カルチャーショック 95


パラ州のカラジャスと隣接のマラニョン州サンルイス間に鉄道開通に、 カルチャーショック。(1985年2月に、カラジャスで採取される鉄鉱石の運搬用に、パラ州カラジャスよりマラニョン州サンルイスまで892kmの鉄道が開通した。)





機関車2両で、貨車180両を連結して走る、カラジャス鉄道のスケールの大きさに、 カルチャーショック。(鉄鉱石運搬専用に建設されたが、今では客車も運行しているが、一般客は鉱山手前の駅までで、ヴァリ・ド・リオ・ドッセ社の関係者以外は、鉱山には入れない。)





全区間がコンピューター制御で、24時間運行、貨物を積載した列車は最高速度75km/h、客車や空荷の列車は最高速度80km/hで走る。100両の機関車に、5,353両の貨車を保有しているのに、 カルチャーショック。(民間企業でもスケールの大きさにショックだよ。)





サンルイスからカラジャス鉱山への空荷の列車は、機関車2両・貨車180両を二つ連結して運搬効率を計っているのに、 カルチャーショック。(機関車4両・貨車360両で鉱山へ空の貨車を運搬しているのにも驚くよ。)





カラジャス鉱山のスケールの大きさは、露天掘りの巨大な鉱区に、 カルチャーショック。(露天掘りの面積も大きく、産出量も年9,000万トンと大きい。)





カラジャスの鉄鉱石生産量9,000万トン、内日本向けは1,400万トンで日本の鉄鉱石輸入量の約10%を占めているのに、 カルチャーショック。(地球の反対側のブラジルから10%もの鉄鉱石を輸入しているとは・・・。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-07-27 06:05 | カルチャーショック | Comments(8)
Commented by gandeji2 at 2008-07-27 14:05
はじめまして。
katura55(つれずれ)さんから飛んできました。
クリチーバの市長がセニュール 谷口ですか。
私と同姓です。
ひょっとして、滋賀県出身者の家系かな?
50年近く昔、モジダスクルーゼスのコッケイラ10Kmに在住していました。
懐かしく、コメントさせて頂きました。
Commented by wagahai_tt at 2008-07-27 21:22
gandeji2さん、こんばんは、はじめまして・・・・。
50年前にサンパウロ(?)のモジダスクルーゼに住んでいたのですか・・?
滋賀県出身ですか、ブラジルは企業からの赴任ですか・・・?
クリチーバの谷口さんがどこの出身かは知りませんが、同姓だったのですか。
パラ州ベレンはご存知ですか・・・・?

Commented by sumiko at 2008-07-28 16:31 x
こんにちは♪
「貨車180両を連結して走る」は想像もつきませんが
何キロ位になるのかしら・・・
カナダ・ロッキーで凄い長い車両を見たことありますが
180両も無かったのでは?
Commented by wagahai_tt at 2008-07-28 18:33
sumikoさん、こんばんは・・・・・。
日本で180両の貨車は想像できませんね。
全長約2km程度のようですよ。
空荷で鉱山に帰る列車は、2連結しているので、4kmにもなるのでしょうね。
カナダ・ロッキーも長い列車が走っているのですか・・・・。
昔の日本の貨物列車も長いと思いましたが、50両前後だったのでしょうね。

Commented by yukun588 at 2008-07-28 21:59 x
友人がSao Luis出身で、砂漠と海の混じった所で、世界遺産にも登録された景色のよい場所だと言っていました。
ぼくもぜひ一度行ってみたいのですが、この長い鉄道も見たいですね♪
Commented by wagahai_tt at 2008-07-29 18:03
yukunさん、こんばんは・・・・・。
sao Luis は、世界遺産に登録されているのですか・・・。
是非一度、北伯ベレンを、東北伯サンルイスを訪ねてみて下さい。
サンパウロの人は、ベレンは外国と同じ感覚だよね・・。

Commented by kmaroon at 2008-07-30 14:48
こんにちは^^
180両の貨車・・
想像もつかないですね^^;
日本とは、スケールが全く違いますね^^
Commented by wagahai_tt at 2008-07-30 23:50
マロンさん、こんばんは・・・・・。
今、久し振りの飲み会から帰ってきました。
返信が遅くなりましたが、ごめん・・・・。
180両は日本では想像できないですよね。
帰り便は、空荷とは言えその倍の360両は想像を絶しますよね。
確かに、日本とはスケールが違いますよ。

<< カルチャーショック 96 ブラジル紹介:ビッコ付きウイスキー >>