「ほっ」と。キャンペーン

Asflora活動報告(2008-2)


Asfloraから2008年2月に第二回目の報告が届きました。
以下にその内容を紹介します。


また、Asflora(アマゾン森林友の協会)便りを発信します。
一人よがりのようで気がひけますが、子供たちの写真を撮ると、ついみんなに見せたくなってしまうのです。

*2月12日は、地域の子供たちに集まってもらい、森の劇と植樹行事をしました。
突然、パラー州政府の広報係りから取材したいというので、森の劇団員に集合してもらった次第です。しかし、劇団員2人が来られなくなってしまいましたが、何とか代役を立ててうまく切り抜けました。今度は、監督役の私も新米劇団員になろうかと思っています。どんな役になったらよいでしょう・・? 
頭はいまだに未熟ですが、成熟した木の役になるのがいいのかも知れませんね・・(笑)。
みんなは、白髪を黒く染めて劇団の一員に入れと言いますが・・・

f0096068_8191225.jpg
↑子供達も植樹の説明を真剣に聞いています。

f0096068_8211115.jpgf0096068_8213570.jpg








↑森の劇が始まると子供達も真剣に見ています。

f0096068_825090.jpg
↑その後子供達の手で植林をしました。

f0096068_826474.jpg
↑最後はAsflloraの看板の前で子供たちが全員集合してお開きとしました。



*2月15日、ベレンから180km地点のカスタニャンデウア部落(モジュー郡)に行きました。朝8時半から、水源の森つくり植樹祭です。この水源の森つくり行事には、日本からはイオン環境財団、地元ではMario Borge油椰子農場のご支援、ご協力がありました。Obrigado!(ありがとう)

現地に着いたら、小雨模様。部落の学校(モジュー郡立ジョゼ・ナッシメント校)に行くと、もう生徒と先生が150人も集まっていました。田舎の子供は、雨など気にしません。「雨が好きな奴、手をあげろ!」と言うと、みんな元気よく手をあげます。この勢いで、学校裏手にある小川の岸辺に向けて小雨の中を出陣です。
f0096068_8362677.jpg
↑前日、Aimex(パラ州輸出木材工業協会)の種苗センターから運び込まれていた1000本の各種苗木が、緩やかなスロープの上にまとめて置いてありました。この苗木を子供たちが各自手に持って、植樹を行う植樹地との間を5回ほど往復してくれました。その後、木の無くなっていた水源地の場所が、子供たちが植えた苗木で覆われてしまいました。

f0096068_839158.jpgf0096068_8394175.jpg








↑岸辺の向こう側の森と手前の土地の持ち主は、こうして子供たちが植樹する姿を見て、「もう小川沿いの木は切らない、これからは水源林を守る」と言ってくれたそうです。

f0096068_8415590.jpg
↑後ろの小川は、ジャンブアスー川の水源の一つ。
部落の人たちはこの下流で洗濯、水浴をします。これまで、みんなでゴミ掃除などをしてきました。

f0096068_844376.jpg
↑看板の左は、Asflora会長エーデル。

f0096068_8453851.jpg
↑植樹後に学校に戻って。私の右が校長先生。
今日は早起き(午前3時半)して出てきた甲斐がありました。

更に3枚の子供達の写真です、良い顔をしているよ。

f0096068_8481820.jpgf0096068_8484289.jpg








f0096068_8505447.jpg
↑植樹後に休みながら仲間とおやつを食べたり、ふざけ合ったりと楽しんでくれたようです。

15日は森の劇は上演しませんでしたが、子供達は喜んでくれました。
ありがとうございました。

Asflora - Instituto Amigos da Floresta Amazônica

[PR]
by wagahai_tt | 2008-02-21 09:00 | Asflora | Comments(18)
Commented by seisuis at 2008-02-21 09:08
おはようございま~す!
エッ?どれどれ?どれがwagahaiさん?????
私の右って?大人は一人にしか見えないですけど~~~(ToT;
Commented by wagahai_tt at 2008-02-21 10:33
seisuisさん、おはよう・・・・。
これは現地からの報告ですよ。
ここに出て来る「私」はwagahaiではなく、記事を書いて送ってくれた、
現地で活躍している本人ですよ。
写真に写っている白髪の右(写真に向かって右)に大人の顔が映ってるでしょう、この人が校長先生のようですよ。
ブラジル人の顔は見分け難いですかね・・・・(笑)。
Commented by vangino at 2008-02-21 21:26
こんばんは
またまた心穏やかになる記事ですね。
子供たちが植樹したところは伐採しないとの
土地の持ち主のコメントがいいですね。日本の子供たちも
もっと植樹に参加できるシステムを作ってほしいものです。
Commented by rin-koko at 2008-02-21 22:02
こんばんは^^
子供達が楽しみながらの植樹活動はいいですね。
子供達の笑顔は、見ていても気持ちが良いです。
服がお揃いなのは、この活動のためなのですか?
Commented by wagahai_tt at 2008-02-21 22:39
vanginoさん、こんばんは・・・・。
子供の活動が大人の意識まで変化させるのはいいですね。
彼等大人も素直で優しい気持ちの持ち主なのですよ。
日本の子供達に、もっと自然に触れさせてやりたいですね。
受験だけが人生ではないことを、教えてやりたいですね。

