「ほっ」と。キャンペーン

ブラジル紹介: Asflora


今回もNGO、Asflora(アスフローラ)の活動報告が届きましたので、紹介します。

パラーブラ・ダ・ビーダ校

私共の小さなNGO、Asflora(アマゾン森林友の協会)とベネビーデス市にある私立パラーブラ・ダ・ビーダ校では、小さな植樹活動を行っています。最上級生の8年生(日本の中学生)のクラスが主役です。
町に隣接する私有地内に地主の許可を得て、水源の森を復元したいと、昨年から植樹を始めました。
以下の写真は、8月17日(金)に行った植樹の模様です。

f0096068_21345371.jpg

ここから水が湧き出ているのですが、回りに森がなければ水も汚れ、そのすぐ下流。
f0096068_21354963.jpg

ここはご覧の通りの淀みとなります。

f0096068_2137415.jpg

同地には、昨年少し木を植えたものの、草刈をした人が、草と共に植えた苗木の多くを刈り払ってしまっていました。森をつくることは大変です。

f0096068_21412414.jpgへこたれず、植えないといけません。やっと森ができたと思っても、また刈り払われてしまうことがよくあります。貧困がなくならないと森が維持できない、でも森をつぶすと更に貧しくなる悪循環をよく見ます。 少しでも、人の気持ちをつくることに私共の小さな植樹の価値を置いています。

f0096068_21433761.jpgf0096068_21443634.jpg














農業高校林業科の生徒たち。Asflora活動の研修生。    

f0096068_2150275.jpg

植樹後の「Viva Natureza!」(自然万歳)、ピンクの服の女性がパトリッシア校長。


おまけの写真(下2枚)は、同校(パラーブラ・ダ・ビーダ)の前にある「宮脇プロジェクト」の森です。

2006年2月に植林して、1年半経過しました。ここは、最初に有機堆肥を投入した土地に雨季に植樹したもので、生徒達が中心に、1年の間3,4回の草刈をしています。
f0096068_21511972.jpg

f0096068_21521058.jpg

幅狭で細長い小さな森ですが、中を歩くともう森の中の雰囲気があります。生徒と学校の運営母体のプロテスタント団体理事から喜ばれています。木から落ちる枯葉、枯れ枝が林床に溜まりはじめているので、もう人の力を借りず(メンテナンスフリーで)、森として自力で生長を続けていくことでしょう。

日本では、森林の効用に何を期待するかとの世論調査が毎年あるとかで、今年の回答は「森が気温を下げる効用」を第一に挙げた人が最も多いとのニュースがありました。ほんとに酷暑地帯でも、森の中ではとても涼しく感じます。
私たち一般庶民でも、森つくりの運動に参加してゆくことで、森が少しづつ増えたり、森が失われることも減ってゆくかもしれません。みなさんも、各地での森つくり、植樹行事があったら、ふるって参加して下さい。植樹を楽しめるし、自分の手で植えたものは成長も気になるし、病み付き?になること請け合いですよ。


