カルチャーショック 13


マンゴの木はアパートの5階(日本では6階)の窓の高さまであので、5階までは蚊に悩まされる。それ以上の階は蚊もエレベーターを利用するが数は少なくなる、カルチャーショック。(エレベーターの利用は日本も同じかな。)



アパートの1階は日本と違い、門番の詰め所・集会場等で住人はいない。アパートの裏にはプール・多目的コート・シュラスコ(バーベキュー)のスペース等があり、住人の憩いの場に、カルチャーショック。(全てのアパートが同じではないが・・。)



高級アパートの最上階(コベルツーラ)は屋上のプールまで占有できる豪華さに、カルチャーショック。(庶民の我々には想像以上の豪華さだ。)



ベレンのスナック&バーでwagahaiがウイスキーのキープを教えた。スーパーの値段の倍額を呈示し全額を一度に払って、名前を書いてそのままカウンターに置かせた。次回飲みに行った時に何杯か水割りを飲み、勘定を頼んだ。「セニョール、これはあんたのウイスキーだから勘定はいらないよ。」「そうか、ありがとう」。でも水も・氷も・場所もコストが掛かっているのに、カルチャーショック。(3回目のキープで断られた。一杯毎売れば時間は掛るが市価の5倍になるようで、それを2倍で売り、水・氷・場所代を請求しなかったのだから・・。)
[PR]
by wagahai_tt | 2006-10-10 12:15 | カルチャーショック | Comments(0)
<< ブラジル人に感動 ・昇給 帰って来ました >>