カテゴリ:薬用樹( 10 )

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(117)

ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

184.        薬用樹:コパイバ
コパイバ(学名:Copaifera multijuga Havne)は、薬用の油が採れる木です。
油には抗生物質、抗炎症、傷治療、抗癌などの効果があり、また、潰瘍や咽頭炎、フケや肌の治療、利尿薬、消毒薬、去痰剤、興奮剤としても使用され、気管支炎、皮膚病、乾癬(かんせん)にも効くといわれます。咳のうがい薬には木の皮が使われ、ペルーのアンデスでは油が有痛排尿困難、梅毒、カタルなどの病気にも用いられます。
f0096068_3402380.jpg

コパイバの木は枝が多く、15~30mの高さに成長します。長い円錐花序には白くて小さな花と種が2~4個入った小さな実をつけます。

f0096068_3423930.jpgf0096068_3432110.jpg

















コパイフェラ属には35種類の植物が分類されていて、その多くは南米の熱帯性気候、特にブラジル、アルゼンチン、ボリビア、ギアナ、コロンビア、ペルー、ベネズエラで見ることができます。これらのうち“C. langsdorffii”の自生地はブラジル中央部に限定され、“C. reticulata”はアマゾン地域原産、“C. officinalis”は広く南米(アマゾンを含む)に分布しています。それぞれが伝統薬用ハーブとして互換的に用いられています。

f0096068_3475384.jpgf0096068_350313.jpg























しばしば薬用として用いられるのは、コパイバの幹の空洞に溜まる樹液=オレオ・レジンです。メプルシロップと同様に、幹にドリルで穴を空けたり、傷を付けたりして樹脂が集められます。1本のコパイバの木から1年で約40リットルのオレオ・レジンが採れるので、コパイバはサスティナブル(持続可能)な熱帯雨林資源として注目されています。採れたてのオイルは透明でサラサラしていますが、空気に触れると色・粘度共に濃くなってゆきます。市販されているコパイバオイルは粘度が高く、色は青緑色から金色がかった明るいブラウンです。

アマゾン川流域北西地方の『リオ・ソリモエス』では、コパイバ樹脂が、傷薬、肌荒れ、疥癬(かいせん)、淋病の治療に伝統的に用いられています。今日でもアマゾン地方に住む多くのヒーラー(呪術医)やシャーマン(祈祷師)がコパイバ樹脂を使い、痛み、皮膚疾患、虫刺され、炎症の治療を行っています。ブラジルのハーブ医療現場では、コパイバの強力な殺菌作用や炎症を抑える作用を様々な疾患の治療に用いています。応用例としては、肺炎や鼻炎が原因で発生する呼吸器管の去痰、膀胱、肝臓、泌尿器系の感染症、あらゆる種類の皮膚障害、癌、胃潰瘍があります。ブラジルの薬局や店舗でコパイバ樹脂はカプセルやジェルの商品形態で販売されています。ブラジルの一般家庭では、コパイバオイル15滴を温かいお湯に入れてうがい液を作り、扁桃腺の炎症や喉の痛みに用いています。ペルーの伝統医療でもコパイバが喉の炎症に用いられますが、3~4滴のコパイバ樹脂をスプーン一杯のハチミツとブレンドします。ペルーの伝統ハーブ医療では、炎症を抑制し、胃腸からガスを排出し、利尿機能を高め、尿失禁等泌尿器系のトラブル、胃潰瘍、梅毒、破傷風殺菌、鼻水、気管支炎、ヘルペス、胸膜炎、結核、出血、リーシュマニア症の治療にコパイバを利用しています。

癌や腫瘍現象に対するコパイバが与える作用についても科学的見地からの実証例の報告を見ることができます。1994年、日本の研究グループがコパイバから抽出したクレオデン・ジテルペンが癌腫瘍に対し及ぼす作用を確認する為のラット実験を行いました。コラベノルと呼ばれるコパイバ含有成分を1日あたり41mg/kgの割合で癌細胞を持つネズミに与えたところ98%寿命が延び、標準的な化学療法薬(5FU)のケースが46%だったので、コラベノルが2倍有効に作用したと報告しています。


(写真借用:www.kokiriko.co.jp/copaiba/copaiba-marimari-sp.htm )
[PR]
by wagahai_tt | 2011-04-17 03:54 | 薬用樹

