ブラジルの切手紹介-72


         州旗の切手紹介-6

マットグロッソ州

マットグロッソ州の州旗の切手です。
f0096068_1522523.jpg

マットグロッソ州はブラジル中西部地方に位置する広大な州で、州都はクイアバ です。ロンドニア州、アマゾナス州、パラ州、トカンティンス州、ゴイアス州、マット・グロッソ・ド・スル州に隣接している他、ボリビアと国境を接しています。総面積は906.806,9平方キロメートルで、ブラジルで3番目に広い州です。
f0096068_153135.jpg


南西部の一角に世界的に有名な大湿地帯「パンタナール」(Pantanal)があります。
f0096068_1541040.jpg


2014年6月12日から7月13日にかけて、ブラジルで開催される予定のFIFAワールドカップは、ベロ・オリゾンテ、ブラジリアクイアバ、 クリチバ、フォルタレーザ、マナウス、ナタール、ポルト・アレグレ、レシフェ、リオ・デ・ジャネイロ、サルヴァドール、サンパウロの12都市で行なうことが正式に発表された。
国内では、ここ数年好調な経済成長を見せていたブラジルだが、公共交通機関や医療施設、教育においては発展の余地を残す。それに反するように政府が来年のW杯と、2016年に開催されるオリンピックに向けて巨額の資金を投資していることで民衆の不満は募り、コンフェデレーションズカップの開催中にはデモ隊と警察が衝突する事態になっている。
W杯を行えば雇用も増えるし、旅行者も増える。ブラジルにとっては世界に対して良いアピールになる。しかし、国内に目を向けると、多くのお金がスポーツに向き、医療や教育、安全面に使われなければ、結果的には失業者を増やし、犯罪の増加を招く可能性がある。

下記の地図10番がマットグロッソ州です。
f0096068_1574686.jpg





[PR]
by wagahai_tt | 2013-06-26 01:58 | 切手 | Comments(0)
<< ブラジルの切手紹介-73 ブラジルの切手紹介-71 >>