カルチャーショック 43


宅地の面積が広くて、隣との境界線が、「大体この辺よ・・」にカルチャーショック。(日本なら5cm・10cmが問題になるのに・・・。)




ブラジルの選挙は国民の義務、棄権したら罰金にカルチャーショック。(棄権した者は罰金を払うまで、全ての公的権利が停止される。日本でも採用したら投票率が上がるよ・・。)




ブラジルの選挙は、以前からコンピューターによる投票方法が採用されている。日本の23倍の面積でも開票結果はスムースに行われるのにカルチャーショック。(国土が広いだけに投票方法もコンピューター化が進んでいる。)




レストランでワニ、亀、アルマジロ、ニシキヘビ、カピパラ(=大ねずみ)等の料理を注文にカルチャーショック。(蛇の輪切りの唐揚は美味かった記憶があるが、今ではこのレストランも閉鎖している。)




ワニも、アルマジロも、ナマケモノも、ジュゴンも、蛇も、カピパラも、亀も、今まで食べた食材が、今では野生動物保護で捕獲禁止になり、食べる事ができなくなったが法的には養殖は問題ないことに、カルチャーショック。(こんな動物を養殖する訳がないが、今ではワニは革用に・亀は食用に養殖しているものもある。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-07-16 11:41 | カルチャーショック | Comments(8)
Commented by ぐあっち at 2007-07-18 13:34 x
ご無沙汰してます!
ワニだけは食べたことがあります。
唐揚げでしたが、肉そのものは比較的淡白な味で、なかなかいけましたね!
先ほどのニュースで、 wagahai 様のこのブログにも幾度か登場しているTAM航空機の炎上事故が伝えられていました。
心が痛みます。
Commented by wagahai_tt at 2007-07-18 15:08
ぐあっちさんもワニを食べましたか。
肉は鶏に近いかもしれません。
ブラジル・サンパウロの街中にあるコンゴニアス空港でTAM機が事故を起こしたようです。
以前この空港が国際空港でしたが、ビルの間を着陸するので、危険を感じていました。
今は国内線の発着がメインの空港です。
発着便数は想像を絶するような便数で、サンパウロとリオの間は各社がアエロ・ポンチ(空の橋)として1時間に1便程度飛ばしたいます。
大都会サンパウロの国内便の玄関口なので、日本人も何人かいるのではないでしょうか、心配しています。
Commented by sumiko at 2007-07-18 19:15 x
こんにちは♪
>選挙は国民の義務、棄権したら罰金に・・・
おりしも選挙戦が・・・本当に日本で採用したら如何でしょうね(^_^)
カピパラ・アルマジロまでも、食べるのですか(@_@)
まぁ~蛙やカタツムリ(エスカルゴ?)も食べるのですから
何でも有りですね。
Commented by wagahai_tt at 2007-07-18 19:39
こんばんは、sumikoさんも忙しそうですね。

そうなんですよ、選挙棄権は罰金でその後のぺナルティーも凄いですよ。
日本も採用すべきですよね・・・。

ワニと蛇の唐揚は美味かったよ。
後はそれなりだな・・・。
アマゾンの田舎の自給自足の世界は、何でもありですよ。
動物性蛋白質の食料は、その辺りの動物しかいない世界だから、彼等は逞しいよ。
Commented by vangino at 2007-07-19 00:43
境界線のアバウトさに比べて
選挙棄権における、罰金という厳格さ。
こんな国を旅したら、面白いんだろうなー。
Commented by wagahai_tt at 2007-07-19 08:24
vanginoさん、おはようございます。
アバウトなラテンの国民性があるから、国民の義務に対しては厳格さが必要なのでしょう。
アジア圏に無い国民性に触れるのは、ある意味で面白いですよ。
アバウトな国民性でも、日本のような年金問題でもあれば暴動が起きますよ。
Commented by rin-koko at 2007-07-20 14:49
どれもビックリですが、やはり食べ物には驚きますね!!
アルマジロ、ニシキヘビ、カピパラ・・・??
ん~~、どれも食べると言う発想に結びつかないです~^^;
Commented by wagahai_tt at 2007-07-20 19:09
フランスのカタツムリ、日本の蛙と色々あるよ。
日本でイナゴも食べた経験があるよ。
彼等の間でアルマジロはご馳走だよ。
ニシキヘビの唐揚は美味いよ、凛チャンに食べさせたいよ。
カピパラの煮込みは食べたが・・・・。
カピパラの刺身は美味いらしいが、残念ながら食べてないよ。
カボクロ(現地の農民)の世界は何でもありだよ。
<< ブラジル紹介:サルバドール、第2弾 カルチャーショック 42 >>