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(116)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

183.         薬用樹:カラパナウド

熱帯雨林の中を散策中に出会った樹木の中に「カラパナウド」 と呼ばれている樹があった。
熱帯雨林のこの辺りは非常にマラリアの多い地域であり、住民の多くが一度はマラリアに被病しているようだ。
彼等はマラリアに被病するとこのカラパナウドの樹皮を剥がして持ち帰り、2日間水に漬けてその水を飲むとマラリアに効くと言っていた。
f0096068_2485117.jpg

またまた新たなアマゾンの恵みに出会った。

f0096068_250080.jpg

大きな樹木の手の届く下の部分には何箇所も樹皮を剥がした形跡がある。

(「カラパナは蚊」で「ウドは木」と言う意味で、マラリアの薬になる樹のようです。)

アマゾンの大自然には色んな薬効の恵みがあるのにも驚きです。

[PR]
by wagahai_tt | 2011-04-10 02:51 | 薬用樹

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(115)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。


182.
薬用樹:ベロニカ(Verônica)Dalbergia volubilis (L.) Urban マメ科(Leguminosae)

f0096068_5502637.jpgベロニカは、アマゾン地域では最もポピュラーな薬草の一つで、薬効は血をきれいにする(浄血)、胃液を調整し、肝臓にも良く、食欲を増進し、更にデキモノにも効くとされている。枝葉を煎じて飲用する。町の薬草売り場では枝、幹が、1 本(20cm 位)がR$1~2(70~140 円)で売られている。樹皮、幹を溶かしたものや、抽出液の製品もあり、北伯のスーパーでも見かけられる。


f0096068_5512557.jpgふんだんに川辺に自生しているが、地域によっては全く商品化していないところもある。
木材としても利用されるが、伐採し販売するには、PMF(持続可能な森林利用計画)を要求されることもあるが、この木材は再生力が強く管理も容易であり、採集作業も川辺なので比較的簡単である。

[PR]
by wagahai_tt | 2011-04-03 05:52 | 薬用樹

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(114)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

181. 
アヌエラ(Anauerá)Licania macrophylla クリソバラヌス科(Churysobalanaceae)

f0096068_5335184.jpg


樹皮を煎じたものを、 アメーバ症や下痢の治療 に用いられます。アマパ州科学技術研究所(IEPA)では、薬草製品を製造販売しており、アヌエラ抽出液も一瓶(30cc)R$3.00(=210 円)で市販しています。

[PR]
by wagahai_tt | 2011-03-13 05:34 | 薬用樹

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(113)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

180.   パラカシー(Pracaxi)Pentachlethra macroloba マメ科(Leg.)

パラカシーはアマゾン流域の湿地帯域に自生しており、材は重硬、耐久性があり、枕木用材とされます。種子から油を採り、薬用として地域で用いられています。
抗菌作用があり、飲用、外用でアンジローバやコパイーバ以上に化膿症 に効くと言われています。
f0096068_4541416.jpgf0096068_4561529.jpg



















写真(左)は湿地帯で気根の発達したパラカシー。写真(右)はその苗木で、その根元に種(胚乳部)が見えるが写真ではよく分からないですね。

[PR]
by wagahai_tt | 2011-03-06 04:58 | 薬用樹 | Comments(4)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(112)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

179.   パウ・ムラット(Pau-mulato) Calycophyllum spruceanum Benth.
アカネ科(Rubiaceae)


パウ・ムラットと言う語意は、黒人と白人との混血で黒人に近い肌の色(ムラッタ)のような木と言う言葉で、樹皮表面は剥離しツルツルした樹肌が、ムラッタのツルツルした肌によく似ていることからそう呼ばれている。
f0096068_3521533.jpg


f0096068_3545049.jpgこの木は湿地帯に自生していて、伐開跡地に稚樹が多数再生する陽樹で、成長は早い。
地元では家具用や建材用に製材したものが取引されている。材色は白手で、乾燥が遅れると黒カビが入り染み模様になる。
衛生状態の悪い田舎では、乳幼児にSapinho というカビ菌による病気が起き易く、この病気は生後6カ月までの乳幼児によく見られ、口内や歯茎が白く爛れる。
この病気は腸内に病害カビ菌が繁殖することが原因で発症し、この地域ではパウ・ムラッタの樹皮を粉末にして 口に含ませると治せるとしている。
f0096068_359389.jpg


