jpg
f0096068_6323677.jpg


・・・結実はまだ青いが、こいつが成長すると赤く熟れる。
f0096068_6323593.jpg
f0096068_633124.jpg


熟れる ・・・熟れた実は赤くなり、この皮を剥いて食べる。
f0096068_635431.jpg
f0096068_6363469.jpg


果実 ・・・皮を剥くと真赤な実で、切ると無数の種がある。
f0096068_6374561.jpg
f0096068_6381737.jpg



胡麻をまぶした様な種をそのまま食べるが、殆ど邪魔にならない。
味はさっぱりした味で幾らでもいけそうだ。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-03-10 06:40 | 農作物 | Comments(2)

ブラジル紹介 : 熱帯植物 ・ ニン



(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

(少々長い記事ですが我慢して下さい。)

現地アマゾンでは「ニン」と呼ばれている ニーム。

ニームは非常に苦い植物で、 この葉を毎日2~3枚そのまま食べると整腸剤として胃腸に非常に効果が高いと言われ、一枚千切って食べてみたが苦い苦い。

その葉をお茶にして毎日飲むと更に効果が大きいようでが、苦いお茶です。

更に、虫害対策 としても効果が大きく、天然の農薬 としても使用されている。
虫害に対する効果は、次の3大効果があるようです。

1.害虫に食欲減退効果をもたらす拒食効果。
2.作物に虫害を寄せ付けない忌避効果。
3.害虫の脱皮などのホルモン作用を阻害する脱皮阻害効果。


人体に良く、作物の病虫害にも効果があるニームはとても素晴らしい木であることが近年の研究で明らかになりました。

ニームはセンダン科の常緑樹で、Azadirachta jndica(学名:アザディラクタ・インディカ)と言いインドを原産としている。

インドやアフリカの人は歯磨き代わりにニームの小枝を使っている。よく小枝を咥えている場面があるが、それがニームです。

インドやアフリカ、東南アジア、中南米など赤道をはさんだ国々では、「ミラクルニーム」と呼ばれマラリヤ対策などで現地に絶大な恩恵をもたらしています。

ニームには種子、樹皮、葉には 「殺菌消毒作用、抗ウイルス作用、解熱作用、抗炎症作用、抗潰瘍作用、抗菌作用」 などの効能が証明された化合物を含んでいます。

実から取れるオイル(ニームオイル)は医薬品や石けん、化粧品などの原料に利用されているほか、農業や園芸用の土壌改良資材、植物活性資材としても使われています。東南アジアのバナナ農園、中南米の胡椒・コーヒー農園では、積極的にニームを植えて病害虫対策に利用しています。

ニームは捨てるところが無く、オイルのほかにも葉を乾燥させたものはお茶として、葉のエッセンスは香料として、オイルの絞り粕(ニームケーキ)や葉、樹皮には防虫効果があるといわれ肥料や堆肥として利用できます。また、その木は建材や家具材としても利用でき、アメリカの試験ではシロアリ を寄せ付けない効果があったと報告されています。 

こうしたニームの素晴らしさが知られ、医薬的な利用はもちろん、「環境保全型農業の切り札」と評価されるなどドイツやオーストラリア、アメリカなど欧米では大変注目され国連でも研究が進んでいるようです。 

*ニームの果実
f0096068_7384611.jpg

有機農業や無農薬やオーガニック栽培において、環境汚染を発生させないで、益虫にも人畜にも無害であることが分かってきました。その結果、ドイツ、アメリカ、カナダ、オーストラリア等で急速に利用されるようになり注目を集めています。
アメリカでは1985年より環境保護庁の認可により全米50州で利用されているようです。

*ニームの葉
f0096068_7415330.jpg

健康のためや、穀物のなかに混ぜて防虫効果や、抽出エキスは殺虫・防虫に利用、更にお風呂にいれると肌の弱い人にとても有効なようです。
アウトドアなどで、蚊をよせつけないように、バーベキューの炭と一緒に燃やすなどの使い方もあるようですよ。

