カルチャーショック 55


青酸性の毒があると言われるマンジョカ芋(タロイモ)を、摩り下ろして絞ったものを火に掛けて毒性を飛ばしながら炒ったものが、ファリーニャと呼ばれるアマゾンの準主食にカルチャーショック。(フェーラと呼ばれる露天のフリーマーケットで、白色・黄色・キメの粗いもの・細かいもの、種々のファリーニャが売られているよ。)




ファリーニャを作る時に出る絞り汁を、火に掛けて毒性を飛ばしたツクピー液の味が日本人の口にも合う味わいに、カルチャーショック。(最初に食べたブラジル料理で、しかも思い出に残った煮込み料理でもある。)




ツクピー液は、時間が経てば酸味がきつくなるのにカルチャーショック。(作りたてが一番美味いよ。)




海岸の灼熱の砂の上で、生牡蠣の殻を割って、ライム(レモン)を絞って掛けて食べる美味さに、カルチャーショック。(牡蠣の大きさにもびっくり、日本の倍はあるものも・・・。)




灼熱の海岸で、炒ったピーナッツを新聞紙に包み、カンテラで暖めながら売りに来る少年にカルチャーショック。(焦げている粒の小さいピーナッツだが、海岸で飲む冷えたビールのつまみには、持って来いだよ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-10-13 19:36 | カルチャーショック | Comments(14)
Commented by rin-koko at 2007-10-13 21:25
wagahaiさん、こんばんは☆
火に掛けただけで、本当に毒性がなくなるのですか?
ちょっと怖い気がしますが・・・。
生牡蠣は美味しそうですね。
日本の倍の大きさとは、是非 食べてみたいものです。
Commented by wagahai_tt at 2007-10-13 22:03
凛さん、こんばんは。
この芋は人間が生で食べると死ぬと言われています。
どう言う訳か豚は3個までなら大丈夫のようです。
でも生で食べたことが無いのではっきりしないが、
現地での話しだから確かなのでしょう。
熱を加えると毒性が無くなるのも現地の話なので、多分そうでしょう。
この芋から作ったファりーニャは美味いのですよ。
メイドが作るファローハは、これをバター炒めにした物だが、美味いのでついついつまんでしまいます。
凛さんもツクピーを一度食べたらはまるよ。
海岸の生牡蠣は美味いよ、食べてみたいでしょう。
殻を開いてライムをかけて食べると美味いよ。
Commented by pazz at 2007-10-13 23:49 x
ツクピー、毎日でも食べたいような…私も大好物です。ジャンブーのビリビリも素敵!もちろん今回のヒットも、パットのツクピーでした。
持って帰れる物ならトランク一杯詰めて帰りたいです。ファリーニャは持って帰りました。早速ファロファを堪能しました。
Commented by wagahai_tt at 2007-10-14 07:57
pazzさんもツクピーは好物ですか、日本人の味覚に合いますよね。
我が家はツクピー液を濃い目に炊いた奴を、冷凍してイゾッポで持って帰りますよ、何回かは日本で楽しめます。
但し、事前に現地にお願いして作ってもらわないと駄目ですがね・・・。
ツクピー液で茹でたカランゲージョは食べましたか・・・?
ファローファは玉葱をじっくり炒めて、水分を飛ばしたものを混ぜて作れば、美味さ倍増ですよ。
Commented by yukun588 at 2007-10-14 10:05
マンジョッカやマンジョッキーニャが美味しくて、小口に切って水煮にしたり、カレーの具材に入れたりして食べていましたが、加熱だけでは青酸化合物が完全には分解しないようです。 
やはり、すり潰して毒のある汁を除くのが安心のようですね!?。
Commented by wagahai_tt at 2007-10-14 16:01
yukunさん、ボア・タージ・・・。
マンジョカを料理して食べてるのですか、さすがだね。
マンジョカに似ているが毒の無いマカセイラは塩味でよく食べましたよ。
マンジョカの搾り汁は煮詰めて、ファリーニャは大きな鉄板で煎ることで毒性を飛ばします。
搾り汁を煮詰めたのもを、ツクピー料理としてよく食べてましたよ。
これが美味いんだよ。
Commented by koyomi-w at 2007-10-14 18:52
青酸性の毒!
これだけでもショックなのに、摩り下ろし、絞って、火にかけて毒性を飛ばす。
しかも、アマゾンの準主食にしている。
あ~~、ホント、肝が冷えます。カルチャーショック。
Commented by wagahai_tt at 2007-10-14 19:27
koyomiさん、こんばんは・・。
マンジョカ芋には青酸性の毒があるのですよ、人間が生で食べると死ぬそうですよ。
豚は体内に解毒作用を持っているようで3個までは問題ないようですが、
本当かな・・・・?
この芋を擦り下ろして、搾って汁をとばした物を大きな鉄板で煎ったものが、ファリーニャでこれがアマゾンの準主食なのですよ。
これが無いとアマゾンの住人は大変ですよ・・。
これを食べた後に水を飲むと満腹感があり、肝も温まりますよ。
Commented by kinako1104t at 2007-10-14 21:28 x
加熱するだけで毒が消える?
ちょっと怖い気がします~。
キノコの毒は消えませんからね。
マンジョカ芋にカルチャーショックです!

生牡蠣は苦手ですがピーナッツは美味しそう♪
Commented by wagahai_tt at 2007-10-14 22:26
kinakoさん、こんばんは・・。
マンジョカ芋は加熱で毒が分解するのですよ。
確かにキノコの毒は加熱しても消えませんね。
マンジョカ芋の粉は色んな料理に入れて食べるのですよ。
芋の搾り汁で作ったツクピー料理にも入れるし、豆料理にも入れて食べるのですよ。

生牡蠣は苦手ですか、美味いのに・・・。
灼熱の海岸のパラソルの下で冷えたビールを飲みながら、つまむヒーナツは美味いですよ。
Commented by pazz at 2007-10-14 23:58 x
ツクピー液で茹でたカランゲージョ、泥臭さが消えてこれまた最高ですね。以前は数軒あったお店も今は1軒のみだとか・・・
ファロファに炒めたタマネギ、早速作ってみます。
友人が来日時に空港からツクピー液と、マニソバを送ってくれたことがありました。幸せを感じましたよ!
あーまた食べたくなりました!!!
Commented by wagahai_tt at 2007-10-15 06:58
pazzさん、おはようございます。
ツクピー味のカランゲージョは最高でしょう。
カランゲージョはカニ味噌が美味いですね、多少臭みがあるが、
慣れると日本のカニが淡白すぎるように感じますよ。
今はデドン(親指)と言う店が一軒になりましたかね・・・。
マニソバも美味いですね・・・。
フェイジョン・フェイジョアーダとベレンには美味いブラジル料理もありますね。
食いたくなったなぁ~!!!!
Commented by sumiko at 2007-10-15 23:21 x
wagahai_tt さん こんばんは♪
タロイモに毒があるのですか(@_@)
火に掛けて毒性を飛ばす、一寸怖いような気がします
それがアマゾンの準主食とは、カルチャーショックです!
ビールにピーナッツは美味しそうですね(^^♪
Commented by wagahai_tt at 2007-10-16 05:51
sumikoさん、おはよう・・。
マンジョカ芋には青酸性の毒があるのですよ。
加熱で毒を分解したものから、ファリーニャを作りますが、彼等はこのファリーニャを毎食食べています。
特に貧しい人の朝食は、ファリーニャにコーヒーだけかも知れません。
ビールにピーナッツは美味いですよ、でもピーナッツは日本の方が美味いですね。
<< ブラジル紹介:銘木・将棋盤 月下美人 >>