「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Asflora( 91 )

エコ・クリスマス2010年12月21日

f0096068_8284673.jpg



Asfloraの活動報告を紹介します。

エコ・クリスマス2010年12月21日

12月21日(火)Asflora(アマゾン森林友の協会)のメンバー9名は、ベレンから車で2時間、イガラッペ・アスー郡(市)サント・アントニオ・ド・プラッタ村に出向きました。
市役所環境課、母ジナイール会、パラ総合大学が企画した、エコ・クリスマス行事に州環境局とAsfloraが共に参加しました。
午前9時半に私どもが到着すると、村の広場(公園)には村の子供たち250人位が集まっていました。輪になってカポエィラ(ブラジルの腿法)をやっている子達は、元気そのもの、都会では少なくなっている仲間遊びができる子達です。 この村は、少し前までは青少年の間にも麻薬が広まっていたそうです。パラ総合大学で環境教育を教えるマリレーネ先生が中心になって、子供たちを健全に育てる活動を数年前から行ってきています。このカポエィラの普及も、その取組の一つになっています。
f0096068_8304138.jpgf0096068_831257.jpg









ちなみにこのカポエィラCapoeiraという語は、再生林とか藪を指す言葉です。語源は、トゥピー・グワラニー語のcaá puéraから来ているようです。caáは「森」を、puéraは「存在していたもの」を意味し、caá puéraで、刈られた森、消滅した森となるとWikipediaの説明です。先住民は、再生林や藪を見ると、以前にあった土地本来の森を思い浮かべたということでしょうか・・・

この村では、スピーカーを通して住民に連絡放送をしていました。「今日は、ベレンからクリスマス環境行事のため、グループが来てくれています。みんなで広場に植樹をしましょう。 我々はもっと自然を大切にしていきましょう」と、声援を送ってくれました。
この村は、昔ハンセン氏病患者が住む隔離された部落でした。小さな村なのに、立派な古い建物がいくつか見られます。 国の支援を受けた治療施設、映画館、教会、学校などです。
f0096068_834689.jpg

子供たちに環境頭巾を配って、本日の行事を始めました。
f0096068_837830.jpg
f0096068_838769.jpgf0096068_8383792.jpg














「Asflora森の劇」は、この広場を舞台にしました。いつもと勝手の違う場所ですが、劇団員はたじろぎもせず、子供たちを惹きつけてしまいました。
f0096068_8415646.jpgf0096068_8422065.jpg



 




森の劇を披露中、地元TV Record局の取材を受けました。子供たちが広場に植樹することについて聞かれ、「きっとこの子達の心の中にもその苗木が育って行くことでしょうね」と、Asfloraを代表して佐藤が答えました。
f0096068_8454620.jpgf0096068_846673.jpg









 
広場には、400本の苗を植えています。東京農工大大学院生の酒井君も参加してくれました。彼は、ポルトガル語に堪能、みんなに好かれる好青年です。この半年間、トメアスーで研究活動をしてきました。
f0096068_8511781.jpg
f0096068_851454.jpgf0096068_8521223.jpg









広場から、母ジナイール・ウンバンジスタ(ブラジルの宗教)会に移動し、クリスマス行事が続きました。子供た
ちによるキリスト誕生劇、それから500人もの子達全員にプレゼントが配られました。
f0096068_92738.jpgf0096068_923585.jpg









ウンバンジスタ会の補習学校で勉強している61人の生徒たちには、特別プレゼントを市の環境課長(左下、笑顔の人)が用意してきました。今まで貰ったことも無い素晴らし玩具、誰もが大喜びでした。
f0096068_965886.jpgf0096068_971879.jpg









左下は、壁絵コンクールで挨拶するパラ総合大学マリレーネ先生。右下はAsfloraと州環境局のメンバーです。本当に楽しいクリスマスです。
f0096068_911394.jpgf0096068_9112317.jpg








Feliz Natal!      

