ブラジル旅行記・45度の灼熱

27日の朝8時半にボニートをスタート、3時間の旅で、午前11時半に南パンタナールの
Fazenda San Franciscoに到着。
f0096068_8533970.jpg農場敷地は広く15,000haの面積があるようだが、9,000haはPantanal(パンタナール=大湿地帯)で使用不能であり、自然保護地区として保全し、4,000haは水田であり、2,000haは牧場として牛を飼っている。
この農場には11室の宿泊施設があり、我々3人がそれぞれ一室を占有した。我々3人の部屋の並びに、偶然に日本人ご夫妻が投宿していた。
ご夫妻は、南米のアルゼンチン・チリの各国を旅行する予定との事、海外に何度も渡航している様子で、旅慣れたものだ。特に奥さんの印象は、「何でも来い」の感じで、物事に動じないような印象の、すてきなご婦人だった。
f0096068_8595911.jpg昼食後、少し休んで、午後2時半に船でピラニア釣りに出かけた。
農場内を流れる川を遊覧しながら、各ポイントで釣り糸を垂れる。餌は農場から持参した肉片だけ。






f0096068_9132819.jpg食い付きは良いが、なかなか釣れない。小型のピラニア・ナマズなどを釣りながら楽しんでいると、1.5mほどのワニが釣った魚を狙って釣り場に出現。











f0096068_9242215.jpgf0096068_925011.jpg









釣ったピラニアでワニと戯れながら、5時に帰るまで船上で過ごした。



f0096068_929865.jpg途中保護林に足を踏み入れ、そこで大自然の弱肉強食の世界、巻殺しを見ることになった。これも大自然の営みだ。









f0096068_9311747.jpg














後で分った事だが、3時前後の船上は45度を超えていただろうとの事。
5時過ぎに農場の軒下の温度計が40度を指していた。

その後スコールもあり、地球を冷やしてくれたので、夕方は凌ぎ易くなった。
f0096068_937488.jpg夕方の農場からは、夕焼けの中を野鳥が群をなしてねぐらに帰るのを観察。素晴らしい。







45度の灼熱は初めての経験で、ましてや日本から初めて来たM君は堪えることが出来ずにダウン。熱こそ出なかったが、疲れで下痢に悩まされたようだ。
日本人ご夫妻から抗生物質などの薬を頂き、とにかく休んで体調回復を待った。

我々は彼を置いて夜のサファリで出かけ、カピパラ・ワニ・タテガミ狼・オセロットネコ・アリクイ・フクロウと野生を満喫した。
f0096068_9454137.jpgf0096068_9461431.jpg










更に翌28日朝、今度は朝のサファリで野鳥を観察した。

午後パンタナールを出発しボニートに向かう、パンタナールを楽しむことなく休んだM君は、なんとか体力を回復し、ボニートまでの帰路をこなした。
[PR]
by wagahai_tt | 2006-10-31 09:48 | ブラジル旅行 | Comments(1)
Commented by wagahai_tt at 2006-12-25 22:50
自然の中で野生動物との出会い。
森林の中で熾烈な生存競争との出会い。
パンタナールの自然を満喫した旅だった。
<< ブラジル旅行記・イペ(Ipe) ブラジル旅行記・食事 >>