荒廃地


ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(141)

ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

299.            荒廃地

アマゾン川流域の熱帯雨林面積は約4億haと言われ、今ではアマゾン河口のパラ州には1,600万haもの荒廃地があると言われています。

f0096068_3541756.jpgf0096068_355085.jpg   








f0096068_3563994.jpgf0096068_356571.jpg









荒廃地の出来る大きな要因は、牧場跡地や農業跡地で、地力を失った土地を放置する事により、土地は風雨などの浸食で、益々地力のある表層土を失って荒廃地化して行きます。

ブラジルは1500年代にポルトガルの植民地になってから、1930年代後半まで、ブラジル経済は第1次産業の輸出に依存してきた歴史があり、ポルトガルはブラジルを原料供給地と位置づけていました。また、1950年からの55年間、ブラジルの人口は毎年2%の割合で増加し、食料需要の増大に伴う農業生産の強化策を推進する必要があったので、その当時は農地拡大の理由により、アマゾンなどの森林地帯を農地へ転換するための環境破壊が容認されていたのも事実です。
このように森林破壊の元凶は、農地開拓や牧場開拓が主な原因です。

地球上の熱帯雨林総面積は8億3千万haと言われています。
アマゾン流域の熱帯雨林面積は 4億ha・・・・・・・・・48.2%
東南アジアの熱帯雨林面積は 2億5千万ha・・・・・・・30.1%
中央アフリカの熱帯雨林面積は 1億8千万ha・・・・・・21.7%
但し、熱帯雨林面積は年々減少傾向にあり、地球温暖化と気候変動への影響が危惧されます。


[PR]
by wagahai_tt | 2014-03-26 04:06 | 印象深い事柄 | Comments(0)
<< Asflora活動報告 ブラジルの土壌 >>