パラ州ベレン市にあるEMBRAPA(ブラジル農牧研究公社)の研究者による最近情報では、この樹皮には、種子の発芽を抑制する成分があるようで、雑草防除への可能性などを今後調べたいと言っている。

[PR]
by wagahai_tt | 2011-02-27 04:00 | 薬用樹

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(111)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

178.        イペ・ホーショ(紫イペ)

f0096068_511238.jpg紫イペは南米アマゾン川流域に自生するノウゼンカズラ科タベブイアに属し、学名を「タベブイア・アベラネダエ」といいます。高さ30mにもなる巨木で、6月から8月にかけて赤紫の花を咲かせることから、ブラジルでは「紫イペ」と呼ばれています。



f0096068_5132671.jpg
30mの高木だけあって、それを支える地上部分は直径2m位の大木です。
f0096068_515255.jpg
紫イペの木には強い殺菌力があり、虫が寄りつかず、カビやコケも寄せ付けないという生命力の強い木です。この紫イペはブラジルの中でもアマゾンの原生林にしかなく、人工栽培は出来ません。
f0096068_51707.jpg

f0096068_5184776.jpgイペは約30種類あり、それぞれ白や黄色、赤、オレンジ、ピンクなどの花をつけますが、そのなかでも薬効が高いのは、赤紫の花を咲かせる紫イペの内部樹皮です。






f0096068_522071.jpg
(黄色イペの花はブラジルの国花として広く人々に愛されています。)

紫イペは、南米ブルジルを流れるアマゾン川流域の、熱帯雨林に自生している広葉樹で、ブラジルの先住民たちは赤紫色の花をつけるイペだけを
「神からの恵みの木」 と呼び、その樹皮を貴重な薬として用いてきました。
インカ帝国の時代からインディオたちによって秘薬として利用され、その薬効のすばらしさから彼らはこの巨木を「神からの恵みの木」と呼んでいたのです。
f0096068_5244593.jpg

紫イペは、どのガンに効くということではなく、体中のあらゆるガンに効果がある事が分かっています。強力な抗ガン効果が期待できる紫イペですが、50年以上の研究結果で、抗ガン剤と違って副作用がないことが報告されています。

体内にガン細胞ができて増殖するとき、血管が新しく作られてガン細胞が養われます。紫イペは、 その血管新生を抑える働きがあるので、 ガン細胞の増殖が抑えられます。更に、ガンの細胞の発生も防ぐ働きがあるといわれています。

紫イペの抗ガン作用を最初に確認したのは、ブラジルのレシーフェ抗生物質研究所のオ・ワルド・ゴンカルブス・デリマ博士でした。博士は紫イペから抽出したラパコールという物質を肉腫のあるマウスに投与した結果、肉腫の成長が84%抑制されたことを発表しました。

日本で抗ガン作用についての報告がなされたのは、1996-1998年の日本癌学会において、金沢大学がん研究所免疫生物部助教授の故坂井俊之助博士がマウスを使った実験で紫イペエキスに抗がん作用があることを確認し、学会で発表しました。

その後、故坂井博士が行った、培養されたヒトとネズミの胃ガン、脳腫瘍、リンパ腫、肝臓ガンのガン細胞に紫イペエキスを加え、増殖を観察するという実験では、24~48時間以内にいずれのガン細胞も増殖が止まり、消滅するという結果がもたされました。これら一連の研究・実験によって明らかになったのは、紫イペエキスにはガン細胞を「直接たたく(攻撃する)」作用があることです。

[PR]
by wagahai_tt | 2011-02-20 05:35 | 薬用樹

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(82)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

149. アマゾンの恵み: 薬用樹: ウーニャ・デ・ガット

ウーニャ・デ・ガット(別名:キャッツクロー)=直訳すれば「猫の爪」。
1ヘクタールに1~2本しか自生しないほどの貴重なハーブで、アマゾンの先住民は何世紀も前から「自然の贈り物」として、自らの健康を維持するためにウーニャ・デ・ガットを飲むことを今でも子孫に伝えている。
ウーニャ・デ・ガットは、アマゾン流域の川岸に自生している蔓状の植物で、猫の爪のような刺があることからUnha de Gato(ウニャ・デ・ガット)と呼ばれている。
   
f0096068_43365.jpgf0096068_44639.jpg  









Unha de gatoと呼ばれるものは、いろいろ種類があるようです。

Uncaria gambit 刺のない種類と
f0096068_47128.jpg

Uncaria guianensisとUncaria tomentosa の刺のある種類がある。
f0096068_474849.jpg

アマゾンでは刺のある種類が薬用にされています。
f0096068_4134567.jpg
f0096068_4141859.jpg
(この写真のものはUncaria guianensis と推測しています。)