Asflora – Instituto Amigos da Floresta Amazônica
ASFLORA代表  佐藤卓司

[PR]
by wagahai_tt | 2011-01-04 09:15 | Asflora

ASFLORA便り-2010年12月19日

f0096068_5435958.jpg



Asflora活動報告を紹介します。

ASFLORA便り-2010年12月19日

ペドレリーニャ地区 エコ・クリスマス行事

植樹祭の翌日12月19日(日)、ウチンガ環境公園に隣接するペドロニーニャ地区で、恒例のエコ・クリスマス行事を行いました。主催団体は、ここを本部としているカーザ・ボア・エスペランサ(希望の家)と関連団体、Asfloraも3年連続して共催団体になりました。
この地区は、ウチンガ水源湖と水源保護林地帯に隣接しています。住民には貧しい人が多く、ゴミ汚染、生活排水汚水、保護林内への侵入問題などを抱えています。
SEMA(州環境局)、地元企業の支援を得て、果物、お菓子、ジュース、プレゼントなど500人分を準備しました。
まずは、 「Asflora森の劇」 で、エコ・クリスマス行事が始まりました。
f0096068_5513311.jpgf0096068_5515911.jpg









f0096068_5553531.jpgf0096068_5555584.jpg









次いで、クリスマスソングの披露、楽器演奏と合唱は、「希望の家」に出入りする青少年グループです。
f0096068_622164.jpg

f0096068_625756.jpgf0096068_63136.jpg









ランチタイムの後に、赤いオープンカーに乗ったサンタクロースがやって来ました。このサンタさん、本物の白く豊かな口ひげを蓄え、奥様のご支援絶大です。
f0096068_671440.jpgf0096068_673341.jpg








f0096068_691745.jpgf0096068_693654.jpg








沢山の玩具が子供たちに配られ、前日植樹祭に参加した子達の親たちで、環境教育セミナーを受けているファミリーには、食料品袋の特別プレゼントがありました。

f0096068_6162249.jpg楽しい行事にしてくれた実行委員メンバーの方々、ご協力して頂いた皆様、ありがとうございました。









ASFLORA代表  佐藤卓司
ASFLORA-Instituto Amigos da Floresta Amazônica

[PR]
by wagahai_tt | 2010-12-29 06:18 | Asflora

ASFLORA便り-2010年12月18日

f0096068_7112162.jpg



Asflora活動報告を紹介します。

ASFLORA便り-2010年12月18日

ウチンガ環境公園 「水源の森つくり」植樹祭

12月18日(土)、ベレン市内のウチンガ・パラ州立環境公園にて、「水源の森つくり」植樹祭を行いました。年末恒例のエコ・クリスマス行事の開始です。
この植樹は、イオン環境財団の助成を得て、私共Asflora(アマゾン森林友の協会)がSEMA(州環境局)、Casa da Boa Esperança(NGO 希望の家)と提携して行うものです。2ヶ月前から、三団体で何度も打ち合わせて準備をしてきましたが、やはりお役所と一緒に仕事をするのは、私ども民間団体とはペースの違いで面倒なものです。
このウチンガ環境公園には、ベレンの水源湖があります。周辺地には森が広がりとても良い環境です。しかし、一部には集落が迫っていて汚染の心配がある所や、森が無くなってしまった所があります。今回の植樹地は、以前農事試験場がパタアという椰子の栽培試験を行っていた所で、その椰子がまばらに点在するものの、長く放棄されている草地です。当日は、150名の参加者により地元樹種45種、1,500本を植えました。年内に4,000本の植樹を完了する予定です。

f0096068_7203775.jpgf0096068_7205248.jpg 









左上の地図は、公園の入口(A)から植樹地への道で、4.9kmあります。
右上の航空写真に木の印(緑色)のある所が、今回の植樹地です。

f0096068_725584.jpg
水源地隣接地ペドレリーニャ地区の子供たち100名に、今回の植樹の目的と意義を佐藤が説明しています。宮脇先生を想い浮かべて、「Mistura,Mistura(まじぇる、まじぇる)」と命の森つくりを説明しましたが・・・・。 
ここは湖畔にある州の施設で、いつも多くの訪問者を迎えて環境教育がされています。

