ブラジルの切手紹介-80


                 州旗の切手紹介-14

セアラ州

セアラ州の州旗の切手です。
f0096068_1271425.jpg

セアラ州はブラジル北東部の州で、州都はフォルタレーザ。州の名前は原住民の言語で「インコの鳴き声」という意味を指すほか、沿岸地域に生息するカニの呼び名であるシリアラーから由来するとも言われている。面積は約14万6300km2。これは北東部全体の9.37%を占める大きさです。
気候は北東部特有の準乾燥。地域によって降雨量は500mm以下から1000mm近くになるところまでと様々だ。ここの気候の特徴は雨季の期間がその年によってバラバラに訪れるというところにあるが、だいたいが2月から6月の間の3~4ヶ月間に集中する。また、雨季が過ぎた後の数ヶ月は全く雨が降らない時期が続く。年間の平均気温は26℃から29℃の間。日中はとても暑いのに対し、夜になると涼しくなって比較的過ごしやすくなります。
州の主な経済活動は牧畜。農業ではフェジョン、トゥモロコシ、米、綿、サトウキビ、キャッサバ、バナナ、オレンジなどの生産が有名です。ペセン港とムクリペ港は各生産品の輸出入の出入り口として活躍している。観光業も十分に発達しており、今では世界から多くのツーリストが訪れるまでになった。アートや手芸などのシーンも栄えており、文化、自然の両面において見所満載です。

フォルタレーザの海岸線
f0096068_1282295.jpg


ヨット
f0096068_12922.jpg


楽器
f0096068_1294360.jpg

我が家にもこの楽器があったが、今は何処に・・・・?

下記の地図6番がセアラ州です。
f0096068_1305516.jpg







[PR]
by wagahai_tt | 2013-08-21 01:31 | 切手 | Comments(0)
<< ブラジルの切手紹介-81 ブラジルの切手紹介-79 >>