ブラジル紹介: ブラジル大統領の足跡  3 -(終)


*F・エンリキ・カルドーゾ大統領時代
在任期間: 1995年~2002年の8年間(再選で2期続投)

1995年   1月 カルドーゾ新政権スタート
(2月 阪神・淡路大震災)

3月 宮脇植樹祭・・日伯修好100周年・パラー州日系商工会議所10周年記念行事

7月 脱指数化・・レアル・プラン1年でインフレ指数廃止(ハイパーインフレ撲滅)

9月 ベレン日本人学校1996年度より休校を決定

11月 日伯修好百周年紀宮様御来伯

1996年3月 在校生卒業によりベレン日本人学校休校式
非常に残念で仕方ないが、日本の進出企業の減少も時代の流れなのか・・・。
日本人学校跡地は現地の幼稚園に貸与することにした。

8月 トヨタ現地生産開始(カローラ)

9月 パラナ州クリチーバ市長に日系人谷口氏当選・・移民88年の快挙

1997年   5月 ヴァーレ・ド・リオ・ドッセ社民営化による競売・・内資系グループが落札、政府の財政改善策。

平成天皇・皇后両陛下ベレンをご訪問・・5月31日9時7分日本政府特別機にて直接ベレンに到着。

6月 大統領再選憲法改正案可決により再選が可能になった

7月 ブラジル総人口157,079,573人・・IBGE発表

11月 ブラジル初の国産ロケット打ち上げ失敗・・マラニョン州アルカンタラ発射基地

サンパウロ猛暑35.2度・・エル・ニーニョ現象の影響

1998年   1月 環境犯罪法制定(Lei Ambiental=環境法)

3月 ロライマ州大火災・・エル・ニーニョ現象の影響

4月 南米銀行(Banco America do Sul)経営破綻・・日系社会が育てた銀行で、旧富士銀行と資本提携していたが、政府のインフレ政策により破綻・・イタリア系のスダメリス銀行に吸収される。

5月 BMD銀行(サンパウロ)・BBC銀行(ゴイアニア)両行の清算

9月 カルドーゾ大統領再選される

1999年   1月 ミナス州イタマル州知事(前大統領)が州債務のモラトリアム宣言
レアル7.5%切り下げ・・変動相場制(為替バンダ制廃止)
新労働時間体制スタート ・・週5日体制(週44時間)

2月 為替US$/R$2.0648、年初来70.88%のレアル安
PIS・Cofinsが輸出売上以外の全収入が課税対象に変更になった ・・国内売上・金融収入・為替差益etcが対象で大増税策に困惑

3月 為替US$/R$1.7220、16.6%レアル高・・年初来42.51%レアル安

6月 CPMF(小切手税)施行・・2000年6月16日まで0.38%、以降0.3%

10月 中国・ブラジル共同人工衛星打ち上げ成功

2000年   1月 リオの海岸コパカバーナでトップレス解禁となる

3月 パラー州政府経済開発基本プロジェクト発表
1・・・農業開発(植林事業を含む)
2・・・地下資源開発(鉱物開発)
3・・・観光開発(エコツアー)


5月 IBAMAベレン長官Paulo Castelo Brancoが収賄現行犯で逮捕される。

2001年1月 社団法人Asflora(Instituto Amigo das Floresta Amazonica)設立。我々の手で環境団体を設立する運びとなった。

2月 アマゾン開発庁(SUDAM)の不正発覚・・全役員免職処分

3月 江沢民中国主席来伯

4月 北伯開発庁(SUDAM)と東北伯開発庁(SUDENE)閉鎖・・汚職の巣摘出

SUDAMの終焉で、アマゾン地域の免税恩典も終焉となった

7月 全国的節電体制突入・・パラー州15%節電目標(内工業11%目標)

9月 米国にてテロ発生・・世界貿易センタービル崩落・国防総省破壊(9月11日、9.11事件)

パラー州選出のジャーデル・バルバーリョ上院議長の国会議員辞任・・SUDAMの不正に対する抗弁が困難になった為に議員を辞任した。

10月 米国テロ報復攻撃開始・・7日アフガニスタン・タリバン政権とオサマ・ビン・ダーレンを標的

2002年   1月 領事館より「安全対策連絡協議会」召集(外務省公式会議) ・・日本進出企業・日系社会団体等を対象に召集(1月28日)

4月 チャベス政権崩壊を狙ってベネズエラでクーデター ・・(4月12日)・・一日で失敗


赴任期間中に日本では経験できない事を、公私に亘り数多く経験できたことは、私にとって大変有益な経験となった。 



*ルイス・ルーラ大統領  
2003年~現在に至る。(再選で2期目を続投中)
[PR]
by wagahai_tt | 2008-03-25 23:54 | ブラジル紹介 | Comments(6)
Commented by yukun588 at 2008-03-26 20:54
wagahaiさんは一体何年までベレンにおられたのでしょうね?(笑)
僕は知りませんが、通貨が暴落して大変困窮した時代もよくご存知の様ですが、今や1ドルが1.6レアルで買え、債務国から債権国へ変わったそうです。
ここ数年で物凄い変化があったみたいですね!
Commented by wagahai_tt at 2008-03-26 21:35
yukunさん、こんばんは・・・・。
今回勝手な切り口で、当時のメモを基に3回に分けて記載してみました。
読む人にとっては大して面白くもないが、当時自分がブラジルに住んでいた記憶として記事にしてみました。
自分の足跡かもしれませんね・・・・。
今はブラジルも債務国から債権国になったのですか、21世紀を担う国になりますね。
一回目の記事には赴任期間も記載しています。
又時間があれば読んで見て下さい。

Commented by かおりん at 2008-03-26 22:27 x
wagahaiさん、こんばんは^^
ブログ運が悪くて、あちこちさまよいました。
今日、画像をUPしたとして、何ヶ月もあとに飛んで行っちゃうんです。
桶狭間の画像の中に岡崎城の画像がポツンと混じるわけです。
何十回も続くので違うブログにしようと考えたわけですが、
皆さんにはお世話をおかけしています_(._.)_
Commented by wagahai_tt at 2008-03-26 22:41
かおりんさん、こんばんは・・・・。
そうのようすね、試行錯誤の連続のようですが、頑張って下さい。
その内落着いて来ますよ・・・・。
今はどのブログがメインか分かり辛いですが、夢一輪がメインですか・・・?

Commented by vangino at 2008-03-27 19:17
こんばんは
本当にいろんな経験をされましたね。
思い返せば懐かしい思い出になるでしょうが当時は
困惑されたことも多かったでしょうね・・
あの広大な国土に人口は日本の2割アップほどなんですね。
Commented by wagahai_tt at 2008-03-27 20:17
vanginoさん、こんばんは・・・・。
色々経験しましたよ、海外だから全てがカルチャーショックですよ。
その分ストレスもありましたが、異国文化に触れる面白さもありましたよ。
日本の23倍の国土で、ほぼ日本と同程度の人口ですよ。
但し、国土が広く、アマゾンのような秘境もあるので、人口把握がどこまで正確かは疑問ですがね・・・(笑)。

<< カルチャーショック 77 ブラジル紹介: ブラジル大統領... >>