アマゾン国立研究所(INPA)では、Uncaria tomentosa と Uncaria guianensis の違いについては樹木の導管で見分ける研究があるようです。
   
ウーニャ・デ・ガットが薬用として広く商品化されているものは、Uncaria tomentosa が主に用いられているようです。
   
アマゾンの先住民の間では数百年にわたり、木質部と樹皮をはがしたものを煎じ、常に煮出したウーニャ・デ・ガットが冷蔵庫にあり、ちょうど日本人がお茶を飲むように飲んでいたようです。
ウーニャ・デ・ガットに含まれるアルカロイドが身体の免疫力を高め、この免疫増強作用と並び代表的な効果は抗炎症作用で、腸の炎症をやわらげ、胃腸を正常な状態に改善する働きもあります。
効能は、関節リウマチ・変形関節症の痛みの緩和、鎮痛作用、抗炎症、前立腺炎、子宮炎の治療補助としての効能があるとされています。
免疫力を強化する*アルカロイドが多く含まれ、また炎症を抑えるキノビック酸グリコサイド、さらに植物ステロールも含有しています。
   
ウーニャ・デ・ガットの効能
1.免疫細胞を助ける効能
ウーニャ・デ・ガットには免疫力増強の働きがあり、(免疫とは、体内に侵入した病原菌や毒素を判断し、対外に排出する機能のことです。)免疫が低下すると、異物が体内に侵入しても退治できなくなり、毒素が骨や脳などにまで至って敗血症を起こしたり、肺では肺炎を起こしたりすることがある。
ウーニャ・デ・ガットに含まれているアルカロイドが免疫組織を刺激し、その機能を活性化し、異物となる病原菌に対する抵抗力を高め、人間が本来もっている自然治癒力を高める効能がある。
   
2.リウマチの特効薬としての効能 
リウマチは関節や筋肉の疼痛性疾患で、今なお原因不明のケースが多く、完治がむずかしい難病の一つといわれています。リウマチは古代ギリシャ時代から人類を悩ませている病気です。ウーニャ・デ・ガットのリウマチに対する効果は、ペルーでは古代インカ時代より知られていて、ネイティブアメリカンの間ではリウマチや関節痛の生薬として愛用していたことがわかっています。
アメリカのリウマチ専門医のサラザール医師がまとめた研究発表によると、15人の医師が40人のリウマチ患者にウーニャ・デ・ガットを投与し、関節痛や夜間の痛み、朝のこわばりなど多くの診断項目において、統計的に有効性を実証しています。
薬理学的にみても、これまで確認されているウーニャ・デ・ガットの6つのオキシインドールアルカロイドと呼ばれる物質のうち4つのアルカロイドには、免疫増強作用や有害異物の食菌作用が実証され、生体内で鎮痛効果や抗炎症効果が確認されています。これまで一般的に普及している健康食品では見られない効用であり、このウーニャ・デ・ガットの鎮痛・抗炎症作用は、毎日痛みで苦しんでおられるリウマチなどの慢性疾患患者には特効薬として期待されています。
   
3.関節痛・膝痛を緩和 
関節が痛む疾患として多いのが「変形関節症」だが、変形関節症には自己免疫異常はまったく関係していません。加齢現象、あるいは何らかの理由によって関節内の軟骨がすり減った結果、上下の骨と骨が直接触れ合うようになり、関節内に炎症が起こって強い痛みが生じる疾患です。 ウーニャ・デ・ガットに含まれるキノビック酸グリコシドは優れた抗炎作用を持ち、変形関節症への高い効果が確認されています。また、ウーニャ・デ・ガットには抗炎症作用や抗酸化作用もあり、それにより関節の炎症を鎮め、激痛を癒し、動かなかった関節が再び動くようにしていく効果をうみだしているのです。
   
