ブラジル旅行記・ベロ・オ・ペゾ (Ver-o-Peso)


アマゾン河口に面した田舎町、その下町にベロ・オ・ペゾ(重さを見る)と言う庶民の市場がある。
f0096068_2185262.jpg

その一角に一般魚から高級魚まで揃う魚市場がある。

小振りの赤い色のピラルク、尻尾にマークがあるツクナレ、
f0096068_2115494.jpgf0096068_21155930.jpg









ナマズの仲間のフィレオッチ・腹がピンクのピラニア、
f0096068_21175274.jpgf0096068_21181993.jpg









鎧を付けたアカリ・タマタ等々、
f0096068_21232181.jpgf0096068_21205555.jpg









淡水魚で4~5mにまで成長するピラルク、この魚の鱗は爪磨きに、舌を乾燥させると表面のザラザラが下ろし金の代用になる。
上の小振りのピラルクは、本来はまだ捕獲禁止の部類かも知れないが、堂々と魚市場のカウンターに乗っていた。
魚市場の中は生臭いが、活気があり、売り子もお客も一体となった市場だ。
そこを冷やかしながら通り抜けると、漁船を係留する湾があり、大小様々な漁船が停泊している。

その傍らにウルブーというハゲタカの一種が腐った魚をついばんでいる。
f0096068_21262471.jpgウルブーというハゲタカは、腐肉を餌にする町の掃除屋で、車に跳ねられて死んだ動物も一日で骨になる。
何処にでもやって来るカラス位の大きさの鳥であるが、鳴かない鳥なので静かなものだ。




露店でアサイの実を売っていた。大きな籠に一杯が幾らなのか・・?
f0096068_21305355.jpgf0096068_21333212.jpg









このアサイはアマゾン流域に自生するアサイ椰子の実の熟れたもので、このジュースは人気があり、今ではトメアスのジュース工場から米国市場に輸出されている。
[PR]
by wagahai_tt | 2007-02-26 21:19 | ブラジル旅行 | Comments(2)
Commented by Taragona at 2007-02-27 21:40
鎧をきた魚、ワタシも見ました!
大振りな魚が多くて、陳列もドサッと置いてあって、感動したのを
思い出します。動物もみな、ダイナミックでエネルギッシュですよね。
Commented by wagahai_tt at 2007-02-27 22:05
Taragonaさんも鎧を付けた魚を見たことがありますか・・・。
この淡水魚はけっこう美味い魚ですよ。
写真のピラルクも1m以上あるが、まだまだ子供です。
確かに魚もダイナミックですね。全てに大陸を感じます。
<< ブラジル旅行記・カウボーイ カルチャーショック 23 >>