ブラジル紹介:農作物シリーズ


農作物の一部を紹介します。


2.カカオ

カカオ(Theobroma cacao)は、中央アメリカから南アメリカの熱帯地域を原産とするアオギリ科の常緑樹です。
この木の生育には、規則的な降雨と排水のよい土壌、湿潤な気候が必要で、熱帯アマゾンは最適地と言えよう。

カカオの果実は長さ20cm前後、直径10cm程の大きさで卵形の果実で、木の幹から直接実を付けます。
f0096068_19485585.jpg


熟れると黄色くなり、大きさにもよるがこの実の中に60粒ほどの種子であるカカオ豆が入っています。
f0096068_19495435.jpg


このカカオ豆を水に漬けて発酵させ、焙煎したカカオ豆の外皮と胚芽を除いてすりつぶし固形化したものがカカオマスと呼ばれ、これがチョコレートやココアの原料になるようです。

チョコレートは、脱脂して粉末にしたカカオマスを溶かして型に入れ固めたものです。

ココアは種皮と胚芽を取り除いてすり潰したカカオマスに湯や砂糖・牛乳などを加えた飲料です。

昔ながらのカカオ豆の天然乾燥風景です。

f0096068_19513662.jpg

[PR]
by wagahai_tt | 2007-10-01 19:54 | 農作物 | Comments(26)
Commented by seisuis at 2007-10-01 21:42
wagahaiさん、こんばんは~^^
チョコ大好きです~
実のつき方が面白いですね~
木からボコッって、チョット違いますがパパイヤと実のつきかたが
似てますね~^^
Commented by kita800 at 2007-10-01 21:43
こんばんは。

この丸い実の中に、カカオ豆が入ってるんですね
香りとかどんな匂いがするのかなぁ~
カカオって聞くとチョコレートを思い出します^^
こんな木・・・そばで見て見たいです。

今日から10月
こちらも、やっと涼しい風が吹くようになりました。
今月もよろしくお願いします!
Commented by wagahai_tt at 2007-10-01 22:15
seisuisさん、こんばんは、元気にやってますか・・。
チョコ好きなのですか・・。
カカオの実の付き方面白いでしょう、木の幹からポッコリですよ。
パパイヤと少し似ているかも知れませんね、でもかなり違いますよ。

ブラジルでは、パパイヤでも大人の頭位の大きいのもあるのですよ。
見たことがありますか、数倍の大きさのパパイヤですよ。
ブラジルではパパイヤのことを「マモン」と言いますがね・・・。
北パンタナールではこのパパイヤの実をついばみにトッカーノ(大口はし)と言う、ブラジルの国鳥が飛来するのですよ。
Commented by wagahai_tt at 2007-10-01 22:21
keikoさん、こんばんは、その後如何ですか・・・?
カカオ=チョコレートですよね。
結構カフェインがあるのですよ。
世界には2千万人位のチョコアレルギーの人がいるようですね。

10月になりましたね、こちらこそよろしく・・・。
Commented by yukun588 at 2007-10-02 04:33
ジャブチカバが木の幹にブドウが直接生った感じでイボみたいで、驚きましたが、カカオやパパイヤもそうなんですね。
面白い写真を見せて頂きありがとうございました。
Commented by wagahai_tt at 2007-10-02 06:58
yukunさん、おはよう。
ジャブチカバがどんな木なのかよく知りませんが、幹や枝から直接果実をつけるのなら、カカオに似ていますね。
パパイヤ(マモン)の実はカカオでは無く、むしろコーコ(椰子の実)に似た実の付け方をします。
サンパウロではカカオを見ることは出来ないでしょうね。
Commented by kinako1104t at 2007-10-02 09:25
おはようございます。
私はカカオの木、新宿御苑の温室で見た事があります。
木の幹から直接実がなってたのでビックリしたものです。

チョコレートは大好きです~♪

カカオ豆の天然乾燥風景、なるほど・・・、こうして出来るんですね。

Commented by wagahai_tt at 2007-10-02 09:46
kinakoさん、おはよう。
東京都心の新宿でもカカオを見ることが出来るのですか・・・?
温室とは言え、その方が驚きですね。

田舎の日系農家を訪ねると、むしろの上でカカオ豆や胡椒を天然乾燥している情景に出会えますよ。
日本の田舎の農家と同じですね、大豆がカカオに変わっただけで・・・。
Commented by k-sora3 at 2007-10-02 15:25
こんにちは。
カカオの木も実もはじめて見ました。
幹直接に実がつくんですね。
面白いと言うか、変わってますね。
香りはあるんですか?