*ニームの花
f0096068_7415460.jpg
f0096068_7424572.jpg
ニームの花から取れた蜂蜜は、肥満になりにくいと言われています。
花の味は苦く、健康のために役立つとされています。
そして、空気を清浄にする作用があるとも言われているようですよ。

*ニームの木
f0096068_7453414.jpg
ニームの木は高さ15~20mにも達する常緑高木です。
決してシロアリを寄せ付けない木として、アメリカでは建築材としてまっすぐな木に育てる研究が始まっているようです。
ニームの小枝の歯ブラシは、小枝の端を噛んで起毛させて歯をこすります。
日本で使われている 「爪楊枝」のルーツは、ニーム のようですよ。


参照資料
http://www.magi-shop.com/neem-2.htm
http://www.yamatoh.co.jp/neem/about.html
[PR]
by wagahai_tt | 2009-03-06 07:57 | 農作物 | Comments(2)

ブラジル紹介:熱帯フルーツ・アブリコ


(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

アブリコ は西インド諸島から南米に掛けての広い原産地を持つ果物です。

果実は子供の頭ほどの大きさで、重さ4kg にもなり、直径20cm 程の球形で、薄茶色の皮は硬くて厚く、果肉はマンゴのようなオレンジ色をしています。
f0096068_7132899.jpg


種の大きな果実で、果肉をそのまま切って食べるが、甘味は強くない爽やかな甘味 で、食感は繊維質のないマンゴ のようで、美味い果物です。

この果実にもそれなりの薬効があるようで、パラ州 では下記の効能が言われています。

1.動脈硬化、心筋梗塞、高血圧
2.痛風、脚気
3.皮膚疾患
4.てんかん
5.脱毛
 


果実 
f0096068_7191032.jpg


果肉 
f0096068_7194578.jpg


種 
f0096068_7201716.jpg


[PR]
by wagahai_tt | 2009-02-14 07:21 | 農作物 | Comments(10)

ブラジル紹介: 熱帯フルーツ ・ クプアス


(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

クプアス は堅い殻に覆われた果物でラグビーボールを一回り小さくした大きさの楕円形の果物です。
甘酸っぱい香りのする 熱帯フルーツ・クプアスは、アマゾンで非常に人気のある果物で、果肉はスーコ(ジュース)に、ソルベッチ(アイスクリーム)に、甘く炊き込んだドッセ・デ・クプアス(ジャム)に、 といろんな食べ方がある。

この果物は、チョコレートの原料になるカカオの親戚 で、クプアスの種からもチョコレートを作ることができます。
クプアスの種から作ったチョコレートは、カカオのチョコレートよりカフェインが少なく、世界中のチョコレート・アレルギーのある1千2百万人もの人が食べることが出来ると言われています。

ベレン訪問時にアイスクリームを食べる時は、このクプアスとアサイ を必ず食べることにしている。

熱帯フルーツ・クプアスを紹介します。

・・・花は独特の形をしている。
f0096068_601974.jpg
f0096068_605633.jpg


・・・大きな葉をしている。
f0096068_6362.jpg
f0096068_634568.jpg


・・・若い時はどいつもこいつも元気良く上を向いている、羨ましい限りだ。
f0096068_65992.jpg
f0096068_65459.jpg



果実 ・・・大きくなるとかなり重くなるが、細い枝でよく耐えられるものだ。
f0096068_68238.jpg
f0096068_682944.jpg


収穫されたクプアスの果実 ・・・楕円形の形で皮は硬く重さもある果実です。
f0096068_694629.jpg


硬い皮を割ると中から白い果肉 が出てくる、この果肉をジュースやアイスクリームに加工する。
f0096068_6105640.jpg


種の周りの果肉と、その果肉をジュースにしたもの。
f0096068_612518.jpgf0096068_6132621.jpg














香りと味をお届けできないのが残念だ!