(又次回報告があればアップしたいと思います。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-09 22:01 | Asflora | Comments(20)
Commented by かおりん at 2007-09-10 00:20 x
こんばんは~♪
ブラジルについて知識がいかに乏しいかを知りました。
小さな植樹が1年たてばこんなに大きく育つのですね。
何かの本で読みましたが、アカシアの木は成長が早く、
7、8年で伐採ができるほど大きくなると聞きました。
ブラジルにも早く成長する木があるといいですね。
アカシアの木が何に利用されるのかは分かっていませんが…^^
Commented by twilight_blue_x at 2007-09-10 06:55
拙ブログにご訪問、コメントをありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ
Commented by wagahai_tt at 2007-09-10 08:13
かおりんさん、おはようございます。
>ブラジルにも早く成長する木があるといいですね。
↑の写真のように急成長する木が、アマゾンにもあるのですよ。
写真の早成木はパリカと言う木です。
Commented by wagahai_tt at 2007-09-10 08:14
twilight_blueさん、おはようございます。
訪問ありがとう、興味があれば又訪問して下さい。
Commented by kinako1104t at 2007-09-10 14:51
こんにちは~。
木を育てる事の大切さ、以前ドキュメンタリー番組で見たことが
あり、衝撃を受けました。北海道のことでしたがあまりにも自分が
無知であることを思い知らされたのです。
それは山に木を植えないと海では昆布や貝も育たないという
内容でした。
ブラジルも同じですね。木を植え育て水を蓄え森の空気も
綺麗になります。
地球の温暖化防止も役立つ事でしょう~。
小さな努力の積み重ね、期待しています。
Commented by rin-koko at 2007-09-10 16:19
こんにちは。
森林の大切さを、改めて教えて頂きました。
無法で伐採された森林が、元の姿に戻るためには
気が遠くなる程の年月が必要な事を、テレビで見た事を思い出しました。
このような活動がたくさん行われ、森林が早く出来ると良いですね。


Commented by vangino at 2007-09-10 18:55
文中に、植えていたけど刈り払われてしまうとありますが
それは刈り取った枝を燃料として使うためでしょうか?
このような地道な活動には頭が下がります。
Commented by wagahai_tt at 2007-09-10 19:28
kinakoさん、こんばんは・・・。
禿山になると木葉などの栄養分が川を通して海に流れ込まないので、
海洋生物が育たないようです。
ブラジルも同じですよ。
森林の栄養分が森や川を育てるようですよ。

アマゾンの小さな努力がどこまで役立つかは分かりませんが、
子供たちが受け継いでくれたら、大きな力になるでしょう・・・。
Commented by wagahai_tt at 2007-09-10 19:39
rinkoさん、こんばんは・・・。
森林の大切さを改めて感じています。
伐採が無法かどうかは分かりませんが・・・?
生きるための伐採もあり、人命の方が重くて迷うところです。

伐採後の回復にはかなりの年数が必要ですよ、孫・曾孫の時代でしょうね・・・。
この活動が世界に広がると良いのですが・・・・。
Commented by wagahai_tt at 2007-09-10 19:47
vanginoさん、こんばんは・・・。
植えた苗木を草と間違えて刈り取るのですよ。
最初の頃は、苗木の生長より草の生長の方が早いので、
草に埋もれた苗木が分からず、刈り取ってしまうのです。
木が生長してしまうと、このような事はないのですが・・・。

森造りは気長な活動ですよね、一代では結果が出ない活動ですよ。
今後も彼等の活動を応援してやって下さい。
Commented by koyomi-w at 2007-09-10 20:41
「2006年2月に植林して、1年半経過しました。」
一年半でこんなに大きく、さすが熱帯。
他の若木も草と間違われずに成長してほしいです。
陰で、こんなにたくさんの人々の努力があるのですね。
Commented by wagahai_tt at 2007-09-10 21:30
koyomiさん、こんばんは・・・。
樹種にもよりますが、成長の早い木もあるんですよ。
早いのは1年半で6m以上にはなるでしょう・・・。
>他の若木も草と間違われずに成長してほしいです。
そうですね、近くの人に植えた事を教えるか、一緒に植えてもらえば、関心を持ってくれる人もいると思いますが・・・。
>陰で、こんなにたくさんの人々の努力があるのですね。
児童・生徒や学生達は結構関心を示してくれていますよ・・。
それも、学校が関心を持って、教育に環境・植林を取り入れてくれているからでしょう。
この学校の校長と副校長には、昨年の旅行時に会ってきましたが、熱心に取り組んでいましたよ。
やはり教育者の考え方でかなり違いがあるでしょうね。
Commented by sumiko at 2007-09-11 16:01 x
こんにちは♪
>昨年少し木を植えたものの、草刈をした人が、草と共に植えた苗木の
多くを刈り払ってしまっていました
そんな事もあるのですね、でもメゲずに植樹のボランティアに参加する
生徒たちにエールを送ります。
>「宮脇プロジェクト」の森です。
もしかしてwagahai_tt さんの・・・
Commented by wagahai_tt at 2007-09-11 19:12
sumikoさん、こんばんは。
植樹した後すぐは、草の方が生長が早いので、草刈の時に一緒に刈ってしまうのですよ。
植える場所にもよりますが、ある程度成長した植林地の中でも、成長の遅い奴は、下刈りの時に刈られてしまいますよ。