Commented by wagahai_tt at 2008-02-21 22:54
凛さん、こんばんは・・・・。
また又、asfloraの活動報告です。
現地の子供達は何でも楽しくやりますよ・・・・。
子供達の笑顔は何処の国もいいものですね。
服装が同じなのは各学校の制服ですよ。
日本と違って、彼らの制服はTシャツですよ。
年中暑い熱帯ですからね・・・・。

Commented by sumiko at 2008-02-22 13:05 x
こんにちは♪
子供達の笑顔がとても素敵です
植樹前に「森の劇」で、森の大切さを教えるのですね
↑そうなのTシャツが学校の制服ですか♪
Commented by yukun588 at 2008-02-22 16:32 x
このシルバーグレーの髪の方がご友人ですね♪、子供達の明るい笑顔はエネルギーを与えてくれている様で、活動にも元気がでることでしょうね(笑)
森林保護活動を演劇にして広く世間に認知してもらうのは大変有意義で有効な活動だと思いますね♪
Commented by kaorin at 2008-02-22 18:03 x
wagahai さん、こんにちは♪
子供たちの表情が生き生きとしていますね。
森から木が消えてしまったら大変です。
とっても有意義な活動だと思います*^-^)
Commented by kita800 at 2008-02-22 18:51
こんばんは。

子供たちの笑顔がとてもいいですね~
瞳がきらきら輝いて素直さが伝わってきます。
森にもっと、もっと木が茂るといいですね!
wagahai さんのブラジル紹介を読むとブラジルに
本当に行ってみたくなりますね!
Commented by wagahai_tt at 2008-02-22 19:15
sumikoさん、こんばんは・・・・。
何処の国も子供達の笑顔は素晴らしいですね・・・。
子供達に森林に興味を持たせるために、森の劇を始めたようですよ。
田舎には子供の娯楽もないので、子供達も楽しんでくれているようです。
そうなんですよ、アマゾンは格差社会だから、裕福も・貧困も同じTシャツの制服なのですよ。

Commented by wagahai_tt at 2008-02-22 19:24
yukunさん、こんばんは・・・・。
この若くして白髪の人物がAsfloraを立ち上げた時の同僚です。
子供達のこの笑顔が、彼らの活動の原動力ですよ・・・。
今は子供たちへの啓蒙活動で、彼らが成長して同じ考えでいてくれれば成功ですね。
子供たちの意識の中にどれだけ残留するかですね・・・。
期待もあるが、地道な活動が結果を生むでしょう。

Commented by wagahai_tt at 2008-02-22 19:32
kaorinさん、こんばんは・・・・。
子供たちの表情はいいでしょう、何処の国も一緒ですね。
森のかなりの面積で、木が消えていますよ。
子供たちへの啓蒙活動も、彼らの意識に残れば成功ですね。
Commented by wagahai_tt at 2008-02-22 19:42
keikoさん、こんばんは・・・・。
子供たちの瞳は輝いているでしょう。
自然の中でのびのびと生きていると目も輝くのですね。
日本の子供たちの目も輝かしたいですね。
森の木が無くなると色んな弊害が生まれますね。
弊害が出て初めて森のありがたさが分かるのですよ。
拙い記事でブラジルに親近感を感じてくれてありがたいよ。
今年後半は再度アマゾンまで行ってきます。

Commented by koyomi-w at 2008-02-22 20:20
子供たちの真剣なまなざしや、笑顔は、
いわゆる先進国の子供たちにない素晴らしいものです。
結局、大人の責任なのかな・・・
文明の発達はほどほどでいい、という気がします。
Commented by wagahai_tt at 2008-02-22 21:25
koyomiさん、こんばんは・・・・。
子供たちはいい目をしているでしょう。
自然の笑顔から生まれてきたまなざしですよ。
最近の日本では失われつつあるようですね・・・。
大人の責任でもあり、教育のあり方にも問題があるように思いますよ。
文明の発達は良いが、その受け入れ方に問題があるのではないでしょうか・・・・?
インターネットやメールのように・・・・。

Commented by pazz at 2008-02-23 02:28 x
ホント!!子どもたちの笑顔は何処の国でも素晴らしいものですね。
この笑顔のためにやはり文明の発達はほどほどが良いようです。
何事もほどほど・・・に。
実は家族の者が張り切りすぎてダウンしてしまいました。
いつも頑張りやなのですが、ちょっとペースアップしてるな・・・と思っていたら・・・やっちゃいました。発熱+ヘルニア。本人も「あーほどほどにしとけばよかった~」と。体調不良が一ヶ月続いています。
暖かくなる頃には元気になって欲しいです。
ああ~~何事も「ほどほどに・・・」  良い言葉ですね。
Commented by wagahai_tt at 2008-02-23 07:17
pazzさん、おはよう・・・・。
何処の国でも子供の笑顔は同じですね。
何事もほどほどに・・・、その方が良いですね。
便利も良いが、便利になり過ぎには弊害も伴いますね。
ご家族がダウンですか、それは大変ですね。
一ヶ月も体調不良が続くと、本人も家族も大変ですね。
ヘルニアですか、寒い日が続いたからですか・・・?
早く元気になられる事を祈っていますよ。
「ほどほど」や「マイス オゥ メノス」が良いですね。

<< カルチャーショック 73 ブラジル紹介: バイオエタノール >>