カルチャーショック 50


森林からの帰り道、4本の丸太を渡した橋を荷物満載のトラックで渡ることにカルチャーショック。(トラックの車輪の幅に丸太が片側に2本が渡してあり、その上をトラックや車で渡ることになる。車輪を外したら川の中だ。)




森林の中でのトマバーニョ(入浴)は、小川の中での水浴びにカルチャーショック。(夕方に小川まで案内してくれた若い女性が、入浴の終わるまで川岸に座って待っていてくれた。)




小川での水浴びは、水中の苔の生えた丸太の上で、バランスを取りながらの洗髪と身体を洗うのにカルチャーショック。(全身を一つの石鹸で、しかもバランスを取りながら手で洗うことになる。)




夜はヘッジ(ハンモック)を軒下に吊るし、バスタオルを掛けての熟睡にカルチャーショック。(電気も無いので日没で睡眠、朝日で目覚める生活だ。)




州政府が分譲した農地は、最低ロットである1耕地の面積が25ha(ヘクタール)にカルチャーショック。(1耕地25ヘクタール=250,000m2で、だいたい甲子園球場グラウンド25個分位だ。さすがに日本の単位と随分違うよ。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-09-04 00:20 | カルチャーショック | Comments(14)
Commented by カエル at 2007-09-04 05:10 x
入浴=水浴び。なるほど。アマゾンらしい!
でも水はにごってますよね。
そのにごったのがお肌に栄養を・・・いや、まさかね。

ところでサンパウロのホームレスの入浴、
というか水浴びはなかなか衝撃的です。
交通量が多い道路の緑地帯で2度目撃しました。

前にブログに書きました。よかったら。↓
「罪作りな人がおよぼす影響 」
http://wbk.blog58.fc2.com/blog-entry-233.html
Commented by wagahai_tt at 2007-09-04 09:14
カエルさん、おはよう。
アマゾン本流の水は、水量もあり、流速も早いので、川底の砂を巻き上げて茶色に見えますが・・・・、
支流は必ずしも茶色ではありませんよ、普通の色の水が流れています。
アマゾンの表情としてブログに書いていますので、一度見て下さい。
http://wagahaibr.exblog.jp/5040246

今回の水浴は、支流の上流なので普通の色の水ですよ。
澄んでいる水でも流れがなく、淀んでいる所はマラリアの危険があるので、注意が必要ですよ。

カエルさんのブログを読んでみましたよ。
若い女性の道路端での行水は、見たかったな!!!!
wagahaiなら立ち止って交通渋滞を起こしていたかも知れませんよ(笑)。
カエルさんのご主人はどうでしたか・・・?
Commented by koyomi-w at 2007-09-04 11:01
wagahai_tt さんのブログの内容は、
どれもこれもカルチャーショックなのに、
①丸太を渡した橋を荷物満載のトラックで渡ることに、
②州政府が分譲した農地は、最低ロットである1耕地の面積が25ha(ヘ
クタール)に
は、ことのほか、仰天。
Commented by かおりん at 2007-09-04 11:48 x
こんにちは!
ハンモックを軒下に吊るして眠るなんて、
ドラマか映画みたいで素敵ですね。
小川での水浴びは奥地に入らないと日本では体験できないですね。
自然との共存…大袈裟かしら^^
Commented by kinako1104t at 2007-09-04 13:53
こんにちは~。
読ませていただく度に私もカルチャーショック!
丸太を車で渡るなんて心臓がバクバクしそうです。
水浴も考えられないし・・・・。
土地の感覚、もう大き過ぎて想像することさえ難しい
ですよ。スケールが違いますね。
Commented by rin-koko at 2007-09-04 16:48
こんにちは♪
「カルチャーショック」にはいつも驚く事ばかりです。
今回ので印象的なのは、3番目の苔の生えた丸太の上で・・・
これって、怖そうですね!!
足を滑らせたらどうなるのかしら・・?
小川での水浴びも命がけ??
Commented by wagahai_tt at 2007-09-04 19:02
koyomiさん、こんばんは・・・。
丸太を渡した橋を渡る時は、運転手が降りてくれと言いましたよ。
降りて車輪が真直ぐに乗るのを確認して、運転手に進めの合図だよ。

州政府の分譲農地は日本と違って半端じゃないよ。
でも日本から移民した最初の人も同じ荒廃地や密林が割り当てられたらしいですよ。
荒廃地や密林では何も出来ませんよね。
Commented by wagahai_tt at 2007-09-04 19:14
かおりんさん、こんばんは・・・。
ハンモックで寝るのは、映画と違って、素敵じゃないですよ。
ハンモックに寝るのも、寝方があるのですよ。
それにハンモックの布地とwagahaiの下着を通して刺す蚊がいるんですよ。
むちゃくちゃ長い針の持ち主ですよ。
この辺りでは自然と共存そのものですよ。
Commented by wagahai_tt at 2007-09-04 19:25
kinakoさん、こんばんは・・・。
丸太の橋を渡る時は、運転手が下りろと言いましたよ。
集中するためかな。。。、
水浴も、電気も水道もない所なので仕方ないよな。
それより、森林を歩いた後水浴のために、靴下を脱いだ瞬間、両足を50箇所以上もマルインに噛まれてかゆいの~。
一瞬だから防げないのだ・・・・。
Commented by wagahai_tt at 2007-09-04 19:30
凛さん、こんばんは・・・。
苔の生えた丸太の上では、バランスを取りながらすべるのを我慢する世界だよ。
落ちたら水没だよ・・。
でも冷たくて気持ち良いんだよ。
水も澄んでる普通の水だから違和感がないが、マラリアを心配したよ。
Commented by vangino at 2007-09-04 22:49
ブラジルは都市を一歩出ると、ヤワな日本人では
生き抜けませんね。
熱帯の森林に果たして自分は入れるだろうか・・
wagahaiさんのタフさは、どこからくるのかな?
Commented by wagahai_tt at 2007-09-04 22:59
順応さえすれば、誰でもアマゾンでやっていけますよ。
面白いんです、楽しんです、この気持ちがあれば全く問題ありませんよ。
行けば分かりますが、アマゾンは日本より住みよいかも知れませんよ。
Commented by カエル at 2007-09-05 01:44 x
一度マナウスに行ったことがあってその時にアマゾン河クルーズに
参加しました。
不思議ですよね。
二色の水がずーっと向こうまで交じり合わない光景って。
忘れられません。

さて、あのサンパウロの衝撃的な水浴びシーンですが、
夫は見てません。
なぜなら私が隣にいて彼に安全運転をするよう、
前方に注意するようきつーく言ったからです。
Commented by wagahai_tt at 2007-09-05 06:22
同じ水でも比重と温度が違えば混ざり合わなくて、数キロも平行して流れるのは、アマゾンの不思議の一つですね。

サンパウロの水浴シーンをご主人は見てないの・・・。
カエルが邪魔したな、残念がったでしょう・・・。
<< ブラジル紹介:化石 ブラジル紹介:Asflora >>