ブラジル紹介:旅行記・アリアウ・タワーホテル


マナウスのトロピカルホテル桟橋から約2時間半の船旅で到着したアリアウ・タワーホテル。予想外のホテルの出現に 「えぇ~!!」 と驚きを隠し得なかった。
f0096068_3141042.jpg

f0096068_31553.jpg船を下りたところで同船の若者連中と記念撮影。












f0096068_33749.jpg女性の出迎えもありこれもまた記念撮影。
















このホテルの従業員は総勢150名、ガイド12名、12日間労働で3日休日のシフト制をとっているようだ。
従業員やガイドはホテルの一角に専用のタワーがあり、全員そこで暮らしている。
ホテルのオプションツアーは12名のガイドが各々担当している。
オプションツアーは、ホテル周辺のカヌークルーズ・ジャングルトレッキング・ピラニア釣り・野生のワニ観察ツアー・日の出観察等々、宿泊日数により内容が異なってくる。

ではここでホテルの建物や部屋を紹介しよう。

f0096068_3163426.jpg1階は受付ロビーで2階は大食堂のあるメインのタワーで、タワーの入口にはピラニアを飼っていた(「危険!!手を出すな」の看板はあったよ)。

更に、各種の土産物売り場、バール、宝石店などが軒を並べていた。

宿泊客は宿泊カード記入と同時にホテル専用の100レアル(5・20・50のカード)のカードを受取り、各店で現金代わりに使用できるシステムで、チェックアウト時に精算するようになる。

f0096068_325250.jpg私が宿泊した部屋は№.6のタワーの1階で一番安い部屋だが2泊3日で72,000円(オプションツアー料金込み)だった。
このタワーは7階建てで最上階はスイートなのかかなり値段が高くなっているようだ。このようなタワーが20箇所ほどあり、各々回廊で繋がっている。

f0096068_3285696.jpg部屋の入口
6102が私が宿泊した部屋だ。








部屋の内部
f0096068_335563.jpg入ったところにソファーが置いてあり、ダブルベットとシングルベットのツインになっている。







f0096068_3382664.jpgセキュリーティーボックスは作り付けの棚に置いてあるだけで、重いので持ち運びは困難だが、その気になれば持ち出すことが出来る代物だ。







f0096068_3443191.jpg正面右手のドアーがベランダへ。
左手のドアーがトイレとシャワー室へ。








ベランダからの眺め・・自然そのもの
f0096068_3471372.jpgf0096068_3473548.jpg









f0096068_3515427.jpg外から見たベランダ、猿が入って来ないように金網が張ってある








f0096068_3571351.jpgタワーからタワーへの回廊・・この回廊を歩いて目的の場所に行くのだが、注意していないと迷子になりそうだよ。







f0096068_423060.jpg各タワーを支える土台はクアリクアラ(非常に硬い木で水の中でも100年は大丈夫と言われている木)を中心に、20mほどの高さに組み上げている。
この高さは雨季の水量で水没しない為のもの。




自然林の中のクアリクアラは非常に少なくなって殆ど無い状態だとか・・・。

我家のクアリクアラは花瓶などの台として使っている。
f0096068_48484.jpgf0096068_483082.jpg










f0096068_420065.jpgタワーの近くの川にはワニが顔を覗かしている。












野生の猿が多いホテルで、観光客に食い物を貰ったり、備え付けの餌箱で食べたりと、かなり馴れたもので我々が使う椅子やテーブルでくつろいでいる。
ここの猿は3種類いるようだが、顔を見せたのは2種類で、セーロとカイラーラだ。
セーロ
f0096068_4261325.jpgf0096068_4264385.jpg









f0096068_430651.jpgf0096068_4302268.jpg









カイラーラ
f0096068_4345580.jpgf0096068_4351430.jpg









又野生のアラーラや小鳥も飛んで来て餌を啄ばんでいる。
f0096068_4403844.jpgf0096068_4405795.jpg









宝石店のウインドーに珍しいものがあったので、女性店員に尋ねたらアクアマリンの原石だとの事。
f0096068_4515320.jpgf0096068_4521136.jpg