以下、植樹地(宮脇方式)でのスナップです。


f0096068_7341919.jpgf0096068_7344197.jpg












f0096068_7352564.jpgf0096068_7354510.jpg








f0096068_7375930.jpgf0096068_7381518.jpg








f0096068_7404458.jpg

[PR]
by wagahai_tt | 2010-12-26 07:45 | Asflora

10月度Asfora便り 2

f0096068_4521851.jpg



Asfloraの活動報告を紹介します。

       ASFLORA便り 2010年10月(2)

10月8日(金)Aimex種苗センター
Asfloraでは、ベレン市から25km離れたベネビーデス市のAimex(パラ州木材輸出工業協会)種苗センターをホームグランドにして、環境教育活動を継続しています。前月9月度も3回、当月は6回、「Asflora森の劇」を含めた環境教育プログラムが実施されます。

Asflora便り受信をきっかけに、私共へご支援を頂いている日本の(株)藍工業、宮本俊雄社長に、8日(金)朝からAimex種苗センターを訪問して頂きました。 午前中は、植樹地を見て、午後は地元小学1年生への環境教育プログラムに参加して貰いました。
f0096068_4545231.jpg
種苗ラボで、材鑑を熱心に見ている宮本さん。同氏は建築業をされており、南米の材も利用されているそうです。 木材を長く大切に使うことをモットーとされていて、持続可能な森林管理に強い関心を寄せられています。

Aimex種苗センター敷地内に混植密植方式(宮脇方式)で植えた、植樹地を宮本さんと見て回りましたので、その写真を以下紹介します。

f0096068_4584789.jpg半年前(2010年3月30日)に植樹した、「第18回宮脇実験林」です。 下刈り4回目が済んでいて、生育状況は良好です。看板の近くはパイオニア樹種のパリカが目立つので、これはもう少ししたら、抜き刈りしようと思います。




f0096068_502525.jpg2009年3月植樹「ブラジル京都の森」、1年半経過の森です。もう下刈りは必要なくなりました。







f0096068_521462.jpg同じく2009年3月植樹の「17回宮脇方式実験林」ここも、1年半が経過、今後の管理は自然の競合に任せて行きます。






f0096068_53461.jpg2008年5月植樹「日本移民100周年記念の森」2年半近く経ちました。地拵時の有機質が少し足りなかったことと、植えつけ後に乾燥したことで、他の場所に比べると、少し生育ぶりが劣ります。



f0096068_58632.jpg
2007年3月植樹「第15回宮脇実験林」   植樹後3年半が経過。2005年植樹地に隣接しています。

f0096068_5112433.jpg
2005年3月植樹「第13回宮脇実験林」   5年半経過。 ここに来ると涼しくて、見学者に最も好まれる森となりました。


この日(10月8日)も午後から、地元ベネビーデス市立の二つの学校から、Asflora環境教育プログラム実施を、授業の一環として依頼されていました。午後2時から1時間半、宮本さんにアンジェリカ・サーレス校の小学校1年生たちへのこのプログラムに参加して貰いました。

以下、その時の写真を貼り付けます。
f0096068_5152115.jpgf0096068_515427.jpg









f0096068_5193486.jpg森に入って、エンジーに出会いました。
ここで、ビックリして泣き出した子が2人居ました。






f0096068_5224668.jpgお馴染み、樵と老木のシーンです。
午後の森、木立の間を縫う日差しが綺麗です。







f0096068_5244179.jpgいつも木の上に居るオウム君、体重が増えてしまい(?)枝が折れると怖いそうで、今回は地上に降りてきました。 スキンシップで子供たちとのやり取りをしました。





f0096068_5272534.jpg
森の劇団員、前日とこの日合わせて、3回の公演をしています。子供たちの笑顔に支えられて、Asfloraへのボランティア活動を続けてくれている仲間たちです。ありがとう!


