カルチャーショック 83


マラジョ島にてマラリア蔓延にカルチャーショック。(1999年、蔓延するマラリアによる従業員の被病に対処が大変な時期だったよ・・・・。)




環境教育活動開始のためAsfloraを立ち上げにカルチャーショック。(2001年1月、自分達の手で環境団体(NGO)を立ち上げるとは思ってもいなかったが、これも時代の流れなのか・・・。)




職場を放棄したい従業員による、敷地内の高圧電線切断にカルチャーショック。(2001年、職場を停めて、サボりたい為にそこまでやるか!!! 人命にかかわりかねない危険行為だぞ!!)




ブラジルでは道路に州知事の名前を付けたり、何月何日通りと月日の名前を付けたりにカルチャーショック。(道路を作った時代の、州知事や時期を表しているのでしょうか・・・?)





ブラジルのアパート(マンション)名にも、道路と同じように州知事などの、時の人の名前があるのにカルチャーショック。(その時代に建てたのか、その人が関与したのかは分からないが・・・・。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-05-07 19:49 | カルチャーショック | Comments(6)
Commented by koyomi-w at 2008-05-08 00:01
高圧電線切断・・・気持ちは分らないではないけど、
うーん、かなり無謀ですね。
思い切りやってしまうのは、国民性にもよるのでしょうか。
Commented by wagahai_tt at 2008-05-08 06:19
koyomiさん、おはよう・・・・。
高圧電線の切断は感電死の危険があるので、全く無謀です。
本人だけがサボると即刻解雇になるので、会社全体を停めたのでしょう。
無謀な行為を平気でするのは、国民性より教育レベルの低さでしょうね。

Commented by vangino at 2008-05-08 22:40
こんばんは
熱帯の風土病はとても怖そうです・・
日本には人の名前を道路や建物につける習慣が
ほとんどないため、違和感を感じますね。
Commented by wagahai_tt at 2008-05-09 06:45
vanginoさん、おはよう・・・・。
マラリアは蔓延地域に入ると被病の危険性が高く、予防も出来ないので困ったものです。
ブラジルでは、人名の付いた道路や建物は沢山あります。
文化・習慣の違いでしょうね・・・・・。

Commented by sumiko at 2008-05-09 08:43 x
おはようございます♪
マラリアの蔓延は怖いものですね
人の名前を道路や建物につける習慣があるとは(@_@)
それでは、いつまでも残るのですよね。
古い道路の名前はどんな人だったか?何かで判るのでしょうか?
Commented by wagahai_tt at 2008-05-09 09:45
sumikoさん、おはよう・・・・。
マラリアは予防が出来ないので怖いですね、その上被病すると完治まで時間と努力が必要だし・・・。
州知事(現地では州統領と呼んでいるが)名だったり、現地に絶大な貢献をした人の名前だったりと、住民の記憶に残して置きたい人の名前が多いですね・・・。

<< ブラジル紹介:金のペンダント・トップ Asflora活動報告(200... >>