「ほっ」と。キャンペーン

Asflora活動報告

f0096068_4393795.jpgf0096068_4395761.jpg







Asflora3月度活動報告を紹介します。

サンブラス部落コミュニティ苗畑落成式 (2014年3月22日)
Asflora(アマゾン森林友の協会)は、東京農工大学JICA 草の根プロジェクト「遷移型アグロフォレストリー普及・認証計画」に協力してきました。 Asflora メンバーの佐藤、マルルッシ、アンデルソンのこのプロジェクト実施メンバーになって2 年余になりましたが、3 月末でこのプロジェクト実施メンバーを終わります。その締めくくりとして、今回、本プロジェクト拠点地の一つ、イガラッペアスー市サンブラス部落(ベレンから140 ㎞)のコミュニティ苗畑が完成し、その落成式を部落の農民、地元市役所、協力団体の方々と共に行いました。
3 月22 日(土)午前中、サンブラス部落に、ハイムンド部落長、アンテーロ前部落長を始め地元農民と家族、アブラヤシ企業PALMASA 社の宮川社長他幹部の方々、サンドラ市長、シャーレス市農務部長始め、市、州農業指導部員、ジョアキン農村シンジケート代表、CAMTA(トメアスー農協)小長野理事(兼トメアスー市農務部長)、CAMTA ジナルド技師、アロウド技師、東京農工大プロジェクトメンバーの佐藤、アンデルソン、マルルッシの約50 名が集まりました。
以下、写真で当日の様子を紹介します。
f0096068_4513614.jpg
上写真)22 日午前10 時半、サンドラ市長(左前列2 人目)を迎えて、サンブラス部落苗畑落成式を開始しました。この集会所は、本プロジェクト開始と共に、参加12 農家の協働と、サンタバルバラ・エスペジット入植地の大工仕事の得意な農民の協力によって建てられました。

f0096068_4524284.jpgf0096068_4525811.jpg








左上)挨拶中の小長野道則氏、お土産にピタヤ苗、豆類、樹木の種子を持ってきてくれました。
右上)イガラッペアスー市農事部より、トウモロコシ種子60 ㎏も、この日に頂きました。

コミュニティ苗畑看板の除幕をサンドラ市長、ハイムンド部落長、各支援団体の代表が行いました。
f0096068_4593942.jpg

f0096068_531831.jpg
写真上)苗畑は、18mx18m、50%遮光の寒冷紗に覆われていて、スプリンクラー潅水設備付です。支柱は、胡椒栽培用の支柱材で、Palmasa 社渡辺氏に寄付して頂きました。

これから、クプアスー、カカオ、アサイ椰子、胡椒、タペレバ、マラクジャ(パッションフルーツ)などの苗つくりに利用されます。見学者が来るようになり、サンブラス部落の人達が張り切って説明し、近辺の人達にも苗木を分けてあげている姿を想像しています。

f0096068_561212.jpgf0096068_563065.jpg








左上)奥に見えるのは3 千リットルの水タンク、井戸は掘り抜きで44mあり、水中ポンプを設置してあります。綺麗な飲み水を得て、将来、部落の水道に利用できると住民は喜んでいます。
右上、下)苗畑の落成式後、付属するトメアスー方式アグロフォーレストリィ展示農場(1ha)に訪問者を案内しました。植え付け後1 年2 か月を経て、バナナがもうじき収穫期に入ります。
f0096068_5131535.jpg
胡椒も一画で、通常の支柱と生木支柱で、4 種類が栽培されています。カカオ、アサイも育ちつつあり、参加している農家は、もうこのモデルを自分の畑の一隅に導入し始めています。

当日の小さな参加者たちです。
f0096068_5154014.jpgf0096068_515598.jpg










このプロジェクトは、あと2 年半続きます。
4 月からは、トメアスーのアグロフォーレストリィ生産カカオ豆の地域認証実現に注力していきます。サンタバルバラとイガラッペアスーの零細農民支援地では、 CAMTA(トメアスー農協)の技師の定期訪問し、技術指導が継続します。
私どもAsflora のメンバーも、親しくなった農家の人達を、時々、訪ねたいと思っています。
本プロジェクトに参加してくれた農民の皆様、ご支援を頂いた多くの方々、
JICA、CAMTA、東京農工大国際技術協力支援室の皆様、
ありがとうございました。

以上
佐藤卓司、Maruluce Amorim、Anderson Barros
東京農工大JICA 草の根プロジェクト・現地実施員
Asflora(アマゾン森林友の協会)


[PR]
by wagahai_tt | 2014-04-02 05:30 | Asflora | Comments(0)
<< 百円札 荒廃地 >>