4.抗炎作用、痛みや腫れを緩和 
炎症とは、一般に「細菌・薬品・物理的作用などに反応して、体の一部に発赤・腫脹・疼痛・発熱などを起こす症状」のことを言い、体の外側から加えられた刺激に対して体を守る反応です。この防衛反応そのものが患者を苦しめる結果になる場合があり、全身の関節がおかされ腫脹し、痛み・微熱・だるさ・食欲不振、そして骨の破壊まで進むこともあり、このような苦痛を緩和してくれる薬効があるのです。
   
5.ガン・エイズへの期待 
ヨーロッパの医療研究機関では、白血病などの免疫不全症やガンの患者、さらにエイズ患者への投与も行われており、オーストリアではエイズ・ヘルペスなどの患者に有効な成績を挙げ政府はウーニャ・デ・ガットの投与費を援助しています。
ウーニャ・デ・ガットのアロカイドに、悪性の細胞を殺す大食細胞の活性化、炎症と免疫力の改善効果があることが特許として承認されています。

*アルカロイドは植物体内の各種アミノ酸から生合成され、シュウ酸・リンゴ酸・クエン酸・酢酸・酒石酸などの有機酸の塩の状態で各々の体内に保持されている(例えばクエン酸塩、リンゴ酸塩など)。それが何らかの要因で分解、分離、もしくは抽出されればアルカロイドと呼べる物質になり、摂取した動物の体内に諸影響を及ぼす。
基本的に植物は、体の中に何種類ものアルカロイドを保持している。例えばケシの実から作られるアヘンにはモルフネ、コカインなどをはじめとして約20種が含まれる。同一の植物に含まれるアルカロイドは化学的に近い性質を持つものであることが多い。植物がその体内に保持しているアルカロイドの中で、比較的含有量が多いものは主アルカロイド、それに伴う幾種ものアルカロイドが副アルカロイドと呼ばれる。
アルカロイドは主に顕花植物、殊に双子葉類の植物に見出される。体内にアルカロイドを含有する植物としては主に、キンポウゲ科、ケシ科、ナス科、ヒガンバナ科、マメ科、メギ科、ユリ科、トウダイグサ科、ウマノスズクサ科など。
アルカロイドは強い生物活性をもつものが多く、植物毒の多くはアルカロイドである。また、薬用植物の主成分もアルカロイドであることが多く、医薬品の原料として用いられる。
[PR]
by wagahai_tt | 2010-05-28 04:23 | 薬用樹 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(78)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

145. アマゾンの恵み:ニン(ニーム)  
 
アマゾンでは「ニン」 と呼ばれているニーム。

ニンの葉は、非常に苦い植物で、この葉を毎日2~3枚そのまま食べると
整腸剤 として胃腸に非常に効果が高いと言われています。
その場で一枚千切って食べてみたが苦い・苦い、強烈に苦かった。
   
その葉をお茶にして毎日飲むと更に効果が大きいようでが、苦いお茶です。
   
更に、虫害対策としても効果が大きく、 天然の農薬 としても使用されている。
虫害に対する効果は、次の3大効果があるようです。
   
1.害虫に食欲減退効果をもたらす拒食効果。
2.作物に虫害を寄せ付けない忌避効果。
3.害虫の脱皮などのホルモン作用を阻害する脱皮阻害効果。
   
人体に良く、病虫害にも効果があるニンは、素晴らしい木であることが近年の研究で明らかになっています。
   
ニンはセンダン科の常緑樹で、Azadirachta jndica(学名:アザディラクタ・インディカ)と言いインドを原産としている。
インドやアフリカの人は歯磨き代わりにニンの小枝を使っている。よく小枝を咥えている場面があるが、それがニンです。
インドやアフリカ、東南アジア、中南米など赤道をはさんだ国々では、「ミラクルニーム」と呼ばれマラリア対策 などで現地に絶大な恩恵をもたらしています。

ニンの種子、樹皮、葉には「殺菌消毒作用、抗ウイルス作用、解熱作用、抗炎症作用、抗潰瘍作用、抗菌作用」 などの効能が証明された化合物を含んでいます。
実から取れるオイル(ニームオイル)は医薬品や石けん、化粧品などの原料に利用されているほか、農業・園芸用の土壌改良資材、植物活性資材としても使われています。東南アジアのバナナ農園、中南米の胡椒やコーヒー農園では、積極的にニンを植えて病害虫対策に利用しています。