                  ASFLORA-Instituto Amigos da Floresta Amazonica
                                       Takushi Sato
                                     Diretor Presidente

                                      Marluce Amorim
                                      Coordenadora

[PR]
by wagahai_tt | 2010-10-30 05:29 | Asflora

10月度Asflora便り

f0096068_1042917.jpg



Asfloraの活動報告を紹介します。

       ASFLORA便り 2010年10月(1)

宮脇先生の訪伯:サンパウロ州

2010年10月4日夜、宮脇昭先生がサンパウロに到着されました。
今回はトヨタ自動車の要請で、ソロカバに建設される新工場用地の一画に土地本来の森つくりを行う可能性の調査を3日間行うということでした。
先生のご来伯ということで、ベレンからは少し遠い(サンパウロまで飛行時間3時間20分)のですが、私佐藤はひと目お会いしたいと思い、出かけて行くことにしました。
10月5日午後2時にサンパウロ市中心街のホテルでお会いし、トヨタのスタッフの方々と共にサンパウロ州森林研究所(Instituto Florestal)への訪問に同行させて頂きました。

f0096068_2372446.jpg州森林研究所の所長、Rodorigo Moraes Vitor氏は、ぜひともお会いしたいとのことでした。 所長は英語で研究所の紹介を簡単に行い、先生も森つくりの意義と基本を英語で説明されました。会談の終わりに、所長から「先生は覚えておられないと思いますが、先般中国で先生の講演を聞いた一人です」と、先生との再会で光栄との意を表していました。

続いて、林木種子部門への訪問です。
f0096068_2391336.jpgf0096068_2393241.jpg









林木種子を担当するマルシア研究員(右上の写真、宮脇先生の右)とサンカルロス大学林学部(ソロカバ校)のファチマ教授(同写真、宮脇先生の左)は、自然林の写真とそれを構成する樹木種子を展示してくれました。パイオニアからクライマックス種までを4つのグループに分けて、それぞれの種子サンプルを置き、写真から見分けられる樹種を説明してくれたので、宮脇先生は概要把握ができて満足そうでした。

続いて付属苗畑の視察です。
宮脇先生は、「植物は根で勝負する、根の充満した苗、苗高は40cm程度のものが必要」と強調されます。でも、すでに育ち過ぎた(徒長)苗が沢山出番を待っていました。徒長した苗は、根がポット(ビニール袋)の外に出ているし、頭も垂れ気味です。「これらの苗は、通常上部を切り、根も切ってから山出しをすれば、活着が良くなりますよ」と、こちら林業技師たちが口を揃えて言うと、先生は「そんなことはしてはいけない」と言います。
「でも徒長した苗は、そのまま植えると生育が遅くなったり、活着も悪くなったりでは」と反論しました。 先生は、「植穴を深くして丁寧に植えれば、伸びすぎた根を活かすことができる。頭や足切りをして、一生懸命に伸びようとするものを抑えつけてはいけない。最近の教育の現場で、子供たちが、出過ぎると頭を叩かれ、抑えられている。それでは社会の活力を失う」と言われ、並み居る専門家たちも納得させられました。

f0096068_24434100.jpgf0096068_2445455.jpg
















     (本命の樹種、その苗はどれか、根の充満度は、と熱心に視察される宮脇先生)

日系社会では、同森林研究所と言えば、日系人の山添ゲンジ氏の存在がよく知られています。同氏はすでに定年退職されていますが、この日はトヨタの依頼で赴いてきてくれました。実際に植えられて木々を見るのに、山添氏は10年前に500本を植えた、ブラジル発見500周年記念の森を案内してくれました。

f0096068_2491956.jpg「ブラジル発見500年記念の森」を説明する、山添ゲンジ氏(左)。
この森は、ブラジル発見500年を記念すると共に、21世紀地球環境保全と社会の発展への願いを込めて、多くの方の浄財で造成されています。宮脇先生のホームグランド、横浜国大の方々も協力されていることを説明されていました。先生の左隣は、トヨタの小松さん。

f0096068_2513678.jpgf0096068_2515953.jpg









ここは、1ヘクタールに元々あった木(17樹種、30本)と、10年前に植えた500本を合わせて50種530本で構成されています。地元の樹種外にヒマラヤ桜(2004年から開花)も入っています。
植え付け間隔は4mx5m、各樹種には樹種名、番号が入っていて、成長量の計測もされています。山添氏が中心になって、これまで丹念に保育管理がされていることが分かりました。この森に来て木の実を抱えていた猿にも会えました(写真右)。

