ブラジル紹介:インディオの貞操帯


陶器 で出来ているインディオの貞操帯 は、浮気を防ぐ為に着けたものではなく、アマゾンの川に住んでいるピラニアより怖いカンジル と言うドジョウの様な形をしたナマズの仲間で ウロコのないヌルヌルした体の魚を防ぐ為に、川に入る時にインディオの女性が身に着けたものです。

カンジルと呼ばれる魚は、獰猛な肉食魚 で恐ろしいことに、目だろうが、口だろうが、鼻だろうが、おしりだろうが、女性性器であろうが、構わず穴という穴に飛び込んでくると言われている。一旦体内に入るとエラや硬い髭が肉に刺さり、引っ張っても引き抜くことが出来ず、内臓を食い荒らしながら前に前にと進む魚です。

アマゾンのインディオの女性達は、このカンジルから身を守るために洗濯の時 には、陶器や木製のカバーで女性の大切な部分 を守っていたようです。
f0096068_653547.jpg
f0096068_654437.jpg
f0096068_656969.jpg


裏側
f0096068_6572081.jpg


単純な素焼きの無地が多かったようだが、これは土産物だからか簡単な幾何学的な絵柄が入っている。

以前、日本のテレビ番組でアマゾンのカンジルを紹介していた。
首のところから切り落とした牛の頭を川に投げ込んで、しばらく待つと、血の匂いに集まったカンジルの大群が襲い、瞬く間に骨だけになった映像を放映していた。
又先日は釣り上げた大きなナマズを川に入れてカンジルを呼び寄せ、瞬く間に骨だけになるシーンを放映していた。

驚異的に獰猛なドジョウのようなナマズだった印象だが、映像だけで実際にはまだ見たことが無い。

[PR]
by wagahai_tt | 2008-12-01 06:59 | ブラジルグッズ | Comments(4)
Commented by sumiko at 2008-12-02 14:03 x
こんにちは!
「インディオの貞操帯」驚きました(@_@)
それぞれの使い方にも驚きです。
Commented by wagahai_tt at 2008-12-02 19:23
sumikoさん、こんばんは・・・・・。
インディオの貞操帯の相手が男ではなく、カンジルには驚きですよね。
アマゾンでは当り前の貞操帯かも知れませんよ。
カンジルの凄さはピラニア以上ですから・・・。
一度この小さなナマズを釣ってみたいな・・・・・。

Commented by vangino at 2008-12-02 21:56
こんばんは
説明を聞かなくて「これなーんだ」と聞かれたら
陶器の壁飾り程度しか応えられないでしょうね・・
それにしてもカンジルは恐ろしいですね、でも見てみたいし
出来たら食べてみたいです(笑)
Commented by wagahai_tt at 2008-12-03 07:11
vanginoさん、おはよう・・・・・・。
そうですね、これだけを見せられると壁掛けですね。
現地では、カンジルの方がピラニアより恐れられていますね。
日本でも時々カンジルの獰猛さをテレビで放映していますよ。
カンジルの獰猛さを知らずに見たら、愛嬌のある顔をしていると感じるでしょうね。

<< ブラジル紹介:ベレン市内の表情 ブラジル紹介:熱帯植物・ガラナⅡ >>