カルチャーショック 78


警備の厳重な現金輸送車が、自動小銃を持った2人組みの強盗に襲われた、わが社の従業員給与も運んでいたのにカルチャーショック。(まるで戦車のような現金輸送車だが、二人組みに襲われて全額やられました。銀行側の責任により、素早い再手配で給与支払に支障はなかったが、物騒なことだよ。)




アミーゴ(友情)のブラジル、困っているアミーゴ(親友)には親身になるのにカルチャーショック。(日本人は親友と言えども、彼等ほどはできないよ。)




蛇を総称してコブラと呼ぶブラジル人にカルチャーショック。(当時コブラと言えば猛毒のキングコブラを連想したよ。でもアマゾンのコブラは90%以上が猛毒だから注意しよう。)




ゴルフ場の椰子の木の根っこで見かけた変なタマゴ、聞けばコブラ(蛇)の卵だとはカルチャーショック。(子供のキャディー達が踏み潰して殺していたよ。アマゾンでは、こんな所に猛毒の蛇の卵があるとは・・・。)




ゴルフ場で見かけた猛毒のコブラ(蛇)、頭も尻尾も同じ形なのにカルチャーショック。(どっちが頭か尻尾か分からないので、うっかり手を出したら危険この上ない。現地の子供たちですらクイダード(危険)と叫んで逃げていたよ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-04-04 07:16 | カルチャーショック | Comments(6)
Commented by yukun588 at 2008-04-04 09:55
昔は給与が現金で支給されていたんでしょうね!?、最近はスーツでキメタ強盗が自動小銃片手に手下を使って銀行強盗をして颯爽と引き上げていくそうです。 
工場でも隣がファゼンダなので、蛇が来ることはありますが小さなもので、コブラだ!と言われてビックリしたことがありますね。
家族や友人を大事にする国民性は日本人も見習う必要がありますね。
でも、昔の日本は貧しくても心は豊かだったと思いますね.....!?。
Commented by wagahai_tt at 2008-04-04 19:21
yukunさん、こんばんは・・・・。
昔は週給で現金支給ですよ、1000名の給与計算と給与の現金封筒詰めには、時間が掛かったのですよ。
その上、現金輸送車が強盗に襲われて、作業が遅れるのはかないませんよね。
社員は毎日が残業ですね、これでは彼らもストレスの塊ですよね。
その後、構内銀行を作ってから、上級社員の振込み制度を開始しましたよ。
これでかなり作業も緩和されましたよ。
コブラには驚いた事が沢山ありますよ。
構内の樹木の緑の中で、全身緑の猛毒蛇に出会った時には、凄い反射神経で逃げましたよ、まだ若かったのでしょうね。
家族や友人を大切にする昔の日本に帰りたいものですね、アマゾンには昔の日本が今も健在ですよ。

Commented by koyomi-w at 2008-04-04 21:31
え?
コブラは頭と尻尾の区別がつかない。
そりゃ、大変!
ああ、日本でよかった~~
Commented by wagahai_tt at 2008-04-05 07:06
koyomiさん、おはよう・・・・。
頭と尻尾の区別が付かない奴もいますよ、逃げて行く方向で頭が分かるのですが・・・・。
こんな奴が出ると殺すまで安心してプレー出来ませんよ。
昔は日本も田舎ではマムシなどがよく出ていましたが、最近はどうなのでしょう・・・?

Commented by vangino at 2008-04-05 19:54
こんばんは
ブラジルでは蛇を見たら毒があると思ったほうが
いいんですね。
だったら蛇の総称がコブラなのも肯けます。
最近の日本は普通のヘビもあまり見かけません。
Commented by wagahai_tt at 2008-04-05 20:11
vanginoさん、こんばんは・・・・。
そうですね、最近は日本でも蛇を見かけなくなりましたね。
昔は青大将・カラス蛇・マムシなど等見かけていましたね。
気が付かなかったが、何ででしょうね・・・?
蛇の住む場所がなくなったのでしょうか・・?

<< ブラジル紹介:オーボ・デ・パスコア ブラジル紹介: 花 >>