翌日(10月6日)は、宮脇先生はトヨタの方々、ファチマ教授とソロカバに向かい、新工場用地、周辺の植生調査、関係者への講演などが予定されていました。私(佐藤)は、ベレンに戻ることになっていて、同行できずに残念でした。植樹祭は1年後にしたいそうです。その時には、ぜひ駆けつけさせて貰います。ブラジルでは、アマゾンから始まった宮脇方式、リオ・デ・ジャネイロで、ファチマ教授が取り組んだことがあります。今度はサンパウロ州、トヨタの活力を得て、更に伝搬していくことを期待しています。


                   ASFLORA-Instituto Amigos da Floresta Amazonica
                                       Takushi Sato
                                     Diretor Presidente 

                                      Marluce Amorim
                                      Coordenadora

[PR]
by wagahai_tt | 2010-10-24 02:57 | Asflora

8月度環境教育プログラム

f0096068_5263064.jpg



           環境教育プログラム

Asfloraの8月度活動報告を紹介します。

8月は、2学期の始まりです。都会では車の渋滞も再開です。
Asfloraでは、8月13日(金)にサンタ・イザベル市のマウリッシオ・マッシャード農業学校の生徒と教員60名を招いて、環境教育プログラムを再開しました。場所はいつものようにAimex(パラ州輸出木材工業協会)種苗センターです。

Asfloraの役員マルルッシアが環境授業の後、生徒たちに種苗つくりの説明をしています。
f0096068_5314826.jpgf0096068_5321323.jpg









f0096068_5343334.jpgf0096068_5345414.jpg









続いて、森の小道にエンジィから招待されて、森の劇の始まり、始まり~。
f0096068_5404354.jpg

f0096068_5414049.jpg

f0096068_5431035.jpgf0096068_5433272.jpg









下の黒服の若い小母さんが、不思議な力を得て山の中で暮らす伝説のマチッタ小母さん。
子供たちに、薬草について教えてくれているところです。
f0096068_5462525.jpg

森の劇終幕は、インジオの祈祷師(パジェ)の場面です。厳かな口調で、自然を尊ぶように、またこの森で学んだことを回りに広めてゆくようにと命じます。
f0096068_5484727.jpg

森の出口で、マウリッシオ・マッシャード農業学校参加者と森の劇団員の記念写真。
f0096068_5495718.jpg


*Asfloraインタビュー

f0096068_553379.jpg生徒名:  Luana da Costa Smith ラウアーナ
学年: 2o Série 2年生

問:  今日は一体何を学んだのかなぁ?
答:  どんなにして環境に気をつけるかということ。それは私たちが生活する上で、とっても大事。


f0096068_5553185.jpg生徒名: Anderson dos Santos Palheta 
アンデルソン
学年:  3o Série 3年生

問: 今日の課外授業から、どんなメッセージを受け取った?
答: 自然を保全し、沢山木を植えてゆくこと。それが私たちの森の偉大な豊かさを失わないようしていくことになるということ。


                 ASFLORA-Instituto Amigos da Floresta Amazonica
                                     Takushi Sato
                                   Diretor Presidente
                                    Marluce Amorim


