カルチャーショック 76


テコテコ(セスナ機)が着陸するマラジョ島の奥地の飛行場は、1m程に成長した草原にカルチャーショック。(チャーター便で島を訪問した時だが、目の前の草原を見て、おいおい大丈夫か・・? パイロットは平気で着陸したよ。)




テコテコは現地で帰りの給油をするが、燃料は座席の後ろのポリタンクの中にカルチャーショック。(現地に給油所は無いので予め積んで行く、これでは事故の時は危険だよな・・・・・。)




テコテコでアマゾンの支流であるガマ河の横断に約1時間かかるのにカルチャーショック。(支流も広いが、川面に写る機影の小さいことにもびっくりだ。上から見るとトンボが川面を飛んでいるようだったよ。)




テコテコをチャーターする時、まずパイロットに聞く事は、 「お前は今までに何回墜落した?」 にカルチャーショック。(今まで一度も落ちたことの無いパイロットはNO、落ちた経験のあるパイロットは落ちる方法を知っていると言う事でOKだよ。)




テコテコの着陸態勢はまるでジェットコースターにカルチャーショック。(急に右旋回しながらの着陸は、助手席では殆ど横になった状態で、身体が外に飛び出しそうだよ。彼等の操縦は荒っぽいよ・・・。)

[PR]
by wagahai_tt | 2008-03-17 07:12 | カルチャーショック | Comments(12)
Commented by yukun588 at 2008-03-17 09:44
アマゾン河に飛ぶセスナ機がトンボに見えるとは、その巨大さが想像されますね~!、墜落経験があるということはパラシュートの使い方も上手だということですかね??
Commented by seisuis at 2008-03-17 10:55
こんにちは~
あの、今日のはかなり怖い話が・・・
ジェットコースター?何回墜落した?
怖すぎます~~~~~~(><;
Commented by wagahai_tt at 2008-03-17 12:32
yukunさん、こんにちは・・・。
セスナ機から下を見た時の機影は、トンボ程度でしたよ。
ガマ河の川幅も広く、30分飛んでもまだ川の上なんだよ。
テコテコに乗る時は誰もパラシュートをつけません、多分用意もしていないのだと思いますよ。
墜落経験は、上手く不時着したと言うことですね。
落着いて不時着場所を探しながら滑空するのでしょうね。
未経験だと慌てて、頭が真白になるのだと思いますよ。
どんなケースも乗客としては墜落はごめんだね・・・・。

Commented by wagahai_tt at 2008-03-17 12:44
seisuisさん、こんにちは・・・・。
助手席に座って右旋回しながらの着陸は、体が真横になるんだよ。
その時見た着陸場所が草原だったので、その方が驚きだったよ。
何回墜落した?は経験者は落着いて不時着できるが、未経験者はパニックになるだろうね。
知人の黒人パイロットは、残念ながら13回目の墜落で死亡したが、12回までは上手く不時着したと言う事ですね。

Commented by kawazukiyoshi at 2008-03-18 13:34
すごいですね。
やっぱりおおらかさが違いますね。
でもちょっと怖い気もします。
緑を守るって大変です。
中国もそんなところに力を入れればいいのにね。
今日もスマイル
Commented by sumiko at 2008-03-18 17:38 x
こんにちは♪
ジェットコースターのように着陸とは、怖いですね~~
帰りの燃料を積んで飛ぶのですか、ビックリですね
1時間も乗っているとは、大変怖い事ですね
アマゾンで飛行機に乗るには命がけですね。
Commented by wagahai_tt at 2008-03-18 18:52
kawazuさん、こんばんは・・・・。
大らかさはありますね、怖いと思うことも同居していますが・・・。
アマゾン社会を見ると、緑を守るのは難しいでしょうね・・。
特にバイオの世界になると困難ですね。
そんな中でも減少傾向に少しでも抵抗しているのがAsfloraの活動です。
21世紀を担う中国は、もっと真摯に現実を受け止めるべきでしょうね。
オリンピックも、チベットも、台湾も・・・・。
今日もスマイルですね。

Commented by wagahai_tt at 2008-03-18 19:07
sumikoさん、こんばんは・・・・。
急な旋回ではジェットコースターですね。
マラジョ島の中では、中心地でないとガソリンスタンドが無いのですよ。
積んで行くのは仕方ないかも知れません。
河の横断で1時間ですから、奥地からの飛行では2時間ですよ。
アマゾンのパイロットは不慮の事態に素早く対応が出来るので、むしろ安全ですよ。

Commented by vangino at 2008-03-19 21:40
こんばんは
うーん!今回の話も驚きですねー
アマゾンの支流の横断でさえセスナ機で一時間とは・・
改めてブラジルの広さにビックリです。
Commented by koyomi-w at 2008-03-19 22:00
「支流であるガマ河の横断に約1時間かかる」
このことから、
いかにアマゾン川が長大だと想像できますね。
いえ、きっと想像を絶するでしょう。
wagahaiさんにしか分らないでしょうね。
Commented by wagahai_tt at 2008-03-19 22:02
vanginoさん、こんばんは・・・。
マラジョ島(ブレベス)を飛立って、ベレンに到着まで約1持間です。
大西洋からの海風に向かって飛行するので時間がかかりますね。
飛行は殆ど河の上ですが・・・・。
ベレン→マラジョ島(ブレベス)迄は約45分ですよ。
帰りの方が時間がかかります。

Commented by wagahai_tt at 2008-03-19 22:12
koyomiさん、こんばんは・・・・。
以前にも記事にしましたが、アマゾン河の河口の川幅は約400kmです、その中にマラジョ島があります。
この島の面積は、九州より少し大きいようです。
その島のベレン寄りからベレンまで約1時間です。
現地を知らなければ想像を絶するかも知れませんね。
雄大ですよ・・・・。

<< ブラジル紹介: ブラジル大統領... Asflora活動報告(200... >>