「ほっ」と。キャンペーン

ブラジル紹介:Asflora


以前にも紹介しましたAsflora(アスフローラ)の第2弾です。
今回もAsfloraから新たな活動報告がありましたので、頑張っている情況をお伝えします。
(以下報告原文のまま。)

f0096068_1028404.jpg6月5日は「国際環境デー」。
私たちのAsflora(アマゾン森林友の協会)では、この「環境の日」と環境週間にちなんで、いくつかの行事を行いました。写真ニュースでお伝えします。





f0096068_10295035.jpg 6月5日にパラ州ベレン市から35kmの距離にあるサンタイザベル市では、Asfloraの支援の元に地元の学校生徒が市内に繰り出し、環境改善のために自分たちで出来ることをしようと町の人たちに訴えました。広場に木を植え、苗木を配布したり、ゴミ袋を配ったりもしています。

f0096068_10355866.jpg次いで6月6日には、ベレン市から25kmにあるベネビーデス市近郊で、「水源の森」保全のための植樹を150人の生徒が集まって行いました。








f0096068_1037680.jpg苗木はヤシ類も含めて1000本を用意しました。Asflora会長のエーデルが、宮脇先生に代わって苗木を赤ちゃんのように大事に植えてくれるように指導し、子供たちはその通り優しく植えました。





植樹後恒例の、全員輪になって「ビーバ・ナトレーザ(自然万歳)!」。
f0096068_10411154.jpg


f0096068_10435760.jpgベネビーデス郡にあるAimex(パラ州木材工業輸出協会)の種苗センターでのAsflora環境教育セミナーと森の環境劇も期間中2回行われました。








f0096068_10454055.jpg4月以降、6回開催しましたが、たくさんの学校から要望が多くなり、日程調整が大変です。










「Asflora森の環境劇」、地元ではAsfloraと言うと、「Teatro do mato(森の劇)」の・・・と、知られるようになってきました。
f0096068_10511062.jpg

観客?は森を歩きながら、役者からの問いかけに答え、ゴミを集めたり、種を拾わせて撒かせたりと、楽しみながら学んでゆきます。

f0096068_10521764.jpg

[PR]
by wagahai_tt | 2007-07-07 10:57 | Asflora | Comments(2)
Commented by vangino at 2007-07-09 15:48
ブラジルでも子供たちが、自然保護活動に
取り組んでいる現状をみて
安心しました。日本でも楽しみながらこのような活動が
もっと広がっていくと、いいですね。
Commented by wagahai_tt at 2007-07-09 19:00
そうですね、日本でもこの様な活動が広がると良いな・・・。
ブラジルの消えていく熱帯雨林を考えると、子供たちの活動は微々たるものですが、彼らが成長して熱帯雨林の保護活動に一役かってくれれば効果絶大です。
この活動をアマゾンで広げたいですね・・・。
<< カルチャーショック 41 ブラジル紹介:銘木・パウブラジル >>