[PR]
by wagahai_tt | 2010-09-05 05:59 | Asflora

アグロフォレストリー

f0096068_458135.jpg



アグロフォレストリー

Asfloraより7月度の活動報告を紹介します。

7月は南半球のブラジルでは、冬休みシーズンです。
でも赤道近くのベレン市では、乾季になって太陽がギラギラと照りつけるシーズンですから夏休みと言っています。学校が休みなので、Asflora(アマゾン森林友の協会)の環境教育プログラムもお休みです。
Asfloraでは、日本のNPO EFF(地球と未来の環境基金)と緑の募金(国土緑化推進機構)による零細農家へのアグロフォレストリー支援プロジェクトを、サンタバルバラ郡(ベレン市から50km)で実施中です。7月にそのプロジェクト地と開拓部落エスペジット・リベイロ入植地を、Asflora代表の佐藤が他のメンバーと共に訪ねた際の写真を紹介します。
f0096068_4594262.jpg
訪問した7月3日(土)には、「エスペジット・リベイロ入植環境農業者協会」の集会が部落の公民館(バラック建てだが)で開かれていました。 飛び入り参加した、我々訪問者を暖かく迎えて、みんなに紹介してくれました。中央で立っている人がミランダ会長です。その左の女性(黄色の服)は、石丸香苗さん。石丸さんは、京大研究員の博士で、今回2度目の訪問です。1ヶ月余の調査を行なっていて、部落の人たちとも親交を深め、みんなから好感されています。

f0096068_525162.jpgf0096068_531295.jpg









(左の写真)飛び入りで挨拶中の佐藤、右隣は「アマゾン群馬の森」のリーダー岡島さん、次いで同地管理人の平形さん、右端は東京農工大修士過程で、留学中の酒井君です。
このエスペット・リベイロ入植地で、昨年末に植樹した場所を見てきました。     
とても成長が良く、焼け跡が年末のクリスマス植樹祭で植えた木で塞がれてしまいました。

f0096068_510920.jpgf0096068_5103295.jpg









左上の写真は半年前(昨年12月26日)の植樹時で、右上は同地を7月3日撮影したもの。
「水源の森つくり」イオン環境財団助成プロジェクトの一つです。
次は、入植者の畑の写真です。

f0096068_5151738.jpg
入植者の畑。パイナップル、椰子、果樹、樹木などを混植したアグロフォレストリー支援の畑の一部です。奥にはまだ森が残されていて、ここから2千メートル奥に「アマゾン群馬の森」があります。

f0096068_5173340.jpg
サンタバルバラ市副市長の案内で、国立パラ総合大学の文化人類学の教授(右端の女性)が、森林の衰退状況を調査に来ていたのに会いました。
7月3日撮影

f0096068_5181944.jpg
今年植えたアグロフォレストリー実施モデル地の一つです。すでにトウモロコシの収穫をしています。バナナ、パンの木、グラビオーラ(果樹)、アサイ椰子などが育ってきています。 
7月18日撮影

f0096068_5194595.jpg
今年2月にイオン環境財団の助成を得て植樹した「水源の森」です。道を挟んで、 EFFと緑の募金プロジェクトによる水源涵養林つくりの植樹も展開されています。
7月18日撮影

f0096068_5202244.jpg
7月3日の訪問者、左から加味根、佐藤、酒井、岡島、平形、ハイムンド(ミランダ入植者協会会長の義父)、紅一点の石丸さんがこの写真を撮ってくれました。本当は、紅一点を入れたかったのですが・・・

[PR]
by wagahai_tt | 2010-08-29 05:25 | Asflora

Asfloraの活動報告

f0096068_481746.jpg



Asfloraの活動報告を紹介します

       Cikel社の環境週間行事

広大な自社林の森林管理をベースにした木材工業会社、Cikel Brasil Verde 社が、アナニンデウア市(ベレン市隣接)の同社工場で、環境週間の行事を行なう中で、Asfloraに対して環境教育プログラムの要請があり、6月10日、11日に行いました。
参加したのは、同社従業員の子弟と保育園 “Lar da Criança”の子供たち100人程でした。
f0096068_4122013.jpgf0096068_4124124.jpg










森の中から出てきた劇団員が、講堂でも観衆を惹きつけてしまいました。
f0096068_4165426.jpg

f0096068_4184322.jpgf0096068_419682.jpg











ここでも子供たちは、森の劇に積極的に参加し、発言してくれています。
f0096068_4223899.jpg
Asflora森の劇を通して、環境に対する意識の向上を新しい世代の中に感じることが、私たちボランティア劇団員一同にはとても励みになっています。
f0096068_4255219.jpg
f0096068_4261419.jpg

