カルチャーショック 101


ブラジル国内を旅行中にホテルのフロントで観光案内をお願いした時、車で迎えに来てくれた黒人系ブラジル人が、流暢な日本語で挨拶に、 カルチャーショック。(片言の日本語で挨拶するブラジル人は多いが、観光案内を全て日本語でやってくれたのには驚いた。)





日本に行った事も無いブラジル人が流暢に日本語を話すのに、 カルチャーショック。(家族とサルバドールを旅行している時のことだが、混血の運転手が日本語を話していたし、独学で漢字も書けるようになったようだ。)





現地では、ヤミドルを調達することになるのに、 カルチャーショック。(為替が自由化されていない現地では、市場に流通するドル紙幣は闇ドルとなる。)





ヤミドルの偽札発見機が銀行にあった事に、 カルチャーショック。(ドル紙幣を取り扱わない一般の銀行に、ドル札の偽札検査機があるのにも驚きだった。)





当時は、ヤミドルを持って帰国するのも、財布に一部、鞄に一部、サムソナイトに一部と分散しての帰国に、 カルチャーショック。(出国の通関時に発見されても全部が没収されないための対策だったよ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-09-01 08:01 | カルチャーショック | Comments(6)
Commented by sumiko at 2008-09-01 21:17 x
こんばんは♪
私は自分が外国語出来なので、外国の方が
流暢な日本語を話すと、尊敬してしまいます
Commented by vangino at 2008-09-01 21:32
こんばんは
独学で日本語を覚えたなんて驚きです
まして漢字までとは・・
生活のため必死だったんでしょうかね?
Commented by wagahai_tt at 2008-09-01 22:22
sumikoさん、こんばんは・・・・・。
流暢な日本語を話す外国人を見ると、尊敬しますね。
なかなか外国語は話せないものですよ、特に日本語のように漢字・ひらかな・カタカナを、自由奔放に使っている言葉は、難しいと思いますよ。

Commented by wagahai_tt at 2008-09-01 22:30
vanginoさん、こんばんは・・・・・・。
実に驚きましたよ、漢字まで書けるようだったので、更に驚きましたよ。
サルバドールは、サンパウロ・リオに比べれば日本人の観光客は殆どない状況なので、生活の為より興味の世界かと思いましたよ。
ただ、日本人観光客は気前が良いので、彼らにとっても美味しい仕事かも知れませんね。

Commented by koyomi-w at 2008-09-02 23:55
まるで日本とは違いますね。
なにもかも、って感じです。
Commented by wagahai_tt at 2008-09-03 06:50
koyomiさん、おはよう・・・・・。
日本とは大きな違いがありますね。
為替の自由化がないので、流通しているのは現地通貨のみ。
日本のように、銀行でもドルの手当ては出来ません。
結局民間の闇市場で手当てすることになります。

<< カルチャーショック 102 ブラジル紹介:カスターニャ・ド... >>