ブラジル人に感動 ・昇給


ブラジルは最低給与制で、一般労働者(人口全体の60%?)は殆どが最低給与で働いている。今でも最低給与は150㌦程度だ。すなわち日本円で一ヶ月16,000円程度だ。もちろん食材・物価とも違うので日本とは比較は出来ないが。
高給取りは5,000㌦・10,000㌦と小泉政権下以上に格差のある国だ。

我々のもとで約1,200名のブラジル人が働いていた。
毎年5月が組合(シンジケート)との交渉で全従業員の給与調整(インフレ調整)を決めるが、それ以外に社内独自の昇格・昇給制度を設けていた。

毎年約200名程度がその制度の恩恵を受け、組合調整と同時に昇給する。対象にならなかった連中は、来年に意欲を燃やす奴・意気消沈する奴・反発する奴等いろいろ居るが、一ヶ月もすれば平常に戻る。
一例でしか過ぎないが、そんな中で今回昇給の対象になった従業員に、

私:「これから毎日ビール1本余分に飲めるな」と言ったところ、
従業員:「セニョール、私の親戚は貧乏で子供も多い、今回の昇給分で一人我が家で養うことにした、幸い私はビールを飲まないので・・・」
私:「・・・・・・」、言葉も無く“感動!”した。

後日その従業員が私に1枚の子供達の写真を見せに来た。彼も子沢山で、その写真には6人の子供が写っていた。
その中の1人が今回引き取って養っている子供だそうだ。
日本でも昔はこの様な話があったような気がするが・・・・?

年末、従業員有志40名程度の忘年会にお誘いの声が掛かった。
声を掛けられたのは私と工場責任者の二人だった。
一応会費制で我々も彼等の倍額の会費を払っている。しかしいざ宴会が始まると会費は最初の1時間で無くなり、延々朝まで続く宴会では ビールが60ケース積み上がり、不足費用は結局我々二人で負担することになった。
例の従業員も飲むは飲むは、家で飲まない、だけだった。
[PR]
by wagahai_tt | 2006-10-17 08:34 | 感動 | Comments(6)
Commented by Kippis at 2006-10-23 10:04
またお邪魔しま~す♪
こんなに給料や物価の値段の差があったのですね~!
私が以前働いていた会社でもブラジル人はいたんですけど
仕送りしてて自分はいたってシンプルな生活をしてたようでした。
そこにはこんな背景があったのですね...
勉強不足な私^^;良い事を学んだ感じでした☆
Commented by wagahai_tt at 2006-10-23 10:45
Kippisさん、元気に頑張ってますか?
フィンランドと違って、途上国のブラジルはまだ格差が大きい国です。
日本への出稼ぎ人口もまだまだ多いようです。
出稼ぎで2年間真面目に頑張ると、田舎では家が購入できます。
でも出稼ぎは日系人だけで、生粋のブラジル人には、まだまだ一般的に門戸が開かれていません。

貧しい中でも助け合いながら、懸命に生きていますよ。
彼等の度量と人間性に感動しましたよ。
Commented by Makie at 2006-10-30 13:55 x
wagahaiさん、初めてお邪魔します^^
こちらのブログを拝見させて頂いて、やはり生活の厳しさに改めてショックを受けました。。。
ぶしつけな質問ではございますが、将来の参考にお伺いさせて頂きたいのですが、田舎で一軒家を買うには実際いくら位必要なのですか?
主人の姉がサンパウロで月$200のアパートに住んでいましたが、これはやはり普通ではないのでしょうか?
Commented by wagahai_tt at 2006-10-30 18:53
Makie さん、頑張ってますか?
海外での情報不足は心配ですよね。
wagahaiも,20年以上前に、小さな子供を連れての赴任に心配しました。
言葉も判らず、家族帯同でのブラジルが不安でしたが、「地球上だから何とかなる、」と腹を括って行きましたよ。
今回のMakie さんの質問は、ブログで答えるのには、あまりも現実過ぎるので、wagahaiのブログからHPにアクセスして、Eメール(HPの右上)にて連絡下さい。出来るだけの情報はお伝えします。
Commented by Makie at 2006-10-31 13:12 x
wagahaiさん、そうですね。
失礼いたしましたm(__)m 少しリアルな話題を出してしまいましたー
直接お伺いしますね。
ありがとうがございました!
Commented by wagahai_tt at 2006-10-31 13:36
Makie さん、 そうしてください。
判る範囲で、お答えします。
<< ブラジル旅行記・イグアス カルチャーショック 13 >>