「ほっ」と。キャンペーン

エコ・クリスマス 2015 年12 月09日

f0096068_620269.jpg



          エコ・クリスマス 2015 年12 月09日
f0096068_6211359.jpg

12 月4 日に次いで、9 日には、再度エコ・クリスマスベレン行事を行いました。
場所は、ベレン市から35 ㎞、マガリ川の上流沿岸に位置するベネビーデス市ベンフィッカ区市立アンジェリカ・サーレス基礎教育学校です。
この学校は、来年から現校舎のすぐ奥に、ほぼ完成している新校舎に移れることになっています。ベネビーデス市教育局長レイラ・フレイレさんが、Asflora との提携で環境教育を推進していくことに熱心になってくれています。 学校側も、教職員総出でやんちゃな生徒たち150 人を治めつつ、エコ・クリスマス行事を盛り立ててくれました。
f0096068_629237.jpg

f0096068_6295128.jpg

f0096068_6303348.jpg

f0096068_6312923.jpg写真の赤いサンタは、学校側のサンタさん。緑のサンタはAsflora からで、全員にプレゼントを配布役。クリスマスを祝って、ここでも生徒たちの合唱がありました。もう一枚の写真は、皆勤賞の授与、Rosine Silva 市長と共に、生徒2 人との記念写真です。
f0096068_6325869.jpg

f0096068_633254.jpg

上の写真、レイラ教育局長に差し出されたAsflora との環境教育提携書に、ホジーニ市長がサインしているところです。ベネビーデス市では、Asflora の活動が少し知られるようになってきました。森の友達(=Asflora 活動員と支援者の方々)の熱意のおかげです。
f0096068_6352381.jpg

f0096068_6354851.jpg

f0096068_6361673.jpg

f0096068_6364563.jpg

クリスマス植樹祭は、学校敷地内の一画で行いました。在来の35 樹種、500 本の苗木を準備し、地拵には、200 袋の鶏糞堆肥を170 ㎡の全面に敷き詰め、その上をアサイの椰子殻、大型トラック1 台分でマルチングしています。今年もクリスマス植樹祭が実現できましたが、日系木材加工企業Moludura do Norte 社(月淳社長)、日本学生移住連盟OB 会、株式会社WASARA、その他個人の皆様から暖かいご寄附を寄せて頂いていたおかげです。
市教育局、アンジェリカ・サーリス学校(ナタリーナ・バーホス校長)、200 個のクリスマスプレゼントを寄付してくれた地元ベンフィッカ蔬菜栽培組合の方々からも多大なご協力を得ました。Asflora の仲間達は、準備のために何日も通いつめ、植樹祭後も居残って、植樹の仕上げ、水かけまで行い、これからも1 年間、除草、管理に通います。
小さな一画ですが、校舎敷地内に、本物の森を出現させて、子供たちと森の力を分かち合えるようにします。
みなさま、本年もAsflora へのご支援、ご協力を頂き、本当にありがとうございました。
良いクリスマスと新年をお迎えください。Feliz Natal e Próspero Ano Novo!
f0096068_6384048.jpg

ASFLORA代表 佐藤卓司(文)
副会長 Marluce Amorim
他役員一同
[PR]
by wagahai_tt | 2015-12-27 06:40 | Asflora | Comments(0)
<< 2015年12月21日、Asf... エコ・クリスマス 2015 年... >>