ニンは捨てるところが無く、オイルのほかにも葉を乾燥させたものはお茶として、葉のエッセンスは香料として、オイルの絞り粕(ニームケーキ)や葉、樹皮には防虫効果があるといわれ肥料や堆肥として利用できます。また、建材や家具材としても利用できアメリカの試験ではシロアリを寄せ付けない効果があったと報告されています。 

こうしたニンの素晴らしさが知られ、医薬的な利用はもちろん、「環境保全型農業の切り札」と評価されるなどドイツやオーストラリア、アメリカなど欧米では大変注目され国連でも研究が進んでいるようです。 
   
*ニンの果実種子
f0096068_5342043.jpg
   
有機農業や無農薬やオーガニック栽培において、環境汚染を発生させないで、益虫にも人畜にも無害であることが分かってきました。その結果、ドイツ、アメリカ、カナダ、オーストラリア等で急速に利用されるようになり注目を集めています。
アメリカでは1985年より環境保護庁の認可により全米50州で利用されているようです。

*ニンの葉
f0096068_536133.jpg

健康のためや、穀物のなかに混ぜて防虫効果や、抽出エキスは
殺虫・防虫 に利用、更にお風呂にいれると肌の弱い人にとても有効なようです。
アウトドアなどで、蚊をよせつけないように、バーベキューの炭と一緒に燃やすなどの使い方もあるようですよ。
   
*ニンの花
f0096068_5382652.jpg

ニンの花から取れた蜂蜜は、肥満になりにくいと言われています。
花の味も苦く、健康のために役立つとされています。
そして、空気を清浄にする作用があるとも言われているようです。

*ニンの木
f0096068_5431048.jpg
   
ニンの木は高さ15~20mにも達する常緑高木です。
決してシロアリを寄せ付けない木 として、アメリカでは建築材としてまっすぐな木に育てる研究が始まっているようです。

ニンの小枝の歯ブラシは、小枝の端を噛んで起毛させて歯をこすります。

日本で使われている「爪楊枝」のルーツ は、このニン(ニーム)です。

乾燥したニンの葉を煎じてお茶にして飲むと、整腸剤として胃腸に効果があると言われ、アマゾンでは飲んでいる人が多くいます。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-05-12 05:46 | 薬用樹 | Comments(0)

ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(77)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

144. アマゾンの恵み:アンジローバ (Andiroba)Carapa guianensis センダン科(Meliaceae)

アンジローバは、樹皮にタンニンが多く、薬用になるが、通常は種子油が薬用や化粧品の原料 などに使用されている。
f0096068_6193171.jpg
  
この種子は4 月~5 月の雨季の終わりの時期が収穫期で、水で運ばれるので川辺で集めることもできる。
f0096068_6214780.jpg

一粒の種の大きさは結構大きくてこんなものです。
f0096068_6223224.jpg

種子をつぶして練ったものを団子にして、陽に当てないようにして滲み出した油を集めたものが、一番搾りとして透明度も高く酸化していないので品質が良いとされている。

f0096068_624264.jpgf0096068_6244568.jpg






   

生産者はこの一番絞りの油をR$15(1,050 円)/ℓ で販売している。室内で油を絞った後は、陽光を直接団子に当てて、温度を上げると更に油が絞れる。しかし酸化度が増すので色は濃くなり、値段はR$10(700 円)/ℓ に落ちる。
f0096068_6271776.jpg
   
アンジローバの油は、筋肉痛、腰痛時などのマッサージに用いたり、喉の腫れに塗ったり、虫除け、虫刺され、傷、火傷などに効能がある。

ロウソクにアンジローバ油を入れたものは、 マラリヤやデング熱 を媒介する蚊の蚊取り蝋燭として売られている。

最近は、化粧品メーカー(Natura など)がアンジローバ油を原料にした化粧品各種を商品化している。

アンジローバ、あるいはパラカシー等の木の実をプレスで絞ったり、太陽熱利用温室などで効率よく採油したりする簡単な施設を設けて、コミュニティで非木材林産物 として商品化をすることも検討している。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-05-08 06:32 | 薬用樹 | Comments(0)