店員の招きで店内に入り、種々原石を見せて貰った。
f0096068_454164.jpgf0096068_4543615.jpg









   エメラルド原石                ブルートパーズの原石

今回宿泊したアリアウ・タワーホテル(ARIAU AMAZON TOWERS)はこんなホテルだった。

[PR]
by wagahai_tt | 2008-10-16 05:09 | ブラジル旅行(2008年) | Comments(8)
Commented by gachopin at 2008-10-16 08:50 x
うわー、すごいホテルですね。
今度もしマナウスいく機会(いつになるやら…)あったらマイナンがいいかなと思ってましたが、ここも魅了的ですねぇ。
Commented by sumiko at 2008-10-16 10:19 x
wagahaiさん  お帰りなさい!
PCのリカバリや小旅行等で、訪問が遅くなりました
アマゾンの自然を満喫と聞いていましたので、もっと野性的な?
ホテルを想像していましたが、立派なホテルですね~
2枚目・3枚めはwagahaiさんの嬉しそうなお顔が・・・(笑)
すばらしい旅をされてきましたねヽ(^o^)丿
Commented by koyomi-w at 2008-10-16 15:42
wagahaiさん、おかえりなさ~~い。
無事の帰国、よかったですね。
野生のサルのところが面白かったです。
「我々が使う椅子やテーブルでくつろいでいる」
というところが、微笑ましい。
サルが大好きなので、サルの写真、
楽しませてもらいました。
Commented by wagahai_tt at 2008-10-16 20:08
gachopinさん、こんばんは・・・・・。
ここは結構良いホテルでしたよ、少々値段は高いが色々オプションツワーがあって面白いかも知れませんね。
行かれる時は一度試してみては如何ですか・・・・。

Commented by wagahai_tt at 2008-10-16 20:26
sumikoさん、こんばんは・・・・・。
無事に帰ってきました。
PCの調子が良くないようですね、訪問したのですがコメント欄も閉鎖していましたよ。
野生的なホテル・・?まさか森林の中にヘッジ(ハンモック)を吊ると思っていたのではないでしょうね。
この場所はマラリアの多い場所なので、危険な場所ですよ。
若い女性が近くにいるとついつい嬉しそうな顔になりますね。
良い旅をして来ましたよ・・・・。

Commented by wagahai_tt at 2008-10-16 20:39
koyomiさん、こんばんは・・・・・。
無事に帰ってきましたよ、長時間のフライトで少々疲れましたが・・。
猿が大好きなのですか、ここの猿は物を奪ったり攻撃したりしないので、結構観光客に可愛がられていましたよ。
セーロは小さな猿なので、餌をやると肩や手に乗って来て可愛いですよ。
カイラーラは2頭しか見かけませんでしたね。
楽しんでいただけましたか・・・。

Commented by yukun2008 at 2008-10-19 17:00
お帰りなさい、マナウスから2時間半ですか!、アマゾンの河沿いにこんな立派なホテルがあるとは驚きました。 クアリクアラとは強い樹なのですね~!、水中でも腐らず100年も柱が持つのですね♪、きっと、シロアリにも強いのでしょうね。
ようやく時差ボケも解消して、新しいブログを始めましたので、また、お越し頂けれれば幸いです。
Commented by wagahai_tt at 2008-10-19 18:18
yukunさん、こんばんは・・・・・。
このホテルは結構良いホテルでしたよ。
次回行くチャンスがあれば、奥さんを連れて行ってみてください。
多少高いが良い環境ですよ。
クアリクアラは非常に堅い木で、シロアリも寄せ付けません。
この木を製材機で挽くと火が出ますよ、それだけ硬い木なのでゆっくりしか挽けませんよ。
今はまだ時差ボケ最中ですが、少しづつ解消しています。
新たにブログを始めたのですか、訪問しますよ。

<< ブラジル紹介:ネグロ河支流の風景 ブラジル紹介:Asflora活動報告 >>