ブラジル紹介:アルミ精錬事業Ⅱ・アルノルテ社


ボーキサイトをカセイソーダで分解し、アルミの原材料になるアルミナを生産している。

Alunorte社(Alumina do Norte do Brasil S.A)
f0096068_11194217.jpg

f0096068_11203447.jpg茶色のボーキサイトにカセイソーダを加えて分解し、アルミの原材料になる純白のアルミナを生産している。









ボーキサイトは掘り出したものを積み上げている。
f0096068_11243176.jpg

1995年生産開始 生産量110万トン/年。
2004年現在の生産量 240万㌧/年、内80万㌧/年をアルブラス社に納入。
160万㌧/年を海外輸出。
2004年現在 420万㌧/年 まで生産設備の拡張工事中であった。

f0096068_11291353.jpg工場内はパイプラインばかりで、生産工程も製品の流れも全く分からなかった。










生産したアルミナは一旦巨大な貯蔵タンクに貯蔵し、そこから出荷する。
f0096068_11314330.jpg


輸出は港までパイプラインでアルミナを運搬して船積みを行う。
f0096068_113350100.jpg


積込みもパイプで直接船積みを行う。
この港からアルミインゴットの船積み出荷もする、ほぼアルブラス社関連の専用の港であり、大型貨物船の停泊も出来る。
f0096068_11354148.jpg


f0096068_1137461.jpgアルミナ精製過程でカセイソーダを使用すれため、ボーキサイトの残土が有害産業廃棄物になっている。
広大な工場敷地の一角に廃土の山を作り、流出を防いでいると同時に環境を考えて植林も行っているようです。

[PR]
by wagahai_tt | 2007-11-06 11:39 | ブラジル紹介 | Comments(19)
Commented by wagahai_tt at 2007-11-06 18:58
今回はアルミの原材料になるボーキサイトからアルミナをつくるアルノルテ社を紹介しています。
Commented by pazz at 2007-11-06 23:16 x
開発、発展の副産物には考えさせられるのもが多いです。
有害産業廃棄物が世の目を見ることができることは大変喜ばしいことですね。
今は亡き息子が1992年から言っていました。「自然を壊すばかりでなく、人間と自然が仲良くできることを考えなければいけないね」と。
Commented by yukun588 at 2007-11-07 00:05
この赤土の山がボーキサイトですか!
アルミの精錬で出来る廃棄物は、この苛性ソーダを含んだアルカリ残土なんですね!、これが日本でも大きな問題になっているのでしょうね!?
地球上には強アルカリ条件下で生存できる生物は居ませんからね。
Commented by kinako1104t at 2007-11-07 05:13
おはようございます。
この膨大なボーキサイトの残土にも驚きますね。
人間が便利で豊かになるには陰でまた問題も
出て来るようです。
日常で何気なく使ってるアルミ製品の数々~。
こういうことも知っておかないと・・・と思いました。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-07 07:16
pazzさん、おはようございます。
この会社は有害産業廃棄物を隠すことなく、堂々としていましたよ。
将来どうなるかは分かりませんが、現在は流出防止策を行っているようです。
息子さんの言われていたように、自然と人間の共生は、これからも大きなテーマですね。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-07 07:34
yukunさん、おはよう・・・。
人間社会に必要なものを作る裏側で、副作用としてこの様な廃棄物が出来るが、
この問題を一企業ではなく、社会問題としてオープンに考える必要がありますね。
地球上の問題は場所を問わず将来の禍根になるでしょうね。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-07 07:43
kinakoさん、おはよう・・・。
膨大な残土も、アルミの増産に従って、今後益々増大して行きますよ。
豊かさを求める裏側で起きている問題も、白日の下でオープンに議論して、
対処する必要があるでしょうね。
Commented by seisuis at 2007-11-07 12:11
こんにちは^^
沢山の赤土の山・・・・
どんどん増えていってこの先どうなるのでしょう~・・・・
と思っちゃいました。・・・難しい問題ですね。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-07 12:28
seisuisさん、こんにちは・・。
この先この廃土が増えて行ったらどうなるんだろう、と現地で見た瞬間に思いましたよ。
彼らもまだ解決策を見出してはいない様で、今後の課題でしょう。
裏に難問を抱えた現実で、包み隠さずオープンに議論すべきですね。
Commented by かおりん at 2007-11-07 14:13 x
こんにちは~♪
ボーキサイト…
普段、あまり耳にしませんがアルミの原料なんですね。
需要は毎年、確実に伸びているようです。
今回、少し勉強させていただきました(^-^
Commented by wagahai_tt at 2007-11-07 14:31
かおりんさん、こんにちは・・・。
身近にアルミがあっても、見たり聞いたりしないと、アルミの原材料までは考えもしないですよね。
たまたまアマゾンでアルミのプロジェクトが立ち上がったから、結構身近に感じて記事として取り上げたのですよ。
Commented by rin-koko at 2007-11-07 19:07
こんばんは^^
アルミの原料がボーキサイトなんですね。
便利に使っているアルミですが、生産過程には
難しい問題もあるのですね。
大変勉強になりました(^^)v
Commented by wagahai_tt at 2007-11-07 19:42
凛さん、こんばんは・・。
アマゾンで採れるボーキサイトからアルミナを作り、そこからアルミを作るのですが、その生産過程で色んな問題をはらんでいますね。
解決策があるのか・・・?
現地では考えているでしょうね・・・。
身近のアルミにも問題がありますね・・。
Commented by sumiko at 2007-11-07 20:43 x
こんばんは♪
>ボーキサイトにカセイソーダを加えて分解し、アルミの原材料になる
>純白のアルミナを生産・・・・
そんな難しい工程で出来る、アルミを便利に使っていますが・・・
有害産業廃棄物等、難しい問題もあるのですね
wagahai_tt さんのブログで、随分勉強になりました。
有難うございますm(__)m
Commented by wagahai_tt at 2007-11-07 21:12
sumikoさん、こんばんは・・。
アルミを作る工程で廃棄物も出来るのですよ。
いずれこの処理に彼等も頭を悩ますことでしょうね。
我々の生活環境に豊富にあるアルミも、作れば作るほど環境問題も大きくなるようですよ。
Commented by カエル at 2007-11-08 04:28 x
苛性ソーダ。今その言葉で連想するのは牛乳です。
ブラジルの牛乳に苛性ソーダと過酸化水素が混ぜられてました。
大変なことになってます。

