カルチャーショック 31


アマゾンのボウリング、レーンの向こうに足が2本に、カルチャーショック。(アマゾンでのボウリングの最初の頃は、倒れたピンを人が立てていたので微妙に位置がずれていた。更に、投げたボールはその人が投げ返してくれた。)



アマゾンのボウリング、ピンが糸で吊るされていたのに、カルチャーショック。(人手の後は多少の機械化で、糸で倒れたピンを立てるようになったが、投げたボールを投げ返す人は、そのままいた。)




カトリック社会は、正月よりクリスマスの方が中心なのにカルチャーショック。(新年にも教会に参拝するカトリック教徒は多いが。)




クリスマスは家族で過ごす、カトリック社会に、カルチャーショック。(家族全員が一緒に過ごすのが当り前。日本が異常なのか。)




ピコッタと呼ばれるホロホロ鳥この焼き鳥が絶品なのに、カルチャーショック(日本で食べたことがなかったよ。)




植林用のバーク堆肥作りに350頭の豚を飼い、糞尿利用にカルチャーショック。(豚と共同作業の植林事業、木材の樹皮のチップに豚の糞尿を混ぜて発酵させて作る堆肥で環境賞を受賞。)
[PR]
by wagahai_tt | 2007-05-06 09:36 | カルチャーショック | Comments(2)
Commented by rin-koko at 2007-05-06 20:39
はじめまして。
私のブログへご訪問&コメント、ありがとうございました。
未知の国、ブラジルの紹介を楽しく拝見させて頂きました。
在住しなければ分からない事、大変勉強になります。
「カルチャーショック」も少し読ませて頂きましたが
驚く事ばかりです。
これからも拝見するのを、楽しみにしています。
またお邪魔させて頂きますので、どうぞ宜しくお願いします。
Commented by wagahai_tt at 2007-05-06 21:13
rin-kokoさんは、凛とした良い写真をUPしているね。
タイミング的にも素晴らしいと思うよ。
たまたまのタイミングではなく、その時まで待っているのかな・・・?
又訪問します。

こちらこそよろしく・・・。
<< カルチャーショック 32 ブラジル紹介:Asflora >>