天然乾燥なんですね。経済的で安全は乾燥法でしょうか?
一昔前の農村風景のようです。
Commented by rin-koko at 2007-10-02 18:05
こんばんは☆
カカオの実って、こんなふうに付くのですね。
チョコレートもココアも大好きなのに
木も実も、見るのは初めてです。
アマゾンの気候がこの木の最適地・・・。
何にでも自然があってこそ、色々な物が作られのですね。
Commented by wagahai_tt at 2007-10-02 19:07
soraさん、こんばんは。
幹に直接実をつけるのは幾つかありますが、カカオが分かり易いでしょうね。
カカオの実には香りを、あまり感じませんが、実を割ればそれなりの香りがしますよ。
天然乾燥は、何処でもやっているとは限りませんが、一昔の農村ですよ。
soraさんも農村風景を知ってますか・・・?
Commented by wagahai_tt at 2007-10-02 19:15
凛さん、こんばんは。
カカオの実はこの様に生るのですよ、初めてですか・・。
チョコもココアもこの実の種から出来るのは知ってるよな・・・。
アマゾンの雨季・乾季の繰り返しと、乾季にも必ず夕刻にスコールがあるのが良いのかも知れません。
それぞれ、それなりの適地があるのですね・・・。
凛さんのエゾリス達のように・・・・。
Commented by vangino at 2007-10-02 22:13
珍しい画像を見せてもらいました。カカオ豆が
こんな風に実をつけるとは・・
花もココに咲いて結実するんですよね?
Commented by pazz at 2007-10-03 00:05 x
チョコレート大好き人間の一人です。
カカオの実というか、種ですよね。あの一粒の姿や、味からはチョコレートは想像できません。
彼らがチョコレートになるまでにはずいぶんと手間がかかっているのですね。
これからチョコレートをいただく時には一粒のカカオの道のりを考えて口に入れるようにしましょう。
Commented by wagahai_tt at 2007-10-03 07:07
vanginoさん、おはよう。
カカオの果実は、日本で見るチャンスは殆ど無いので、珍しいでしょうね。
花は、木の幹の部分に白い花が集中的に沢山咲くようですよ。
花の写真は撮影していませんが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に写真が紹介されていますので、一度カカオで検索してみて下さい。
Commented by wagahai_tt at 2007-10-03 07:14
pazzさん、おはようございます。
チョコレート大好き人間でしたか・・・。
カカオの実の中にある種が原料ですが、種からチョコは想像出来ませんね。
チョコの手間を考えながら食べると、味わいも一味違うかも知れませんね。
Commented by kmaroon at 2007-10-03 09:05
わぁ・・カカオの実って、
こんな風に生るんですね~@@;
初めて知りました^^
こんなに大きいんですね^^
チョコレートもココアも大好き♪

↓私は、Tシャツやジーンズには、
アイロンはかけないですね~(^^;
Commented by wagahai_tt at 2007-10-03 09:37
マロンさん、おはよう。
カカオの実の付けは、方面白いでしょう。
果実も結構大きく、中の種も種としては大きい方でしょう。

ブラジルのチョコは種類も多いよ。
キリストの復活祭イースターにちなんだ大きなタマゴ型のチョコ、
割ると中から色んなキャンディーが出て来るので、子供達は大喜びだよ。

そうか、マロンさんもTシャツ・ジーンズにはアイロンをかけないんだ・・・。
Commented by かおりん at 2007-10-03 15:55 x
こんにちは~♪
カカオの天然乾燥風景、初めて見ました!
日本では見られませんものね。
甘いものはたまにしか食べませんがココアはよく飲みますよ。
体にとてもいいと聞きました(^^)
Commented by wagahai_tt at 2007-10-03 18:19
かおりんさん、こんばんは。
天然乾燥は農家の庭だからですよ。
多分工業的には違うと思いますよ。
かおりんさんも、カカオとの接点がココアにあるのですか・・・・。
日本に無いこのカカオ、絵手紙になりませんか・・・?
Commented by カエル at 2007-10-03 21:50 x
カカオ、ずっと前にマナウスに遊びに行った時に
生のを口にしたことがあります。
サンパウロには売ってないですもんね。

よく覚えてないんですがさっぱりした味でした。
とてもこれがチョコレートになるとは思えないような印象でした。
Commented by wagahai_tt at 2007-10-03 22:06
カエルさん、こんばんは。
マナウスで食べましたか、この種がチョコレートの原料ですよ。
果実の味はあまり印象に残ってないのでは・・・?
サンパウロでは、カカオの実は売ってないでしょうね。
パラ州ベレンには行った事は無いのですか・・・?
Commented by sumiko at 2007-10-03 22:25 x
こんばんは♪
チョコレートやココアの原料のカカオは、木の幹から直接実を付けるのですか(@_@)
長さ20cmとはかなり大きな実ですね、それとカカオ豆の天然乾燥風景も見事ですね
こんなに沢山有るとココアはどの位作れるのかなぁ~~
Commented by wagahai_tt at 2007-10-03 22:44
sumikoさん、こんばんは。
カカオは幹や枝から直接実をつけるのですよ。
しかも一本の木に何十個も実をつけるので、種はかなり集まりますよ。
これだけあればチョコもココアも好きなだけ、食べれますよ。
Commented by カエル at 2007-10-04 20:57 x
パラ州、行ったことないんですよ。

カカオの実の味ですが確かにあまり印象に残ってません。

それからカカオはサンパウロじゃ見かけません。
でも以前はなかったクプアスーを市場で見つけました。
こんな風にして、いつかサンパウロでもカカオが買える日が来るかも。
Commented by wagahai_tt at 2007-10-04 22:20
カエルさん、こんばんは。
パラ州ベレン市はまだ未知の世界ですか・・・。
ポルトガルの直轄地の歴史を持った町ですよ。
カカオの実は印象に残らないような味だから、サンパウロ市場には出ないでしょうね。
クプアスーは又記事として載せる予定ですが、パラ州特産で州外持ち出し禁止の時代があったようですよ。
今は自由に出回っているようですが・・・・。
カカオの親戚の果物で、クプアスーの種からもチョコが出来るようです。


<< ブラジル紹介:農作物シリーズ カルチャーショック 53 >>