カルチャーショック 30


プロ集団の高級アパート強盗が、最上階から自動小銃を携帯して、各階を荒らしながら降りて悠然と逃走にカルチャーショック。(ワンフロアー1軒の25階建て高級アパートだから、一回で現金・宝石で3千万円以上の被害だ。)



市内の一般住宅は、門扉・玄関から各部屋の窓は全て鉄格子にカルチャーショック。(善良な市民は鉄格子の中、悪人が悠然と道路を闊歩。)



熱帯のクリスマス、12月25日は宗教祭で休日となるカルチャーショック。(カトリック社会のクリスマスは休日となり、全てが店を閉めるので市中は静かなものだ。)



クリスマス前から正月明けまで、主に製造業は、従業員を10日間以上の集団休暇に入れ、工場設備のメンテナンスを行うことに、カルチャーショック。(企業には入社1年以上の従業員に対して、年間30日の休暇を与える義務があり、10日間を年末に集団で休暇に入れる企業が多い。)



アマゾンの熱帯の正月は、1月1日が休日で2日から正常勤務につくのにカルチャーショック。(カレンダーにもよるが、2日が平日なら通常勤務となる。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-04-28 08:43 | カルチャーショック | Comments(2)
Commented by miffy at 2007-04-29 09:27 x
まさに毎回これでもかこれでもかと、「えっ~こんなこともあるの~!!!」とショックを受けています(笑)
鉄格子の窓ってなんか落ち着きませんね。
Commented by wagahai_tt at 2007-04-29 21:00
日本の常識が必ずしも世界の常識ではないことが、よく分かったよ。
miffyさん、むしろ日本の常識は、世界の非常識になるかも知れないよ。
そんなカルチャーショックも随分あったよ。
そのあたりをこれからもUPするよ。
<< ブラジル紹介:Asflora カルチャーショック 29 >>