カルチャーショック 27


ブラジルではポルノ映画が解禁されている。観客がワイワイ言いながら大劇場で見るポルノも一興があるのに、カルチャーショック。(劇場内がうるさくて落ち着いて見ていられないよ。) (←落ち着いて見るものかよ~!!) 


ブラジルのポルノ解禁のきっかけになったのが、なんと日本映画「愛のコリーダ」にカルチャーショック。(海外で見る日本映画「愛のコリーダ」の無修正を見て・・・・。)



靴屋のウインドーの展示現品は右足だけ両足並べると、すぐに盗まれる、カルチャーショック。(盗んでも右足だけでは使えない。試着を頼むと、すぐに一足が出てくる。)



アマゾンは殆ど赤道直下、一年の中の日の出・日の入りの時差が殆ど無く、乾季・雨季の差が20分にカルチャーショック。(半年乾季・半年雨季の2シーズンで差は20分。)



突然の電話不通、「何!!電話線が盗まれた!!」カルチャーショック。(道路沿いの電柱に敷設してある電話線が何者かに盗まれた。最近は日本でもあるが・・・。)

[PR]
by wagahai_tt | 2007-04-08 19:29 | カルチャーショック | Comments(8)
Commented by Taragona at 2007-04-10 23:12
たくましいですよね。靴だけでなく、電線も盗んじゃおうというのだから、
スゴイバイタイリティです。そして、さらにステキだなと思えそうなのが、
盗まれる側です。盗まれないようにココロガマエているし、盗まれても
あまり気にしないのではないでしょうか??
Commented by 。。。 at 2007-04-11 02:50 x
こんばんは
靴は片方なんかわかります
履いて帰る人結構いますよ

電話線盗むって面白いですね
Commented by miffy at 2007-04-11 08:01 x
おはようございます♪
電話線って何に使うんでしょうね?
・・・盗む人には何かメリットがあるのでしょうね。
片方の靴の展示は日本でも見かけましたよ・・・どこだったかしら?
Commented by wagahai_tt at 2007-04-11 18:58
盗む側も、盗まれる側も、ある意味では必死ですよ。
双方とも生活がかかってますからね。
それに銃社会だから、下手をすると靴一足で命のやり取りになりかねないので、気を付けなければ・・・。

でも街中の靴屋では、大らかなもので我々が買う値段に損の部分が含まれているんですよ。
結局我々が知らず知らずに、善意の中で負担している訳ですよ。
Commented by wagahai_tt at 2007-04-11 19:04
。。。名無しさんですかね・・・。
片方だけ履いて帰る人がいるんですか・・・?
片方では使い物にならないでしょう・・・。
売る訳にもいかないし・・・・。

電話線は結構盗まれてましたね。
Commented by wagahai_tt at 2007-04-11 19:15
miffyさん、こんばんわ・・。
電話線は売ってお金に変えるんですよ。
結構高く売れるようですから・・。
細い線が数十本束ねてあるようですから・・・。
果たして何に使うのでしょう・・・?
パソコンの修理ようかな・・・、分かりませんが。

日本でも靴の片方展示があるんですか・・・・?
展示スペースのためかな・・・?
まさか盗難予防ではないですよね。

Commented by pazz at 2007-07-11 01:52 x
電話線の線でも電線でもなく、電気そのものをいただいている人もいますよね。道路の電線から枝状態になっていて…その行き着く先を見ると・・・人家へ続く・・・なんてね。当然電気代は払って無いでしょう。
Commented by wagahai_tt at 2007-07-11 09:21
そうでしたね、盗電する人も多かったですね。
特にインバゾンの人家は殆どが盗電でしたね、屋台もそうでしたね。
以前はアパートでも別の住民がメーターから盗電していたケースもありました。

2000年頃から、パラ州電力公社で働く日系二世達の発案で、各家庭の電気使用メーターを電柱に取り付けて、道路から検針できるようにして、盗電を減少させているようですよ。
<< ブラジル旅行記・ベレン共和国広場公園 アマゾンの表情 >>