そうそう、coco seco買いましたよ。夫が以前coco secoのピンガを飲んだことがあるとかで、喜んで中にピンガを入れてました。しばらく置いて飲むんだとかで今冷蔵庫に入れてあります。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-08 07:12
カエルさん、おはよう・・・。
ブラジルでは牛乳に苛性ソーダと過酸化水素を混ぜているの・・・?
何のために・・・? 防腐・・・?
以前から・・・? 最近・・・?
知らなかったなぁ~!!!
知らずに飲んでいたのかな・・・?

coco seco買って来たようだね、既にピンガが入ってるんだね。
こっそり冷蔵庫を開けて飲みたいよ!!!!
Commented by カエル at 2007-11-11 05:52 x
wagahaiさんこんにちは。

いつからそんな物が混ぜられていたかについては私は分かりません。
苛性ソーダや過酸化水素のほかに水や砂糖なども加えられていました。
量を増やし、賞味期限を延ばして利益を増やすためだったそうです。
その方法を助言して金を取っていた化学者が逮捕されています。

夫はピンガはまだまだ!と言っていますが大丈夫なのかなあ。
Commented by wagahai_tt at 2007-11-11 07:42
カエルさん、おはよう・・。
牛乳の賞味期限を延ばすためや、増量のためにそのような事をやっていたのか、知らずに飲んでいたんだな・・・。
助言した化学者が逮捕されたのか、メーカー側の逮捕者はいないの?
日本も今は食に対する問題が多発しているよ、賞味期限偽装が多く、
メーカー側の犯罪で、逮捕者もいます。
会社の存続も危ないでしょう、目先の利益に惑わされて基本・本質を忘れた結果です。

ピンガまだ冷蔵庫の中か・・・、飲みてぇ~!!!。
もうぼつぼついいよ飲んでも・・・。
<< カルチャーショック 58 ブラジル紹介:アルミ精錬事業・... >>