ブラジルの切手紹介-75


         州旗の切手紹介-9

リオ・デ・ジャネイロ州

リオ・デ・ジャネイロ州の州旗の切手です。
f0096068_1814987.jpg

リオ・デ・ジャネイロ州は、ブラジル南東部の大西洋沿いに位置しています。北東にエスピリトサント州、北にミナス・ジェライス州、西にサンパウロ州と境界を接し、南は大西洋に面しています。州都はリオ・デ・ジャネイロです。
州都のリオ・デ・ジャネイロは1763年に最初のポルトガル王朝総督府のバイア州サルヴァドールから引き継いで新たな総督府となり、1831年の独立から1960年まではブラジルの首都となった。1960年に首都は現在のブラジリアに遷都された。

ブラジル独立100年を記念して、1931年10月12日に建てられた全長38mのキリスト像は、標高710mのコルコバードの丘の上に聳え立っている。
f0096068_182206.jpg

リゾートで有名なコパカバーナ海岸が目の前に広がる。
f0096068_182445.jpg

下記の地図18番がリオ・デ・ジャネイロ州です。
f0096068_1832535.jpg







[PR]
by wagahai_tt | 2013-07-17 18:04 | 切手 | Comments(2)
Commented by crystalkika at 2013-07-22 11:43
リオ!!!
有名なコパカバーナビーチ行ってみたいですね。
私も行ったことがありません。
Commented by wagahai_tt at 2013-07-22 18:30
crystalkika さん、今晩は・・・・。
コパカバーナ海岸はまだ行ったことがないのですか・・・?
噂に違わず良い海岸ですよ、隣のイパネマ海岸も良いですね。
今度帰国の時は是非訪問して見て下さい。
<<  ブラジルの切手紹介-76 ブラジルの切手紹介-74 >>