[PR]
by wagahai_tt | 2009-01-28 06:21 | 農作物 | Comments(12)

ブラジル紹介:熱帯フルーツ・カジューⅡ


(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

果実の部分はジュースやアイスクリームに、 デベソの種の部分がお馴染みの  カシューナッツ になる。

但し、ウルシ科の果実 なので、種の部分を生のまま口に入れると、かぶれて大変なことになるので、必ず焼いて皮を剥いて食べなくてはならない。

アマゾンでは種をそのまま火の中に放り込むので、焼いたものは焦げているものが 多い。

日本では焦げたカシューナッツを見た事が無いが、現地の田舎で食べるものは素人が焼くので焦げは当り前のようですね、それでも味は良いですよ。

カジューの果実 
f0096068_9281828.jpg
f0096068_929598.jpg


熟れたカジュー果実 
f0096068_931881.jpg


カジューの花 
f0096068_9323161.jpg


カジューの木 
f0096068_933848.jpg


カジューのデベソの部分、 この種の皮を剥くとカシューナッツになる。
f0096068_9335629.jpg


[PR]
by wagahai_tt | 2008-12-25 09:35 | 農作物 | Comments(14)

ブラジル紹介:熱帯フルーツ・アセロラ


(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

カリブ原産のアセロラ 、大きなさくらんぼ大の熱帯フルーツでビタミンCを豊富に含んでいる。

アセロラ果汁100g中の含有食品栄養成分表
エネルギー     35Kcal
たんぱく質      0.4g
脂質          0
炭水化物       8.3g
ナトリウム      2.6mg
総カロテン      46μg
カリウム       176mg
カルシウム      7.1mg
総ビタミンC    1,400mg
(財)日本食品分析センターによる調べ

アセロラのビタミンC含有量はレモンの35倍。


f0096068_9353741.jpg


果実
f0096068_938491.jpg
f0096068_939545.jpg
f0096068_9393651.jpg
f0096068_9401028.jpg


f0096068_9415914.jpg


f0096068_9433537.jpg



[PR]
by wagahai_tt | 2008-12-17 09:46 | 農作物 | Comments(6)

ブラジル紹介:熱帯植物・ガラナⅡ


アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。

このブログでは2回目になりますが、ガラナ をより詳しく紹介します。

ガラナはアマゾンに自生するつる性の低木で、 年間降雨量が1,600mm~2,000mm程度の高温多湿な土地に生育する。

ガラナ100g当りの成分分析 

水分         6.9g
たんぱく質     15.7g
脂質         2.9g
糖質         56.7g
植物繊維      15.8g
カテキン      670mg
コリン        0.04g
ナトリウム      0.5g
エネルギー    316kcal
その他

利用方法は、種の皮を剥きウイスキー・焼酎・ピンガ・ウオッカ等の1リットルに30粒 ほど入れて2週間程置いてから適量を飲む。
更に、アルコールの駄目な人にも、一日1~3粒 をしゃぶることによって全身の倦怠感・食欲不振の解消に顕著な効果がある。但し、かなり苦いものです。

ガラナは興奮作用や精力増強の面が強調されがちだが、精神覚醒・疲労回復効果や肉体的耐久力・スタミナ増強の作用があることも知られています。

更に、東大分子細胞生物研究所の瀬戸治男教授のアルツハイマー病にガラナのカテキンが効く という研究論文が注目を集めています。

 「有効成分は、ガラナから有機溶媒で抽出したカテキンが、アルツハイマーの誘引物質のβアミロイドの毒性を抑える効果が高かった。」 

この研究論文からガラナがアルツハイマーにも効果があることが判ったのです。

果実 ・・・熟れると実がはじけて種が現れる。
f0096068_10192276.jpg

 ・・・・種を乾燥させたもの。
f0096068_10204871.jpg






[PR]
by wagahai_tt | 2008-11-27 10:26 | 農作物 | Comments(8)