ブラジル紹介:オーボ・デ・パスコア


今回は pazz さんから送って頂いた写真のオーボ・デ・パスコア(イースター・エッグ)を紹介します
f0096068_1927106.jpg

これは、チョコレートで作った、かなり大きなオーボ(卵)です。
f0096068_19295042.jpg


今回の卵はブラックチョコとホワイトチョコで作ってあり、卵を割ると中からキャンデーが出て来る優れものです。
f0096068_19305328.jpg


卵の大きさも、小さいものから大きなものまでいろいろあり、大きいものになると大人が抱え上げる程のものも売っているよ。
子供たちも楽しみにしている1年に1回のイベントであり、この時期になると、天井から壁面まで、この卵で埋め尽くされた店もあり、店の中は卵一色になる。

サンパウロの yukun さんも3月の記事の中で紹介されています。


復活祭にかかわる習俗としてもっとも有名なものにオーボ・デ・パスコア=イースター・エッグ(Easter egg)がある。これは復活祭の時に、殻に鮮やかな彩色を施したり、美しい包装をしたゆで卵を出す習慣である。国や地域によっては、復活祭のときに庭や室内のあちこちに隠して子供たちに探させるといった遊びも行われています。
近年では卵だけでなく、卵をかたどったチョコレートも広く用いられている。これはもともとヒナが卵から生まれることを、イエスが墓から出て復活したことに結びつけたものであり、更に冬が終わり草木に再び生命が甦る喜びを表したものといわれている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
[PR]
by wagahai_tt | 2008-04-06 19:34 | ブラジル紹介 | Comments(8)
Commented by seisuis at 2008-04-07 08:49
おはようございま~す^^
イースター、日本ではあまり盛んではないと思いますが
さすがですね!こんなに大きな卵があるんですね!
食べるのが大変そうです~(笑)
Commented by kmaroon at 2008-04-07 13:14
わぁ、これ楽しいですね~♪
食べ甲斐がありそう^^v(笑)
Commented by yukun588 at 2008-04-07 17:27
復活祭の卵をわざわざ日本へ送って下さったんですか~!?wagahaiさん、とても懐かしかったでしょうね♪
雛が卵から生まれる様に、お墓を破って復活したイエスさんにちなんだ縁起物の行事だったんですね(笑)
今年はプレゼントはいっぱいしましたが、貰うことはありませんでした(泣)、数を撃っても当たりませんね!? チョコは美味しかったですか?
Commented by wagahai_tt at 2008-04-07 18:48
seisuisさん、こんばんは・・・・・。
日本でイースターは殆どやってないですね。
チョコで作ったこんな大きな卵があるのですよ。
大きな卵も割った後は寄って集ってすぐになくなりますよ。

Commented by wagahai_tt at 2008-04-07 18:54
マロンさん、こんばんは・・・・。
pazzさんは、今回ブラジルの友人から頂いたようです。
こんなのを貰うと嬉しいものですよ・・・。
本来はお互いに交換するものなのですよ。
日本には無いので仕方ないが・・・・・。
無茶苦茶食べ甲斐がありますよ、家族全員で食べても1週間はかかるかも知れませんね。
マロンさん、食べてみたいでしょう・・・?

Commented by wagahai_tt at 2008-04-07 19:02
yukunさん、こんばんは・・・・。
このオーボはベレンに在住経験があるpazzさんが、ブラジルの友人から頂いたものですよ。
皆さんに紹介して欲しいと、彼が写真を送ってくれたものです。
最近のオーボは豪華になりましたね・・・・。
復活祭と卵の関係が今回初めて分かりましたよ。
これも記事を書くに当たって調べてみたご利益です。

Commented by vangino at 2008-04-08 23:26
こんばんは
日本ではこんなにでかいチョコはありませんねー
復活祭だかから、卵なんですね。
日本もチョコ業界がバレンタインの次にイースターチョコを
はやらせそうですね。
Commented by wagahai_tt at 2008-04-09 07:33
vanginoさん、おはよう・・・・。
日本でこのようなチョコは見かけませんね。
そうなんですよ、復活祭だから卵のようですよ。
バrンタインは日本独特なようですね・・・・。
ブラジルではジア・デ・ナモラード(恋人の日)と言って男女お互いにプレゼント交換をするようですが、チョコは使わないようですよ。

<< カルチャーショック 79 カルチャーショック 78 >>