カルチャーショック 58


北パンタナール、ホテルまでの地道を、コンビ(ワンボックスカー)で走っている時、岸辺の野生の鰐が車の音に驚いて川にもぐり始めたのにカルチャーショック。(野生の鰐が水に潜り始めるのを、その時初めて見ました。)




以前のブラジルは、キャッシュカードやクレジットカードより、小切手が一般的だったことにカルチャーショック。(各個人が銀行に当座勘定を開設し、買い物の都度、小切手を発行する。数字をポルトガル語で書くので、小切手を書くのも大変だったが・・・。)




ブラジルの銀行が発行した小切手で、隣国アルゼンチンでの買い物にも使用できたことに、カルチャーショック。(ブラジルの小切手が、アルゼンチンでも使えたよ。)




当座勘定は利息が付かないので、オーバーナイト(Over Night)で資金運用にカルチャーショック。(名前の如く、銀行が閉まる午後3時から翌朝9時まで、一晩当座資金を運用して利息を稼ぐシステムだが、インフレ終息と共にこのシステムもなくなり、今はポーパンサ預金だけのようだ。)




ハイパーインフレ時代の定期預金は、預金期間が一ヶ月単位で、金利も前決め・後決めの二種類に、カルチャーショック。(インフレが激しいので、長期間の資金運用は銀行も受付けないし、企業・個人もしなかった時代だ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-11-08 07:51 | カルチャーショック | Comments(16)
Commented by koyomi-w at 2007-11-08 22:00
定期預金のお話、
日本では考えられないことなので、
新鮮なカルチャーショックでしたよ。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-09 07:36
koyomiさん、おはよう・・。
日本の定期預金の期間は年単位ですが、
当時のブラジルは1ヶ月より長い定期預金の期間は無かったのですよ。
オーバーナイトより金利がよかったので、毎月の必要資金を当座に残し、
定期預金運用したものです。
金利もその都度銀行と交渉したものです。
Commented by yukun588 at 2007-11-09 08:48 x
ハイパーインフレ時代の名残で、こちらの会社の給与は今でも20日に40%,翌月5日に60%というように分割して支払われますね。
なぜか、理由がよく分からなかったのですが、超インフレで給与の支給が遅れると一ヶ月でも大変な目減りをするからだったようですね!?
Commented by sumiko at 2007-11-09 09:13 x
おはようございます♪
野生の鰐に遭遇するのですか(@_@)
こちらで、野生の鹿やキタキツネに出会うのと、同じことかな?
定期預金のことも驚きですね。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-09 10:51
yukunさん、おはよう・・。
従業員のことを考えて、多くの会社がそのような対応をしていましたよ。
40%をadiantamentoとして支払い、給与支払日に40%を相殺して支払う、各種控除は正規の支払日に精算するやり方です。
月二回に分割して支払いだすと、彼等の生活習慣がそれに慣れるので、一回払いに変更するのには抵抗があるでしょうね。
まだまだインフレの名残があるのですね・・・。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-09 11:00
sumikoさん、おはよう・・・。
野生のワニは沢山いますよ、川辺には草むらで休んでいるワニが至る所にいますよ。
襲ってくることはありませんが、初めて見るとビックリしますよ。
多分北海道で野生の鹿やキタキツネに会える頻度に比べれば、パンタナールのワニは生活圏内で共同生活しているようなものですよ。
インフレ時代の定期預金は、日本ではなかなか想像できないでしょうね。
Commented by kinako1104t at 2007-11-09 16:02 x
野生の鰐がたくさん?ですか・・・・。
恐いですね。
鰐=襲うもの・・のイメージがあります。

私は金融機関で働いていたので預金の話は
驚きでした。
Commented by rin-koko at 2007-11-09 18:10
こんばんは^^
鰐の話にはビックリです。
そんなにたくさんいるのですか・・・。
襲わないと言っても、近くでは見たくないです^^;
定期預金も、日本では考えられませんね。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-09 19:10
kinakoさん、こんばんは・・・。
野生のワニの数にはビックリしますよ。
>鰐=襲うもの・・のイメージがあります。<
逆ですよ、襲うのは人間で、人間がワニを食うのですよ・・・。
鳥のささ身のようで美味いですよ・・・。

金融機関で仕事をしていましたか・・、それならなおさらブラジルの資金運用には驚きですよね・・。
オーバーナイトと言い、一ヶ月定期預金と言い、日本には無いものばかりですよ。
この様なシステムを活用して、我々が儲けた時期があったのですよ。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-09 19:16
凛さん、こんばんは・・。
ワニは沢山いましたよ。
人間がワニを襲って食料にしていましたよ。
ワニの肉は鳥のささ身ですよ。

資金運用システムは日本では考えられないですね。
ハイパーインフレ時代の名残ですよ・・・。
Commented by pazz at 2007-11-10 00:53 x
そういえば在伯時女中の給料は週給でした。
計画性が無いからなのか・・・と思っていましたが、違ってました。
彼女たちが原因では無かったのですね。その理由が今分かりました。
今はインフレも終息したのでしょうか。物価も高値安定?のようでした。昔を知る旅行者にはお土産一つ買うにも考えさせられました。

Commented by wagahai_tt at 2007-11-10 01:19
pazzさん、おはようございます。
女中の給与は週給でないと生活できなかったでしょうね。
企業も週給の時代がありましたよ、毎週何百人も現金で支払うのは大変でした。
それで月ニ回に切り替えたのですが、毎週給与の仮払いを請求されて、
大変な時代でしたよ。
当時のインフレは月間100%以上でしたが、今では年間10%程度に落着いているようです。
反面物価は高値安定しているようですね。
Commented by kmaroon at 2007-11-10 09:11
おはようございます^^
給料を二回分割でいただけたら、
助かるかなぁ・・??^^;(笑)
定期預金の話はびっくりですね。

ワニが鶏肉のような味だなんて、それも驚きです^^;
Commented by kita800 at 2007-11-10 16:24
こんにちは。

定期預金~へぇ~のひと言です。
日本じゃ、ありえませんよね^^;
鰐・・・近くを歩けませんね^^;やっぱり騒音は恐いのね!

昨日、イルミネーション見に行って来ました。
よかったら見てくださいね^^


Commented by wagahai_tt at 2007-11-10 22:09
マロンさん、こんばんは・・・。
給料の二回分割は嬉しいですか・・・?
合計して1回分ですよ。
ハイパーインフレの時は月間100%以上のインフレだから、
月初1000円のものが月末2000円以上の値段になるので、
社員の生活を考えて2回にしたのですが、彼等はそれ以上の分割を望んでいましたよ。
定期預金には驚きましたか・・、そうですよね、日本では考えられないことですから・・。
ワニの肉は鳥のささ身に近いですよ。多分マロンさんの美味しく食べられると思いますよ。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-10 22:19
keikoさん、こんばんは・・・。
当時の定期預金には驚くでしょうね。
銀行も我々もお互いにこの方が良いのですよ、インフレの予想が難しいので・・・。
ワニに近づいたら彼らのほうが逃げますよ。
先ず人間を襲うことはしないでしょね、彼等も危険は知っていますよ。

イルミネーション見て来ましたよ。小倉も神戸のルミナリエのようだね。
綺麗だったよ。
<< ブラジル紹介:農作物シリーズ ブラジル紹介:アルミ精錬事業Ⅱ... >>