>生徒たちにエールを送ります。
彼らも教科を離れて頑張ってくれるように、エールを送ってやって下さい。

宮脇先生は横浜国大の名誉教授で、現在は国際生態学センターの所長をされて、各国に森の再現プロジェクトをされている偉い方です。
wagahaiなどは宮脇教授の足元にも及びません。
wagahaiはAsflora設立に関与しただけですよ。
Commented by twilight_blue_x at 2007-09-11 20:58
こんばんは^^
連日のご訪問ありがとうございます^^
昨日はご挨拶のみで、内容もほとんど読まずじまいで^^; (すみません^^;)

植樹というのは木を植えるだけだと思っていましたが、生活の質・人の心にも関係してくるものなのですね^^
皆さんの力で大きな森へ成長するといいですね^^
Commented by wagahai_tt at 2007-09-11 21:50
twilightさん、こんばんは・・・。
山の木がなくなると、海の生態系が変わってくるらしいよ。
木が枯れると湧き水が枯れると聞いた事もあります。
どっちも事実なのでしょうね。
植林は色んな方面で副作用があるようですよ。
植林が人の心も、生活の質も変えるかも知れませんよ。
訪問ありがとう・・・・。
Commented by seisuis at 2007-09-11 23:07
こんばんは~^^
山の木とても大事ですよね~
沖縄では米軍の射撃演習とかなんかで、ドンドン山がダメになっていってます。そのおかげで赤土が海に流出して、海が赤くなったりするところも・・・・アレでは海が、魚が・・・珊瑚が・・・・(><; もちろん森の中で暮らしていた生き物も、だんだん住むところが失われて・・・・(><;
人間の体にも緑色というのは、目には見えないけど、とても身体にいい影響があると聞いてます。
これからも、たくさんの人が、そういう事に気づいていって欲しいですね。
wagahaiさん、たくさん発信していってくださいね♪
応援してます。^^
Commented by wagahai_tt at 2007-09-12 07:02
seisuisさん、おはよう。
沖縄の山も悲惨な情況ですか・・・。
山がなくなると、山も海も生態系が変わりますね。
災害も起こり易くなるし・・・。
森林浴は人体にも、精神にも良いようですよ。
森に入ると、それだけでホッとするよね。
現地からの報告は今後も発信して行きます。
現地の彼等の活動を応援してやって下さい。
ありがとう(muito obrigado)・・・。
Commented by kmaroon at 2007-09-12 09:54
素晴らしい取り組みですね。
日本でも森林伐採によって、
土砂災害、水害など、
増えていますものね。
森の与えてくれる効用は、
とても大きいと思います。
地道な取り組みだと思うのですが、
素敵な森が広がっていくといいですね。
そう・・いつか日本や世界でも・・
Commented by wagahai_tt at 2007-09-12 10:37
マロンさん、おはよう。
彼等の取り組みは、すぐには成果の出ない、地道な取り組みですよ。
子供たちをターゲットにした環境教育ですが、子供達の中で一人でも多く、自然環境に興味を持ってくれたら、それが活動成果ですね。
森を作るのも次世代・次次世代に出る成果ですよね。
最近の日本の災害も、温暖化の影響もあるだろうし、森林減少の影響もあるでしょうね。
松茸が食えなくなったのも、その影響かな・・・・?
<< カルチャーショック 51 ブラジル紹介:化石 >>