今回の催しを行ったCikel 社グループの、地域貢献活動の取り組みに対して敬意を表します。


                ASFLORA - Instituto Amigos da Floresta Amazônica
                                      Takushi Sato
                                    Diretor Presidente
                                      Marluce Amorim
                                      Coordenadora

[PR]
by wagahai_tt | 2010-07-15 04:36 | Asflora

Asfloraの活動報告

f0096068_42159.jpg



Asfloraの活動報告を紹介します。

 イコアラシの学校生徒への環境プログラム

AIMEX(パラ州輸出木材工業協会)種苗センターにて、6月9日(水)午前中、ベレン市イコアラシ区のベレン市立ライース・フォンテーラ・アデレーネ校の生徒職員42名を招き、Asflora環境プログラムを行いました。国際環境デーを記念したプログラムを組み、近くの州立JK農産高校から生徒数人の研修も受け入れました。

f0096068_435572.jpgf0096068_444480.jpg











Asfloraの理事、アンデルソン(左下)とマルルッシア(右下)が講師です。
f0096068_471474.jpg
f0096068_473796.jpg










f0096068_4125963.jpgf0096068_4133023.jpg









森の中からエンディが出てきて、子供を「クルミ」と呼びかけます。
このクルミという可愛らしい言葉の元は、先住民のTupiインジオの子供を指す言葉(colomim, culumim, colomi, curumi , culumi) で、ブラジルのポルトガル語(curumim)になりました。

f0096068_4203581.jpgf0096068_4205969.jpg










右上の写真の黒服の小母さんは、マチンタ・ペレイラで、ブラジル先住民の伝説に出てくる人物で、夜はフクロウになります。タバコが好きで、昼間に家々を訪ねて回って、おねだりするが、もし断ると、子供に祟りを及ぼすそうです。
ここでは、森の中に一人で住んでいる子供の家に行き当たり、子供たちに森との共生を教えています。

f0096068_4234781.jpg
森の出口で、Asflora森の劇団員と参加者全員が記念撮影を行ないました。

                ASFLORA - Instituto Amigos da Floresta Amazônica
                                     Takushi Sato
                                    Diretor Presidente
                                     Marluce Amorim
                                     Coordenadora

[PR]
by wagahai_tt | 2010-07-11 04:30 | Asflora

Asfloraの活動報告

f0096068_5213132.jpg



Asflora活動報告を紹介します。

  パラゴミナス市自然公園での環境週間

昨年に続いて、今年もパラ州パラゴミナス市(ベレンから南へ500km)での環境週間行事にAsflora森の劇団に参加要請があり、我がボランティア劇団員6名が出張しました。この行事は、同市の環境課がバーレ社(鉱山会社)の賛助協賛を得て実施されています。
「Asflora森の劇」 と環境教育レクチャーは、同市の自然公園(Paruque Ambiental)で、6月1日(火)と2日(水)、一日に500人、二日間で計1,000人の学校生徒と教職員の参加者を得ました。

f0096068_5274214.jpg
パラゴミナス市自然公園の建物入口に、Asfloraの垂れ幕が貼られていました。

f0096068_5291660.jpg
建物内では環境に関する話をAsfloraの理事の一人、アンデルソン・カッシオが受け持ちました。アンデルソンは、森の劇では、樵とインディオ祈祷師の二役を演じるベテランです。

f0096068_5303282.jpg
森の小人エンディが子供達を森の中へ誘い、アンデルソンから聞いた「環境十戒」を子供たちに聞いて復習をしています。

f0096068_5324262.jpg
アララ(オウム)小母さんは、森と動物達の関係を説明。

f0096068_5332475.jpg
種を拾ってみんなで蒔きました。

f0096068_5363820.jpgf0096068_5365871.jpg










f0096068_5412623.jpg

パラゴミナスの学校と子供たち、市環境課、バーレ社、劇団員の皆さん、環境週間を盛り立てくれてありがとう!


           ASFLORA - Instituto Amigos da Floresta Amazônica
                                 Takushi Sato
                               Diretor Presidente  
                                Marluce Amorim
                                Coordenadora

[PR]
by wagahai_tt | 2010-07-07 05:53 | Asflora