カルチャーショック 36


マラリア・デング熱の猛威にカルチャーショック。(仲間の被病に、てんやわんや。)



ブラジル女性のピアスは当り前、女の子が誕生するとすぐにピアスをつける、ピアスが女児の見分け方にカルチャーショック。(女児のピアスは金製なので中流家庭以上でないと困難だろう。)



銀行回り、拳銃・ショットガン携帯の護衛を同乗させての警戒にカルチャーショック。(おいおい暴発させるなよ。)




従業員の給与支払用の現金運搬時には、本部と警備のために後ろを追尾する車と、無線交信しながらの走行にカルチャーショック。(現在どの辺りを走っている、入門するから門扉を開けておけ、等などの交信と毎回走行ルーとを変える事で、襲われかけた事はあったが、幸いにも襲われたことはなかった。)




警備用の無線の周波数は監督官庁からの許可取得であるが、走行中の交信内容が近隣住民のテレビに、雑音として音声がキャッチされていたのにカルチャーショック。(住民から、今何処を走っているのかが丸分かりである事を忠告されて、監督官庁にクレームし周波数を変更させた。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-05-30 09:06 | カルチャーショック | Comments(6)
Commented by sumiko at 2007-05-30 18:41 x
こんにちは♪
>女の子が誕生するとすぐにピアスをつける
私もカルチャーショック!です(笑)
赤ちゃんは痛く無いのかしらね~
成長に従って、変えるのかしら?

ショットガン携帯の護衛とは、治安が良くないですすか?
安全と云われていた日本も最近は怖いですが・・・
Commented by wagahai_tt at 2007-05-30 20:26
赤ちゃんは痛みを殆ど感じないようですよ。
それよりも親の見栄に方が強いのでしょう。
>成長に従って、変えるのかしら?
一度穴を開ければ変える必要はないようです。

治安はよくないですよ、米国よりはましだけど、銃社会ですよ。
以前、ピストルはデパートで売ってましたよ。
誰でも身分証明書が有れば手に入れられたようです。
それでも今の日本のような陰鬱な事件は少なかったよ。
事件は撃つか撃たれるか、殺すか殺されるかのようだった・・・。
新聞の写真は死体がモロに掲載されてたよ。
Commented by miffy at 2007-05-31 10:36 x
ピアスも含め、貴金属類をつけないmiffyにしてみたら、かなりショック。
え~、生まれてすぐ身体に穴開けちゃうの~みたいな感じです。

撃つか撃たれるか・・・。
怖いです。。。
Commented by wagahai_tt at 2007-05-31 13:16
そうですね、我々日本人の感覚からは、身体に穴を開けるなんてとんでもないと思っていたが、最近の若者はドンドン欧米化しているようだ。
ブラジル人のピアス・ネックレスは、一つのステイタスになっているようだよ。

撃つか撃たれるかは怖いですよ。
でもこちらがピストルを持っていなければ、手を上げるだけで、命は大丈夫です。
だから銃を持たないのが正解ですね。

Commented by vangino at 2007-06-01 20:33
マラリア・デング熱の猛威に
ほとんど風土病等が存在しない日本において
これは怖いですねー!
Commented by wagahai_tt at 2007-06-01 21:36
そうですね、日本に無い病気は怖いですよ。
特にマラリアは一度被病すると一生付き合う事になる様です。
でも、現地ではマラリア研究も進んでおり、薬も開発されています。

一度ペルーでコレラが流行して、4000km離れたベレンまで、アマゾン河を下ってきた時は心配しましたよ。大したことはなかったが・・。
<< ブラジル紹介:蒸気自動車 カルチャーショック 35 >>