カルチャーショック 92


総領事は日本から専属料理人を帯同に、 カルチャーショック。(日本の議員や外国の政府要人から一般日本企業トップの接待まで公邸で行うので、日本料理のできるコックも必要だ。)





専属料理人の給与は総領事のポケットマネーなのに、 カルチャーショック。(総領事公邸の料理人の給料は、外務省が負担をしていないのにもショックだよ。)





料理人は総領事のポケットマネーで賄うので好きなコックを雇うことが出来るが、外務省の許可が必要なのに、 カルチャーショック。(食材から給与までポケットマネーでは限度があるので、国家予算でやればいいのに・・・。)





総領事専属料理人の腕で作った鍋を、休日に気心の知れた連中で囲む旨さに、 カルチャーショック。(料理人の人柄にもよるが、親しくなると結構プライベートでも作って食わせてくれるよ。)





総領事のお誘いで、囲碁に、マージャンに、休日の午後を楽しむことに、 カルチャーショック。(総領事の人柄にもよるが、昼間のゴルフの後、公邸に招待されて夕食付でのお遊びに単身赴任時代は助かったよ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-07-05 06:21 | カルチャーショック | Comments(6)
Commented by vangino at 2008-07-06 23:14
こんばんは
総領事は公的仕事だけに限らず
いろいろと気遣いもあって大変なお仕事ですね。
そんな方のおかげで安心して国外で生活できるんですね。
Commented by pazz at 2008-07-07 01:18 x
そうだったんですか。専属料理人は総領事の私的な・・・
何度か美味しい日本食を頂きましたが、材料の調達に御苦労があったことでしょうね。
Commented by wagahai_tt at 2008-07-07 08:01
vanginoさん、おはよう・・・・・。
ベレンはブラジルで3番目に日系移民の多い場所なので、総領事の公務も多岐に亘って多忙を極めていましたね。
そんな中で多趣味の総領事は、それぞれゴルフ・マージャン・囲碁にとプライベートの時間をエンジョイしていましたよ。
公務に関しては、我々にも事件・事故に関する報告義務もあり、種々協力援助をして頂きました。

Commented by wagahai_tt at 2008-07-07 08:08
pazzさん、おはよう・・・・・。
専属料理人は総領事の私的な雇用のようですよ。
中には台湾で日本料理店をやっていたシェフ夫妻も、専属料理人としてきていましたね。
食材の選択も料理人の腕で、ベロペーゾ辺りで調達していたようです。
料理人の腕も味も良かったですね・・・。

Commented by yukun588 at 2008-07-07 19:53
専用の料理人を選べるのは良い習慣ですね、しかし、ブラジル調達ではなく外国から連れてくるとなると掛かる経費も半端ではないでしょうね!。
Commented by wagahai_tt at 2008-07-07 20:46
yukunさん、こんばんは・・・・・。
以前ですが、ブラジルで二世の料理人を選んでいた総領事もいましたよ。
給与格差のある国から選ぶのは、負担の軽減になるでしょうね。
外務省が雇用すると、国家公務員として扱う必要があるので、総領事のポケットマネーでの雇用にしたのでしょうね。
理由ははっきりしませんが・・・・・。

<< ブラジル紹介:アマゾン産 乾燥ノニ ブラジル紹介:日本人移民100... >>